« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/31

日本経済新聞2009/10/27 文化・レコード針 感動刻み続け/長岡秀樹

 吉井和哉が「ナガオカのイヤフォンがよい」と紹介している、というのを聴いて初めてナガオカを知り、もちろんiPod touchのイヤフォンはナガオカ製を愛用しているのですが、日経最終面にナガオカの社長が。

 現在、総売り上げに占めるレコード針の割合は10%程度にすぎない。
 それでも、人はナガオカを「レコード針の…」と言う。この事実を私たちは誇りに思う。

 レコードはいつか消えてしまうかも知れないものだけど、レコード針製造を事業として持ち続けるのは、看板としてただ残しているというのではない。「針は大本の技術の枝葉でしかないはずだ」という冷静な言葉も。数字に直ちに結びつくのではない事柄をどれだけ考え抜いているかで、その企業の自力が鍛えられているのだと思う。言い換えれば経営力が。

 まったくの偶然、最近、ドリコムがブログ事業を他社に譲渡することを知った。ネットバブルを通り抜けてきた僕らの世代にとっては、ドリコムと言えばブログというイメージがある。ドリコムにとってブログ事業は売上ですでに10%以下になっていたらしい。ナガオカとの比較に、何を思うべきか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/19

『ザ・ピロウズ ハイブリッド レインボウ』/音楽と人

4903979113 ザ・ピロウズ ハイブリッド レインボウ
音楽と人
USEN  2009-09-15

by G-Tools

 一昨日の夜中、さわおがインタビューされてる番組を二本立て続けに観て、その中でかの有名な「眉毛のない増子さんが待ち伏せしてた事件」を喋ってて、「あ、そういえばオレ、ハイブリ本の感想であのエピソード触れたっけ?」と思ったので改めて。

p40 山中さわお「で増子さんが言うんだ。『行ったほうがいい。絶対チャンスだし、ちゃんと東京でお前は成功するべきだよ』『俺だったら、メンバーに土下座しても絶対行くね』って」「でもね、後からわかるんだけど、増子さんはすごく察しのいい人でね。俺の言われたいことを言ってくれたんだよ。だからほんとは全然嘘で、増子さんは、もしひとりだけ誘われても絶対行かないタイプだよ。そこだけ嘘をついたの。僕のためにたぶん嘘をついたんだ。」
p89 増子直純「あの時、もうそっちに気持ちが傾いちゃってる自分を責めてたんだ、あいつは。「それは裏切りなんかじゃないし、自分を責めることじゃないぞ」「まあ、俺だったら絶対行くね」って言ったよ。本当は絶対行かないけどね。」「俺、そんなに音楽的な才能とか素養があるとは思ってないから。」

 増子直純は確かにいい男だ。でも僕はこういう男に憧れないし憧れちゃいけない。増子直純の気持ちに気づいた、さわおに憧れるしこういうふうになりたいなと思う。控えめに言っても僕は増子直純のようなスタンスは常に取れていると思うし「察し」はいいほうだ。けれど、増子直純が嘘をついたのは、詰まるところ自分が「土下座しても絶対行く」ようなタマじゃなかったからだ。そんなのに憧れてちゃいけない。そこそこんところで満足することに憧れるようではいかんともしがたいのだ。やっぱり僕はさわおのスタンスが好きだし、人の気持ちに気づける冒険者になりたいなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/18

『集中講義!日本の現代思想 ポストモダンとは何だったのか』/仲正昌樹

4140910720 集中講義!日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか (NHKブックス)
日本放送出版協会  2006-11

by G-Tools

 放っておけば偏ってしまうから意図的に近寄ることを堪えているもの、ひとつが近代文学でもうひとつが思想・哲学系。なんも考えなかったら延々この二つのジャンルばかり読んでしまう。なのでなるべく避けてたんだけど、最近、どうしても抑えが利かなくなってて数冊読んでおり、今回手に取ったのがこれ。構造主義、ポスト構造主義をちゃんと整理したくなったのと、日本の現代思想について、現代に至る少し手前、安保あたりから整理したくなったのがきっかけ。

 大枠で印象に残ったのは3点。ひとつは「無限」をどう扱うか、という手法の問題。ひとつは「過去の自分をどう否定あるいは清算するべきなのか?」という問題。もうひとつは、やはり現代は「歴史」を求めてるのではないか?という問題。

 最初の”「無限」をどう扱うか?”は、構造主義の「メタ構造」、つまり「ポスト構造主義」の発端についての理解。ポスト構造主義に触れたときの印象はいつも「バラバラになっていく」という感覚で、「私はあなたと違う」式のモノの言い方をする人に対して「ああそうですか。で?」と言ってしまう心情を強化する感覚。なぜ差異が欲しくなるのか、差異があるからなんだっていうのか、別に思想や哲学に触れていなくても、自分の本性に誠実であろうとすれば見えてくるものがある。そこに誠実であろうとしない人に対して、ポスト構造主義の考え方を当てはめてみたくなってしまう。

 次の「過去の自分をどう否定あるいは清算するべきなのか?」は、文字通り転向や転回の問題。日本は特に、戦後の転向を簡単に許した歴史に始まり、あっけなく昨日までの思想・信条を捨ててしまうことに否定的でない。立場が変われば、もっと言えば気が変われば、簡単に思想・信条を変えて構わない。その時々の状況の責任にすることができる。逆に言えば、その時々の自分は「何も考えていなかった」と言える、ということ。ここでも、「わたしはあなたとは違う」式のものを言う人に何か一言言いたくなる。「自分のことを自分のこととしてだけ、表現することはできないのですか?」と。自分のことを表すために誰かを引き合いにだして誰かを貶めて、挙句に後になって「あれは本位じゃない」では引き合いに出されたほうはたまったもんじゃない。僕のものの考え方はこの「胡散臭さ」を突き止め、自分はそれを乗り越えるところが出発点だ。 

 本著を読んで、改めて読みたいと思った書籍:

パサージュ論 (岩波現代文庫) パサージュ論 (岩波現代文庫)

by G-Tools
表徴の帝国 (ちくま学芸文庫) 表徴の帝国 (ちくま学芸文庫)
Roland Barthes

by G-Tools

続きを読む "『集中講義!日本の現代思想 ポストモダンとは何だったのか』/仲正昌樹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『山椒大夫・高瀬舟』/森鷗外

4101020051 山椒大夫・高瀬舟    新潮文庫
新潮社  1968-05

by G-Tools

 自分で自分のことを割と近代文学好きだと思ってるんだけど、森鷗外はあまり読んでいなくて、その理由はやっぱり教科書で読んだ『舞姫』だと思う。ちっとも面白くなかったのだ。今読めばたぶん面白いと思うんだけど、教科書で読む『舞姫』というのは、ここに踏み込まないと面白くない!というところに踏み込まないので当然面白くない。『蛍』が受験問題集で読んでどっぷりはまったのとは雲泥の差。

 『プレジデント』で森鷗外の紹介があって、伝記を読むといいと書かれてたんだけど、買いに出かけたジュンク堂では見つからず、代わりにこの『山椒大夫・高瀬舟』を購入。

 『高瀬舟』は安楽死がテーマだ。何よりも驚いたのは、『高瀬舟』が安楽死がテーマの小説だったことであり、この時代から安楽死の問題意識があったことだ。あるいは、もっと昔から当然のようにあったものかも知れない。逆に、苦しんでいる者がいれば安楽死させることが当然であって問題にならない頃もあったのかも知れない。
 喜助は不治の病に苦しむ弟が自害するのを手助けした。字面で書けばそういうことになる。弟は自分の手で剃刀を喉に突き刺したが死にきれず、喜助がその刺さった剃刀を抜いてやることで果てたのだ。喜助は抜かずに医者にかけてやればよかったのか?一命を取り留めたところで不治の病に苦しむ日々が待ち構えているだけだ。喜助に負担をかけているという気の病みとともに。そう思った喜助は、どう振舞うのが正しかったというのだろうか?そしてこれを書いているのが医師でもある鷗外というところに妙があり、縁起まで記されているところが奥深い。
 安楽死を求めるような苦しみが身体に及ぶ苦しみだけなのか、精神的な苦しみは値しないのか?精神的な苦しみによる自害の場合、どちらかと言えば「自害」という行為に至るまで周囲がその苦しみの大きさを測れなかったところに悲しみがあることが多いように思う。安楽死の問題は、それを他人が介助することによる、介助する側の悲しみも問題にあがる。最初に思ったのは、安楽死というのは現代特有のテーマでは全然なかったのだということで、他のたくさんの社会問題と同じく、現代特有だとしたり顔になればなるほど解決から遠ざかってしまっているような遣る瀬無い気持ちである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/12

『Talking Rock ! 2009年 11月号』

B002PN201C Talking Rock ! (トーキング・ロック) 2009年 11月号 [雑誌]
トーキングロック  2009-10-05

by G-Tools

読みたかったのはザ・クロマニヨンズ…ではなくて、ザ・ピロウズの916武道館レポ!

レポートもさすがトーキング・ロック!というか吉川氏というか、愛情たっぷりのレポートで、MCがかなり正確に再現されてたと思う。ああいうの、ライターの人とかはレコーダー持込できるもんなんかな?もうちょっとページ数があってもいいのになーと思うけどそりゃ贅沢ってもんか。916の前後にピロウズ本とかthe pillows castとか、分量たっぷりの本を読み漁ってるので、916のレポートもどーんと長いのを読んで楽しみたいな~思い出に浸りたいな~という気持ちがあるんだろうな。

写真がよくって、特に、確か「Please Mr.Lostman」のときのだと思うんだけど、スクリーンのあの木がめっちゃ綺麗で!あの写真は見るだけですべてを思い出してうるっときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/05

『LIVE ROCKS! Vol.02』

4401633342 LIVE ROCKS! Vol.02 (シンコー・ミュージック・ムック) (シンコー・ミュージックMOOK)
シンコーミュージック・エンタテイメント  2009-08-27

by G-Tools

 吉井和哉@大阪城ホールとthe pillows@zepp Osakaが載ってる!ということで本屋に行ってみたんだけど、パラパラっと捲ってみて、「これ買うか…?」と躊躇。コレクターなら当然購入、だけど、僕はもういい歳だから、それほどコレクションする熱もないし、ビジュアルものを集めて眺めるようなんじゃないし、レポートは見開き2ページで終わっちゃうないようで写真メインだし、「これは立ち読みでいいだろう」ということでさっと目を通して終えました。写真がほしい人にはいいと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/04

『完全保存版京阪神アートブック』/京阪神エルマガジン社

4874352936 L magazine art-京阪神アートブック 完全保存版―関西の美術館・アートスペース最新完全ガイド (えるまがMOOK)
京阪神Lマガジン  2009-04

by G-Tools

p34「京都国立近代美術館 学芸課長 河本信治」
p36
「美術館独自の文脈を作って、それに則ってのロックコンサートであると。」
「なぜ美術館のコンテンツにファッションを取り上げるのか。ファッションを通じて何を読んで何を伝えようとするか。そのプロセスがとても大事だと思います。これをはずしちゃうと、単なる展示施設になってしまう」

ひさしぶりに「文脈の大切さ」に自信を持たせてくれる文章に出会った。コンテクストの大切さ。即席のコンテクストは簡単に見破られ、二度と信用されることはない。どんな些細な決め事でも、そこまでにたどり着くコンテクストを準備しようとしたかどうかは重要だし、その準備の姿勢も問われる。通り一遍の儀礼的な会議で出てきたコンテクストに同意する人間はほとんどいない。コンテクストをコンセプトに変えても同じ。要は、「なぜ私はそう考えるか」を語ることに同じだから。自分の職場では、これを徹底できない。時間をかけて考えるくらいなら付け焼刃で十分、みたいなところがある。

もうひとつ、この文章に惹かれたのは、「これをはずしちゃうと」の一文があるところ。自分の問題としても、「はずしちゃうと」どうなるのかまで答えられないといけない。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »