« 『つながりっぱなしの日常を生きる: ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの』/ダナ・ボイド | トップページ | 『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。』/カレン・フェラン »

2015/02/07

『仕事をつくる全技術~トップ営業はこうして「稼げる案件」を生み出している』/大塚寿

仕事をつくる全技術~トップ営業はこうして「稼げる案件」を生み出している~
仕事をつくる全技術~トップ営業はこうして「稼げる案件」を生み出している~ 大塚 寿

大和書房  2014-09-14
売り上げランキング : 130437


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 本著と『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です』は、確か別々の時期に何かの書評で知って興味を持って府立図書館に予約をしたところが結構待って二冊同時に順番が回ってきた。この2冊を同時に今読めたのは幸運でした。この2冊は突飛なところのない、非常にオーソドックスな仕事に対するスタンスを、丁寧かつ具体的なアクションリストに落とし込んで説明されているので、自分が如何に基本を蔑ろにしているかを反省したし、「ビジネスを生み出す」という大きそうに見えるチャレンジも実は基本の積み重ねによって生まれるものだということを理解できたし、常々自分が思っていることの裏付けを得れたので自信にもつながった。

 特に本著で言うと、”p229「組織には「TAKE&TAKE」な人を上にはいかせない自浄作用というガラスの天井がある」”と述べられる章があり、これは事実でもありある種前時代までは事実だったという幻想ということもできると思う。ただ、こういう認識を社会全体で持つことが、社会をよりよくしていくための土壌だと思う。そういう意味でも、たくさんの人に読まれたらいいなと思った一冊。

p40「「いい仕事と悪い仕事」の見分け方

ーp41「「前例主義」の立場に立つこと」
p49「江戸しぐさ」
p53「「いつもここにいる」というように密着度を高めることができれば、受信感度を研ぎ澄ますのと同じ効果になる」
p66「テーマや方法を極論へと飛躍させてしまうのも思考停止の原因となりますから、細かく刻んで小さな修正を施すのがコツ」「修正主義」
p89「その武器について「絶対的強み」を求めないこと。競合よりほんの少し優っていればそれでいいという「相対感」で発想してみてください」
p101「感情移入」「①相手の大切にしている考え方②相手の人間性③相手の立場④相手の困っていること⑤相手の経歴⑥相手の表情」「感情移入ではなく、自己暗示
p106「「ドリル」ではなく「穴」に詳しくなれ」
p129「あたなを欲しがる「3%」を見極めろ」
p134「直面する現実、組織権力、理性的判断、感情・感覚の4面」
p165「マジカルナンバー3」
p172「日本語というのは、世界でもっとも文脈に依存しているハイコンテクストな言語」
p229「組織には「TAKE&TAKE」な人を上にはいかせない自浄作用というガラスの天井がある」
p232「たくさんの企業を立ち上げたオーナー社長から、「他人に乞われて出資した事業で立ち上がったものはひとつもない」
p243「自己紹介」「①出身地②社内での職務経歴③最近の関心事④好きなことや好きなもの⑤結婚や、子どもの誕生、体重の増加、視力の低下など直近の変化」

|

« 『つながりっぱなしの日常を生きる: ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの』/ダナ・ボイド | トップページ | 『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。』/カレン・フェラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/61032716

この記事へのトラックバック一覧です: 『仕事をつくる全技術~トップ営業はこうして「稼げる案件」を生み出している』/大塚寿:

« 『つながりっぱなしの日常を生きる: ソーシャルメディアが若者にもたらしたもの』/ダナ・ボイド | トップページ | 『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。』/カレン・フェラン »