« 『存在の耐えられない軽さ』/ミラン・クンデラ | トップページ | 『ウェブ人間論』/梅田望夫・平野啓一郎 »

2010/09/27

『WEDGE 2010年8月20日号』

特集:『日本の森林「孤独死」寸前」

p27「問題は荒れた人工林」「人工林の手入れ不足」
p27「戦前や戦後すぐのころの写真を丹念に見ると、・・・いわゆる「はげ山」です」
p27「転機は昭和30年代」「国産材の需要は減りました」「人工林が1000万ヘクタール超 約4割」
p28「平準化作用」「蒸発作用」-「洪水緩和機能」「水源涵養機能」
p29「日本人が社長のダミー会社をかませていたら、実態を掴むことは不可能」「中国人が買いに来たことを役所に報告したことが漏れれば、中国人からの報復や嫌がらせがあるかもしれないから怖い」
p29「地租改正時に作図されたポンチ絵程度の「公図」」
p30「林業再生」「多野東部森林組合が進める集約化」
p31「日吉町森林組合」
p31「林野庁予算で約4000億円」「地方自治体を加えれば約1兆円の年間予算」
p32「集約化が難しい理由=原価計算の困難さ」「請負業務」

|

« 『存在の耐えられない軽さ』/ミラン・クンデラ | トップページ | 『ウェブ人間論』/梅田望夫・平野啓一郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/49576627

この記事へのトラックバック一覧です: 『WEDGE 2010年8月20日号』:

« 『存在の耐えられない軽さ』/ミラン・クンデラ | トップページ | 『ウェブ人間論』/梅田望夫・平野啓一郎 »