« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/27

『おめでとう』/川上弘美

4101292329 おめでとう (新潮文庫)
川上 弘美
新潮社  2003-06

by G-Tools

 恋のせつない気持ちがテーマの12の短編集。

 僕はどちらかというと人付き合いが苦手なほうで、だからといって人が嫌いという訳でもなく、人と交流したいけれども面倒と思う気持ちもあれば、交流自体が上手くできなくて苦手というところもある、矛盾だらけで勝手極まりない性格なんだけど、本著のような作品を読むと、世の中ではほんとにたやすく人と人とが触れ合っているもんなんだなあと軽く絶望してしまう。ちょっとしたきっかけで言葉を交わすなんて、僕は同じ会社の中でさえ、同じマンションでさえなかなか大変だというのに。それでいったい何故かと考えると、僕は世間話が大の苦手なのだ。どうでもいいことを話すことが苦手なのだ。目的があったり、有益な情報があったり、オチがあったりしないと上手く話せない。
 人と人との交流はたくさんあったほうがいい。だからそんなふうになりたいと思いつつそうなれないで来てしまったのは、結局待ってるだけで自分から話せないからだ。よりいっそう絶望的になるけれど、この期に及んで腹をくくることができたのは感謝だ。だから、『ぽたん』と『天上台風』が好きだ。

 そんなに人は正しく強くいなければならないのだろうか?と疑問が沸いてくる。正しくなかったり、強くなかったりすると、もちろんその結果たいへんな苦難を背負うことが多いには違いないけれど、そもそもどうやったって正しくも強くもなりきれない部分が残るのが人間で、自分が絶対正しいということも強いということもないのだ、とわかって努力をするのとしないのとではずいぶん感じられるところが変わってくるように思うし、年を取るごとに確信に変わってきている。

続きを読む "『おめでとう』/川上弘美"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/26

『プロジェクトは、なぜ円滑に進まないのか』/メアリー・グレース・ダフィー

490324167X プロジェクトは、なぜ円滑に進まないのか (ハーバード・ポケットブック・シリーズ 1) (ハーバード・ポケットブック・シリーズ 1) (ハーバード・ポケットブック・シリーズ 1) (ハーバード・ポケットブック・シリーズ 1)
メアリー・グレース・ダフィー 大上 二三雄 松村 哲哉
ファーストプレス  2007-12-06

by G-Tools

  ツールが充実しているので早速活用できる点がこの「ハーバード・ポケットブック・シリーズ」のよいところ。

  • プロジェクト定義シート
  • WBS
  • プロジェクト進捗レポート
  • スケジュールソフト評価表
  • プロジェクト終了段階の分析と教訓

 主に学んだ点は3つ。1つは、プロジェクト管理者は細部まで把握する必要があるということ。1つは、問題に対してフォーカスすること。非難するのではなく解決法を考えること。反復して発生するなら反復を解決するよう考えること。1つは、リソース全般への意識。今の自分の業務では、プロジェクト管理で意識するのは進捗つまり期日だけだが、本来は人・金・時間、そしてクオリティすべてに意識を向けなければならない。

続きを読む "『プロジェクトは、なぜ円滑に進まないのか』/メアリー・グレース・ダフィー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『失われた愛を求めて-吉井和哉自伝』/吉井和哉

4860520718 失われた愛を求めて―吉井和哉自伝
吉井 和哉
ロッキング オン  2007-12-22

by G-Tools

 もうとにかく共感の嵐!イエモンも結構早くから聴いてて折に触れインタビューとか読んでるから、共感できるところが多いのはわかってるんだけど、ほんとに共感できる人だなあと改めて思った。イエモンファンで吉井ファンの人は、かなり独特の感情が共通してる気がするから、ファンなら誰が読んでも僕と同じように共感の嵐になると思う!

