« 『風に舞いあがるビニールシート』/森絵都 | トップページ | 『炎の経営者』/高杉良 »

2009/08/17

『プレジデント 50+ 2009年7/15号』

B002BB2GIK プレジデント 50 + (フィフティプラス) 2009年 7/15号 [雑誌]
プレジデント社  2009-06-15

by G-Tools

p64「福原義春(資生堂名誉会長)」

 ビジネスマンは実利を求めて本を読みがちですが、明日からすぐに役に立つという本は、三年経つとたいてい役に立たなくなるものです。もちろん、ビジネス書やハウツー本も読まなければ飯の種がなくなってしまうこともあります。しかし、たとえばリーダーがハウツー本に書かれてある通りに「わが社はかくあるべきだ」と話したら、たちまち部下はしらけてしまう。

思ったことが2つ。

  • 三年経って「あれはもう古い、時代遅れだ、今はこれだ」というのを繰り返している人のほうが、そういうことすら考えず読んでいる人よりもまだビジネス向きということか。しかし、そこには進化が残らない。積み重ねられるものもない。消費しているだけだ。
  • 昔勤めていた会社で、上層部がキックオフミーティングで、「やりがいをモチベーションとすることが大事(=金銭的な見返りで働くだけではダメ)」というようなことを語ったことがあり、当時確かに「やりがい論」が流行っていて、「バカな人だなあ」と思った記憶がある。そういう意味では、何でもかんでも「金」を対価とする方針の今の会社のほうがましということか。

|

« 『風に舞いあがるビニールシート』/森絵都 | トップページ | 『炎の経営者』/高杉良 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/45951325

この記事へのトラックバック一覧です: 『プレジデント 50+ 2009年7/15号』:

« 『風に舞いあがるビニールシート』/森絵都 | トップページ | 『炎の経営者』/高杉良 »