« 『物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活』/編=John Baichtal・訳=野中モモ | トップページ | 『外資系経営人材開発コンサルが教える 役員になる課長の仕事力 グローバル時代に備える思考術・行動術』/綱島 邦夫 »

2016/07/21

『日本会議の研究』/菅野完

4594074766 日本会議の研究 (扶桑社新書)
菅野 完
扶桑社  2016-04-30

by G-Tools

 一番判らないのは、日本会議はなぜ天皇統治を実現する憲法改正を掲げないのか、ということだった。彼らの情熱が、(あるのかないのか判らない)「古来伝統の日本」の復活を目指すというなら、その姿は天皇による統治でしかないと思う。それもちょっとよく考えてみると、実際に天皇が政治を行っていたのって何時代までだっけ・・・?となるのだけど、それでも「古来伝統の日本」と言い、神道の世界観を持ち出すなら、やはりその「古来伝統の日本」の姿は天皇による統治国家で間違っていないと思う。

 だけど、日本会議が執心しているのは優先度から順に、緊急事態条項の追加、家族条項の追加、自衛隊の国軍化となっていて、基本的人権の制限等々重大な問題があるにせよ、天皇主権は見当たらない。つまり、「古来伝統の日本」とか神道とかを担ぎ出すけれども、目指したいのは天皇の権威だけを利用した明治の統治体系であり、大日本帝国憲法の復活で、彼らが目指しているのは「古来伝統の日本の復元」でも何でもなく、大日本帝国憲法の復活による独裁政権体制なのだ。

 安東巌のように、「谷口雅治先生はこう言っている・・・」と他人の権威を間接話法で利用するスタンスは、直接自分の言葉で語らないその理由を考えるとわかるように、必ず悪意を伴っている。自分の言葉で語らないのは、責任を負いたくないからであり、自分の言葉では他人を動かすことのできない卑小な言葉しか持ち合わせないからだ。摂関政治から始まる、天皇の威を利用する政治のように、誰かの言葉を利用するスタンスは悪意に満ちている。正面切って行動できない目的を達成するために他人の権威を借りるのだ。だから日本会議も、天皇を元首に留めて、天皇を主権とせず「権威を利用できる対象」に留めて独裁体制を実現したいのだ。第一、他人の言葉の借用は、その解釈はどうにでもできるから絶対に単純肯定してはいけないものなのだ。ちょうど、日本会議の支援を受けている現内閣が解釈改憲という手段を実際に行使したじゃないか。

 しかし、安東巌しかり伊藤哲夫しかり百地章しかり椛島有三しかり、家族家族というけれど自分たちは家族をどれだけ大切にしているのだろう。そもそも、天皇主権なのかどうなのかに考えが及んだけれど、彼らの改憲への情熱はそんな高尚なものではなくて、学生運動の時代に日陰を歩んだ怨恨、日本国憲法が定める自由を謳歌できなかった、いわばイケてるグループに入り込めなかったイケてない連中が、その悔しさやるせなさを晴らしたくて、自分たちが慣れ親しんでいてシンパシーを感じる大日本帝国憲法を復活させたい、と思っているだけだと思う。

p30「日本会議に集まる宗教団体の活動実態」「国柱会、倫理研究所、神社本庁、IIC霊友会、佛所護念会教団、年法真教、崇教真光寺」

p41「数々の保守系団体が長年かけても成功しなかった元号法制化を、「日本を守る会」がわずか数年で達成した」「発起人は鎌倉円覚寺貫長朝比奈宗源」
p52「村上正邦は「参院の法王」と呼ばれるまでに登りつめていた」「日本を守る会」「日本を守る国民会議」
p73「あくまでも「宗教としての国家護持」にこだわる神社本庁と靖国神社の姿勢」
p88「昭和40年代から用意されていた「反憲」のシナリオ」
p94「「夫婦別姓に反対し家族の絆を守る国民大会」には、全国から5000人を超す参加者」「亀井静香、平沼赳夫、下村博文、衛藤晟一と、いつもの顔ぶれ」
p117「2015年6月25日」「文化芸術懇話会」「百田直樹」「長尾敬」
p119「木原稔」「熊本一区」
p134「緊急事態条項」「家族」「櫻井よしこ」
p140「オープンかつ徹底した議論が求められる国政に関する問題で、特定の特殊な思想を報じる決して可視化されない人々が、その正体を明かさず国政の一大事に口出ししようとしている」
p151「確かに岡潔は情念の大切さを説いていますが、あの人はまずちゃんとした数学者としての思想があるから情念だって言える」
p167「伊藤哲夫ー安倍政権の生みの親」
p177「伊藤および日本政策研究センターは、「いずれ訪れるであろう『昭和最後の日』とそれに伴い必然的に発生する皇位継承のあり方に問題意識を持つようになった」「(皇位継承を)伝統の神道的儀式そのままに維持できるかどうかは、まさにこの日本国家の基本的なありように関わる本質的な問題」
p185「「明治憲法復元」こそが彼らの目標である」
p196「「生長の家」はその政治運動の絶頂期に突如「生長の家政治連合」ならびに「生長の家政治連合地方議員連盟」の活動を停止する。そのタイミングがまさに、1984年の前年1983年10月」
p201「長尾一絋」「百地章」「西修」
p224「『月間生長の家』は1000号を迎えたが、「彼ら」はその節目を寿がない。明らかに82年の生長の家の歴史を否定している」「中島」
p225「『生長の家』原理主義者」
p234「右傾化路線の淵源に立つ男」
p241「『九州学協”嵐の69年”その戦いの記録』」「執行部委員長=椛島有三、副委員長=衛藤晟一」
p243「安東巌」

|

« 『物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活』/編=John Baichtal・訳=野中モモ | トップページ | 『外資系経営人材開発コンサルが教える 役員になる課長の仕事力 グローバル時代に備える思考術・行動術』/綱島 邦夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/63943716

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本会議の研究』/菅野完:

« 『物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活』/編=John Baichtal・訳=野中モモ | トップページ | 『外資系経営人材開発コンサルが教える 役員になる課長の仕事力 グローバル時代に備える思考術・行動術』/綱島 邦夫 »