« 『いいことが起こり続ける数字の習慣』/望月実 | トップページ | 『ザ・ピロウズ ハイブリッド レインボウ』/音楽と人 »

2009/09/23

『the pillows cast [1989-2009]20th Anniversary Special Edtion』

Image042_2

 半年に一度発売されるミュージシャンインタビュー誌『cast』が20年the pillowsを追いかけた軌跡をまとめた一冊。

 さすがに相当な分量で、読むのに相当時間がかかりました。916までに読み終えたかったんだけど間に合わなくて、今日ようやく終了。デビュー当初からほぼ毎年欠かさずインタビューをしている信頼感で、とても密度の濃い内容。20年の歴史をほんとにつぶさに感じることができます。ずっと一貫して変わらないスタンスでいるようで、少し年齢のことを出してみたり、当たり前なんだけどそういう変化みたいなものが、年齢が近い分しみじみわかるもんで、読んでてやっぱり励まされます。さわおは、「君の歌になってくれればいい」と、曲に関してそう言うんだけど、the pillowsの軌跡自体も、僕にとっては大事な羅針盤です。

 言葉になってるのを見て「そりゃそうだよなあ」と納得したんだけど、「もう、次はこれ以上いいものは書けないんじゃないか?」という不安は毎回感じる、とさわおは語っていて、どれだけ自信があっても、その恐怖心というのは乗り越えるべきものとして存在するんだなあとちょっと安心した。それから、2003年のツアーで、ライブ中にぼんやりしている瞬間があったという話、これも「あ、そうなんだ」と。自分にそういうことが起きたことがあるとか、短絡的に言うわけじゃなくて、長い活動の中でアップダウンを繰り返してるのは一緒なんだなーって、そういうのを感じるだけで自分も少し強くなれるもんだなとちょっと驚き。
 
 『the pillows cast』と『Talking Rock!』を読み終えて、じっと思い返して印象に湧き上がってくるのは『Thank you, my twilight』についてです。「折り返し地点を曲がったと思っているけれど、それに悲しんでる訳じゃなくて、サンキューと言える」ってくだり。『Thank you, my twilight』は2002年なので、今から7年前、さわおは33歳?今振り返ってみたら、確かに僕もそのくらいの年に、折り返し地点を曲がったと思ったな、と思う。でも僕はサンキューなんてとても言えなかった。言えないままここまで来ちゃったので、もっと無我夢中になろうと決意しました。

p96「ぶっちゃけた話、セールス面も含めて、シングルを意識して作ったわりには評価が低かった」
p127「「今、この瞬間に分からせる!」とのエネルギー」
p154「そういうことをシンちゃんがしていると「大丈夫かよ」」
p158「ピート・ベストとかトライセラトップスとか、ドラゴン・アッシュ」
p175「僕が「バカばっかり」と怒ってたのは、世の中全部に対してだったんだと思う」
p177「本当に責任を取れるのは自分だけなんだからね、絶対に」
p187「「おいしい実だけをもぎたい!」って感じで」
p196「音楽と言う名のカルチャー」
p243「「すごいいいものができた!」と思いつつ「・・・もう終わりかも」とも感じている」
p245「常識的には「折り返し地点は曲がったな」」
p251「ライブ中にぼんやりしている瞬間があった」
p269「誰よりも僕がミスチルをぜひ聴きたいと思ってるし」
p290「前よりもプロフェッショナルになってきた」
p297「フレッシュ感が損なわれるバンドって、自分で”らしさ”をきめっちゃってる」
p312「ユーロビートとかダンスミュージックになってたら」
p323「置いてきぼりになる人がいても仕方ない」
p360「シンディ・ローパーか増子さんになりたいな」

|

« 『いいことが起こり続ける数字の習慣』/望月実 | トップページ | 『ザ・ピロウズ ハイブリッド レインボウ』/音楽と人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/46292060

この記事へのトラックバック一覧です: 『the pillows cast [1989-2009]20th Anniversary Special Edtion』:

« 『いいことが起こり続ける数字の習慣』/望月実 | トップページ | 『ザ・ピロウズ ハイブリッド レインボウ』/音楽と人 »