« 『それでも猫は出かけていく』/ハルノ宵子 | トップページ | 『まいにち見るのに意外と知らないIT企業が儲かるしくみ』/藤原実 »

2014/11/15

『ほんとうの花を見せにきた』/桜庭一樹

4163901272 ほんとうの花を見せにきた
桜庭 一樹
文藝春秋  2014-09-26

by G-Tools

この1,2年、深み・読み応えのある小説とはどんな形態だろう?という疑問が頭の中にずっとあって、それは『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を読んだあたりから。外国の近代名著も長年並行して読んできたけれど、分量が膨大というのと、書かれた時代のバックボーンやそもそも文体・言い回し・修辞が直感的に分からないことも多いというので、なかなか読み進められないということが増え、読書の時間があまり取れない中、それでも読書を続けたいという気持ちを整理して考えると、現代は過去に比べると読書、とりわけ小説にかけられる時間が少なくなっているのは紛れもない事実で、現代でもバブル前後のように、これでもかという具体的な比喩・固有名詞の多様でリアリティを醸したり、ト書き満載で情報過多で世界観を表現したりする形態は、読書好きの支持を得にくくなってくるんじゃないかなと思っていました。それがどんなに豊饒な作品でも、500ページもあるとちょっと腰が引けるというか。それを読ませられるのはそれこそ村上春樹くらいの一握りのビッグネームだけじゃないかと。そのビッグネームがあんなに読みやすい『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を出し、立て続けに『女のいない男たち』を出した。私は「5分でわかる名作古典」的なダイジェストや、何でもかんでも時短する傾向は性に合わないのですが、分量による深みというのは小説に取ってはだんだん主流でなくなっていく形態じゃないかなと感じていました。

だからと言って、音楽のように、ストリーミングとか定額聞き放題とか、あれはあれで悪いことではないんですけど(そしてamazonがとうとう書籍でも始めましたけど)、ああいった「単位を細分化して回転で稼ぐ」という方向ではなく、小説の「深み」を出すための十分な時間がかけられた作品をこれからも読みたいと思っていたとき、日経の書評で知ったのが本作でした。

「読了にかかる時間を現代の許容範囲に収めつつ、十分に練られた深さを味わえる」形態として、本作のような「寓話」形態が最有力と思えました。本作は、中国古来のおばけ「バンブー」に関して事細かく描写を重ねてリアリティを生み出すということは全然なされてないけれど、バンブーの住む物語を受け入れて読んでいける。僕が今まで読んできた現代の「寓話」作品は、一言で言ってしまうとあくどくて単純で「子供向け」の設定で読ませることで純粋さを無理矢理受け入れさせようとするものばかりだったけれど、本作はそういったあくどさは感じません。泣けると思います。

それにしても、小説は時間との兼ね合いで分量の模索が続く中、時短の主役だったITはコンテキストにフォーカスが当たるなんてなんて皮肉、と思いましたが、小説は分量を模索しているだけであってコンテキストを更に深くしているのだと思いました。ITはいつまでたっても文学には追いつけないでしょう。

  
p93「つまりさ、誰にだってさ、子供のころには仲良しのオバケの一匹や二匹、いるもんだ。人間なら。だけど、みんな忘れて大人になる。たまに、歳をとったときにまた思いだしてくれる律儀なやつもいるかもしれないけどさぁ。たいがいは忘れたまま、忙しく燃え盛って生きてくもんだろうよ。それが・・・」「火?」

|

« 『それでも猫は出かけていく』/ハルノ宵子 | トップページ | 『まいにち見るのに意外と知らないIT企業が儲かるしくみ』/藤原実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/60655682

この記事へのトラックバック一覧です: 『ほんとうの花を見せにきた』/桜庭一樹:

« 『それでも猫は出かけていく』/ハルノ宵子 | トップページ | 『まいにち見るのに意外と知らないIT企業が儲かるしくみ』/藤原実 »