« 『春のいそぎ』/立原正秋 | トップページ | 『さよならみどりちゃん』/南Q太 »

2006/05/17

『ヴァイブレータ』/赤坂真理

4062735806 ヴァイブレータ
赤坂 真理
講談社  2003-01

by G-Tools

 震えているのは、衝動からか、それとも恐怖からか?「ヴァイブレータ」で思い出すモノとかその語感とかから、なんとなく「初原的な衝動」をイメージして 読んでいたけど、これはそういうことだけじゃなかった、かつて「言葉」を失った主人公の、「言葉」を失ったときからずっと続いていた恐怖心、それも「ヴァ イブレータ」。

・・・

・・・

 トラック運転手と出会い、自分の言葉の喪失を思い出した主人公は、だからと言って「ヴァイブレータ」を失くすことはないでしょう。それまでとは似て非なる「ヴァイブレータ」。

  病気だとはっきりしてもらえるものやしてもらえない(が故に余計辛い)もの、そういう精神の危機が、直に触れていると苦しいと感じるくらいに読むことがで きて、そういう危機の根源のひとつが本作中にあるように、子供時代の親および言葉との関わりにあるとしたら、本作はこの主人公の「親」の世代にぜひ読んで ほしい。けれど「ヴァイブレータ」が編み出した言葉では「親」の世代には届かない。彼らの見たことも聞いたこともない言葉で理解できない。そこに「ヴァイ ブレータ」はないのだろうか?

|

« 『春のいそぎ』/立原正秋 | トップページ | 『さよならみどりちゃん』/南Q太 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/10117005

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヴァイブレータ』/赤坂真理:

« 『春のいそぎ』/立原正秋 | トップページ | 『さよならみどりちゃん』/南Q太 »