« 『日本の論点2011』/文藝春秋編 | トップページ | 『行動主義-レム・コールハースドキュメント』/瀧口範子 »

2011/09/10

『そこへ行くな』/井上荒野

4087713989 そこへ行くな
井上 荒野
集英社  2011-06-24

by G-Tools

 僕は小学五年生の冬、祖母を亡くした。

 小説では、多感な幼少時代、肉親を亡くすような出来事に遭遇した子は、周りの子の呑気さ加減に違和感を覚え距離を覚えるようによく描かれるが、僕はどうだったのだろうか?そんな感情を覚えた記憶はない。ただただ悲しかった。祖母は一年近く入院しての闘病生活の末に亡くなった。気持ちの優しく、人情にも厚く義理堅くもある父母は僕と妹を連れて、毎週必ず車で片道1時間強の病院に見舞いに行った。半年以上が過ぎた頃、土日に満足に友達と遊びに行けないことを不満に思った僕は、父母に「もういい加減にしてくれ」というようなことを言った。今覚えば、そんなことを言えば間違いなく僕を殴り飛ばしたに違いない父に殴り飛ばされた記憶はない。相当に困り果てた空気が流れたのを覚えている。

 祖母は入院していた病気ではなく、直接的には風邪で発熱し体調を崩してそうして亡くなった。その数週間前、まだ発熱もなかった頃、祖母がベッドに腰掛ける傍で風邪気味の僕がふざけてベッドに寝っころがっていたりして、風邪をうつしたのは自分だと思った。本当にそうなのかどうかはわからないまま、そう思わなければいけないような気がして、でも母も父も当然それを否定するし、そんな状況でそう思わなければならないと思ってそう思うこと自体が厭らしいことではないのかという非難にも苛まれた。苛まれたというほど自分を追い込めてはいないという思いも苦しかった。「もういい加減にしてくれ」という気持ちを抱いてしまったことの罪悪感も、同じだった。

 本著『病院』の龍は、母親が「よくない病気」で「消えていく様子」をつぶさに感じている。しかし龍は、自分が置かれたその境遇から、周りの子が「ひどく幼く見える」と感じる、などとは描かれない。事実、龍はひどく幼い。いじめに遭い、階段から転げ落ちて骨折し、母と同じ病院に入院している泉と微かに心を通わせても、泉と病院で親しくしていたことを同級生に知られて同じようにいじめられることを恐れ、泉がもしそんなことを言っても全部否定してかかろうと考える。

 ところがそんなことを考えていたとき、父と話しながら手に取った母の料理本に気付いてしまう。常にさばさばとした振る舞いのように見えた母の本心を。

ボールペンは、レシピを記した文章の中の文字の幾つかを丸く囲んでいた。マルとマルとは線で繋ぎ合わされ、辿っていくとひとつの言葉があらわれる。し、に、た、く、な、い。

 僕はいつも、自分から見た祖母しか考えたことがなかった。自分が考える、祖母がどう考えていたのかだけを追い求めて、あの病床で祖母は何を考えていたのかということを、30年近く思い至らそうと考えたことがなかった。堪えきれなくなりそうだったがここで泣く訳にはいかなかった。感情というのは、なんだって発露すればよいというものではないのだ。発露して消化してそれで済ませてしまうようなところが感情にはある。感情には、そういうふうに使ってはいけない種類の感情が、確かにあるのだ。

 『そこへ行くな』のタイトルの意味、短編ごとの意義、全編通してのメッセージ、そういうことを読み解くことは、僕にとっては今回はしなくてもよいことのように思える。これだけでよいのだ。

Check

『遊園地』
p21「数字のことばかり考えるのは、たしかなものはそれだけだからだ」
p32「たぶん彼と一緒になってから、私にとっての「やさしい」は「弱い」という意味を含むものになっているけれど、それでもそれは、私に純一郎さんを愛させる理由に他ならない、と考える」

『ガラスの学校』
p76「実際にそのときがやってくると、死んでいく父はひどくそっけなく感じられた。知っていることと受け入れることの間には、きっと大きな隔たりがあるのだろう。死んでいく父親は、易々と死を受け入れて、易々と家族の元から立ち去っていくかのようだった」

『ベルモンドハイツ401』
p119「ベルモンドハイツ401号のベルモンドは、ジャン=ポール・ベルモンドからきているそうだ」

『団地』
p198「書き手は所用があってその町を訪れ」
p208「お気に入りのブログを毎日チェックして、恩田可南の編みぐるみに対する辛辣な意見や、卵は古くなるものだという言いかたを覚えているのだ、と」

『病院』
p270「あのとき母はまだ外出できたんだ、と信じられない気持ちで思い返すことになった」
p274「この子が落ちたとき、一緒にいたのはあなたがたなの?」
p290「そして僕にとっても母は次第に母ではなくなっていった。人が死ぬってこういうことなんだと思った」
p298「母が死ぬことはずっと前からわかっていたつもりだったが、母が死んではじめて、僕と父はそのことを認めたのかもしれない。」

|

« 『日本の論点2011』/文藝春秋編 | トップページ | 『行動主義-レム・コールハースドキュメント』/瀧口範子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/52692044

この記事へのトラックバック一覧です: 『そこへ行くな』/井上荒野:

« 『日本の論点2011』/文藝春秋編 | トップページ | 『行動主義-レム・コールハースドキュメント』/瀧口範子 »