« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014/01/12

『異端の統計学ベイズ』/シャロン・ヴァーチェ・マグレイン

4794220014 異端の統計学 ベイズ
シャロン・バーチュ マグレイン 冨永 星
草思社  2013-10-23


by G-Tools

ビッグデータに関する資料や書籍を当たっているうちにいつの間にか興味を惹かれていたのがベイズ。今思い返すと、ベイズの何を聞きかじって興味を惹かれたのか明確に思い出せず、また、ベイズと巷で取り上げられる意味でのビッグデータとの関連性が今ひとつ明確に説明できないけれど、ベイズ統計学と本著は非常に読み応えがあり抜群に面白かったです。数学に全く興味が持てなくても、現代の最先端のITを支えている理論、その考え方が、黎明の1740年頃から今に至るまでどんな歴史を歩んできたのか、スリリングなドキュメンタリーに惹きつけられると思います。

ベイズの定理そのものの解説や来歴は脇に置くとして、「ベイズ」という統計学の歴史を読もうとして思いがけず現在の日本の情況を顧みずにいられない記述に二箇所出くわします。一つは第二次大戦終結時にチャーチルが暗号化解読の証拠の破棄を命じた部分、もう一つは1970年代のアメリカでスリーマイル島原発事故をベイズ理論で予見していたという部分です。

p161「なぜこんなにも長い間、暗号解読を巡る話が伏せられてきたのだろう。たぶんそこには、自分たちがタニー・ローレンツ暗号を解読できるという事実をソビエト政府に知られたくない、というイギリスの意図が働いていたのだろう」

連合国の勝利にはチューリングらによるドイツ軍の暗号・エニグマの解読が大きく貢献したのですが、チャーチルはエニグマを所有したソビエトに、自分たちが暗号解読能力を保有していると知られないほうが好都合と判断したというものです。このために、暗号解読に多大な貢献をしたベイズ理論は陽の目を見られなくなるのですが、この判断をベイズ理論の立場から見るのか国家安全保障の立場から見るのかで意見は大きく異なってしまいます。これ以外にも、本著には幾度と無く「機密扱い」という文言が出てきます。学者達が国家の安全に貢献する研究を行ったにも関わらず、その成果が「機密」となって世に知らしめられない事態。特定秘密保護法の本来的に期するところはこういった国家の安全に関わる機密情報だと思うのですが、意図するところが仮に国民として納得できるそれであったとしても、その制定過程を誤ると理解できないし、その法によって実現される規制が本来の意図から大きく逸脱してしまうということを改めて思いました。

p326「アイゼンハワー大統領は1953年に「平和のための原子力」と題する演説を行って、原子力産業の展開に着手した」「そしてその20年後には、環境や人々への安全リスクに関する包括的研究はいっさいなされぬまま、アメリカ国内で計50基の原子力発電所が稼働していた」
p329「2003年にはアメリカの全電力の20パーセント相当が104基の原子力発電所で作られていたにもかかわらず、1978年からこれを執筆している今(2010年から2011年にかけて)までに、原子力発電所を新設せよという命令は一度も下されていない」

「これまで事故が一つも起きていないのだから、この先も事故は起こらないはずだ。そうはいっても疑問は残った。不可能とされることは、ほんとうに起きないのだろうか?」この言葉は、3・11における福島原発事故を経験した日本人には重く痛く突き刺さります。アメリカでは、「起きていないこと」の起きる確率を導き出そうという発想がありました。おそらく、日本にはそれはなかったのでしょう。これはひどく単純でかつ重大な違いのように思えます。今のところ起きていない事象の発生確率を考えるためにはどのようにすればいいか、そもそもそれを考えようとするかどうか、「ありえない」という言葉が安直に使える日本語の世界では、根付きようのなかったスタンスなのかも知れません。

ベイズ理論は、そのような「起きていないこと」の発生確率を考えることのできる理論です。これは頻度主義と言われる一般的な統計手法、つまり発生件数をカウントして検定して確率を導く方法ではそもそも扱いようのない課題でした。この点に興味をもたれたら、それだけでも読む価値のある一冊だと思います。

続きを読む "『異端の統計学ベイズ』/シャロン・ヴァーチェ・マグレイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/05