 そんな中、ここが違うと思ったのは、青春時代の「やりたいことがない。やれることもない。自分になにがあるかわからない。」というくだり。青春時代、誰もが一度は思い悩むことのようだけど、振り返ってみたら僕はそういうことで悩んだ記憶がない。ただ進学して、ただコンピュータ業界で就職して、というカンジでそのルートに全然疑問を抱かなかったし、自分がそれができないとも全然思わなかった。この経験の欠落が、今の自分に大きく影響している気がする。最近、自分には何ができるんだろう?何をしてきたんだろう?という問いが時々浮かび上がる。そして残された時間は減っている…これは一度徹底的に悩まなければいけないことに違いない。
 もうひとつ違うのがその徹底ぶり。吉井和哉はこうすべきと思ったこととかこうしなければいけないということを徹底的にやっていることがこの自伝でわかる。それこそぶっ倒れるくらいやってる。こうしたいこうしようと思ったことは本気で徹底してやらないといけない。これも、自分の進む道をいい加減にしか考えなかったからその呪縛でこうなっている気がする。そういう、「全力でやることの尊さ」みたいなのが、この本全編から溢れ出てる。

 『SICKS』の後、バンドが下がり始めた、という記述が怖かった。これはなんとなくうっすらわかる。けれど、今の吉井和哉を見ていると、そういう山や谷があった後も、やっていける道は見つけられるんだよという希望も与えられる。

 少し不安になったのは、家庭事情が結構赤裸々に書いてあって、大変なんだろうなあと思うので、ここ最近のツアーラッシュやリリースラッシュやメディア露出ラッシュや出版ラッシュが金銭的問題を解決するためのものじゃないよなあまさか?ということかな。

続きを読む "『失われた愛を求めて-吉井和哉自伝』/吉井和哉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/15

『コーチング術で部下と良い関係を築く』/パティ・マクマナス

4903241688 コーチング術で部下と良い関係を築く (ハーバード・ポケットブック・シリーズ 2) (ハーバード・ポケットブック・シリーズ 2)
パティ・マクマナス 松村哲哉 上坂伸一
ファーストプレス  2007-12-06

by G-Tools

  部下はいないけれど、コーチング術はある意味で上司にも使えるだろうと考え購入。内容は難解な点はなく、1時間もあれば通読可能。

 最近、欧米のビジネス書を読んでつくづく感じるのは、上級と思えるビジネス書になればなるほど、いわゆる「日本的」な美徳と価値観が近いと感じること。長期的な視野、数値化できない部分にも目を当てる、他人ではなく自分がどうするかに焦点を当てる、etc...。短期的な目標や売上高重視、誰の責任なのかを言い争う姿勢といったものは、レベルの高いビジネス書の教えにはまったくと言っていいほど出てこない。アメリカが「訴訟社会」だと言われるけれど、大多数の下流の行動様式ではないのかと考えたくなる。

  • 結論を急がない姿勢が必要。
  • ”フィードバック”と”提案”は違う。”提案”はその方向に説得するもの。”フィードバック”はひとつの行動等に対して意見を述べるもの。
  • セルフマネジメントが重要。感情を持ち込まない。

続きを読む "『コーチング術で部下と良い関係を築く』/パティ・マクマナス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/06

『カカオ80%の夏』/永井するみ

4652086040 カカオ80%の夏 (ミステリーYA!)
永井 するみ
理論社  2007-04

by G-Tools

 『ランチタイム・ブルー』を読んでおもしろかったので、永井するみの他の作品も読んでみようと思ったのには違いないんですが、「なんでこの作品を選択したんだろう?」と自分で疑問に思うくらい、この本は自分の趣味ではない(図書館でネット予約してあって、半年経って順番が回ってきた)。女子高生凪の友達雪絵が、自宅に「合宿のようなものに一週間くらい出るので心配しないでください」と書置きして姿を消してしまう。家出する気配も理由もまったく感じなかった友人なので、気になって凪は雪絵を探し始める…

続きを読む "『カカオ80%の夏』/永井するみ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/01/05

ノブレス・オブリージュ

『SEのためのシステムコンサルティング入門』に登場したので調べてみた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5

ノブレス・オブリージュ (noblesse oblige) は、フランス語で文字通り「貴族の義務」あるいは「高貴な義務」を意味する。一般的に財産権力社会的地位には責任が伴うことをさす。一般的な用法ではないが、慇懃無礼あるいは偽善的な社会的責任について蔑視的に使われることもある。ノーブレス・オブリージュともいう。

