2017/08/19

『みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―』/川上未映子 村上春樹

B071D3TBYT みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―
川上未映子 村上春樹
新潮社  2017-04-27


by G-Tools
  • 「無意識」と「意識」という言葉の使い方が、混乱しているというか揺れているというか、そういう場面がいくつかあって、そこがいちばん印象に残った。p159の「そういう無意識中心の世界で、人々は個人ではなくむしろ集合的に判断を行って生きていた」のところなんかは、『道徳性の起源』で、社会的な判断は人間に特有ではなく、また、「知性」によってもたらされるものではなくある種の動物(たち)には元来備わっている「本能」だ、という説を知った直後だったので、無意識中心の世界で「善き」判断が行われるのが「集合的」に行われる、というところは詳しく考えたいなと思った。
  • 近代的自我を取り扱うのに興味がない、というのは、「実は僕はほんとはこんな悪い人間なんです」みたいなのを仰々しく開陳することに何の意味もない、みたいに解釈した。
  • p248の問答は、かなり苦しく感じた。たまたま、というのは無理があるんじゃないかなあ。それに、ここの「無意識」がかなり象徴的。
  • 神話や歴史の重みそれ自体が無効になってないか、という問いかけは凄いなあと思った。そしてそれが無効になっているのではと感じてしまう状況になっているのは、言葉を使う側になったときの言葉を使う姿勢にそれぞれみんな課題があるのだと思った。

続きを読む "『みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―』/川上未映子 村上春樹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/16

『道徳性の起源: ボノボが教えてくれること』/フランス ドゥ・ヴァール

4314011254 道徳性の起源: ボノボが教えてくれること
フランス ドゥ・ヴァール Frans de Waal
紀伊國屋書店  2014-11-28


by G-Tools

乾さんの(酔っぱらいながらの)オススメ課題図書、盆休みを利用して読了。

  • 教条主義との戦い、という印象がいちばん強かった。神とどう向き合うのか、という課題。そういう意味で、9条を巡る話は、教条主義に陥るか否か、ということなのかもなあと思った。9条を改憲したいというのは、どちらの意味でも条文に対して教条主義になっているのではないかと。70年の歴史で培ってきた知恵を理解できないということではないかと。
  • 信仰の問題。西洋社会では無信仰は人格を疑われる、という知識はあって、その事実の奥深さを改めて感じた。宗教が道徳をヒトにもたらすのではないとしながらも、人間が宗教を必要とした理由は感じられるようになっていて、ここのところの整理が非常に難しい。私は平均的現代日本人的な無宗教だけれども、平均的な仏教感みたいなものは持ち合わせているとは思う。それでも西洋社会から見ればほぼ「無信仰」みたいなものだと思うので、この国でも道徳性は存在するということは、宗教が道徳をヒトにもたらすのではないという証拠だったりして。一方で、日本でも右派が執拗に「神道」を日本の中心宗教に据えたがるその心性が非常によく理解できるようになった。結局、神に値するところに天皇を、というところと、その上で自在に利用したい、という感じが否応なくする。
  • レヴィ=ストロースをこき下ろしていた箇所。レヴィ=ストロースの新しかったのは啓蒙主義の批判で、文明間の(価値の)相対化だったと思うので、あのこき下ろし方はちょっとずれているかなと感じたけれど、フランス ドゥ・ヴァールのほうが、ヒトと動物までも相対化したという点でより突き詰めていると思った。そこまで考えないと、自分の中に眠る「人間」としての特権意識を明らかにできないなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/30

『MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣』/シバタナオキ

4822255271 MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣
シバタナオキ
日経BP社  2017-07-13


by G-Tools

『LIFE SHIFT』の連続1位記録を止めたとかなんとかで超話題の一冊。難易度が絶妙に自分にマッチしてました。改めてタイトルを見てみると「習慣」であって、習慣にするためにはこのくらいの「概観」の仕方を徹底的に身に着けることが重要だと再認識。主要な数字を覚えることの重要性も再認識。

  • M&Aの際の減価償却について。
  • 要素を分解して、それに対する打ち手を考えるビュー。
  • NETFLIXの事例がいちばん印象深い。次点はYahoo!ショッピング。そこで検索事業を活かすということね。

続きを読む "『MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣』/シバタナオキ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/23

『トップ営業のフレームワーク―売るための行動パターンと仕組み化・習慣化』/高城 幸司

4492556656 トップ営業のフレームワーク―売るための行動パターンと仕組み化・習慣化
高城 幸司
東洋経済新報社  2010-03-01

by G-Tools

著者はリクルート・リクルートエージェント出身。「フレームワーク」に興味を持ったので購入。一番印象に残ったのは「最善のケースも準備しておかなければならない」。KPIの設定の仕方。「これを行えば購入につながる」というアクションまで落とし込んで、契約数ではなくそのKPIの実行数を追う。これを徹底することが重要。常に「考える」こと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『法人営業 利益の法則』/グロービス

グロービスの実感するMBA 法人営業 利益の法則 (ビヨンドブックス)
グロービスの実感するMBA 法人営業 利益の法則 (ビヨンドブックス) グロービス

ブックビヨンド  2015-04-10
売り上げランキング : 22393


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「法人営業」とは何か?社会人になって以来、それしか関わっておらず、体系だって学ぶこともなかったので、一度「法人営業」について知ってみようと幾つか書籍をピックアップしてみた。昨今、中古や電子書籍で安価に入手できるので非常に便利。

利益を意識しないと、企業活動として成り立たない。利益をKPIの中心に置くと、売価で勝負できないため、顧客に選択してもらうための「理由づくり」がより重要になる。この観点で、セールスサイクルを捉え直し、理解することが要点。カスタム品と標準品のストーリーも常に認識する。

続きを読む "『法人営業 利益の法則』/グロービス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『データサイエンティストの秘密ノート 35の失敗事例と克服法』/高橋威知郎 白石卓也 清水景絵