« 『FRaU (フラウ) 2009年 09月号』 | トップページ | 『プレジデント 50+ 2009年7/15号』 »

2009/08/16

『風に舞いあがるビニールシート』/森絵都

4167741032 風に舞いあがるビニールシート (文春文庫)
文藝春秋  2009-04-10

by G-Tools

 短編集と知らず、最初の一編『器を探して』を読み終え、これはなかなか面白い、と次の『犬の散歩』に差し掛かって、登場人物が全く違うことに気づき、「あ、もしかして短編集?」と初めて気づいたのでした。そこで慌てて『風に舞いあがるビニールシート』を先に読んでみた。そのタイトルに強く惹かれていたので。

 まずUNHCRが舞台の話だなんて、全く予想してなかった。もうちょっと、普通のOLのほのぼのとした日常とか、ほのぼのしてるかどうかは別として、柴崎友香のような話をイメージしてた。先に読んだ『器を探して』が、プロフェッショナリズムを強く打ち出した話とは言え、ケーキショップに勤める女性の話と、まだ身近な感じがしただけに、UNHCRまですっ飛ばれてしまうととても意外だった。

 UNHCRに勤めたエドと里佳は、どれくらいの年棒を貰っていたのだろう?実際、エドはアフガンで命を落としたくらい、危険な業務に従事している彼らの年棒はどれくらいなのだろう?そういうふうに考える自分が、いかに成果主義に毒されているか、思い知らされた。成果主義の最も恐ろしいところは、「何が仕事であるのか」がだんだん二の次になっていくところ。自分が関わっている製品やサービスや仕事内容というのは、あくまで「金銭」につながる「成果」を得るための手段でしか、なくなるのだ。その思想は、別の形であれば、ひとつのプロフェッショナリズムに繋がるものだけど、「成果主義」と結びつくと、簡単に拝金主義に姿を変える。そうして、「これくらいのお金を貰わないと、そんな仕事やってられないよなあ」という発想が生まれるのだ。命を賭して働く彼らの年棒って?同じような疑問を抱く人はたくさんいると思うけど、成果主義に毒された僕のこの疑問は、あまりにいやらしい。そして、それほどの稼ぎにならないのに、苦労の多い仕事を進んで嬉々と情熱を傾けて取り組む人の気持ちが理解できなくなってしまうのだ。

 でも一方で、単に「仕事」「お金」と並べるだけの労働経験しかない、思いに深みのない人とは違う、という自負はある。少なくとも、なぜそれだけのお金を追いかけないといけないのか、という明確な意識はあって、それはただだらだらと働いてお金を貰っている人のそれとは著しく異なるし、どれだけいやらしくてもひとつのプロフェッショナリズムを持っていることに変わりはないからだ。本書には6編のプロフェッショナリズムが描かれていて、僕みたいにとても偏狭であれ胸を張ってプロフェッショナリズムを唱えられる人にとっては、刺激的な話ばかりだと思う。 

「器を探して」
p19「所詮それは「インターネットで三十分」の使用」
p28「たんに彼らはヒロミに飽きていなくなる」
p38「では、あなたはその億単位の金で誰を喜ばせたのか。誰もが簡単に、平等に手を伸ばせる幸せを、たしかな満足をもたらすことはできたのか-」

「犬の散歩」
p75「人間と同様、犬にも運不運があり、」
p82「もしかしたら生まれて初めて自ら進んで関係することを選んだのだ、と」
p87「どんな事象もつぶさに調べればその襞に利害がひそんでいる、と信じて疑わない人たちが」
p98「牛丼中心のその世界があまりにも断固として、揺らぎがなかったから。」

「守護神」
p136「それでまた参考資料を探して・・・」
p139「あなたは露悪的にふるまっているけど、」

「鐘の音」
p152「ある種の含羞が郷愁にとってかわった」
p171「おまえ、口もようきけへんのやったら、酒盛りなんかつきあわんでええわ」
p198「実体のない万能感とプライドだけで生きていたあの頃」

「ジェネレーションX」
p217「仕事で頭を下げるくらいは屁とも思っていないような図太さが透けている」
p252「残念ながら人間、そうそうひと思いに大人にはなれないものだ」

「風に舞いあがるビニールシート」
p262「シエラレオネからのさらなる支援金要請」
p286「結婚さえすればエドと幸福に暮らしていけるなんで、なぜ思ったのだろう?」
p300「人生には得も損も落ちていない不毛な荒野をひた歩くしかないときもある」
p310「好きなものを腹いっぱい食べて、温かいベッドで眠ることができる。それを、フィールドでは幸せと呼ぶんだ」
p322「問題はエドの命ではなく、今も危険にさらされている難民たちの命なのだ」

|

« 『FRaU (フラウ) 2009年 09月号』 | トップページ | 『プレジデント 50+ 2009年7/15号』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/45947836

この記事へのトラックバック一覧です: 『風に舞いあがるビニールシート』/森絵都:

« 『FRaU (フラウ) 2009年 09月号』 | トップページ | 『プレジデント 50+ 2009年7/15号』 »