« 『不可思議な日常』/池上哲司 | トップページ | 今日の数字3つ »

2013/02/24

『「反核」異論』/吉本隆明

B000J78L32 「反核」異論 (1983年)
吉本 隆明
深夜叢書社  1983-02


by G-Tools

 『「反核」異論』は未読だったのですが、書店でたまたま『吉本隆明が最後に遺した三十万字〈上巻〉「吉本隆明、自著を語る」』を立ち読みした際、『「反核」異論』の章が開いて食い入るように読んでしまい、本体もぜひ読みたいとなりました。

 『「反核」異論』は、原発の是非を世間が語り続けている今、読む価値のある一冊だと思います。吉本氏は原子力の利用について否定派ではなかった為、否、なかったからこそ読む価値があると思います。それは、原子力の利用の是非そのものについての知見を得るということではなく、『「反核」異論』という言葉を受け取ったときに何をどう考えるべきかを考えるという点において。

吉本氏の「反核」運動に対する「異論」の理由は明瞭で、

どうしてかれらは(いなわたしたちは)非難の余地がない場所で語られる正義や倫理が、欠陥と障害の表出であり、皮膚のすぐ裏側のところで亀裂している退廃と停滞への加担だという文学の本質的な感受性から逃れていってしまうのだろう?

 この一文に集約されると思います。私にはこの文章に何かを付け加えることは全くできません。自分なりに言い換えようと思っても言い換えることすらできないくらい、隙のない、それでいて今まで私が思ってきたことを代弁してくれている一文です。

 そしてもう一つ、その「反核」に対する反対表明について、

文学者の反核声明はだめだと思うんだけど、あれをだめなんだという批判と否定を組織してはいけないということです。つまり、反核声明を批判するのはひとりひとりでやらなきゃいけないと思う

 これで本当に充分だと思います。誰も反対することが出来ない、安全地帯と免罪符を振りかざし賛同を強要し徒党を組む行為というのが、「退廃と停滞への加担」だと切って捨てる気風や気概は、苦しく険しい道に違いないけれど、自由への道というのはそこにしかないと思う。吉本氏がこのとき「反核」に異論を唱えた理由は明瞭で、「反核を言うなら、なぜソ連にも言わないのか。なぜアメリカだけなのか。」「ソ連が仕掛けた「反核」運動は、ポーランド「連帯」弾圧を隠すためのものだというのがなぜ判らないのか」ということ。
 東日本大震災以降の日本で、例えば「反原発」と言うのは容易いことではないし、反核と反原発は共通点もあるが異なる文脈でもあります。でもそこでもし「反原発」に批判の余地がもしあったとしたら、それはやはり声をあげないといけない。「反原発」と同じように、「エコ」とか、「もったいない」とか、「ロングライフデザイン」とか「コミュニティ」とか、そういったものに繋がる可能性を孕んだお題目は、現代の日本にも氾濫していることを、忘れてはいけない。

p10「世界のもっとも進んだ社会主義的構想のポーランドを、手段を選ばぬ残酷さで、あっと言う間に叩き潰してしまった」
p13「スターリン翼賛会→大政翼賛仮→自称の反核・平和勢力翼賛会。半世紀も経っているのに、何かの党派や組織を翼賛するために、じぶんがおためごかしの党派や組織と化することだけはやめたことがない。そのカテゴリイを離脱しているとはおもえないのだ」
p13「どうしてかれらは(いなわたしたちは)非難の余地がない場所で語られる正義や倫理が、欠陥と障害の表出であり、皮膚のすぐ裏側のところで亀裂している退廃と停滞への加担だという文学の本質的な感受性から逃れていってしまうのだろう?」 
→戦時中しかり、数字の論理をかざす起業精神しかり
p28「だがじぶんの<根暗さ>への自己省察をやめてしまった人物は、どこか嫌らしい。中野孝次の文体のいやらしさと慇懃無礼さもまた、わたしを駆って批判におもむかせたいくらかの衝迫力になった」
p29「いうまでもなく筆者が誰であろうと編集責任者が執筆したものと見做される」
p36「それまでポーランド「連帯」に同情を寄せたり支持のポーズをとった言辞を弄していた、菅孝行、大江健三郎、筑紫哲也などは、ぴたりと口を閉じて、反核スターリニストの波の中に溺れていった」
→いつからソ連のイメージが僕らが持ったような、薄暗く否定的なイメージになっていたのだろう?
p38「この合意は、大江健三郎に解説させると「新しく配備される戦域核兵器によって、ヨーロッパを戦域とする核戦争を現実にやって勝ちのこりうるとレーガン大統領が威嚇し、ソヴィエト側でもそれに対抗する姿勢を見せたことを契機」に出てきたものだ」
p40「フロイト的な云い方をすると大江は、無意識の領域では、核戦争による世界の滅亡を願望し、その願望を意識的には打ち消すところに、「世界終末の核戦争への想像力を育てよ」という主張があらわれるというメカニズムになる」
p42「そういった具体的なすべてのケースを想定したシナリオを専門家と一緒に作り上げて、そのシナリオをたどって、起こりうる事態のイメージを組み立て、それを頭によく覚え込むように練習して、反核、反戦の運動をたしかな手応えのあるものにしなさい、大江はそういっているのだ。よほど正気を喪ったものでなければ、はいそうしますと答えないだろう」
p46「「詩人会議」の城侑の名で出されているアピールだけ」
p52「(2)は日本の社会が、世界のいちばん高度な資本主義社会が直面しているおおきな転換期に際会しているなという実感である」
p63「現代と若者(聞きて 三浦雅士)
p78「こんなものに、まともな文学や芸術に携わっている人間が賛成してはどうしようもないですよ」
p79「文学者の反核声明はだめだと思うんだけど、あれをだめなんだという批判と否定を組織してはいけないということです。つまり、反核声明を批判するのはひとりひとりでやらなきゃいけないと思う」
p136「反体制知識人たちは、まだソ連や中共神話から覚めやらぬ連中化、訳もわからぬのに第三世界などをもちあげているどうしようもない連中ばかりで、手を握るのは御免なのだ」
p157「生産社会機構の梯子を登りつめて、社会経済的な国家の地平にでるためには、労働組合連合の水準から、中間にいくつもの階段を踏まなくてはならないはずである」
p161「J・P・ファーユ」
p162「今日フランスでも、その他のところでも、日本はそのさまざまな現代性の達成ゆえに、来るべき世界のなかで決定的な役割を果たすとみられているわけですが、私は日本のそうした現代性は、経済的奇跡ということでは必ずしも説明されず、やはり独特の象徴的仕組ということも考慮しなければならないと思っているのです」
p165「第一に、自分の母親からはぐれている子供は、甘えとか幼児性とかにどうしても付きまとわれます。そしてそれがもっと極端にきつい状況になってくると、パラノイアにかかりやすいとか、あるいは被影響性、被害妄想性が強くなりやすいとかいう面があらわれます」
p188「大部分の労働者は、労働者としてのじぶんというものよりも、消費社会の中で背広をきて遊びに行くときのじぶんを、じぶんと思いたい率のほうが多くなってきているのではないか」
→仕事、仕事と言っているのは退行ではないか?
p202「シャーマンのスタグフレーションの説明」
p204「国債を発行して民間から借り入れ、それを公共事業に投資するということも、かくれ税金ではないか。」
p208「国家の通貨増発ですとか、公共事業に対する投資などを少なくするということです。」
p209「国家の介入の度合いを強めればスタグフレーションは解決する」
p212「国家がうまくしない場合には、巨大産業の労働者をはじめとして、皆さんは国家権力の外に押し出され、自主的にどうするかということを、じぶんたちで決定していかなければならない場面に当面します」
p221「東洋と西洋の融合っていうのが「遠いものの連結」の究極(西脇)」
p224「文学の非個人性、インパーソナリティ」
p229「メディアで言っても、詩どころじゃなくて活字メディアそのものが追いつめられている」「テレコミュニケーションの発達」
p242「世界政治っていうものをみんな少し馬鹿にしすぎてる」
p249「ところが日本人の社会って依然として情緒だけで動いちゃうね」

|

« 『不可思議な日常』/池上哲司 | トップページ | 今日の数字3つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/56832645

この記事へのトラックバック一覧です: 『「反核」異論』/吉本隆明:

« 『不可思議な日常』/池上哲司 | トップページ | 今日の数字3つ »