« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »

2014/09/23

『世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?』/戸塚隆将

4023312215 世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?
戸塚隆将 208
朝日新聞出版  2013-08-07

by G-Tools

「基本を大事にする」というのが大好きな性分なので、ちょっと俗っぽいタイトルに引っかかりながらも読んでみました。「これだけやれば10kg痩せる」とか「10日聞くだけでペラペラに!」とか、一撃必殺系が大嫌いで、「エリート」とかタイトルにつくタイプの本はそういうケースが多いだけに、「なぜ、この基本を大事にするのか?」というタイトルには大いに惹かれました。

内容は期待通りで、本当に「エリートが実践している基本」ということではなく、一般的に社会人になって働いている人なら誰でもわかっているであろう「基本」、その内容と重要性が丁寧に纏められているものです。「基本」を常に確実に実行できる人が、成果を出すことができるということを論理的に納得させられる内容です。「基本」を蔑ろにしてしまいがちな毎日を送る自分にとって、非常にありがたい戒めの書になりました。

ひとつ印象に残ったのはp85「シャツの首元が擦り切れているゴールドマンのアメリカ人シニアパートナーを目にしたことがあります」というところ。

「しかし、決して汚らしく、みすぼらしい擦り切れ方ではありませんでした。モノを大切にしている様子が窺えました。彼の身に着けている時計も地味で機能性を重視したものでした。清潔感という共通点を除き、服装や持ち物へのこだわりは、人それぞれと言えるようです」

これは辿り着きたい境地だなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/19

『「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ』平川克美

4903908534 「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ (シリーズ22世紀を生きる)
平川克美
ミシマ社 2014-06-20

by G-Tools

 本著で疑問を感じた点は2つに集約できます:

1) 自分たちが生きた、経済成長の時代を、どのような国家でも経済発展の中で辿るであろう「自然過程」としていながら、現在以降に本来なら辿るであろう過程を否定し、いわば「自然」ではなく、「意志」の力で「自然」に抗うことを強いている点。そういった「意志」の力で「自然」に抗わなければならないような状況を生んだ、かつての自分たちの営みはすべて「自然過程」で片づけて顧みもしない点。
2) p131”ヨーロッパや日本で起きたことが示すのは、文明がある程度のところまで進展すると、自由や独立を望む個人が増え、伝統的な家族形態が解体へと向かって社会が変質するということです。”と、ヨーロッパや日本というように普遍性があるような記述であるにも関わらず、p120”自分たちが伝統的にもっていた、いわざ「自然過程」を通じて培われてきた、封建的ではあるが贈与・互酬的な会社システムを、外からもち込んだ人工的なものでそっくり入れ換えようとしても、うまくいくわけがありません”と、日本独自の社会性が”「消費」をやめる”社会の成立要件であると記述している点。

 ある社会変遷が、その国独自の要件に依存しているのか、それとも国を問わず普遍的なものなのかは、混乱してはならない点だと思います。本著はあたかも「日本であれば消費社会を脱することができる」と主張しているように読めますが、消費社会を脱することの必要性や利点の主張はありますが、なぜ「日本だけが」消費社会を脱することができるのか、その根拠が十分に説明できているとは思えません。
 全体的には、お金に困り、医療費や年金と言った社会保障にも不安を抱く高齢者が、安心してこれからの老後を生き抜くために、なるべくお金のかからない世の中にしたい、それはすなわちいろんな人から「無償」で助けを得られる世の中にしたい、という願望と、p228「おカネは必要ですが、おカネを持っている人はどこからか見つけてくればいい。とくに期待したいのが団塊の世代」にあるように、どこかからスポンサー(パトロン)を見つけて、金持ちからお金を融通してもらえばいい、という処世術を綯交ぜにしたような内容だと思います。

 率直に言って読む必要はあまりないかと思います。団塊世代が何を考えているかを知るには好著で、ぱらぱらと斜め読みして2時間ほどで事足ります。

続きを読む "『「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ』平川克美"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年11月 »