『安倍政権のネット戦略』/創出版

4904795253 安倍政権のネット戦略 (創出版新書)
津田 大介 香山 リカ 安田 浩一 鈴木 邦男 中川 淳一郎 下村 健一 マエキタ ミヤコ 亀松 太郎 高野 孟
創出版  2013-07-23

by G-Tools

日本には既に「ティーパーティ」があったんだ。迂闊だったよ。

自民党は、適当なこと、いい加減なこと、嘘をついても誰にも怒られない場所をうまいこと見つけたんだなあ、というのが最大の感想。おまけに、自分たちの代わりに勝手にネガキャンを張ってくれる「自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)」という”市民団体”を見つけて公認してる。手が付けられなくなったら、切って捨てるんでしょうきっと。

ソーシャルメディア人口3,000万人のうち、政治の話題で反応しているユーザが推計10万人で、果たしてどれくらい効果があるのかというふうにも思うけれど、投票率が低い40代以下の世代の支持を取れている効果は小さくないと思う。40代以下の世代全般の支持を得ているということではなく、「投票に行かない人が多い中で、愛国的な発言によって投票に行く集団をうまく見つけた」というところ。

それにしても「サプライズ」感覚が、こんなにも悪い方向に出てくるとは。ネット上では「平和主義」が「優等生」で「驚きがない」ので見向きもされず、敢えて「愛国的」な言説を唱えるほうが「注目」され「主流」になるという。一体何がその人のゴールなのか。何をやりたいと思って生きているのか。よくわからない。
ネットというのはほんとにホントとウソが混じった世界なので、ユーザがリテラシーを高く保とうという意識が大事なんだけど、「時間がある」ユーザは暴力的にウソをばらまくことができるし、それに対抗するだけの時間をほとんどの人は持たない。これって「取り付け騒ぎ」のように僕の目には映る。その「風説の流布」をした人間が咎められることはない。だって噂だから。だってネットだから。こういうことが起こらないように、という文脈でなら、ネット上の匿名性を制限しようという動きもまだ理解できなくはないけれど、特定秘密保護法は成立した今であっても、ネット上の匿名性制限の話はとんと聞かなくなった。J-NSCなんて市民団体があれこれ触れ回っているような状況ならそりゃそうでしょう。制限しようなんて思わないでしょう。

続きを読む "『安倍政権のネット戦略』/創出版"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/01

『ペテロの葬列』/宮部みゆき

ペテロの葬列
ペテロの葬列 宮部 みゆき

集英社  2013-12-20
売り上げランキング : 201


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

久し振りのミステリーでしたが、帯の『”悪”は伝染する』に惹かれて、ドロドロした性悪な人間性の応酬みたいのを期待していたもののそれはそこまでではなかったです。本筋の事件での顛末よりも、主人公の杉村夫婦の動静に最も心を持って行かれます。

「世直し」という言葉を頻繁に使う、という会社社長が登場するのだけれど、時流を捉えた言葉というのは、その背景に目を瞑らせるというか気にさせなくするというか、詳しい説明を省略させるだけの力を持ってしまうという怖い事実を改めて思いました。よい意味ではそれが「信用」なのだけれど、背景や裏付けを全く聞かず、バズワードとか流行の三文字略語とか、その単語だけを振り回してしまうことの怖さ。でも世の中時間がないから、それだけで事が進んでしまう怖さ。それは、「言葉そのものが価値を持つ」という考えを無意識に支持しているから起きてしまうことで、やはり先日読んだ池田晶子の中の「言葉は交換価値ではなく価値そのもの」という定義は否定されなければならない、と強く思いました。それは、「とりわけ、多くの人たちがもてはやしているという理由だけで流行っているものには」という杉村の台詞からも感じます。

もうひとつ、会社にせよ軍隊にせよ、抗えない環境が構築されそこに囚われたとき、人間はどうなってしまうのか、どう行動するのが正しいのか、ということを考えさせられます。「この理念こそが正しいのだ」という思想的な動機であっても、「こうすることが儲かるのだ」という金銭的な動機であっても、受ける傷はそう変わりません。もっと悲劇的なのは、タイトルにあるペテロのように、途中で良心の呵責か何かでその道を引き返そうとしたとき、そこで行いの罪が現前してしまうことで、引き返そうとしなければそんな罪もそれに対する罰も受けずに済んだのにーということです。これに対して本著がどういう答えを導いてくれているのかは、ひとつではないので、この答えを考えながら読んでみるのがオススメです。

続きを読む "『ペテロの葬列』/宮部みゆき"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »