« 『ヘヴン』/川上未映子 | トップページ | 『わたしたちに許された特別な時間の終わり』/岡田利規 »

2011/01/30

『君が降る日』/島本理生

4344016564 君が降る日
島本 理生
幻冬舎  2009-03

by G-Tools

暗示的。まったく相変わらず自分の「本を選び取る才能」に惚れ惚れしてしまう。

ここ最近読んだ本の「暗示」は、過去の出来事の意味や扱い方の暗示で、この『君が降る日』は今これからの暗示だった。明確な節目なんてある訳ではなく、今が節目付近という訳でもなくてとうに過ぎ去っているのだけど、この暗示を受け取るタイミングとしてはベストだったと思う。

僕が今まで「やってみるんだ」と決めたことは、何一つとしてやり遂げることができなかった。「やるべきことなんだ」と認識したことは、ちゃんと結果を出してきたと思うけど、「これは難しいこと。でもやってみるんだ」とチャレンジを決めたことは、やっぱり難しくて、やり遂げることができたことはない。そしてまた今、僕は「やってみるんだ」と思えたことが胸にある。今までやり遂げられなかった数々は、だからと言って無駄になんかなっていない。無口な情熱として僕の中に折り重なって宿り、それが今度の「やってみるんだ」を後押しする。大事にしたい分だけ、不安の種をいくつも見つけ出してしまえるけれど、それでも「やってみるんだ」と思っている。

表題の『君が降る日』は、恋人を亡くすというモチーフ。『もしもし下北沢』は父親を亡くすというモチーフだったけど、この二作はそこから回復するためには「道のり」が必要、と言ってる点で共通してる。言うまでもないことなんだけど、意外と忘れがちになる。特にせっかちな僕は。いつかは必ず回復することが分かっていても、回復してない間はそんなこと信じることができない。ただ、その間、自分がやりたいと思ったことや、流れが生み出してくれた行動が、いったいどういう意味なのか、本当のところはいつも後から判る。でもそれでよいのだと思う。

でも今回暗示的だったのは『君が降る日』ではなく、『野ばら』。表題作ではなくて、いちばん最後に収録されている作品に痺れてしまうこのパターン、『袋小路の男』と同じで奇妙でなんなんだろう?ほんと。暗示的というか、自分が挑もうとしている道の険しさを再認識させられるような。でも、こう書いちゃうとあまりにシリアスだけど、そんなにシリアスじゃないし、シリアスじゃ余計ダメだよね、というのもちゃんとわかっている。願わくば、そこに誤解が生まれないように、自分自身ではどうにも解決しようのない類の誤解が生まれないように。

もう一作、『冬の動物園』は、主人公の美穂のお母さんの最後の一言、母親らしさでもあると思うけど、本気でそう言ってるようでもあって、本気でそう言ってるようなところが、僕の母親にそっくりで思わず笑ってしまった。 

Check

『君が降る日』
p13「そして三日間、メールも電話も返してくれなかった」
p49「いつもそうなんです。良かれと思ったことが、裏目にでる。他人に迷惑ばかりかける」
p59「自分の好きなものは、一つも余すことなく、全部自分の手の中に置いておきたい、そういう人だった」
p70「なにより自分は新しい関係を始めるべきだという考えに背中を押されて、私も携帯電話を取り出した」
p91「全体的に頑丈そうなつくりの人だ」
p98「私、想像し切れてなかった。降ちゃんがいなくなるってなんなのか」
p129「五十嵐さんの良い部分を見て好きになって付き合いたかっただけの女の子には、払いきれないものを彼は求めている」
p144「でも無理なのだ」

『冬の動物園』
p156「数時間前まで、待ち合わせの喫茶店で・・・どこにも行けずに凍り付くのを感じた」
p188「だけど、こんなことを言ったらアレだけど恵吾君よりもずっと男前じゃない。やるわね」

『野ばら』
p226「本当は、一秒でも長く、聖人さんと二人きりで身を寄せ合っていたかった」
p244「最初から誰かが否定することでも肯定することでもないよ」
p250「この人は焼け跡に行ったんだ」
p256「それがどんなに棘だらけの野ばらだったか、私は知らなかった」

|

« 『ヘヴン』/川上未映子 | トップページ | 『わたしたちに許された特別な時間の終わり』/岡田利規 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/50725983

この記事へのトラックバック一覧です: 『君が降る日』/島本理生:

« 『ヘヴン』/川上未映子 | トップページ | 『わたしたちに許された特別な時間の終わり』/岡田利規 »