« 『編集進化論 editするのは誰か?』/仲俣暁生+編集部 | トップページ | 『日本の論点2011』/文藝春秋 »

2011/05/12

『ポータブル文学小史』/エンリーケ・ビラ=マタス

4582834450 ポータブル文学小史
エンリーケ・ビラ=マタス 木村 榮一
平凡社  2011-02-15

by G-Tools

 エンリーケ・ビラ=マタスは、何にも知らなかった。ただ、本屋をうろうろしてたら、現代海外文学コーナーにこの『ポータブル文学小史』があって、「なんだそれ」と思って手に取ったのだ。その、2か月くらい前のときは買わなかったけれど、ずっと気になっていたのでとうとう買ってみた。立ち読みしたときは「文学小史」の「ポータブル」ということか、と思ってたけど、実際は、「ポータブル文学」の「小史」だったのだ。

 『ポータブル文学小史』には、カフカやサリンジャー、デュシャン、ピカビア、ジャック・リゴー、ジョージア・オキーフ、ヴァルター・ベンヤミン等々、数多くの実在した芸術家・文学者が登場する、多くが秘密結社「シャンディ」のメンバーとして、「シャンディ」にとっていちばん大事なことは、「人生を重いものにしてはいけない」。「シャンデイ」のメンバーとして挙げられる数々の芸術家・文学者たちが、既成の概念やルールを破壊し、”新しい”芸術を目指したモダニストの面々であることを考えると、そのシャンディのいちばん大切なことが言わんとしていることはわかる。必要以上に深刻であってはいけない、身軽でなければならない。だから、「ポータブル文学」なのだ。

 このスタンスは、青春手前にパンクを通り抜けてきた僕たちの世代にはよくわかる。世俗の柵から解き放たれること、「責任」という卑怯な面を下げて人々を束縛するだけの常識から解き放たれること。そして人間性を回復する。
 しかし、その「解放」に、野放図なだけの奔放さを求める、人間の勝手な心性を見てとってしまうことも少なくない、”人生を重いものにしてはいけない”それが目指すところを、都合よく利用してしまう人間の性。それならば、「責任」を軽くも重くもなく「責任」として取り扱えるようになることが、本当に束縛から解き放たれることになるのではないか?どうしても、「束縛からの解放」というだけでは、何か新しいものが生み出せるとは思えない、僕には。自分自身の身勝手さ、都合よさ、なぜ身勝手になりたいのかを見つめることなしには。

 秘密結社は、自ずから崩壊に向かって進むしかない宿命を予感させる。シャンディもその例に違わず、裏切者によって秘密が秘密ではなくなる。この崩壊は、”人生を重いものにしてはいけない”という教条そのものが、”人生”に当てはめきれないことを暗示してるみたいでもあるけれど、そもそもその裏切者として登場するアレイスター・クローリーとは何者だろう?と調べてみたら、秘密結社から独立した神秘主義者だった。

Check

p30「シャンディ主義がはじめた伏兵の盟約に関して、ぼくはピカビアの本に書かれてある以上の情報を持っていない」
p45「エクリチュールの空間そのものの中で自殺することができる」
p49「そのせいで生じた混乱のなかで、アンタイルは奇妙な商品を出版した」
p55「{糞まじめは}頭の欠陥をおおわんがために見せる玄妙不可思議な身の構え」
p61「ポータブル文学というのがどういうものかシャンディは誰ひとり理解していなかったのだから、そのようなものは存在しなかった。ただ、存在しないことがあのような文学の存在を逆に可能にし、意図も目的も持たずに陰謀を企んでいる秘密結社のメンバーがそのリズムに合わせてダンズを踊っているのだ」
p69「ぼくは本当に招待されたんだ」
p87「ブレーズ・サンドラールが有名な『黒いアンソロジー』のなかで用いているエクリチュールの手法を利用させてもらった」
p107「トリスタン・ツァラは縮約文学のポータブル史を書きはじめました」
p109「虚無に向かって仮借ない力で引き寄せられていく運命に見舞われているのに、過去と向き合っている人物の物語」
p121「オリヴェッティ・レットラ三五」
p141「死、死の言語、言語と言語の死」
p150「傲慢不遜な態度が表に現れる場合、それはつねにほかの人たちとの関係で表面化するということを忘れてはならない」
p153「つまりゴシップというのは同一のものの反復は不可能であり、絶え間ない変化は避けられないということを証明している」
p160「迫りくる災厄を前にしても身動きのとれないメランコリー気質は、特権的な物体によって目覚める情熱を前にして生気を取り戻す」
p182『バートルビーと仲間たち』

|

« 『編集進化論 editするのは誰か?』/仲俣暁生+編集部 | トップページ | 『日本の論点2011』/文藝春秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/51654641

この記事へのトラックバック一覧です: 『ポータブル文学小史』/エンリーケ・ビラ=マタス:

« 『編集進化論 editするのは誰か?』/仲俣暁生+編集部 | トップページ | 『日本の論点2011』/文藝春秋 »