« 『美しい国へ』/安倍晋三 | トップページ | 読みたくなった本:『心にナイフをしのばせて』/奥野修司 »

2006/10/02

立ち読みのススメ!(日本経済新聞2006年10月2日朝刊5面「インタビュー領空侵犯」)

 日本経済新聞2006年10月2日朝刊5面「インタビュー領空侵犯」に、湯川れい子氏の「立ち読みが国を滅ぼす」という記事が掲載されてる。

国を挙げて日本のマンガなどの文化を世界に売り込もうとしているときに、このまま立ち読みを許し続ければ、だれも良いものを出そうとしなくなる。次世代の才能は育たず、日本の文化は衰え、国の力が低下してしまいます。

 立ち読みってそんなに行けないこと?そりゃ確かにあんまりいいことじゃないけれど、どうも「そんなに目くじら立てなくても」感もあったのでちょっと考えてみた。

 なんで立ち読みするかっていうと、大抵は買うほどじゃないと思ってるからだ。もうちょっと積極的な理由は、面白い内容かどうか確かめてみる場合。本一冊買うのだって雑誌一冊買うのだってお金が掛かるんだから、誰だって普通慎重になる。雑誌一冊だって、吊り広告で見た気になった記事だけ読めればいいってときは大抵立ち読みするんじゃないか。

書店やコンビニエンスストアで立ち読みして買わずに済ませたら万引きと同じ。

まずは手にとってもらい最後は買ってもらおうという狙いでしょうが、

 一般書籍とマンガと雑誌、書店とコンビニを同列で考えるのは難しいかも。湯川氏の論点は先に引用した通り、「立ち読みは国家的な財産侵害」ということだけど、例えば雑誌とコンビニという組み合わせだと、雑誌の立ち読み客がついでに小口物品を購入することを計算に入れてコンビニ側は商いしてて、当然そこに雑誌を卸している出版社側もそんなことわかって卸してる訳だから、そこには経済的にはなんも問題ない。そんなこと知らず卸してる出版社があったとしたらだいぶお間抜けだ。
 マンガは確かに最近どこの本屋に行っても特に単行本は立ち読みできないようにビニール閉じされてて、ここまできっちり立ち読み防止しているから作家の権利保護が図られこれだけ巨大産業に発展したという言い方ができるかも知れないけど、単行本は単行本になる前に週刊本・月刊本で連載されてるよね。あれは単価が安いからみんな買って読むと思う。本屋によっては月刊本で立ち読みできるし。つまり、ちゃんと「内容お試し」の機会があるってことだ。
 思うんだけど、文化というのは裾野を広げないと絶対に発展しないし隆盛もしないし向上もない。確かに一部の優れた秀でた人間だけで磨き続けていくようなタイプの文化もあるんだろうけど、ここで湯川氏が俎上に上げているのはそういった類の文化ではないでしょう。なんたって「立ち読み」に物申すくらいだから、広く国民に広まるような文化としての書籍を考えていると思う。であれば、裾野を広げるためには、単価を下げるか、お試しできるかという、「触れる」機会を増やすことが重要だと思う。
 で、小説は残念ながらあんまりそういう機会がない。おまけに単行本は高い。だから単行本が文庫本になるのを待ったりするし、新刊でちょっと興味を引かれたりしたら手にとって立ち読みして内容を確かめたりするのだ。そりゃ新刊をジュンク堂のような「座り読み化」の店で読破してしまう猛者もいると思うけど、そこまでして時間かけて立ち読みする人はそれはそれで相当の文芸好きで、買いたい本は買ってると思う。そうじゃなくてもそういう人が文芸という文化の担い手なのだ。
 文芸新刊もマンガと同じように文芸誌に連載されていたものが単行本になることもあるけど、マンガのように購入するケースは、よほどの文学好きじゃないと考えられない。それは価格とか通読に要する時間の問題とかもあるけれど、根本的には「文学を楽しめない」からだ。

 そう考えると、やっぱり「立ち読み」を云々するのは「小さいことに目くじら立ててるなあ」と思う。雑誌の立ち読みなんて、回転が速い分だけ買う人もいれば買わない人もいる。文芸本の立ち読みはそもそも完全にできやしない。

図書館で本を読む人たちと書店の立ち読みで済ませようとする人たちとは、本や雑誌に対する姿勢も認識もまったく異なると思います。

 そりゃ偏見ってもんだろう。どんな姿勢で本を楽しんだっていいじゃないか。ここには、「文化的なるもの」を優越的に見ようという傲慢な姿勢が見え隠れする。こういう権威主義的な姿勢こそが、文学の楽しさをダメにしてきた元凶であり、ひいては文学を楽しめないが故に書籍にお金をかけない空気が生まれてしまうのだと思う。

結局は一人ひとりのモラルに訴えるとともに、知的財産や著作権がいかに重要であるかを教育を通じて徹底するしかないのでしょうね。長い道のりですけど。

 そうじゃないと思う。同じ長い道のりを辿るのなら、文学や書物を楽しめるようにもっと言葉の力を磨く教育をするべきだと思う。根本的には活字を楽しめないから、活字を購入しようと思わないのだ。そこを抜きにして、権利やなんやを振りかざしても魂が入らないではないか。そんなのは生産者側の理屈だろう。文化ってのは、そういう生産者側マーケティングからいちばん遠いところにいて、そうじゃなきゃ衰退するっていちばんよくわかってるエリアじゃないの?

 ほら、湯川氏の本領である音楽業界だって、今じゃどこのレコードショップだって視聴機置いてるし、ネットで視聴もできるし、レンタルもできればネットで安価に購入だって出来るじゃないか。書籍は確かに図書館でレンタルできるけど、それ以外にもっとやることがあると思う。それを忘れて「立ち読み」なんてのに目くじら立てるなんて、小さい小さい。

|

« 『美しい国へ』/安倍晋三 | トップページ | 読みたくなった本:『心にナイフをしのばせて』/奥野修司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/12126934

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち読みのススメ!(日本経済新聞2006年10月2日朝刊5面「インタビュー領空侵犯」):

« 『美しい国へ』/安倍晋三 | トップページ | 読みたくなった本:『心にナイフをしのばせて』/奥野修司 »