« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/22

『人生の旅をゆく』/よしもとばなな

4140055006 人生の旅をゆく
よしもと ばなな
日本放送出版協会  2006-06

by G-Tools

 1997年~2006年の10年間に様々な媒体に掲載されたエッセイを収録したエッセイ集。主に旅をテーマにした”Ⅰ”、主に生活と働き方をテーマにした”Ⅱ”、そして生命や家族を主なテーマにした”Ⅲ”の3部構成。テーマはほんとうに多岐に渡るので全編を通した感想は書くのがすごく難しいのだけど、改めてパラパラッと捲ってみて感じるのは、「普通感じていても言葉にできていないような思いを、すごく丁寧にきちんと言葉にしてくれているなあ」ということ。例えば『命の叫び』の一節、「相手の不在とか、不親切を前提にして、自分が被害者であることを前提にして生きている人がたくさんいるような気がする」。これなんかは、今の世の中が何かおかしいどこかおかしいというその根本をバチリと言い当てていると思います。

続きを読む "『人生の旅をゆく』/よしもとばなな"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『号泣する準備はできていた』/江國香織

4101339228 号泣する準備はできていた
江國 香織
新潮社  2006-06

by G-Tools

 江國香織の小説を読むと、決まってうんざりすることが二つあって、ひとつは「女というのはなんでこんなに自意識過剰な生き物なんだろう」、もうひとつは「女というのはなんで繰り返しの日常がそんなに気に食わないのだろう」。この二つは結局同じことのようにも思うけれど、とにかく女の人がそういう生き物に見えてきてうんざり感を味わうのだ。・・・

続きを読む "『号泣する準備はできていた』/江國香織"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/17

『海のふた』/よしもとばなな

4122046971 海のふた
よしもと ばなな
中央公論新社  2006-06

by G-Tools

 東京の美術短大を卒業してふるさとに戻りかき氷屋を始めたまりちゃんと、親戚の恐ろしい諍いに巻き込まれ弱ってしまったはじめちゃんの出会いと夏の思い出。本筋ではないことかも知れないけれど、凄く考えさせられたのは「資本主義について」というようなことでした。まりちゃんのふるさとは、他のいわゆる「地方」と同じく、うら寂れてしまっていて、それは「愛のないお金の使われ方をした」からだ、とまりちゃんは思う。いっぽう、はじめちゃんをとことん弱らせてしまったのは、資産家のおばあちゃんが亡くなって起きた相続争いというこちらも「お金」のせいだ。・・・

続きを読む "『海のふた』/よしもとばなな "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/02

『愛を海に還して』/小手鞠るい

4309017649 愛を海に還して
小手鞠 るい
河出書房新社  2006-06-13

by G-Tools

 「愛するということは、愛を軽んじるということ。」 この言葉の言おうとするところを感じられない人は、この小説は読まないほうがいいと思うし、この言葉に何かのひっかかりを感じるのだとしたら、是非読んでほしいなあと思います。
 離婚経験のあるなずなとハワイ育ちのワタルの間の深い愛と、フリーライターだったなずなが仕事で出会った早瀬と堕ちる愛。どちらの愛も理屈抜きにどんどん進んでいく。それが「愛」じゃないなんて全然思うところがない。 要約してしまえばしまうほど、… 

続きを読む "『愛を海に還して』/小手鞠るい"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »