« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013/01/31

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「セーターと沈黙」
モノを大切にすることの意味や核となる考え方が、今まで通りではやっていけなくなっていくのではと思っていたところに、この章は大きなヒントをくれた。それにしてもタイトルに「沈黙」をピックアップされるところが憎い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/29

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「家の時間」
自分にとってのくつろぎの時間は、誰かにとっての緊迫の時間かも知れない。時間だけに限らず、この視点はどれだけ気を付けていてもついつい忘れそうになる。忘れさせる最大の影響は、そういうことに無頓着な他人の影響だ。自分のことが蔑ろにされても、人に同じ気持ちを味あわせないように振る舞うのが「分」というものだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/27

『新建築 2013年01号』/新建築社

B00AN570E6 新建築 2013年 01月号 [雑誌]
新建築社  2012-12-29

by G-Tools

・p43 岡田新一(岡田新一設計事務所)
「そこに、グランドデザインに基づく「アーキテクチュア」が現れてくるのだ。そこには市民参加のワークショップからは到達し得ない統合的思考の結果が開示される。このようなプロセスが歴史的変革の時に現れている」
・・・権威主義、特権主義という批判とのせめぎ合いが始まるが、敢えて「市民参加のワークショップ」を、その弱点を捉えて批判的に叙述するのは、現在的な価値があると思う。

・p44 原広司(原広司+アトリエ・ファイ建築研究所)
「建築にとって、豊かな感性や直感は、きわめて重要である。しかし、今はその時ではない。自らの判断力を疑うと同時に、もっともらしい事柄すべてに疑問符を打つ態度が、建築活動全般に要請されている」
「今日本は、残念なことに、かつて、作家のボルヘスが、「どうしてアルゼンチン国民は、これほどまでにおろかなのか」と嘆いた状況にある。このような状態を、打開しようとか、意識を変えようなどという主張に、実はおろかさが現れている」

・p45 中村光男(日建設計 会長)
「海外のクライアントの多くの方が、「日本は街も人も静かな国だ」との印象を口にします。それは新興国のような躍動感を失ったということでもあり、でき上がった国という意味でもあると思います」
・・・こういう、両面を見る発想が常に求められる。

p76「フクノワ」
・「市民参加のワークショップ」の典型的手法

p131「山梨県立図書館」
・情報のフードコート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「親不孝者の反省」
自分に無関係だと思われるものは記憶から切り捨てる、というところは自分にも思い当たるところがある。その事柄をなぜ無関係と判断するのか、というところで、冷たい人間だと思われる。この章ではそれは過去のことだから、という切り口で語っているけれど、自分の場合、必ずしもそうではない気がする。無意識にはできないことなら、意識してやるしかないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/26

今日の数字3つ

  • 日本国内の年間車両出荷台数は500万台
  • うちトヨタは150万台
  • 東レの炭素事業の売上高は700億円、営業利益は30億円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • シェールガスによる米国GDPの押し上げ効果は約2,500億円
  • スカイツリー(東京ソラマチ)の年間来場者数は約4,000万人
  • 日米半導体協定の締結は1986年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/22

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「夜の散歩」
ないものはない。本著の中ではちょっと異端と言ってもいいくらい、筋書の巧みな章。その上素晴らしいと思うのは、事実描写のみで筆が感傷に流れておらず、かと言ってその事実をとらまえて説教を垂れる風でもないこと。なくなったものは、建物などの「モノ」ではない。かつては見ることのなかった光景-ホームレスや50過ぎの客引き-は、何かをなくしたから現れたものなのだ、と言っているのがわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/20

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「過ぎ去った時間」
共時と言われるとすぐに共時性と通時性を思い出してしまう。共時性と通時性の文脈で言うと、人はどちらかというと共時性のほうをより強く意識しているように感じる。これまでの積み重ね・蓄積を軽んじているように感じる。この齟齬はどこから来るのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/19

今日の数字3つ

  • 日本国内のスマートフォン出荷台数は2012年 3,000万台
  • 日本国内の総企業数は160万~200万社
  • 富士通の2013年3月期の連結売上高予想は約4兆4,000億円、最終損益は950億円の赤字

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/18

今日の数字3つ

  • 日本の技術貿易収支は250億ドルの黒字
  • 日本の政府債務残高は名目GDPの250%
  • 電通の2013/3期は売上高1兆9600億円、経常利益560億円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/14

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「チロと元ちゃ」
親戚に失踪してしまった人なんて普通にいるものか、と驚いたものの、自分の身の周りにもいろんな出来事はあり、大したことないとか大したものだとか、そういうことは自分の目線と他人の目線の狭間で常に移ろいでいるもので、固定的なものではないのだ。そうはっきり認識すること。これは佇まいを正すために身に取り込まなければならない考え方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『速習!ハーバード流インテリジェンス仕事術 問題解決力を高める情報分析のノウハウ』/北岡元

B0079A3GX2 [速習!]ハーバード流インテリジェンス仕事術 問題解決力を高める情報分析のノウハウ
北岡元
PHP研究所  2011-01-31

by G-Tools

kindleストアの日本版がオープンしたので、何か1冊買ってみようと思い、選んだのがこれ。よく言われるように、日本のkindleストアは紙書籍に比べて大きく安価な訳でもないし、新刊が多くある訳でもないので、「kindleでなければ」という本を選ぶのは結構難しかった。敢えて「kindleで読む」ということを想定すると、僕の場合、kindleで読むのは概ね通勤時間が最適と言える。なぜかというと、特に行きの通勤時間は混んでいるので、鞄から本の出し入れをするのが大変だから。そして、30分弱の時間は、長めの小説を読むのには不適と経験上判っているので、ビジネス本等が向いている。そこで、少し古めで、1,000円前後のビジネス本を買うのがよかろう、という結論に。
ところが盲点がひとつあった。僕の持っているkindle 3は、日本のkindleストアで買った書籍をダウンロードできない。日本のアカウントに、kindle 3を紐付できないのだ。アカウント結合したら解決なのかも知れないけど、洋書は洋書で入手できる道を残しておきたいので、androidにkindleアプリを入れてそちらで読むことにした。

結果を言うと、「ビジネス本」をケータイkindleで通勤時に読む、というのは悪くない。ビジネス本は基本的にはノウハウを吸収するものなので、机に向かうような状況じゃないところで読むほうが頭に残ったりする。読み直したいときに、片手ですぐ読み直せる。小説は、小さい画面でページあたりの文字数が少ない状態で読むとストレスがあるが、ビジネス本はフィットすると思う。

ところで本の内容自体についてですが、意思決定に関するノウハウの基本が非常にコンパクトにまとまっています。しかもそれらがすべて、「エピソード」という例を元に解説されるので、理解が早いです。個人的には「盲点分析」が知っているようで知らないということが判り、使いこなせるよう読み込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「クラス会」
クラス会に出席してみようと思うことの意味を、普通はここまで徹底して考えるのは恐くてできません。今は交流の無い、昔の仲間と会うことにどれほどの意味があるというのか、薄らと判ってはいるものだから。そこを考え抜いて、ただ振り返るのではなく、今を起点にしてさらに未来を見ればいいというところまで発展してくれるところがありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/12

今日の数字3つ

  • 日立の営業益は約4200億円
  • 日立の純利益は約1500億円
  • 2017年にパブリッククラウド市場は300億ドル規模になる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/08

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「写真の不思議」
この文章が真宗の出版社から出ている本に掲載されているということを考えると奥が深い。人が人を認識するのは意味づける力による。だから、既にこの世に存在しない人のことを、思い起こせるというのは、意味づける力によるに相違ない。なぜなら存在しないものについて、語ることができるからである。だから、写真も写っている「その人」を想起させるからその人そのものということになる、と語っていて、ここが奥深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/07

今日の数字3つ

  • スタートトゥディの2013年度3月期の業績予想は、売上高338億円
  • 営業利益77億円
  • 純利益47億円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/06

今日の数字3つ

  • 2012年の世界のPC出荷台数は約3億台
  • 2013年の世界のスマートフォン出荷予測は約9億1,000万台
  • 2013年の世界のタブレット出荷予測は約7億4,000万台
  • iPadの世界累計出荷台数は約1億台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『横道世之介』/吉田修一

4167665050 横道世之介 (文春文庫)
吉田 修一
文藝春秋  2012-11-09

by G-Tools

 「世之介」が好色一代男の主人公の名前ということも知りませんでした。オビに「青春小説」と書かれていて、「これって青春小説だったんだ!」とタイトルしか知らなかったのでびっくりしたのですが、確かに九州から東京に出てきた横道世之介の大学生活を描いてるので青春小説なんだけど、その舞台は1980年代のバブル真っ盛りで、そのバブル真っ盛りの学生時代を、2008年の現代から振り返っている、という構成で、僕らぐらいの世代にとって、二重に捻った味わいのある青春小説です。

