« 『ヤバい日本経済』/山口正洋・山崎元・吉崎達彦 | トップページ | 『野望の憑依者』/伊藤潤 »

2014/08/15

『ITビジネスの原理』/尾原和啓

4140816244 ITビジネスの原理
尾原 和啓
NHK出版  2014-01-28


by G-Tools

 「そしてインターネットは、人を幸せにする装置へ」-こんなことを書く本というのはだいたい著者が関わる何かへの利益誘導を目的としたもの。それもタイトルとは無関係な。そういう意味では本著はその典型的なもので、「ITビジネスの原理」という、ITビジネスの構造と利益源泉が読めば分かるような期待を抱かせておいて、その実、内容は著者が転職した楽天が、amazonとは違うショッピング体験を追求してるんだよ、楽天のショッピング体験のほうが優れているといえるのはこういうことを考えてるからなんだよ、と、「ハイコンテクスト」で洗脳しようとして終わる、という内容です。しかも、途中にgoogle glassを噛ませて、ちょっと間違いかもと疑わせる囮を仕掛けておいて視点をずらすという念の入れよう。IT関係者にとっては読む必要はあまりないと思います。

 特に問題があると思った2点:

  • クラウドソーシングに関して、ネット時代は時間が細切れになるので、その細切れな時間を有効活用しなければいけない、有効活用できるクラウドソーシングが有用だというロジックは分かるのですが、議事録の例えで優れた仕事をやる人の単価は上がっていくとありますが実際はそうはならない。なぜなら、その優れた仕事をやるクラウドソーシング上のマーケットも当然存在するからで、その人はそのマーケットの価格と戦わなければならないから。今のところ、クラウドソーシングマーケットというのは工数単価に落とし込めるようになったワークがたどり着くところ。
  • グローバル企業は英語よりも非言語化を志向しているので、言語を介さないほうが、ハイコンテクストなコミュニケーションが楽しめるのではないか、とあるが、これは完全に矛盾していると思う。非言語化されたところにコンテクストはない。1枚の写真がどれだけ芳醇な意味を提示しうるとしても、そのためには言語が必要になる。

p26「インターネットによって大きな打撃を受けた職業に、コンサルティングがある」

p33「TAC(Traffice Acquisition Cost)」
p58「日本の携帯コンテンツの市場規模はピークの2011年には6500億円を超えました。これはiPhoneのアプリマーケットが全世界で売り上げた金額を遥かに上回っている」
p59「「ポケモンを作った田尻智さん」「『新ゲームデザイン』」
p62「サンクコスト(sunk cost)」
p71「子どもが昼寝をしている1時間2時間を使って、議事録をタイプする仕事をすると「この人、とてもいい議事録を作ってくれるな」と評価される。そうすると、この人には単純なタイpンプではなくて・・・」
p94「1993年」「インターネットが一般にも開放」
p134「濱野智史さんが擬似同期と読んだものがあります」「「ニコニコ動画」などがそれにあたります」
p149「さらに言うと、非目的型情報消費が進むと、非目的とは言いながらも何らかの刺激がないと人はその消費に耐えられなくなる」
p150「Appleのコンテンツ市場は2012年でおよそ4,500億円」「日本のモバイルコンテンツ市場は2007年にはすでに超えている」「2011年には6500億円を超えました」
p154「松岡正剛さん」「根付」
p159「日本というハイコンテクストな国は、こうした言葉ではない消費を楽しむ、隙間を楽しめるという文化」
p160「アメリカ人はローコンテクストだから、言わないと分からない」
p180「チームラボの猪子寿之さん」「グローバル企業は英語よりも非言語化」
p182「言語を介さない方が、「Pinterest」のようにハイコンテクストな、豊かなコミュニケーションが取れるのではないか」

|

« 『ヤバい日本経済』/山口正洋・山崎元・吉崎達彦 | トップページ | 『野望の憑依者』/伊藤潤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/60154311

この記事へのトラックバック一覧です: 『ITビジネスの原理』/尾原和啓:

« 『ヤバい日本経済』/山口正洋・山崎元・吉崎達彦 | トップページ | 『野望の憑依者』/伊藤潤 »