« 『佐藤可士和の超整理術』/佐藤可士和 | トップページ | ノブレス・オブリージュ »

2008/01/04

『日経ビジネス 投資の本』

B000RL6C3G 投資の本 2007年 6/27号 [雑誌]
日経BP出版センター  2007-06-13

by G-Tools

PER=株価÷一株あたり純利益(EPS)
 ・数字が低いほうが割安
 ・本来なら、もっと高い業界平均のPERまで推移するはず=株価が上昇するはず

PBR=株価÷一株あたり純資産(BPS)
 ・1倍が基準。低いほうが割安

  • BPS=企業の解散価値
  • BPS=負債などをすべて返済して残る資産価値
  • 当初、企業はPBRで評価される=過去の実績で評価されている
  • 注目されるようになるとPER=業績予想で評価されるようになる

|

« 『佐藤可士和の超整理術』/佐藤可士和 | トップページ | ノブレス・オブリージュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/17577636

この記事へのトラックバック一覧です: 『日経ビジネス 投資の本』:

« 『佐藤可士和の超整理術』/佐藤可士和 | トップページ | ノブレス・オブリージュ »