”アメリカではボランティアに参加するのは当たり前”という点が興味を引く。
成金が自分のことしか考えなくなるのは日本だけなのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/04

『日経ビジネス 投資の本』

B000RL6C3G 投資の本 2007年 6/27号 [雑誌]
日経BP出版センター  2007-06-13

by G-Tools

PER=株価÷一株あたり純利益(EPS)
 ・数字が低いほうが割安
 ・本来なら、もっと高い業界平均のPERまで推移するはず=株価が上昇するはず

PBR=株価÷一株あたり純資産(BPS)
 ・1倍が基準。低いほうが割安

  • BPS=企業の解散価値
  • BPS=負債などをすべて返済して残る資産価値
  • 当初、企業はPBRで評価される=過去の実績で評価されている
  • 注目されるようになるとPER=業績予想で評価されるようになる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/03

『佐藤可士和の超整理術』/佐藤可士和

4532165946 佐藤可士和の超整理術
佐藤 可士和
日本経済新聞出版社  2007-09-15

by G-Tools

 アートディレクター・クリエイティブディレクターの佐藤可士和の「整理」に関するハウツー本。”整理”というと物理的な整理をまず思い浮かべるが、本著は仕事全般に通じる”整理”を説いている。具体的には空間の整理・情報の整理・思考の整理の3つの切り口から、整理の仕方を紹介している。細かい方法を書いている訳ではないが、「整理を徹底することが仕事の効率や生産性を上げる最善の方法」という意見をきちんと理解できるように書かれている。
 徹底して整理をすることは仕事の精度を上げることに繋がると考えていたので、その考えの裏づけや補強をする材料がたくさん手に入り有益だった。

  • 人間関係の整理が課題。
  • 周囲の人間が整理に無理解な場合に、整理のスタンスを推し進めるためにかなりのストレスがかかる。これも課題。
  • ルールは変えてしまうことができる。そのために視点を複数持つべき。
  • 「問診」の考え方は取り入れられる。
  • 知識量も大事。

続きを読む "『佐藤可士和の超整理術』/佐藤可士和"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/02

『東京・地震・たんぽぽ』/豊島ミホ

4087753832 東京・地震・たんぽぽ
豊島 ミホ
集英社  2007-08

by G-Tools

 『檸檬のころ』より断然こちらがおもしろかったです。『檸檬のころ』はああいう空気というか雰囲気というかに共感できる経験がないとおもしろさ半減だとわかってるんですが、こちらは構成が抜群に練られてて面白いです。地震の混乱の中亡くなってしまうあきと純一の姉弟、子供と一緒に巻き込まれてしまう、育児に疲れ果てていた(でもブログは外面保ってマメに更新する)舞とその夫で仕事のできる(でも舞に困窮しきっている)康隆、その他いろんな立場の人々が大地震に遭って考えること・起きることが生生しく描かれます。
 地震の描写はそんなに多くないけれど、その瞬間その瞬間で人が何を思うのか?というところが丁寧に書かれていて一気に読んでしまいます。実際に阪神大震災やその他大地震に被災した方がどんなふうに読むのか感想を一度聞いてみたいです。

続きを読む "『東京・地震・たんぽぽ』/豊島ミホ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『箱』ジ・アービンガー・インスティチュート

4890361383 箱―Getting Out Of The Box
ジ・アービンガー・インスティチュート The Arbinger Institute 冨永 星
文春ネスコ  2001-10

by G-Tools

 『”やぎっちょ”のベストブックde幸せ読書!!』さんで知った本です。「自己欺瞞」との向き合い方がテーマの本で、人にオススメできる良書だと思います。

 唯一心配な点をあげるとすれば、どちらかというと善良な人で行き詰っている人がこれを読むと、更に追い込まれるのではないかという点。そういう意味ではこれは「基本的に人はみんな悪いもんだ」という西欧的な人間観がベースにあってそれがほぼ通用するような社会で有効なのかも知れません。
 なので逆に言うと、日本的と言われる「思いやり」も、実は日本にしかないものではなく、世界中どこにでも存在できる可能性があると言えるし、日本では教育の一環として(これまでは)身につけられていたものが、アメリカではこんなふうに「自己欺瞞」を用いて解明し納得させてていかないと身につかないということもできる。いずれにしても「これは日本独自」「これはアメリカ独自」と決め付けず、良い点をどのように取り込んでいくかという視点が大切。

  • 騙す相手にはどう対処するか?→社内にも騙そうとしてくる相手はいる
  • ファンドと経営者の違い(もしくは同一性)
  • ”リソース”という考え方→自分が何が出来るか?
  • ”正しくない”相手に対する対処法

p30「ゼンメルヴァイス」
p31「我々が『人間関係の問題と呼んでいる、・・・これらを引き起こしているのは、たった一つの原因なんだ。」
p55「一番目の場合には、人は自分を他の人々に囲まれた一個人だと感じているのに対し、二番目の場合には、物に囲まれた一個人だと感じている。」
p58「トム、君と会ったときの相手の気持ちを想像してみてくれないか。」
p63「少なくともわたしの場合、相手の名前に関心がないということは、一人の人間として相手に関心がないということだ。」
p82「ローラ、どうしてそうなんでもかんでも、ややこしくしてしまうんだ。ただ、どうしてるかなと思って電話しただけなのに」
p100「これらはすべて自分への裏切りなの。人のために何かをすべきだと思いながら、それをしない」
p111「妻にはそういう欠点があったにも関わらず、わたしは起きて妻に力を貸してあげなくてはと感じていた。自分の感情に背くまで、妻の欠点はわたしが手を貸さない理由にはなっていなかったんだ。」
p134「自分が自己正当化イメージを持ち歩いているんじゃないかと疑ってみるのも無駄ではないと思う」
p137「そうなんだよ。自分は何でも知っているという自己正当化イメージを持っている場合、その人は、ほんとうにいろいろなことを知りたいと思っているんだろうか」
p151「その通り。こういったのよ。『あら、ぎりぎりだったわね』わかる?息子が責任ある行動をとっても、そのことを認めてあげられなかったっていうわけ」
p152「息子さんを責めている自分を正当化するには、相手が責めるに足る人間でなくてはなりません」
p164「箱の中に入っていると、どうしても自分に気持ちが向いてしまって、結果に集中しきれなくなるんです」
p191「この会社の社員は無能だという確信をいっそう深め、さらに細かく支持を与え、たくさんの方針や手順を作り上げていった。」
p206「だからなんだよ、技術分野以外で技能研修をやってもちっとも効果があがらないのは。さまざまなテクニックがいくら有益なものでも、箱の中で使っている限り、役には立たない。それどころか、相手を責めるさらに巧妙な手口になってしまうんだ。」
p220「箱の外に出た形での人間関係が一つでもあれば、いろいろなことができる」
p237「相手を責めることで、相手はよくなったかな?」

知っておくべきこと
・自分への裏切りは、自己欺瞞へ、さらには箱へとつながっていく。
・箱の中にいると、業績に気持ちを集中することができなくなる。
・自分が人にどのような影響を及ぼすか、成功できるかどうかは、すべて箱の外に出ているか否かにかかっている。
・他の人々に抵抗するのをやめたとき、箱の外に出ることができる。

知ったことに即して生きること
・完璧であろうと思うな。よりよりなろうと思え。
・すでにそのことを知っている人以外には、箱などの言葉を使うな。自分自身の生活にこの原則を活かせ。
・他の人々の箱を見つけようとするのではなく、自分の箱を探せ。
・箱の中に入っているといって他人を責めるな。自分自身が箱の外に留まるようにしろ。
・自分が箱の中にいることがわかっても、あきらめるな。努力を続けろ。
・自分が箱の中にいた場合、箱の中にいたということを否定するな。謝ったうえでで、さらに前に進め。これから先、もっと他の人の役に立つよう努力しろ。
・他の人が間違ったことをしているという点に注目するのではなく、どのような正しいことをすればその人に手を貸せるかを考えろ。
・他の人々が手を貸してくれるかどうか気に病むのはやめろ。自分が他の人に力を貸せているかどうかに気を配れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »