« 『ロジ・コミックス ラッセルとめぐる論理哲学入門』/アポストロス・ドクシアディス,クリストス・パパディミトリウ,アレコス・パパダトス,アニー・ディ・ドンナ | トップページ | 『HHhH(プラハ、1942年)』/ローラン・ビネ »

2015/09/24

『職業としての小説家』/村上春樹

4884184432 職業としての小説家 (Switch library)
村上春樹
スイッチパブリッシング  2015-09-10


by G-Tools

紀伊国屋が買い占めたことで話題になった本著。私は迷わずamazonで買いました。発売日翌日には手元にありました。

タイトル通り、著者が「職業として」小説家をどのように遂行しているかをかなり詳細に記述してくれています。通常、ある職業の人が自分の職業について解説すると、とりわけ小説家が解説すると、それ以降の仕事の内容が、小説家で言うと小説の言葉が「痩せる」ように何とはなしに思っているのですが、著者に関して言うとそれはないように思いました。何故かというと、そういう危険性について言及していて、すでに予測した上で思考されているからです。

「職業としての」小説家という切り口で一番印象に残ったのは、「ダイナミックな経験がなくても小説は書ける」というくだりです。これが日本だけのことなのか、世界的にもそうなのかわからないけれど(きっと世界的にもそうなのだと思う、ヘミングウェイの例を引いていたから)、無頼派という言葉もあるように、小説家は何か世間の常識から外れたような生活をしていなければいけないという思い込みがあるように思います。もう少し言うと、そういう時代があったようです。これは小説家だけじゃなくて、プロ野球選手なんかでもそういう類の武勇伝が語られることが多々ありますし(前の晩朝まで深酒してても翌日ホームランを打ったとかそういう類)、そういうスタイルがそれなりの結果を出すことができる特殊な職業と社会状況だった時代があったということなんでしょう。

いや、スポーツ選手や芸術家だけでなく、実はサラリーマンもそうなのかも知れません。私が就職してサラリーマンを始めた1995年でも、まだそういう「豪放」な文化というのは残っていた気がしますし、私にもなんとなくそういうものを楽し気というか、心を浮つかせるものに感じる気風はかすかに残されています。けれども、成果を出すスタンスとしてのそれは今や主流ではなくなりつつあります。そういう意味では、現代は真摯に追及することが成果に結びつけられる時代に近づいているのかも知れません。

その一方で、オレオレ詐欺のような、労力の割りに見返りの大きい不正や、不正でなくとも簡単に高収入を得られるような誘い文句の乱舞ぶりはより酷いものになっているように思います。そういった、破壊力の大きい暴力によって、真摯さが壊されることが現代の最大の脅威ではないかと思います。それに対しても、著者は答えを二つ提示してくれていると私は思ってます。

p157「「時間によって勝ち得たものは、時間が証明してくれるはずだ」と信じているからです」

p212「「効率」という、短絡した危険な価値観に対抗できる、自由な思考と発想の軸を、個人の中に打ち立てなくてはなりません。そしてその軸を、共同体=コミュニティーへと伸ばしていかなくてはなりません

この二点。時間をどのように使っていくのか。どのようにペースを刻むのか。この点をしっかり意識して感が続けたいと思います。

p20「往々にして物語というスローペースなヴィークルに、うまく身体性を合わせていくことができないのです。だから往々にして、テキストの物語のペースを自分のペースにいったん翻訳し、その翻訳されたテキストに沿って論を興していくことになります」

p46「アゴタ・クリストフという作家」「フランス語で小説」「外国語で書く効果の面白さ」
p97「「今はまだまく書けないけれど、先になって実力がついてきたら、本当はこういう小説が書きたいんだ」という、あるべき姿」
p113「だいたいにおいて今の世の中は、あまりにも早急に「白か黒か」という判断を求めすぎているのではないでしょうか?」
p117「ジェームス・ジョイスは「イマジネーションとは記憶のことだ」
p127「そういうダイナミックな経験を持たない人でも小説は書けるんだということを僕は個人的に言いたいだけです」
p135「戦艦から巡洋艦、駆逐艦、潜水艦まで、各種艦船がだいたい取り揃えてあるわけです(もちろん攻撃的意図は僕の小説にはありませんが)。
p147「「けちをつけられた部分があれば、何はともあれ書き直そうぜ」」
p151「作家の本能や直感は、論理性の中からではなく、決意の中からより有効に引き出されます
p157「「時間によって勝ち得たものは、時間が証明してくれるはずだ」と信じているからです」
p167「アメリカの禁酒団体の標語に「One day at a time」というのがあります」「リズムを乱さないように、巡り来る日を一日ずつ着実にたぐり寄せ、後ろに送っていくしかない
p170「体力維持のためのコンスタントな人為的努力」
p200「団体丸ごと目的地まで導かれる「羊的人格」をつくることを目的としているようにさえ見えました」
p202「2011年3月の、福島の原子力発電所事故ですが、その報道を追っていると、「これは根本的には、日本の社会システムそのものによってもたらされた必然的災害(人災)なんじゃないか」という暗澹とした思いにとらわれる」
p212「「効率」という、短絡した危険な価値観に対抗できる、自由な思考と発想の軸を、個人の中に打ち立てなくてはなりません。そしてその軸を、共同体=コミュニティーへと伸ばしていかなくてはなりません
p220「「あなたの各小説には悪い人が出てきませんね」(カート・ヴォガネット・ジュニアも)」
p248「後戻りできないように「橋を焼いた」」
p253「リック・ネルソン」「『ガーデン・パーティー』」「もし全員を楽しませられないのなら 自分で楽しむしかないじゃないか」
p260「細かい個別の出し入れはありますが、そういうものをすべて差し引きして均してみると、最終的には落ち着くべきところにきちんと落ち着いている
p272「サリンジャーの『ズーイ』でさえ、全員一致の判断で却下されました」
p281「僕は決して負けず嫌いな性格ではありませんが、納得のいかないことは納得がいくまでとことん確かめてみたいと思うところはあります」

|

« 『ロジ・コミックス ラッセルとめぐる論理哲学入門』/アポストロス・ドクシアディス,クリストス・パパディミトリウ,アレコス・パパダトス,アニー・ディ・ドンナ | トップページ | 『HHhH(プラハ、1942年)』/ローラン・ビネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/62342658

この記事へのトラックバック一覧です: 『職業としての小説家』/村上春樹:

« 『ロジ・コミックス ラッセルとめぐる論理哲学入門』/アポストロス・ドクシアディス,クリストス・パパディミトリウ,アレコス・パパダトス,アニー・ディ・ドンナ | トップページ | 『HHhH(プラハ、1942年)』/ローラン・ビネ »