« 『WIRED VOL.7 GQ JAPAN.2013年4月号増刊」/コンデナスト・ジャパン | トップページ | 今日の数字3つ »

2013/04/28

『知の逆転』/NHK出版新書

4140883952 知の逆転 (NHK出版新書 395)
ジャレド・ダイアモンド ノーム・チョムスキー オリバー・サックス マービン・ミンスキー トム・レイトン ジェームズ・ワトソン 吉成真由美
NHK出版  2012-12-06


by G-Tools

第二章 帝国主義の終わり-ノーム・チョムスキー

  • アメリカの行動規範が徹底した目的主義ということを再認識。これは、「何に着目しなければいけないか」ということを考えることが徹底的に訓練・教育される土壌だからだと思う。それが如何に直線的で退屈なものに見えたとしても。
  • 「インターネットはカルトを生む土壌になる」。どんなに無害に見えたとしても、カルトの危険性をはらんでいるものがある。
  • 誰かとの共同作業を行うことと、自立した個人であること、その両方のスタンスの必要性を認識できること。

p67「全ての言語にはその深層に共通する文法が存在し、そこからさまざまな表層構造が生成されるのであり、人間は言語の基本文法を生得的な器官として持って生まれ、不十分なインプットで十分な言語能力が発揮されるような脳の仕組みになっている」
p102「インターネットはカルトを生む土壌になる」
p104「偽善者とは自分に課す基準と他人に課す基準が違う人」
p106「1962年にローマ教皇ヨハネ23世が福音書を復活」
p126「リストを提供することは、その予想外の驚きや探し当てる喜びというものを、多少なりとも奪うことにもなる」

|

« 『WIRED VOL.7 GQ JAPAN.2013年4月号増刊」/コンデナスト・ジャパン | トップページ | 今日の数字3つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/57261282

この記事へのトラックバック一覧です: 『知の逆転』/NHK出版新書:

« 『WIRED VOL.7 GQ JAPAN.2013年4月号増刊」/コンデナスト・ジャパン | トップページ | 今日の数字3つ »