« 『ベスト・オブ・谷根千-町のアーカイブズ』/谷根千工房 | トップページ | 井上荒野 »

2009/05/05

『あなたの獣』/井上荒野

4048739018 あなたの獣
井上 荒野
角川グループパブリッシング  2008-11-29

by G-Tools

 櫻田哲生という男の生涯を描いた、10編の短編。

 構成が『ニシノユキヒコの恋と冒険』に似ている、と気づくほど読み進める前に、雰囲気が川上弘美に似ているな、と思って読み進めたら、途中、村上春樹か、と思わず突っ込みそうになった章があった。それはまあ、学生時代の話でカラダが奔放で仲間が死ぬから、というようなところの安易な連想かもしれないけど、このエピソードで登場する璃子が最終章まで引っ張られてるので、小さくない意義があるのだと思う。

 「あなたは、いつでも、どこにもいなかった。」というのは、男がよく女の人に言われる台詞のひとつだ。じゃあ、女の人は、どうであれば、一緒にいてると思うのだろう?このことを考えると、男の僕は息が詰まりそうになる。完全に言ったもん勝ちのロジックだからだ。その代わりに男という性の持っているアドバンテージはなんなのだろうか?そこを突き詰めていくと、こんなにしょうもない櫻田哲生が、これだけの女性の間を揺らぎながら生きてきた理由にちょっとだけ触れられるような気持ちになる。著者は女性だから、櫻田哲生に女の人が惹かれるところの描写は全部本当じゃないとしても、全部的外れではないだろう。

 金や地位といったもので好かれた女性は、金や地位が無くなったり、金や地位に飽きたりしたら、その男から離れていく。じゃあ、精神的なもので好かれた女性は、その精神に飽きたりしたら、その男から離れていく、ということだろうか?

p7「二人で寝るには少し狭いセミダブルベッド」
p91「あなたは、いつも、どこにもいなかった。」
p150「少女は僕の隣に立って、まるで握手でも求めるみたいに、航のほうへ手を伸ばした。」

|

« 『ベスト・オブ・谷根千-町のアーカイブズ』/谷根千工房 | トップページ | 井上荒野 »

コメント

藍色さん、こんばんは。
この本にとっては櫻田の魅力なんてどうでもいいことなのかもしれないですけど、じゃあいったい何がキーなのか?キーなんてないよ、ってこと?と考えがループして、それはそれでおもしろいです。
『雉猫心中』も、手をつけてみようと思います。

投稿: タツミ | 2009/05/06 20:43

こんばんは。
TBありがとうございました。
アドバンテージのあれこれを考えてみることって、
櫻田哲生に惹かれる謎を解くヒントになるのかもしれませんね。
新刊、「雉猫心中」は男性心理が興味深かったです。

投稿: 藍色 | 2009/05/06 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/44876892

この記事へのトラックバック一覧です: 『あなたの獣』/井上荒野:

» あなたの獣 井上荒野 [粋な提案]
たゆたうように女の間をぬって生きた櫻田哲生の生涯を描く、連作短編集。 装丁は帆足英里子。プロデューサーは栗本知樹。初出野性時代。直木... [続きを読む]

受信: 2009/05/06 00:18

« 『ベスト・オブ・谷根千-町のアーカイブズ』/谷根千工房 | トップページ | 井上荒野 »