« 『妻の超然』/絲山秋子 | トップページ | 『経済ってそういうことだったのか会議』/佐藤雅彦 竹中平蔵 »

2010/12/31

『自分の仕事をつくる』/西村佳哲

4480425578 自分の仕事をつくる (ちくま文庫)
西村 佳哲
筑摩書房  2009-02

by G-Tools
 

関心空間ユーイチローさんのKWで文庫本が出ていることを知って、早速本屋へ。

 基本的には、独立している方や、企業の中で全体を見れるポジションにいる方がインタビューの対象なので、一介のサラリーマンとしては読み方が難しいところもあります。「サラリーマンという働き方は、会社に自分の時間を引き渡している」と、はっきり書かれているところもあります。しかし、「文庫版あとがき」で、とある編集者の読者の方からのメールと、それに対する著者の返信が掲載されていて、それを読めば、サラリーマンであってもこの本に書かれている「心」が、自分の働き方を考える役に立つと分かると思います。

 この本で訴えられていることのひとつに、「自分の時間をいかに仕事に注ぎ込むか」というのがあると思います。それは、24時間仕事に注ぎ込まなければいい仕事はできない、というような表現もあるし、狭義の「仕事」に割いている時間は極力減らして、仕事に有用なはずの私的な時間を多く持つことで仕事のクオリティを上げられる、というような表現もあります。いずれにしても、「仕事」というのは「この程度でいいか」で済ませていいものではない、だから、どれだけ仕事に手間暇かけられるかが重要、ということなんですが、そして、これを実現させるために、住む場所も変えてしまって生活コストを下げれば実現できる、という訳ですが、日本で考えれば、じゃあ逆に無暗に都市部の生活コストが高すぎるから、そういうふうに「仕事」ができない、そういう社会構造になっちゃってるっていうことだよね?と思います。なぜ、だれが、そんな高コストな社会にして喜ぶのか?儲かっているのか?

 もう一つ、僕はこの「仕事」の考え方と対局の会社に勤めています。この「仕事」の考え方は「独創性」が出発点になりますが、僕の勤めている会社は、徹底的に汎用製品化して売り抜くことで、省労力で高利益を上げようというスタンスです。生きていくためにお金が必要なら、いかにそれを簡単に短時間で集められるか、という哲学で貫かれているようです。それは確かに一つの考え方です。必要十分なお金があって、仕事以外に使える時間がたくさんあるなら、人間として無気力になることはなさそうです。でも、このスタンスはなんか違和感を感じないか?-そこがすべての出発点だと思います。
お金がなかったら辛いか?幸せじゃないか?お金として形になってないものは価値がないのか?意味がないのか?今よりずっと貧しかったはずの昭和30年代とやらを、「古き良き日本」とかいって引っ張りだすのはなぜなんだ?だったら、お金として形にならない「何か」をもっと大事にしていいんだ、と言い切る強い思想が必要なんじゃないか?そしてそれをみんなが言い続けていくような土壌が。お金はあくまで単位であり交換するための道具。その大切さを粗末にするつもりは全然ない、全然ないうえで、「金は要るだろ」式のリアリズムを超える理想を語れるようにならないといけない。

Check

p28「省略されたインターフェースは、モノづくりをめぐる前提条件として学習・認識されてしまう」
p30『黒澤明、宮崎駿、北野武 日本の三人の演出家』ロッキング・オン』
p42「エスキース」
p45「「時間」は資源である」
p48「ポール・マッコブというデザイナーの木製デスク」
伊藤弘(GRV)
p55「確かに僕らはすごいハイ・コンテクスト」
柳宗理
p63「コルビュジエの…シャルロット・ペリアン」「坂倉準三」上野市庁舎
p63「アメリカの影響だな。つまりコマーシャルデザイン」
p68「レンダリングとかってダメ」
ボイル(IDEO)
p82「課題をクリアーしてゆく唯一の方法は、何度も失敗を重ねることでしかない」
p86「そうした時代には、決められた設問に正確な解を出す学習法が有効だったのは事実です。・・・想像力とは、新しいものをつくりだす力を意味している以上、失敗を避けて培えるものではありません」
宮田識(ドラフト)
p112「ファシリテーターという職能は、これまでおもにワークショップの分野で成長」
p116「社会的価値をめぐる約束をあらかじめ取り付けたいような」
p125ファリリテーター10ヶ条
小林弘人
p141「デジタル革命を謳い上げる人々には、「これからはどこでも働ける、直接会わなくてもよい」といったビジョン」

p148「広告の仕事の大半は、代理店経由でデザイナーに届く。この構造の中にいる限り、デザイナーは末端の下請けにすぎない」

黒崎輝男(IDEE)
p166「外部から経理や人事のプロを採用していくうちに、いつの間にか自分たちが嫌っていた会社組織が出来上がってしまう」
 …会社が「型」である以上、ある程度仕方のないことだと思っていた。スピードを重視するためには、できあいのものをもってくる必要は認めざるを得なかった。
p167「「何にはなりたくない」っていうのは、結構わかっていましてね。ロック世代ってことなのかな」
 …否定でしか思考できないのは、結構コンプレックスだったんだけど。
ヨーガン・レール
p195「デザインという言葉には、すごく悪い印象がある」
馬場浩史
p205「自分がどんな場所を気持ちいいと思うか。」
ファインモールド
p226「たとえば花を生けることは生活において必需ではない。が、それを意味がないということに意味はなく、花を生けようと思う気持ちに尊い価値がある」
p230鷲田清一
p236「イタリアのデザイナーは個人に立脚」「日本のデザイナーは企業を起点」
p231「インターネットが普及した今ではさらに一般的な話」
p267「パパラギ」

甲田幹夫
p301「労働組合ができて」

|

« 『妻の超然』/絲山秋子 | トップページ | 『経済ってそういうことだったのか会議』/佐藤雅彦 竹中平蔵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/50451412

この記事へのトラックバック一覧です: 『自分の仕事をつくる』/西村佳哲:

« 『妻の超然』/絲山秋子 | トップページ | 『経済ってそういうことだったのか会議』/佐藤雅彦 竹中平蔵 »