« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013/05/19

今日の数字3つ

  • マネタリーベースは2013年3月で146兆円、2013年12月で200兆円
  • 日銀保有長期国債は2013年3月で91兆円、2013年12月で140兆円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/18

今日の数字3つ

  • トヨタの時価総額は約22兆円
  • ソフトバンクの時価総額は約11兆円
  • 三菱UFJの時価総額は約9.8兆円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/17

今日の数字3つ

  • 2014年度予算は95.8兆円
  • 歳入のうち税収が約50兆円、新規国債が約41兆円
  • 2014年度の国債発行総額は180兆円、発行残高は1,000兆円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/15

今日の数字3つ

  • 2008年からの5年間で日本銀行は113兆円から164兆円に、51兆円資産を増やした
  • FRBは230兆円、ECBは160兆円増やしている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/14

今日の数字3つ

  • 1980年のGDPは約248兆円、金融資産は約1500兆円
  • 2011年のGDPは約473兆円、金融資産は約5700兆円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/13

今日の数字3つ

  • 2014年3月期の日本の上場企業の連結経常利益は21%増
  • 同じく純利益は64%増
  • 主に電機・自動車が牽引、合わせて約3兆円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • サービス業の2013年度売上予想は17兆4000億円で2012年比6%増予想

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • 2013年7-9が月の新規IPO社数は20社超
  • 調達資金総額は26億ドルで前年同期比2倍強
  • 最高調達額はファイア・アイの3億ドル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/11

今日の数字3つ

  • 2007年の米国新車販売台数は約1,000万台で、前年比20%減
  • 同年の中国新車販売台数は約1,400万台で、前年比46%増
  • 過去は米国は1,600万台。13年は1,500万台の見込み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/10

今日の数字3つ

  • NTTコムのバーテラ社等の買収金額は約1,000億円
  • 2017年の予想クラウド市場規模は約300億ドル
  • NTTコムは2017年度クラウド海外売上高目標20億ドル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/09

今日の数字3つ

  • KDDIの4-9月期の連結営業利益は約3,400億円
  • 同じく4-9月期の新規契約件数は前年同期比3割増の130万件

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/08

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「渦巻き猫の死」
本著で初めて、「なぜ著者はこの話を書いたのだろうか?」と思った。この話が必要なのか?という意味ではなくて、話としては胸の奥底に触れてくるものがあって、いい話を読んだと思ったのだけど、含意が読み取れない、という感じ。こういう、ぼんやりとした、切ない空気を感じるだけでよい話なのか。なぜ渦巻き猫が中心だったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/07

『北欧モデル 何が政策イノベーションを生み出すのか』/翁 百合 西沢 和彦 山田 久 湯元 健治

4532355435 北欧モデル 何が政策イノベーションを生み出すのか
翁 百合 西沢 和彦 山田 久 湯元 健治
日本経済新聞出版社  2012-11-16


by G-Tools
  • 最も印象に残ったのは、今までやってきたことをいかに止めるか、その止めやすさの醸成がカギだということ。
  • TV番組で、フィンランドの子どもたちの「将来どんな仕事をしたいか」の第三位が「なにもしたくない」だったというのを聞いたから、世代によって柔軟に変更していかないといけないということだろうか。

続きを読む "『北欧モデル 何が政策イノベーションを生み出すのか』/翁 百合 西沢 和彦 山田 久 湯元 健治"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/06

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「高遠の桜と下町の祭り」
桜や祭りと言った、楽し気な事柄が辛く悲しいことを連想させるとしても、その連想によって誰かと繋がっているという考え方はとても心持を落ち着けてくれる。自分がどのような時間を歩んできたかは、自分の胸の中にしかほんとうはない。だから、何かのきっかけで誰かを思い出すのだとしたら、そのきっかけは大切にしたほうがいいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『不可思議な日常』/池上哲司

483410334X 不可思議な日常
池上 哲司
真宗大谷派宗務所出版部  2005-05

by G-Tools

「一瞬の映像」
ここ最近、落車や事故が重なっている。それでふと、何かあった時の瞬間ってこういう感じだろうか、と想像してみることがある。特に先日事故にあった瞬間は動画で記録していたこともあり、繰り返し見て想像している。そうこうするうちに慣れていくので、落車や事故は痛いものだけれども役に立つところもあったと思う。その一方で、転倒したりするときは映像がゆっくりになるとよく言うが、最近、あまりそうでもなくなり、記憶もそれほど明瞭ではなくなってきた。これはたぶん、あまりによく転倒して珍しいことではなくなってきたので、緊急感が薄れて、潜在的な視力が引き出されないようになったんじゃないかなと勝手に思っている。何でも慣れればよいというものでもないらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/05

『地図になかった世界』/エドワード・P・ジョーンズ

456009019X 地図になかった世界 (エクス・リブリス)
エドワード P ジョーンズ 小澤 英実
白水社  2011-12-21

by G-Tools

 奴隷制度が存在している南北戦争以前のヴァージニア州マンチェスター群が舞台ということで、奴隷制度の不条理や非人間性に焦点が当てられているのかと思いきや、読んでいると奴隷制度への抵抗が荒々しく胸に燃え上がるような感じではなく、逆に、登場人物たちがみなあまりにも「奴隷制度」を当たり前のものとして生きているので、その制度枠の中でどうやって生きていくのか、という視点で読み進めることになる。奴隷制度に対する批判といった、お説教なところはほとんどない。悪事を働いた人物がストレートに懲らしめられるような展開でもない。でも、奴隷制度下の親子世代に渡る長いタイムスパンが、大河ドラマのように展開していく。
 いちばん印象に残るのは、何度も「法律」が登場するところ。奴隷制度が登場人物にとって当然なのは、法律がそう定めているからだ。だから「法律」は絶対で、登場人物はみな「法律」の順守に強い意識がある。日本はこういう感覚が凄く薄い気がする。法律であっても、皆であつまって決めたことでも、簡単に破る傾向にあると思う。「決め事」に対するこの感覚の違いは、日本式のほうが分が悪いと思う。
 後半で自由黒人の奴隷であるモーゼズが「自由」に対して執着するところが、奴隷制度への不条理感を炙り出す。それでも、それも世界の一コマ、という描かれ方が貫かれるところが、この小説のスケールの大きさだと思う。

続きを読む "『地図になかった世界』/エドワード・P・ジョーンズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『知の逆転』/NHK出版新書

4140883952 知の逆転 (NHK出版新書 395)
ジャレド・ダイアモンド ノーム・チョムスキー オリバー・サックス マービン・ミンスキー トム・レイトン ジェームズ・ワトソン 吉成真由美
NHK出版  2012-12-06


by G-Tools

第六章 人間はロジックより感情に支配される-ジェームズ・ワトソン

  • サイエンスにおいては優れた着想は個人からしか出て来ない、集合知能というのはあまり有効ではない、総意を得るのは時間が掛かるし、そもそも往々にして間違いである。これはサイエンスにのみ有効な考え方なのか?ジャレド・ダイアモンドによれば、民主主義に個人の優れた判断力というのは必須ではない。それは、集合知のほうが間違えない、ということを言っている訳ではないのか。ただ、インスティチューションが大きくなりすぎると個人を潰す、というのはその通りだと思う。
  • 社会が丁寧になりすぎているというのは、ナイーブになりすぎているというのと同じ意味合いだと思う。特に文化的背景が異なる交流が増えると、丁寧にならざるを得ない面があるのは否定できない。

続きを読む "『知の逆転』/NHK出版新書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • セブンイレブンの店舗数は全国16,000店
  • コンビニの閉店目安は一日平均売上高40万円
  • セブンイレブンの一日平均売上高は67万円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • Googleのデータセンターへの投資が2006年からの総計で2兆円を超える
  • 1四半期あたり約1,000億円の投資
  • Microsoftは1兆5,000億円を投資したと発表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • JR東日本の2013年度純利益見込みは1999億円
  • 今後の負債総額はピーク時で5兆円の予想

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • セブンイレブンの3-8月期は売上高3,600億円、営業利益1,110億円
  • ローソンは2,480億円、356億円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • 楽天の店舗数は約41,000店、商品点数1億6,000万
  • ヤフーの店舗数は約20,000点、商品点数8000万

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/04

今日の数字3つ

  • リーマンの負債総額は60兆円
  • これは資本の約32倍
  • 山一證券は3兆5,000億円強

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • イプシロンの全長は24.4m
  • 直径2.6m
  • 開発費用205億円、初号機打上費用50億円、17年度に30億円目標

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • ブリクストンの地域通貨利用者は約12,000人
  • 目標は3年後に地域小売店売上高の5%にあたる6億円の利用高

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • 7月の米貿易赤字は3兆9000億円
  • ノキアの2013年1-6月期の売上高は携帯電話事業が約7,000億円、通信機器事業も同じ
  • ノキアが携帯電話事業売却で得る資金は7100億円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • ヤマトの2014年3月期予想連結営業利益は約700億円
  • 日通の2016年3月期目標連結営業利益は約510億円
  • 日通の2020年目標営業利益率11%、現状6%台

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • 2012年のビデオソフト売上高は約2600億円
  • 2012年の動画配信売上高は約900億円
  • 2017年の動画配信売上予想は約1650億円で、2011年度の70%増

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • 65歳以上人口は3000万人
  • 16歳~64歳人口は8000万人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • リニア新幹線品川-名古屋間は27年開業
  • 同新大阪までは45年
  • 品川-名古屋間の総工費は5兆4300億円
  • 全線で9兆円

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の数字3つ

  • 汚染水対策で投入される国費470億円
  • 新関空会社がOATを278億円で買収
  • MRFの待機資金が9兆円弱

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/01

『知の逆転』/NHK出版新書

4140883952 知の逆転 (NHK出版新書 395)
ジャレド・ダイアモンド ノーム・チョムスキー オリバー・サックス マービン・ミンスキー トム・レイトン ジェームズ・ワトソン 吉成真由美
NHK出版  2012-12-06


by G-Tools

第五章 サイバー戦線異状あり-トム・レイトン

  • 自分の勤める業界の話なので非常に興味深かった。
  • 起業に至るプロセスの描写がとても良かった。起業を考えている人には、こういうドキュメンタリを勧めるほうがよいと思う。
  • チョムスキーが「資本主義に政府の介入は絶対に必要」と言っていたのが重なる。
  • プランをつくることの重要性。

続きを読む "『知の逆転』/NHK出版新書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »