« 『行動主義-レム・コールハースドキュメント』/瀧口範子 | トップページ | 『オートバイ・ライフ』/斎藤純 »

2011/10/11

『来たるべき蜂起』/不可視委員会

4779114802 来たるべき蜂起
不可視委員会 『来たるべき蜂起』翻訳委員会
彩流社  2010-05


by G-Tools

 『来たるべき蜂起』はフランスで2007年に刊行されたもの。本書は2009年の『焦点を合わせる』が所収された増補版の訳書。僕にとってのポイントは3つ:

1.これは基本的には「目には目を」の思想である。
2.「蜂起」は比喩ではない。
3.フランスの思想に触れるときはいつも、相対するように見えるものがそれぞれお互いの一部であり、あるものはあるものの一部であり、それが一つのものに見えるように見えて実は既に異なるものに変わってしまっている、ということが詳らかにされる。そうやって常に出口を切り開いてきたが、遂に出口などないということが語られている。

 コミューンとは何か。コミュニティとは何か。コミューンであれコミュニティであれ、何かひとつの集団を形成するとき、形成する成員につきまとうあの選民感情、特権意識、優越感。たとえそれが「自由」を標榜するコミュニティとしても、コミュニテイである以上はコミュニティの内と外を造り出してしまうことに、気づかない。本著ではこう記される。

そうしたものをネットワークと呼んだところで、それらは結局のところひとつの界(ミリュー)として固着してしまう。そこではコード以外何も共有されず、アイデンティティの絶え間ない再構築が行われるだけである。

 労働を憎む。労働こそが、この資本主義社会を維持してしまう装置になっている。もちろんこれを額面通り受け止めて自らの行動に直結させることはできないが、誰もが薄々感じていながら口に出さなかった多くのことの一つとして、現在を考える上で認識しておかなければならないことのひとつ。

これからも消費するために消費を減らし、これからも生産するためにオーガニック商品を生産し、これからも規制するために自己規制すべきであると。

 「タルナック事件」が明らかにした、国家によるテロリズム、「いずれ犯行に及ぶに違いないという憶測で」逮捕されたこの事件。それを可能にしたのは、人民の恐怖心なのだろうか。

 いずれのテーマも、どこかに引かれる線-”界(ミリュー)”が問題になっている。自分が何者かを語ろうとするとき、自明のように「個人」の概念が用いられるが、「個人というあのフィクションは、それが現実化したのと同じ速さで崩壊してしまった。メトロポリスの子供としてわれわれは断言できるが、剥奪状態が極まったときにこそ、つねに暗黙のうちに企てられてきたコミュニズムの可能性がひらかれる」。

 問題は、いつも境界だ。”界(ミリュー)”だ。どれだけ崇高な志から形成されたコミュニティでも、必ず”界”を準備する。そうして個人も”界”がなければ個人として成立できない。そのことに自覚的であり敏感であるコミュニティにお目にかかることは滅多にない。コミュニティを形成じた時点で、自分達のその崇高な志と相反するものを敵とするだけでなく、自分達以外のすべてを”界”の外側として敵に回しているということに自覚的でない。

 それでもコミュニティが生き残り、コミュニティの生成が止まないのは、人間の生の循環が止まないからではない。人間の根源的な弱さ-それも無自覚的な弱さの故だと思う。都合のいいところだけを味わって、生きていきたいのが人間なのだ。そのご都合主義が、新たな「社会問題」を生み出し、それによって繰り返し疎外され、それをまた「社会問題」と定義づけられその解消に励むように誘導されてしまっているというのに。

 コミューンの拡張にさいしてそれぞれが配慮すべきは、これ以上拡張すれば自分を見失い、ほぼ不可避的に支配階層ができてしまう規模を越えないということである。そうなったときコミューンは不幸な結果を察知しつつ分裂し、また広がっていくことを選ぶだろう。

 カリスマとコミューンは矛盾する。コミュニティも然り。コミュニティにヒエラルキーは不要なのだ。某かの秩序を持ったコミュニティは、偽物のコミュニティだ。擬制なのだ。しかし、それには誰もが目を瞑ろうとする。

