« 『YKK秘録』/山崎拓 | トップページ | 『ホワット・ア・うーまんめいど ある映像作家の自伝』/出光真子 »

2017/02/04

『<インターネット>の次に来るものー未来を決める12の法則』/ケヴィン・ケリー

4140817046 〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則
ケヴィン・ケリー 服部 桂
NHK出版  2016-07-23


by G-Tools
  • 一番印象に残ったのは"FILTERING"。少し他の章と混同しているかもしれないけれど、情報は複製容易ということもあり今以上にどんどん流れるようになり、もはやストック仕切れないものとなり、今眼前に現れた情報だけが知覚の対象となるようになる。そうなると、何を選ぶかというより何を選ばないか(FILTER)が重要となり、そのフィルタが個人の個性そのものとして認識されるようになるだろう、という説。
  • ACCESSINGは、デジタル・トランスフォーメーションと業界で言われていることの具体的な理解ができるようになったと思う。
  • 情報が圧倒的な量になりその希少性がなくなったとき、価値があがるのが人間が注意を払っているという情報。
  • 答えの質量ともに飽和した世界では、質問の仕方ーQuestioningが最大のちからを持つ。

BECOMING

p20「居心地が悪くない世界はユートピアだ。しかしその世界は停滞している」
p28「第二の文明として興隆しつつあるネットに、お金の流れを禁止するのはばかげた話」
p33「2000年代の頭に休に5000万ものブログが、毎秒2つのペースで立ち上がるのを目撃したのは大きな衝撃」「2015年にはユーチューブに毎分6万5000本、300時間分」
p35「一般にネットがどれだけ受け入れられているかを知るには、アーミッシュがどの程度受け入れているかを知るのが最も良い」
COGNIGYING
p52「ペイジの返事はいまでも忘れられない。「僕らが本当に作っているのは、AIなんだよ」」
FLOWING
p88「その本が置かれているのは買っていない他の本と同じ場所(つまりクラウド中)であって、その違いはお金を払った棚か払っていない棚かということだけ」「これから30秒以内に読み始めるつもりの本以外は購入しない」
p92「誰か他人の信用を複製することなどできない。信用は時間をかけて得るものなのだ」「それを「ブランディング」と呼ぶ」
SCREENING
p129「3億1000万冊の本、14億の記事やエッセイ、1億8000万の曲、3兆5000億のイメージ、33万本の映画作品、10億時間の動画やテレビ番組や短編英映画、60兆の公開されたウェブページ」「50ペタバイト」「現在では・・・あなたの家の寝室に収まってしまう」
p137「スクリーンの世界では、間違った情報やそれを訂正する情報が電子の速度で行き交うので、プロパガンダはあまり効果がない」
ACCESSING
p146「(TechCrunch)世界最大のタクシー会社ウーバーは車を1台も持っていない。フェイスブックは世界で最も人気のあるメディアの所有者だが、コンテンツは一つも作っていない。アリババは最も市場価格の高い小売業だが、倉庫は持っていない。エアビーアンドビーは正解最大の宿泊施設提供業者だが、不動産は何も持っていない」
p148「単位GDP当たりに必要な物質の量は過去150年下がり続け、過去20年間に特にその傾向は加速している。1840年にはアメリカのGDPの単位あたりに必要な物質は4キロだった。それが1930年には1キロになった。最近の投入キロ当たりのGDPの価値は、1977年の1.64ドルから2000年には3.58ドルになり、過去23年間で非物質化は倍加した」
p149「シリコンバレーではこれを、「ソフトウェアがすべてを食べつくす」という言い方をする」
p166「改良したり、パーソナライズしたり、シェアされたものを所有できるようにしたりする権利は、次のプラットフォームで考えなければいけない」
p170「車が拡張された足であり、カメラが拡張された目であるなら、クラウドはわわれれの魂を拡張したもの」
SHARING
p190「約65万の人々が50万以上のプロジェクトで働いている」「GMの従業員の3倍」「フェトラ・リナックス9の開発には6万人年がかかったと言われ」