 バブルの景気の良さを背景にした、軽佻浮薄な世間の中で、それなりに時代の空気とマッチしながらも「人の良さ」を持ち合わせた世之介の人間性と、そんな世之介でも何かを失っていきつつ生きていく様を、僕のような同世代の読者は読みながら、今の自分もまだまだ一生懸命やり続けなければいけない、やることができるんだと思えるはずです。年を取って40歳も過ぎて、諦めるように生きなければいけないなんてただの思い込みだと、そんな気分にしてくれます。これは文句なく、厳密には世之介の世代より少し下なんだけど、同世代である団塊ジュニア世代にお勧めできる一冊です。

続きを読む "『横道世之介』/吉田修一"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「住所録」
紙の住所録は過去の住所も二重線で消されるだけで記録が残るが、パソコンの住所録は上書きされて過去の住所は消されてしまう、という点はITでの情報管理での基本的な考慮点で、現代では過去データも含めて要約せずにひたすら保存していく技術と環境も浸透しつつある。この章での指摘とは逆に、何もかも永遠に保存可能となったら、紙の住所録よりも優れていると言えるのか。この問いの立て方にどう答えるかによって、価値判断の本質を知ることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • 2013年度一般会計予算は92兆円
  • 税収43兆円、新規財源債42兆円
  • 年金国庫負担金1/2ベースで23兆円赤字

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/04

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「自分の言葉」
言葉は必ず他人から与えられたもの。一方、流行語がなぜ発生するかというと、本質的に他人-自分よりも前の時代の人びとが引き継ぎで来た言葉言葉の意味形成が、同時代的に短期間で一気に形成されたというだけであって、他人から与えられる「言葉」の本質から何も外れていないとも言える。だから、流行語の意味・ニュアンスを、耳にしただけで的確に掴み取って的確に使えるほうが、言語に対する理解が深いということもできると思う。だから批判されるべきは、流行語を使うことではなくて、やはり、自分が何を考えたのか、考えているのかという、自分内部の言語と言語活動を持たないことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/03

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「沈黙ということ」
ここで書かれていることに全面的に賛成しようと思った時に、自分の中で「待った」をかける主義主張として、国際化社会の常識という形で言われる「説明責任」というもの。つまり、「言葉で表さなければ理解してもらうことはできない。沈黙に意味はない。」という考え方。この罠は、ひとつはビジネスにおける言葉と生活における言葉は実は違うのだということ、もうひとつは諸外国では「黙って頷けば判る」というようなコミュニケーションが存在しないということはないという、文学の実例があること、この二つが分かっていれば回避できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ロスト・シティ・レディオ』/ダニエル・アラルコン

4105900935 ロスト・シティ・レディオ (新潮クレスト・ブックス)
ダニエル アラルコン Daniel Alarc´on
新潮社  2012-01-31

by G-Tools

 難しかった。段落が変わったら、いきなり時空が変わってて、そのことに数行、ひどいときには2,3ページ読まないと気づかなかったりで混乱しながら読んだせいもあってか、長く内戦の続いた架空の国家という舞台で、何を語ろうとしているのか、うまく掴めないまま読み終えてしまった。
 政府も、反政府組織も、結局は民衆のその時々思いつきのムードの産物で、民衆は自分達が生み出したムードから反撃され怯えて暮らしているのだ、という読み解きは思いつくけれどそれは設定から勝手に推測したような気がする。

 「世の中には、自分は誰かのものなんだって思っている人たちがいる」

 メモを取った箇所を読み返してみて、この一文が自分にとってハイライトだと思った。何かに捉われている自分。行方不明になっている自分。なくしたものを探しているようで、その時点で既に主体が自分ではなくなっている。『ロスト・シティ』は、つまりそういうことなのだと思う。

続きを読む "『ロスト・シティ・レディオ』/ダニエル・アラルコン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「突然の電話」
電話の感覚はこれはもう世代の違いでどうしようもない。手紙が出来始めた頃だって、「手紙をよこすなんて横着せずに、会って話に来い」という人もいたはずだ。コミュニケーション手段というのは、時代と共に確実に変わる。ただ、どんなコミュニケーション手段であれ、相手の立場を慮る姿勢がなければ、そもそもコミュニケーションとして成り立たない。慮らなくてもよい相手なのかどうかを見極める力も必要である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/02

今日の数字3つ

  • ネットによって喚起された消費は約20億円
  • これは、消費全体の20%
  • ECは約7億円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »