« 『爪と目』/藤野可織 | トップページ | 『文・堺雅人』/堺雅人 »

2013/08/24

『ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える』/ビクター・マイヤー=ショーンベルガー ケネス・クキエ

4062180618 ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える
ビクター・マイヤー=ショーンベルガー ケネス・クキエ 斎藤 栄一郎
講談社  2013-05-21

by G-Tools

 「ビッグデータの要諦は正確性の放棄と相関関係」という基礎知識については置いておいて、「そこに人間の自由意志は残るのか」という問い掛けにずっと心が囚われた。理由は判らないけれどもハリケーンが近づくとポップターツがよく売れるので店頭に置いておいたら果たして売上増大に繋がった、という話を聞くと、それを選択しているときは確かに自分で選択してるはずなのに、そういう選択をするということが何者かに判られている時点で自由意志ではないような気持ち悪さを感じてしまう。思想の書物を読んでいても、その選択は本当に「自分」が下した選択か?という問い掛けを何度も読んで考えてきたので、ビッグデータという、思想や哲学ではないIT分野の書物でこの問い掛けに遭遇して、自分の好奇心が刺激された。

数年前から事あるごとに思い出す「編集」に関する問い掛けもよく似ている。「果たして「オリジナル」は存在するのか?」という問い掛け。「編集」の文脈で考えるとき、「オリジナルは存在しない」というのがほぼ覆せない定説で、いつもデリダのエクリチュールを思い返す。そしてエクリチュールを思い返すとき、いつも連想でフーコーのディスクールを思い返す。オリジナルはないし、自由もない。言葉を使うとき、すでに権力に伏していて、権力の下で言葉を使っている。これまでのITの世界も、これとすごく似ていたと思う。世界の事象をそのまま扱うことはできないから、モデルを作りそのモデル内でデータを集め、更にそのデータをサマライズする。これは編集に似ていると思うし、モデルを構築する時点で、権力の元にある。
 しかし、ビッグデータはサマライズしない。ローデータにアクセスして、知見を見出そうとする。少なくとも、ITの世界の中では、ローデータにアクセスするということは、オリジナルにアクセスしているということになる。実際のデータサイエンスの世界はそんなに簡単なものではないようだけど、概念上では大量の、整形されていないオリジナルにアクセスすることになる。このITの潮流は、また新しい哲学に繋がるのだろうか?とても興味津々だけど、追いかけて行き方がまだ、わからない。
p20「金融分野では、米国債券市場で1日に取引される株式およそ70億株のうち、約3分の2がコンピュータのアルゴリズムに従って取り引きされている」
p28「「相関関係」は、正確な「理由」を教えてくれないが、ある現象が見られるという「事実」に気づかせてくれる」
p32「「人間の神聖なる自由意志」か、はたまた「データによる独裁か」」
p35「すべてのデータを分析できる」「現実世界の乱雑なデータにまっすぐ向き合おうとする意欲」「相関関係を積極的に受け入れる発想の転換」
p49「相撲は神事でもあるだけに、無気力相撲への風当たりはきつく」
p53「バラバシ率いるチーム」「コミュニティ内で多くの接点を持つ人がいなくなると、残った人々の交流は低下するものの、交流自体が止まることはない」「外部に設定を持つ人がいなくなると、残った人々はまるでコミュニティが崩壊してしまったかのように、突如として求心力を失う」
p56「ウィリアム・トムソン」「測ることは知ること」「量子力学」
p67「「正確=メリット」という考え方を改める必要がある」
p73「「唯一の真実」という考え方自体、怪しさがある」
p75「パット・ヘランド」「If you have too much data, then 'good enough' is good enough」
p86「ウォルマート」「従業員数200万人以上」「売上450億ドル」「テラデータ」
p101「あらゆる物事がほかの物事によって引き起こされるのであれば、論理的には、我々は何も自由に決められないことになる。そこに人間の意志の働きは存在しない。我々の決断や考えは、すべて何かによって引き起こされ、それが今度は別の現象を生み出すのだ」
p132「プロジェクト・グーテンベルクは1971年」
p156「過去50年で、記憶装置の価格は2年ごとに約半額」「記録媒体のデータ量を示す「記録密度」は5000万倍」
p180「data.gov」
p182「株式公開の前日、フェイスブックの引受証券会社は公開価格を38ドル」「時価総額にして1040億ドル」「ボーイングとゼネラルモーターズとデルコンピュータを合わせた額」「2011年の財務諸表によれば、帳簿上の純資産額は63億ドル」
p184「形式上の資産と帳簿未記載の無形資産の差は1000億ドル」
p207「データそのものが生の材料として市場化されている点」
p222「データの価値がこれだけ明らかになれば」
p227「1943年には米国国政調査局が日系人の強制収容をスピードアップするため、彼らの住所を政府に提出している」
p241「個人の性格や傾向を基に罰するという考え方には、強い嫌悪感を覚える」
p243「相関関係に基づくビッグデータ予測を使っていながら、個人の責任については因果的な判断を下している」
p244「マクナマラの大失敗」
p251「イェール大学のジェームズ・スコット教授は著書『Seeing Like a State』で、政府が数値化とデータにこだわるあまり、国民を幸せな生活ではなく、みすぼらしい生活に追いやってしまう構図を取り上げている」
p275「市内に90万件ある住宅リストの作成」

|

« 『爪と目』/藤野可織 | トップページ | 『文・堺雅人』/堺雅人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/58054992

この記事へのトラックバック一覧です: 『ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える』/ビクター・マイヤー=ショーンベルガー ケネス・クキエ:

« 『爪と目』/藤野可織 | トップページ | 『文・堺雅人』/堺雅人 »