« 『来たるべき蜂起』/不可視委員会 | トップページ | 『食う寝る坐る 永平寺修行記』/野々村馨 »

2011/11/03

『オートバイ・ライフ』/斎藤純

4166600486 オートバイ・ライフ (文春新書 (048))
斎藤 純
文藝春秋  1999-06

by G-Tools

オートバイ好きの作家による、オートバイの愉しみ方。
僕はオートバイには乗らないので、オートバイに直接関わる情報についてはそれほど役に立つ訳ではないけれど、「愉しみ方」という観点はとても面白かった。僕はロードバイクに乗っているが、ロードバイクもオートバイと同じで、パーツやウェアに拘りだすと切りがないものの、それが「愉しみ方」とは思えないし、欲しいものは出てくるものの、それを愉しみとはできない自分がいて、なぜそれが「愉しみ」ではないのかを、本著は明確に語ってくれる。

オートバイの本と言いながら、映画やクラシックの話題も絡められ、オートバイに乗るということが、ひとつの文化と言えるようになっている。オートバイが文化を形作ってる側面。こういう本に触れるにつけ、自分が若い頃からあまりにも映画やクラシックに興味を持たな過ぎてきたことを後悔する。

特に面白かったのは、エコロジーに対する「感傷」という批判。「牛肉を食べている人間に自然保護を語る資格はない」式の言い分に対して、「子供っぽい感傷」と一刀両断にしている。そして、「知ること。行動すること。」というロジックを展開している。ここで言う「感傷」と言うのは、言うなれば「思考停止」ということだろう。僕は感傷そのものは否定しない。何も生み出さない感情の美学というのは確かにあるから。それを、文学とか音楽とか、アートだけの特権にしておく必要はないと思う。けれど、感傷を持ちながらも知り、行動する手立てはある。そこまで考えた上で、「アンドレ・マルローが1930年代に、悲観的かつ行動的な者たちは、ファシストであり、将来ファシストになるだろうと述べている」という一文が、重い。

p66「フランスのアーネスト・ミショー」
p102「ロバート・M・パーシングの『禅とオートバイ修理技術』」
p154「深田久弥の『日本百名山』」
p171「ツーリング写真には単焦点のカメラがいい」
p177「ヘンリー・デイヴィッド・ソロー『森の生活』」
p178「鈴木大拙『禅と日本文化』」

|

« 『来たるべき蜂起』/不可視委員会 | トップページ | 『食う寝る坐る 永平寺修行記』/野々村馨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/53151789

この記事へのトラックバック一覧です: 『オートバイ・ライフ』/斎藤純:

« 『来たるべき蜂起』/不可視委員会 | トップページ | 『食う寝る坐る 永平寺修行記』/野々村馨 »