2021/02/28

『大乗仏教の深層心理学―『摂大乗論』を読む 』/岡野守也

何でもエスカレートすればするほど一級品、みたいな世間の空気にどうしてもついていけなくて、ある時会話してた尊敬する人から「それがいいんですよ。中途半端がええ加減なんですよ」と言われ、時を同じくして中道=中庸の考え方に不意に「オレ、これわかっていないな」と気づき調べ始めてから少しずつ仏教系の書籍を読み始めてたどり着いたのが摂大乗論。唯識と中道の位置関係を明確に理解できていないけれど、唯識の思想的根源は、自分をよりよくしようとするための骨組みに取り込む思想としてかなり前向きに感じた。なんとなく、育ってくる中で身についてきた道徳観を、説明可能な骨組みとして構築できる感じ。唯識に取り組んだからといって中庸のスタンスに自信を持てる訳ではないと思われるが、少しずつ骨格ができている手応えに繋がっている。次の書物は直接的に中庸の理解を深めるものを選ぶ。

 

| | コメント (0)

2021/02/11

『次の東京オリンピックが来てしまう前に』/菊池成孔

非常に非常に難しい読書だった。WIREDでの紹介記事で知り、そのタイトルで惹かれて購入して手を付け始めた頃に町山智浩氏との往来の件を見るに当たり、これは割り引いて読まないといけないなと引き気味になった。とは言え、この文体は我々世代にはかなり親和性の高い文体で、逆に言おうと、筆者も作中でブログ文体を徹底的にこき下ろしているように、ブログ文体が主流の現代の若者にとってはほぼ響かないんじゃないかと思う、それくらい我々にとっては馴染みのある読みやすい文体で、筆者の言わんとする、というよりも何事かを言おうとするスタンスがすんなりとこちら側に入ってくる。筆者の述べる論旨が正しいか正しくないかは私は判断できないけれど、80年代のPC時代物ゲームの「説得」の場面のような説得力の「圧」がある。ただ、何かを読み手が理解できるように述べようとするときに、こういうふうにツイストして述べないと理解できないだろう、というよりは心理的抵抗なく受け入れられないだろう、という前提に立つライティングって今どきではないのかな、と思ったりもした。

そんな中で強烈に印象に残ったのは3点、

1)各階を歩き回れば、そんなもん嗅覚で見つかるに決まっている。現代人はこの力をどんどん失っている。p98

2)1994年は細川内閣、その後、羽田内閣、・・・と言った、絵に描いたような能無しで平均的で短期政権な首相の時代というジャンピングボードを踏んで、7年後に小泉内閣が空中に誕生する。p213

3)新春能狂言 金春流『翁 十二月往来 父尉 延命冠者』p265

他にも印象に残る箇所はあるけれどこの3点は自分にとって別格の破壊力だった。そして、著者の性格や思想と、その著作物とは分別するべきなのか否なのか、という、著名ミュージシャンや著名アスリートやその他諸々の「感動を呼び起こす」仕事の方々のクスリ問題で巻き起こされる議論を、もしくは民族主義やファシズムを匿う方々について巻き起こされる議論を思い起こす。

 

| | コメント (0)

2021/01/11

『ザリガニの鳴くところ』/ディーリア・オーエンズ

面白かった。オーソドックスなスタイルの小説だと思うけど、こういうオーソドックスなスタイルで読む手の止まらない小説が現在も書かれているということに大きな喜びを感じるくらいの面白さだった。現代小説の条件として、抽象的ではない、具体的な情報量の多さが必要だと思っていて、ここ最近はその情報量は外国文学ではSFやファンタジー的な情報量に寄っているふうに感じていたけれど(日本文学は10年前くらいの映画界のように、すごくコンパクトにした日常生活の、それも青少年が主世界での細かい部分、というふうに感じている)、本著はそのディティールが生物で、著者が生物学の専門家(でかつこれが小説第一作目!)なのでその情報量の圧倒が物語を生きたものにしている。

その上でストーリーの中心はとてつもなく重くて、本著の背景時代があったとしても、貧富、格差、差別、偏見、そして男女格差。なんでいつまで経っても変わらないのか、そのいつまで経っても変わらない渦中にいるだけに半分くらいはよくわかる。いよいよ闘う時代が来たのかもしれない。上っ面で闘うものがいつも生き残りのさばり、本気で闘ったものが割を食うのだとしても。

| | コメント (0)

2021/01/04

『2040年の未来予測』/成毛眞

ひふみの藤野氏がfacebookで激賞していたので購入を決め、Kindle版で買うか書籍版で買うか悩み、ずっと手元においておくならKindle版のほうがよいしデータも抽出しやすいと考えKindle版にしたのだが書籍版で購入して読み終えたらメルカリでいくらか回収するほうがよかった。それほどインパクトはない。テクノロジーについての記載は、今やIT業界ではない一般の人でも見聞きする機会のある情報であったと思う。

| | コメント (0)

2020/12/14

『超クリエイティブ』/三浦崇宏

通しての一番の感想は、「やっぱりこの広告というものが、成果主義にならない限り世の中変わらないよな」というものだった。コンサルティングというものも同じだけど、分析して、説明して、こうすればうまくいきます、というプランを提示して、結果によらず前金制でフィーを取るのが当たり前である限り、世の中はあんまり変わらないよな、ということ。「成果に関わらず報酬が保証されているから最高のクリエイテビティが発揮される」みたいな言説を今でも見ることがあるけれど、バブル期の広告とかは特にそういう感じかも知れないけど、それは正に戦後すぐのスポーツ界が、朝まで酒のんで遊んでいても試合ではすごいホームランを打った、みたいな武勇伝の類と一緒で、現代はそういう社会の仕組みではない。だからgoogleのadsenseは画期的なのだ。本著で著者は製造フェーズまで踏み込んで、みたいなことを言っているものの、踏み込んだだけで成果主義で報酬はもらっていないと思う。「この売上をx%あげることができたらその利益からy%を」みたいな報酬型が当たり前になって、初めて社会の仕組みが変わると思う。それだけ存在を認知させるというのが大変なことなんだ、という反論があったとしたら、それこそ現代のネット社会を掴みきれていないということだと思う。

 

 

続きを読む "『超クリエイティブ』/三浦崇宏"

| | コメント (0)

«『マネジメントへの挑戦』/一倉定