集合の欲求は人類にとって普遍であるが、決定を下す必要はめったにない。

p7「初代パンクスの「未来には未来がない」という意識のレベル」
p12「彼らは専門用語を口にするばかりで、ことさら結論を欠いている」
p12「根源的な状況にあることの特権とは、その状況を正確に把握すれば、必然的な成り行きとして革命に行き着くということである。・・・結論を回避しなければそれで十分だ」
p15「私は私、きみはきみだ。そして上手く行かない。集団的な個人化。・・・広がる分裂病。進行する鬱状態。」
p16「障害者は来たるべき市民権のモデルである」
p18「自由とは愛着心を手放すことではない」
p26「ベル・エポック」
p28「そうしたものをネットワークと呼んだところで、それらは結局のところひとつの界として固着してしまう」
p29「「自律する」ことが「雇い主を見つけ、家賃を払う」ことの婉曲表現であるような世界を前にしながら、それを気にも留めない」
p33「アンダルシア地方やアルジェリアやナポリに行けば、労働はやはり徹底的に軽蔑すべきもの」
p34「ヒステリー患者が彼の犠牲者たる主人を失った時の動揺」
p35「プレケール(不安定)だと認めることは、自分をなおも労働領域との関係によって定義すること」
p37「今日の状況は、労働が唯一の生存方法だと見なされてきたためにあらゆるものが破壊され、あらゆる人びとが根無し草にされた結果
p39「派遣労働者(アンテリメール)がこうした労働の象徴的形象」
p41「「心の奥底での『自己啓発』は感情を安定させ、くつろいだ人間関係へと解き放ち、・・・」 →コントロールできることが是か?
p41「彼らが与しているのは、動員(モビリザシオン)という倫理によって、労働秩序を救済する企図にほかならない」
p44「社会的既得権」
p45「「都市」と「田舎」について語るのはもう止めてほしい。ましてや両者の対立などという昔話にはうんざりだ」
p46「彼らはそこから貧乏人や移民を締め出し、車を追い払い、小奇麗にする。そして細菌までも根絶してしまうことで、自分が探し求めていたものまで打ち砕いてしまうのだ
p52「私生活というバブルは弾けることなく漂いはじめた」
p57「30年におよぶ大量失業と「危機」と成長の停滞を経てもなお、連中はわれわれに経済を信じさせようとしている」
p58「ギニア、ロシア、アルゼンチン、ボリビアといった国でむしろ生じているのは、経済なる宗教と、その教えを説くエコノミストという聖職者たちの急激かつ長期に及ぶ信用の失墜」
p62「彼らは大文字の「歴史」とその喧騒から離れて、さもしい私生活を送ることだけを考えている」
p62「現在進行中の黙示録にとって代わる唯一の選択肢は、生産を減らすこと」
p64「誰かが昔日の経済に回帰しようなどと訴えたとしても、それは都合のよい煙幕であり、その陰ではテクノロジーを急成長させようとする別の者たちの企みが進行している」
p73「グローバルな問題とはつまり、グローバルな組織だけが解決策をにぎる問題」
p74「これからも消費するために消費を減らし、これからも生産するためにオーガニック商品を生産し、これからも規制するために自己規制すべきであると。」
p76「自己管理は独裁政治を準備するのであり、われわれはいずれその二つを招くことになる
p85「フランスにおいて文学は、虚勢された者のために定められた気晴らしの空間」
p91「西洋人の所有、つまりテクノロジーの先行が羨まれることはあっても、西洋人のあり方が羨まれることは決してない」
p101「何かに執着しそれを頑固につらぬけば、決まって失業してしまう時代、働くためには嘘をつかねばならず、嘘をつき続けるために働かなければならないこの時代
p103「すべての界は反革命である。なぜなら、その唯一の関心事は自身の厭わしい安逸を維持することでしかない
p112「「温室効果ガズの排出量を減らすために」、今後は「経済をふたたび地域化」」
p117「社会的に無であるということは屈辱的な条件ではないし、承認の欠如という悲劇-だが一体、誰によって承認されたいというのか
p120「コンピュータ化されたデータを永遠に廃棄する手段はこれから模索しなければならない」
p124「 コミューンの拡張にさいしてそれぞれが配慮すべきは、これ以上拡張すれば自分を見失い、ほぼ不可避的に支配階層ができてしまう規模を越えないということである。そうなったときコミューンは不幸な結果を察知しつつ分裂し、また広がっていくことを選ぶだろう。」
p127「帰属を持たないあるコレクティヴが自律を獲得しようとすると、正しい問いはことごとく斥けられ、コレクティヴの内実は、執拗な解体にせまられる」
p128「集合の欲求は人類にとって普遍であるが、決定を下す必要はめったにない。」
p148「活動家ネットワークをブリコラージュすること」
p150「個人というあのフィクションは、それが現実化したのと同じ速さで崩壊してしまった」
p154「発意性を保ちつづけること」
p160「政治行為そのものが「テロリスト的性質をもつ」」
p166「ヴォルテールの『哲学辞典』」
p168「いずれ犯行に及ぶという憶測」
p175「「際限なく環境に適応することが可能」であると同時に「弱々しく意気消沈して自己批判から抜け出せ」ない主体」

|

« 『行動主義-レム・コールハースドキュメント』/瀧口範子 | トップページ | 『オートバイ・ライフ』/斎藤純 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/52968286

この記事へのトラックバック一覧です: 『来たるべき蜂起』/不可視委員会:

« 『行動主義-レム・コールハースドキュメント』/瀧口範子 | トップページ | 『オートバイ・ライフ』/斎藤純 »