« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012/10/30

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「末っ子の疑問」
上の兄弟に較べて写真が少ないというのは、確かに不公平な思いを抱くだろうなあと、もちろん思う。話はそれだけではなく、自分が存在する前後の時空の話に広がるところが面白い。自分がいなくなった後の世界、誰かがいなくなった世界を想像することはあっても、自分が存在する前の世界を想像することは、私は長男なので、確かにあまりなかったように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/28

『メモリー・ウォール』/アンソニー・ドーア

4105900927 メモリー・ウォール (新潮クレスト・ブックス)
アンソニー ドーア Anthony Doerr
新潮社  2011-10

by G-Tools

『メモリー・ウォール』
 認知症と化石の対比がとても鮮やか。リタイアした後、元来の化石発掘に熱中したハロルドは、妻アルマに「この世で唯一変わらないことは、変化するということ」「別のものに変わらないのはとても珍しいこと」と、化石の魅力を語る。その夫ハロルドを亡くした妻アルマは認知症を発症し、その進行を遅らせるべく、遠隔記憶刺激装置を処置される。記憶を、カートリッジに取り出して保存し、好きな時にカートリッジを挿入してその記憶を参照できる。

僕は人よりもたぶん、記憶力がよくないと思っている。自分では別に、憶えることをさぼっているつもりはない。覚えなければと言う意識が低いつもりもない。それでも、固有名詞を覚えるのが特に苦手だし、昨日食べたご飯を覚えていなかったりする。それは、できれば覚えていたくない出来事が多かった時代があって、なるべく忘れようとする志向を脳が持ってしまったんだと勝手に自分で解釈している。

アルマにとって最も辛い記憶-ハロルドを亡くしたときの記憶-が、巡り巡ってアルマの使用人だったフェコとその子供を救う。もし、その記憶が、アルマにとってだけのものだったなら。それはカートリッジで他人の記憶を見ることもできないのだから、と様々な推測をしてしまうが、それよりも、認知症によって、アルマは最後、一緒に暮らす男がいたのだけれど、男は私をここ(施設)にひとりぼっちでおいていった、としか思い出せなくなりつつ、そういうふうに思い出すに留まっているところ。カートリッジという化石を、それが何なのかさえ思い出せなくなったことが、アルマにとって幸福なのだと信じたい。

続きを読む "『メモリー・ウォール』/アンソニー・ドーア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「パンダの自己意識」
自己意識、自己嫌悪、自己反省。動物は、鏡を見てそれが自分であるという「自己意識」まではあるとしても、過去の自分を振り返ってそれを反省する力はないだろうとは言える。しかし、その自己反省の能力を持ったが故に、罠を仕掛けることを覚え、ひいては戦争を起こし、そしてその戦争について自己反省できないのが人類ということになる。それならいっそ、自己反省などできず、その場その場で起きたことにだけ対応して生きているほうが、平和な世の中なのではないか?この問いに対して、自己反省のメリットとデメリットを並べて、これだけのメリットも享受している、という形で対応するのは、経済優先主義に冒された愚の骨頂なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「芙蓉の花」
自分以外に、自分の存在を認めてくれる人がいることは大きい。自分の存在を必要とするとまでいかなくても、存在を認めてくれるということは大きい。これは仕事においても生活においても大切なことだが、これを真面目に考えれば考えるほど、人生は生きにくくなることも確か。こんなことを考えること自体、生き物として弱すぎるということだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/27

『プラハ冗談党レポート: 法の枠内における穏健なる進歩の党の政治的・社会的歴史』/ヤロスラフ ハシェク

4798701246 プラハ冗談党レポート: 法の枠内における穏健なる進歩の党の政治的・社会的歴史
ヤロスラフ ハシェク Jaroslav Ha〓sek
トランスビュー  2012-06-05

by G-Tools

第一次大戦前の1911年、ボヘミア王国プラハに、人気作家ヤロスラフ・ハシェクが新党を設立して選挙戦に挑んだ。その名も「法の枠内における穏健なる進歩の党」!

