« 『みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―』/川上未映子 村上春樹 | トップページ | 『フクシマ6年後 消されゆく被害――歪められたチェルノブイリ・データ』/日野行介 尾松亮 »

2017/09/17

『世界を破綻させた経済学者たち:許されざる七つの大罪』/ジェフ マドリック

415209558X 世界を破綻させた経済学者たち:許されざる七つの大罪
ジェフ マドリック Jeff Madrick
早川書房  2015-08-21


by G-Tools

フリードマンによれば、経済モデル - フリードマンの最もよく引用される業績を例に挙げれば、GDP とマネーサプライの関係に関するモデルなど - の土台をなす仮定は、論証される必要もないし、常識にかなうものである必要もない。別の言い方をすれば、マネーサプライがどのような理由でGDPに影響を及ばすかを明らかにする必要はないとされる。 マネーサプライの増減がGDPの変動と緊密に結びついていて、 一方の変動から他方の変動を予測できることを示せれば、それで十分だというのである。

ここが自分にとってずば抜けて大きな課題だった。このフリードマンの言い分は、そっくりそのままビッグデータに当てはまる。古くはデータウェアハウスのマーケティングにも使われた言い分だった。機械学習はパターン-相関関係を見つけ出すだけで因果関係は解説しない。フリードマンはそれでよしとして、世界を破綻させたということになる。機械学習は確かに結果への直線距離だけれど、それで捨象したもののー正確に言うと捨象したものを見つけるために従来行ってきた行為の中にー”間違わないために”必要だった要素がないのだろうか。

|

« 『みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―』/川上未映子 村上春樹 | トップページ | 『フクシマ6年後 消されゆく被害――歪められたチェルノブイリ・データ』/日野行介 尾松亮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/65800654

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界を破綻させた経済学者たち:許されざる七つの大罪』/ジェフ マドリック:

« 『みみずくは黄昏に飛びたつ―川上未映子訊く/村上春樹語る―』/川上未映子 村上春樹 | トップページ | 『フクシマ6年後 消されゆく被害――歪められたチェルノブイリ・データ』/日野行介 尾松亮 »