« 『テロルの真犯人』/加藤紘一 | トップページ | 『<インターネット>の次に来るものー未来を決める12の法則』/ケヴィン・ケリー »

2017/01/09

『YKK秘録』/山崎拓

4062202123 YKK秘録
山崎 拓
講談社  2016-07-20


by G-Tools
  • 1991年の政治改革関連法案、永田町を少しでもクリアにしようと政治家自らが議論している、とまでは思っていなかったが嫌々ながらも何か行動はするものなのだと理解していたが、「政治改革」という題目ですら国民のほうは全く見ていなかったんだなあと慨嘆する。
  • 何かあればしょっちゅう氏家齊一郎と渡辺恒雄と会っていて、政治家ってそんなもんなんだと薄々そう思ってはいることだけどこうもおおっぴらに書かれるとなんというか呆れることもできない。安倍政権が会食で云々と言われているが、その是非と程度がこれまでと比べてどうなのかわからないけれど、あそこまで表沙汰にされる分今までよりましなんじゃないかと思ってしまうくらい。
  • とにかくこれだけ会食してればそりゃカネもかかるだろう。これくらいのカネは当然と思っているところがやっぱり麻痺している。とにかく日本は内緒話をしないと進まないプロセスが多過ぎるのだと思う。山崎拓も結局はボンボンなのだ。
  • 『日本会議の研究』を読んでなければ、村上正邦って誰だろう?と思っていた。
  • 中曽根の「われわれの世代は戦争経験を持っている。国家が体中に入っている。だから責任感がある」という言葉に打ち勝てなければならない。
  • 1997年から、米国は日本の集団的自衛権行使実現に向けて行動していたということ。
  • ベーカー国務大使が山崎拓の選挙敗北を予想できた理由と予想しなければいけなかった理由。

p20「清和会の森喜朗・小泉純一郎」

p20「宏池会の加藤紘一・瓦力・池田行彦」
p20「三木派の坂本三十次・近藤鉄雄」
p20「旧中曽根派の唐澤俊二郎・野田毅・山崎拓」
p20「経世会(田中派)の羽田孜・梶山清六」
p29「伊藤正義、藤尾正行、奥野誠亮の3人は当選同期」
p36「1991年」
p36「政治改革関連法案(小選挙区制導入)」「海部俊樹内閣」「自民党総務会で」「YKKが猛反対」・・・国民など見てない
p90「1994年」
p90「細川」「日本新党は未熟な若手ばかりで運営に手こずっている。面倒くさくなったから拓さんに引き渡す。君が党首になってくれ」
p91「参議院の山本富雄幹事長、村上正邦国会対策委員会委員長」
p107「衆議院本会議」「村山富市首相が答弁で「自衛隊合憲」「日米安保堅持」を明言」
p134「1995年」
p135「宗教法人法改正案」「村上正邦参議院自民党幹事長が宗教界出身なので難物」
p138「エアコンで院内の温度を上げ下げすることで、赤じゅうたんに寄生するダニを跳梁跋扈させ」
p140「小泉が常に言っていたのは、「日本の金融システムは非常に歪んでいる。郵貯が優遇され過ぎている。郵貯のカネは財政投融資を通じて公共事業に流れている。公共事業を仕切っているのは経世会だ。つまり、政官財癒着の根源は郵貯」
p152「1997年」
p152「米側は、日本が憲法解釈上禁じている集団的自衛権行使を可能にすべく、日本が解釈改憲を行うよう着々と手を打ってきている
p166「1998年」
p166「8月26日19時、「金龍」にて氏家齊一郎氏、坪井栄孝氏、村上正邦との会合」「中曽根康弘の腹心である村上・・・メディアを使うのは当たり前のこと/これだけ飲み食いすればそりゃカネもかかる
p178「玄洋社の血脈」「インドネシアとベトナムの議員連盟」・・財閥とは言わないまで
p179「政界最後のフィクサーといも言われた福本邦雄氏」
p199「加藤は焦りのあまり、小泉の術中にハマる」
p206「2000年」
p206「YKKは友情と打算の二重奏だ」
p213「2001年」
p213「アーミテージレポート」
p214「中曽根康弘」「われわれの世代は戦争経験を持っている。国家が体中に入っている。だから責任感がある
p221「『憲法改正』(生産性出版)」
p227「渡辺恒雄」「明日決行なら、今から編集局長と政治部長を呼んで、社説で支持声明を出すよう指示する」
p239「2002年」
p239「いわゆる中東の問題の発端は、第二次世界大戦後、キリスト教・イスラム教・ユダヤ教の三大宗教の聖地をエルサレムを首都としてユダヤ人国家イスラエルが建国され、そこにいたパレスチナ人が追放されたこと」
p253「山里会」「いってみれば、ナベツネさんが彼らの飯のタネの面倒を見続けているわけだ
p277「2004年」
p277「読売新聞の渡辺恒雄氏が突然、倒閣宣言を行った」
p307「パターソン氏から、まずベーカー米国大使が貴殿の選挙のことをたいへん心配している旨の伝言があった」
p311「森さんから、清和会から幹事長を出すべきだと言われ、別の人を推されたが安倍君を起用して選挙の顔にしたい

|

« 『テロルの真犯人』/加藤紘一 | トップページ | 『<インターネット>の次に来るものー未来を決める12の法則』/ケヴィン・ケリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/64740003

この記事へのトラックバック一覧です: 『YKK秘録』/山崎拓:

« 『テロルの真犯人』/加藤紘一 | トップページ | 『<インターネット>の次に来るものー未来を決める12の法則』/ケヴィン・ケリー »