つまりは「冗談党」な訳だけど、実際に立候補して選挙戦を戦って、その活動っぷりの記録を一冊の本にしたのが本作。もうめちゃくちゃに面白いです。帝国という国家権力、その国家権力の維持の仕組と成り下がっている政党政治、それらを、外野ではなく実際に政党を作って立候補して選挙戦を戦って、スキャンダル告発やらなんやら、無茶苦茶にやりこめていく。でもその政党の政治活動と言ったら、プラハの居酒屋に集まって飲んだくれて、これまた滅茶苦茶な弁舌を捲し立てる、という具合。そのビールの金にも事欠くような集団が、体裁は整っているけれど、スタンスは冗談みたいな選挙戦を繰り広げるのです。

居酒屋でビール飲みに集まることが政治活動なのかどうなのか?知識としては持っている、ヨーロッパの「サロン文化」に似たようなことか、と合点してしまうこともできるし、そもそも冗談なんだから酒飲みながらやってんじゃないの、と言う気もする。でも、「広場のないところに政治はない」というように、政治って、政策とか投票とか、実行内容や仕組から考えがちだけど、原点は「人と人がどんな話をするか」というところだと思う、ので、この「口達者」な新党党員たちの八面六臂ぶりが眩しく見えます。

そう、帝国という危なっかしい体制だから、私服刑事とか密告者とか、現代の日本では考えられないような危険な相手が普通にいるというのに、彼らはその口八丁ぶりで、そんな「当局」側の攻撃さえ、逆に返り討ちにしてしまう。その鮮やかさにびっくりするとともに、そんな弁舌を持ちながら、まともに選挙をやる訳ではないところに、不思議よりは面白さを強烈に感じてしまう。

僕らはいつの間にか、「望みがあるなら、直線的に、直接的に、行動して結果を出さなければ、意味がない」と思い込まされていたと思う。確かに、成果の出ない行動は、やってるのかやってないのか分からないことには違いない。でも、何かを変えるために、しゃかりきになって青筋立てて「あいつが悪い」とやるのが果たして正解なんだろうか?そこまでやっても変わらないのだからよりもっと強力に、となってしまうのもわかるし、正面切ってやらずにコネとかなんとかで裏から手を回してネゴして、みたいな日本的なやり方がとんでもない数の弊害を招いてきた歴史も知っているから、どうしても、しゃかりきにならないと正々堂々としていないと思ってしまう。でも、第一次対戦前のボヘミア王国、今の僕らよりももっと閉塞していたに違いない政治状況で、こんな風に打って出たハシェクの行動を粒さに読むと、「維新」のなんたるか、その神髄を教えられた気になったのだ。

日に日に困難な政治状況になっていくような今こそ読むに相応しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ 11/17

  • 生駒の年間一般予算は約300億円
  • 生駒の年間特別予算は約230億円
  • ソフトバンクの経常益は約6600億円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/26

今日の数字3つ

  • トヨタの売上高は約12兆円
  • トヨタの純利益は約1兆円
  • 任天堂の売上高は約1.5兆円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ 11/12

  • GDPマイナス3.5%(2012年)
  • 2010年の世界携帯出荷台数12億台 2016年予想16億台
  • 2012/7~9期 タブレット3,000万台 PC9,000万台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「こころの不思議」
一読したときは、亡くなる少し手前で思い出すのではなく、亡くなった事実が思い出させたということだ、と理解したけれど、改めてもう一度読むとそう単純なことを言いたかったわけじゃないと気づいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/25

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「不思議な経験」
僕は、説明のつかないことは極力排除することで、自分がそう言っているだけではなく、他人から見てもそう言えることである、という考えをとるように心掛けてきたけれど、不思議なことを不思議なこと受け止めることについては普通の人よりも自然にできると思っている。自然にできるから、安易にそちらに走らないよう、説明のつかないことを極力排除するよう努めてきたけれど、もう十分、そうしなくても自然なバランスで振る舞えるよう訓練できたと感じた。それよりも何もよりもこの章を読めたことは自分にとって大きな意味を持つ点がひとつあり、そこはこれまで以上に、この本を紹介してくださった乾さんに感謝したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/24

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「進歩のない」
ここで例に挙げられている免疫学同様、僕が働いているIT業界も進歩の速い業界ではあるが、進歩の速い業界というのはそれだけまだ未熟な思考レベルということなのかなと思った。伸びしろが少なくなってからが勝負。そういう考え方と、伸びないものを伸ばしてもしょうがない、という考え方。ある意味、前者はただの意固地だとも言える。ただそれでも、本章のラスト、「文部省のように、急におもいつきだけでこころの教育を言ったところで、何の役にも立ちはしない」のところは胸を刺される。こころの教育だけでなく、急におもいつきでやることは、やらないよりはましとよく言われるけれども実は意外とそうではないことも多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/23

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「直列型と並列型」
「この返すことのできない債務は担い続けるしかない」この言葉の迫力に圧倒された。死ぬまで担い続けるしかないこと。僕にもあるはずだ。集中力と持続力の必要性には何の異存もない。改めて認識を強くするのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/22

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「ジャムパンの怨み」
「何か失礼なことをしましたか」と一言聞くことの、なんと難しいことか。いつもいつも思い悩むことである。その一言を発して、真実を聞けば解消できることなのに、その一言を発するくらいならこのまま有耶無耶にして関係さえないことにしてしまえばと、なぜ思ってしまうのだろう。どれだけ信頼関係を築いていても、簡単に口に出せる言葉ではない。それは、大事な関係になればなるほど、その一言が最後の引き金を引く言葉になると、身を以て経験していくことになるからだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/08

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「一家に一台」
「ものは悪、こころは善というふうに単純に言いたくなる。が、この主張は、ものを絶対視してきた発想の裏返しでしかない」。この一文を読んだとき、いったいこのエッセイの初出はいつだったのだろうと思わず裏表紙から捲った。僕もまったくその通りだと思う。何も何も、一面的な決めつけほど危うくて不要なものはないのだ。そして、「在る」と「成る」にちょっとだけ通じる、後半の話。所有ではなく、存在を願うということを、発想の中心に置き続けるよう心掛けてみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/05

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「睡魔との戦い」
睡魔との戦いは年々ひどくなっているので、これを読んですこしほっとした。興味がないから睡魔が襲ってくることは分かっているし、だからといって興味がないものからは目を逸らしていればいいという訳にもいかない。いろいろ工夫するにも限度がある。どのようなことにもなるべく興味を持てるようにするという努力と、興味を持てないことは持てないと諦めて、その上で少しでも眠くないように工夫するという努力、この両面からの努力の姿勢は、自分の人生の方針に重なる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/04

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「6月嫌い」
初めて、これと言った結論めいたものが思いつかない賞に出くわした。6月が嫌いな理由が滔々の並べられて、最後に奥さんの誕生日が6月だった、と来る。それが意味してるものはなんだろう?と思っても、唸ってしまうのが事実。深読みしようと思ったけれど、たまにはそんな話が混じるのも当然だ、ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/03

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「息子の朝帰り」
ウチは著者の家庭のような、「電話ぐらいしろよ」と一言諭すというような家庭ではなかったものの、非常な愛情を持って躾けてくれたということは身に染みて感じている。それも、べたべたとしたものではなく、両親が合わさると適度なドライさを伴っていて自分のバランス感覚の礎になっていると感謝している。それにしても、ここに書かれている「子離れ」の話、「子離れできてこそ親の完成」であり、感謝の要求に繋がるようなことは望ましくないというスタンス、大学生の就職活動にまで親がしゃしゃりでる世の中になってしまったことを激しく憂うものである。本当に、一億総子どもになってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/02

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「中年になって」
こころとの不一致を感じたとき、我々が成すべき努力は、その劣化を遅らせることだという結論は、なんか消極的努力のように聞こえて(せめて「維持」と言ってほしい)少しさびしい気もしたのだけれど、考えてみれば維持することは、老いは一秒ごとに進んでいる以上土台無理な話で、少しでも劣化を遅らせるというスタンスこそが最も望ましく美しいものだろうなと納得した。そこを理解できず、抗うように維持に、ややもすると若返りに邁進するようなスタンスが、現に若い人々の領域を押しつぶすような軋轢を生んでいて見苦しいのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »