« 『ふなふな船橋』/吉本ばなな | トップページ | 『日本会議の研究』/菅野完 »

2016/04/03

『物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活』/編=John Baichtal・訳=野中モモ

487311747X 物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活 (Make:Japan Books)
John Baichtal
オライリージャパン  2015-12-26

by G-Tools

「メイカームーブメント」がどういうことなのか、を正確に教えてくれる良書でした。世間のニュース等だけに触れていると、どうしても3Dプリンタのキャズム越えと「誰もが製造者になれるユートピアがやってくる!」的なイメージをメイカームーブメントに持ってしまうのですが、単純に考えて誰もが製造者になったら誰も消費者にならない訳だし、雇用の概念が消失するし、それって全然ユートピアじゃないよ、だからそんな世の中来ないんじゃない?という疑問を持って本著を読むのは非常に有意義でした。

本著が教えてくれたのは、先駆者である「メイカー」は、至って一般的な、現在存在する企業の経営と同じ考え方で活動していて、現在のメイカームーブメントの本質は、それが非常にクイックに小規模で継続できるようになった、というところ。それは中国などアジアが負うところが大きくて、必要なパーツを、個人事業として必要なロット数でクイックに入手することもできるし、事業がスケールしてさらに大量なロットが必要になったときに、その規模に対応できるサプライヤからこれまたクイックに調達することもできる環境になった。これはとりもなおさずインターネットの効用。こういった動き方は日本の場合、中小製造業はかねてから得意だったと思う。逆にそういう動きについていけないいわゆる大企業もあったと思う。だから、ある意味では日本ではすでにメイカームーブメントは高度成長期にあったとも言える。現代は企業が難しい社会環境になっているので、日本ではメイカームーブメントが大きくなりにくいのかも。

そのあたりも、DMM.make等のインタビューレポートで、日本の事情も抑えているところ、本当に読み甲斐のある一冊です。

p16「病んだ社会に適応した健康などというものは存在しない」(クリシュナムルティ)
p21「交換は贈与の次に来るもので、それは知人との取引に用いられます。金銭はまったく知らない人を相手にする場合に取っておくべきであり、それは関係の欠如を示すもの」
p23「労働と余暇を結びつけました。良い労働は余暇であるー味方によれば」「世界がまるごと売り物になっている時、ものの作り手となることは革命的な行為である」
メイキング・イット
p55「ひとが不満を口にするのは聞きたくない。自分がそんな風になるのは絶対にいやだ」
制約の力
p88「僕はもともとつつましい人間だから、より少ないものでなんとかするのが好き」
ザック・スミス
p138「1万人のためにうまく働くものをつくるのは、それよりずっと困難な作業だ」
クリス・”アキバ”・ワン
p175「東京のなにが問題かというと、アーティストやデザイナーがたくさんいるところ」
p182「僕の知っている人のほとんど全員、特にオープンソース・ハードウェア界隈の人たちは、コンサルティング、ワークショップ、その他いろいろな仕事のへんてこな混ぜ合わせみたいなことをやっている
作ることはあなたが思っている以上に大きな力がある
p191「アーツ・アンド・クラフツ運動」
サプライチェーンは人間だ
p204「僕はアメリカ中西部の保護された領域で育ち、いつも商品に決まった値札が張られている店で買い物をしていました」
生活のためだけの仕事を辞めよう
p214「これまで様々な業種および役職で働いてきましたが、ここ合衆国では、1週間以上の休暇を反発を浴びることなく取るのは、どうやら当たり前ではないようです」
山田斉
p254「DMM.makeのシェアスペース」
石渡昌太
p275「ただこの年齢層はクレジットカードを持っていないし、オンラインで物を買うということをしません」
湯前裕介
p293「私はいわゆるスタートアップのクラウドファンディンぐがあまり好きじゃない」

|

« 『ふなふな船橋』/吉本ばなな | トップページ | 『日本会議の研究』/菅野完 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/63148620

この記事へのトラックバック一覧です: 『物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活』/編=John Baichtal・訳=野中モモ:

« 『ふなふな船橋』/吉本ばなな | トップページ | 『日本会議の研究』/菅野完 »