2016/07/21

『日本会議の研究』/菅野完

4594074766 日本会議の研究 (扶桑社新書)
菅野 完
扶桑社  2016-04-30

by G-Tools

 一番判らないのは、日本会議はなぜ天皇統治を実現する憲法改正を掲げないのか、ということだった。彼らの情熱が、(あるのかないのか判らない)「古来伝統の日本」の復活を目指すというなら、その姿は天皇による統治でしかないと思う。それもちょっとよく考えてみると、実際に天皇が政治を行っていたのって何時代までだっけ・・・?となるのだけど、それでも「古来伝統の日本」と言い、神道の世界観を持ち出すなら、やはりその「古来伝統の日本」の姿は天皇による統治国家で間違っていないと思う。

 だけど、日本会議が執心しているのは優先度から順に、緊急事態条項の追加、家族条項の追加、自衛隊の国軍化となっていて、基本的人権の制限等々重大な問題があるにせよ、天皇主権は見当たらない。つまり、「古来伝統の日本」とか神道とかを担ぎ出すけれども、目指したいのは天皇の権威だけを利用した明治の統治体系であり、大日本帝国憲法の復活で、彼らが目指しているのは「古来伝統の日本の復元」でも何でもなく、大日本帝国憲法の復活による独裁政権体制なのだ。

 安東巌のように、「谷口雅治先生はこう言っている・・・」と他人の権威を間接話法で利用するスタンスは、直接自分の言葉で語らないその理由を考えるとわかるように、必ず悪意を伴っている。自分の言葉で語らないのは、責任を負いたくないからであり、自分の言葉では他人を動かすことのできない卑小な言葉しか持ち合わせないからだ。摂関政治から始まる、天皇の威を利用する政治のように、誰かの言葉を利用するスタンスは悪意に満ちている。正面切って行動できない目的を達成するために他人の権威を借りるのだ。だから日本会議も、天皇を元首に留めて、天皇を主権とせず「権威を利用できる対象」に留めて独裁体制を実現したいのだ。第一、他人の言葉の借用は、その解釈はどうにでもできるから絶対に単純肯定してはいけないものなのだ。ちょうど、日本会議の支援を受けている現内閣が解釈改憲という手段を実際に行使したじゃないか。

 しかし、安東巌しかり伊藤哲夫しかり百地章しかり椛島有三しかり、家族家族というけれど自分たちは家族をどれだけ大切にしているのだろう。そもそも、天皇主権なのかどうなのかに考えが及んだけれど、彼らの改憲への情熱はそんな高尚なものではなくて、学生運動の時代に日陰を歩んだ怨恨、日本国憲法が定める自由を謳歌できなかった、いわばイケてるグループに入り込めなかったイケてない連中が、その悔しさやるせなさを晴らしたくて、自分たちが慣れ親しんでいてシンパシーを感じる大日本帝国憲法を復活させたい、と思っているだけだと思う。

続きを読む "『日本会議の研究』/菅野完"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/03

『物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活』/編=John Baichtal・訳=野中モモ

487311747X 物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活 (Make:Japan Books)
John Baichtal
オライリージャパン  2015-12-26

by G-Tools

「メイカームーブメント」がどういうことなのか、を正確に教えてくれる良書でした。世間のニュース等だけに触れていると、どうしても3Dプリンタのキャズム越えと「誰もが製造者になれるユートピアがやってくる!」的なイメージをメイカームーブメントに持ってしまうのですが、単純に考えて誰もが製造者になったら誰も消費者にならない訳だし、雇用の概念が消失するし、それって全然ユートピアじゃないよ、だからそんな世の中来ないんじゃない?という疑問を持って本著を読むのは非常に有意義でした。

本著が教えてくれたのは、先駆者である「メイカー」は、至って一般的な、現在存在する企業の経営と同じ考え方で活動していて、現在のメイカームーブメントの本質は、それが非常にクイックに小規模で継続できるようになった、というところ。それは中国などアジアが負うところが大きくて、必要なパーツを、個人事業として必要なロット数でクイックに入手することもできるし、事業がスケールしてさらに大量なロットが必要になったときに、その規模に対応できるサプライヤからこれまたクイックに調達することもできる環境になった。これはとりもなおさずインターネットの効用。こういった動き方は日本の場合、中小製造業はかねてから得意だったと思う。逆にそういう動きについていけないいわゆる大企業もあったと思う。だから、ある意味では日本ではすでにメイカームーブメントは高度成長期にあったとも言える。現代は企業が難しい社会環境になっているので、日本ではメイカームーブメントが大きくなりにくいのかも。

そのあたりも、DMM.make等のインタビューレポートで、日本の事情も抑えているところ、本当に読み甲斐のある一冊です。

続きを読む "『物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活』/編=John Baichtal・訳=野中モモ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/01

『ふなふな船橋』/吉本ばなな

4022513098 ふなふな船橋
吉本ばなな
朝日新聞出版  2015-10-07

by G-Tools

何といえば良いのか凄く難しい。リアリティのあるオカルティックストーリーテリングとしては、『N.P』のような初期の作品ほどのパワーを感じることはできなかったし、全体的に密度が薄いというか、イベントが起きた際のそのイベントの突拍子もなさで一気にテンションが上がる場面と、そうでない場面との密度・落差が大きくて、どっぷり浸れた、という読後感ではありません。ましてやふなっしーなんてとてもポップなキャラクターを主軸に据えて、まるで「船橋マーケット」は手堅く抑えて、というマーケティングを見てしまったり。

けれどこの物語では、ふなっしーは重要な意味がある。主人公の花と、別れた恋人俊介は、現代の日本の資本主義経済下の二つの典型的なスタンスを代表していて、俊介は老舗のそば屋の跡取り息子でいわゆるエスタブリッシュメント、花は小さいけれど文化的な熱意を持った書店の店長でつまり小商い。一度振られた花が、復縁を申し込まれた俊介を、迷いに迷った果てに逆に袖にする。俊介は花と別れて別の女性と付き合っているけれど、その女性に「1か月だけ自由にしてほしい」と言って君に会いに来た、という。それはつまり、「滑り止め」の保険としてその女性はキープされている、ということで、その用意周到さもエスタブリッシュメントの特徴と言える。それに対して花は「「なんのために」とか「どうなるために」がない人たち」が良い、と言う。この二人のスタンスの違いを象徴しているのがふなっしーで、花にとってはふなっしーは心の拠り所となる大切な存在だけれど(そしてなんであれ人の心にはその人が納得できる心の拠り所が必要なのだと語る)、俊介にとってふなっしーは藤子不二雄などの物語キャラクターに比すると「格が違う」ということになる。人の心の拠り所はそれぞれに個人的なもので、だから較べることでしか現れない「格」など無関係なのだが、エスタブリッシュメントはその考え方を受け入れる訳にはいかない。それを受け入れることはエスタブリッシュメントの存在基盤を脅かすからだ。

問題は、この小説がそうした「小さなお金で生きている人たち」に力を与えられる小説か、ということだ。そうした生き方にこそ、お金に対する正しいスキルが必要で、だから花も「経理の勉強をして店長になった」というような描写がある訳だけど、この小説が、果たしてそういう生き方を志そうという人を増やす力を持っているかと言われると、考え込んでしまう。そういう生き方をして苦しんで傷ついた人を癒す力は持っていると思うけれど、そういう生き方を選ぶ人を増やして世の中を変えていくような力は持っていないんじゃないか、そもそもそれは志向していないんじゃないだろうかこの小説は、とそんな風に思ってなかなか難しいと思ったのでした。

続きを読む "『ふなふな船橋』/吉本ばなな"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/12/06

『服従』/ミシェル・ウェルベック

4309206786 服従
ミシェル ウエルベック 佐藤優
河出書房新社  2015-09-11

by G-Tools

今年の始め、「今年は宗教について読まなければいけない」と思い、大して読めないまま、今年最後の読書になるかもしれないと思う『服従』が強烈に宗教(と政治)を考えさせる一冊だった。

2017年(以降?)のフランスで、イスラーム同胞党が与党となり、フランスがイスラームの国へと変容する。そこに至るのは、極右政党国民戦線が得票率首位の中、UMP・民主独立連合・社会党が「拡大共和戦線」を立ち上げ、イスラーム同胞党を支持し、イスラーム同胞党が大統領を輩出する、という流れ。つまり、極右とイスラーム、どちらを「否定」すべきか、という問いの答えとして、「イスラーム」が選ばれたのだ。イスラームの政策主張は一点、教育に関してだった。

男尊女卑、一夫多妻、貧富の差拡大、家族主義。そして何より大学はイスラーム信者でなければならない。みないわゆる「前近代的」なイメージがするのに、登場人物はみなそのイスラーム化したフランスに不都合を感じているようではない。これでいいではないか、と言わんばかり。もちろん世界にはイスラームの教えに則って運営されている国があり、その国の国民が文字通り「不自由」で不幸な生活なのかと言うとけしてそうとばかりは言えず、豊かとは言えずとも心満ち足りた生活を送っていることだってあり得るだろう。であれば、フランスだってイスラームを選択しても何らおかしくはない、ということ。そこには「貧富の差が拡大」するという、為政者がそうだと認める事象があるけれども、行ってみれば人間中心主義の近代ヨーロッパにしても、芸術文化の力を開花させることができたのはそのシステムの中での著しい富の集中だった。であれば、貧富の差が拡大する社会の中にあっても、貧困層が不満を感じないシステムのほうがより優れたシステムではないのか。

しかしそれは「服従」が可能にするシステムだ。「服従」はなんら問題を孕まない姿勢なのか。それはかつての極右の変形を新たに生産することはないのだろうか。11/13の日経ビジネスオンラインの「ア・ピース・オブ・警句」の「安倍政権支持率回復の理由」で、”具体的には、「自分でない誰か」に決断を丸投げにしたい欲望を抱いたということだ。”という一文を読んだところだった。

続きを読む "『服従』/ミシェル・ウェルベック"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/11/04

『偶然の科学』/ダンカン・ワッツ

4152092718 偶然の科学
ダンカン・ワッツ Duncan J. Watts
早川書房  2012-01-25

by G-Tools

経営戦略全史』の終盤に出てきて気になったので。気になったポイントは「過去から学ばない」「結果だけで見ない」という論旨と、『偶然の科学』というタイトル。『偶然の科学』というタイトルからは『偶然とは何か』のような内容を想像したけれど、偶然そのものを科学するというよりも、社会学において事象はほぼ偶然なんだよ、という意味に取れた。だから、「過去から学ばない」「結果だけで見ない」。人間は現在の事象について、過去からの因果関係で、それが必然だとして説明したがるけれども、物理学などと違い、一度きりしか起こらない社会現象について、それが過去の出来事群からの因果と証明することはできないし、多様な出来事のすべてを考慮することもできない、だから、起きたことはすべて「偶然」であり、「過去から学ばない」のが最善の戦略であると述べる。

これは「計画」を捨て去るという点で、今までの自分の生き方を大きく転換しなければならず、少なくない心理的抵抗がある。計画性はこれまで人間性の重要な一要素と信じて疑わなかったところ、「柔軟性」の元に、当初計画をどんどん変更していくのが最善なのだ、ということだから。これは頭では判っていても、「とにかくやってみりゃいい」式の「いい加減さ」を受け入れがたい人間にとってはかなりハードルの高い転換。不確実性の名の下に朝令暮改を繰り返すことを是とした風潮を思い出す。

ここで必要になるのも、やはり「何のためにそのスタンスを取るのか」という目的意識であり倫理観であり道徳観だ。なぜ、細かい軌道修正を繰り返すのか?その答えの先に、受け入れられる土壌がある。

続きを読む "『偶然の科学』/ダンカン・ワッツ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『ビジネスモデル全史』/三谷宏治