p196「ソーシャル/テクノロジーと共有アプリが全盛になった今こそ、繰り返す意義があるだろうーボトムアップだけでは本当に望むものを手にするには不十分」
p198「2015年に広告主が支払った金額は240億ドルに登る」
p200「共同体の目的は、重要なプロセスについては自立した個人が責任を持ち、案件の優先順位を決めるような難しい決定は、参加者全員によって決めるというシステム」
p207「他の方法では資金調達のできなかったようなプロジェクトに、毎年340億ドルmの資金が集まっている」
p217「自分のアウトプットーをシェアしてきた。つまり、その成功を共有してきた。しかしこの10年ほどで、我々の失敗を共有することで、もっと早く学べてより良い仕事ができることに気づくようになった」
FILTERING
p225「「多くの人がこれを選んでいます」といった提案による売上は、アマゾンでは売上の3分の1を占め、201年にはその効果は300億ドルに上った」
p227「それらを嫌いな人々は、こういうものが好きになれる」
p234「潤沢な世界において、唯一の希少性は人間のアテンションにある」
p235「広告業界ではアテンションの量はCPMつまり表示1000回あたりの料金」「安価な屋外広告は平均3.5ドルで、テレビでは7ドル、雑誌では14ドル、新聞では32.5ドル」
p254「問題は、何を望んでいるのかわれわれが分かっていないことだ。われわれは自分自身をよく分かっていない」「大規模なフィルタリングを使うことで自分が誰であるかが形作られていき、自分自身という人間をパーソナライズしていく」
REMIXING
p260「ユーチューブの動画は、毎月120億回以上も見られている」
INTERACTING
p292「1990年台に私は作曲家のブライアン・イーノと」「コンピューターを使ったときに困るのは、そこには十分アフリカがないことだ」
p299「より多くの感覚」
p303「このゲームの世界はとても大きい。まずざっと一巡するのに平均的なプレーヤーで15時間ほどかかる」
p311「オフラインの他人が本当にリアルな人物なのかを特定するのが難しくなる」
TRACKING
p318「スティーブン・ウルフラムはマセマティカというソフトを作った天才」
p320「医学における以上とは、架空の平均値」
p330「ナラティブ」
p333「各人がエクサバイトまではいかなくとも毎年ペタバイト級の大量のデータを生み出すことになると、どうやってライフログが機能するのか」
p338『キンドルはあなたが電子書籍のどこを読んでいるか、各ページにどれだけ時間をかけているか、どこで止まっているかを記録している」
p341「カリフォルニア大学バークレー校の経済学者二人」「年66%の割合でその総量が増え」
p351「この領域では、ビッグデータを管理するツールでは役不足」「最尤推定(MLE)などの統計学的な予測手法も、最大値を予測すること自体が困難になり破綻してしまう」
p353「2020年までには、毎年540億個のセンサーが製造されるようになるという」
QUESTIONING
p358「ウィキ化された知性の限界はまだ見えていない。それは教科書や音楽や映画を作れるだろうか?」
p358「ウィキペディアの成功によって、社会の力についても評価するようになった」
p368「すべての事実には反事実がある」
p371「つまり、高度に進化した先進社会では、仕事というものがなくなるということではないだろうか?」
p374「コンピューター会社のシスコは、2020年までにネットには何百億ものスクリーンに加えて、500億のデバイスが接続されると予想している」
p380「超スマートな回答がどこにでもある世界においては、完璧な質問こそが求められるようになる」

|

« 『YKK秘録』/山崎拓 | トップページ | 『ホワット・ア・うーまんめいど ある映像作家の自伝』/出光真子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/64851904

この記事へのトラックバック一覧です: 『<インターネット>の次に来るものー未来を決める12の法則』/ケヴィン・ケリー:

« 『YKK秘録』/山崎拓 | トップページ | 『ホワット・ア・うーまんめいど ある映像作家の自伝』/出光真子 »