« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »

2017/10/21

『ユダヤ教(FOR BEGINEERSシリーズ)」/チャーレス スズラックマン

4768401007 ユダヤ教 (FOR BEGINNERSシリーズ)
チャーレス スズラックマン 中道 久純
現代書館  2006-06-01


by G-Tools

数年前からのイスラム教が関わるニュースや、個人的にキリスト教に触れる機会があって、宗教について考える時間が多くなっていた中、ふと「何も知らない」と気づいたのがユダヤ教。そこでFor Beginnersを見つけて読んでみた。

  • 最も印象に残ったのは、柔軟性。「生死に関わる可能性が少しでもあるならば、シャバットの法を犯すことは義務なのです」。この生き延びることを最優先する姿勢がユダヤ教の性格のように映った。安息日があるのも、生命力は無限に放出し続けられないから、一定のサイクルで休息を(強制的に)とる必要があることを理解していたかのよう。同じ”悪”の本性を想定しても、それを極限までの鍛錬で超克するか、別の方法で超克するかという違いが興味深かった。
  • 書き記されたトーラと口伝のトーラ。この教えの運用の仕組みがすごくよくできたものだなと感じた。置かれた時代や状況に応じて、書き記されたトーラに対する解釈としての口伝のトーラを揺り動かしていくところ。
  • ブントの発生起源と衰退のところが今一つ理解できなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/01

『学生を戦地へ送るには 田辺元「悪魔の京大講義」を読む』/佐藤優

4104752134 学生を戦地へ送るには: 田辺元「悪魔の京大講義」を読む
佐藤 優
新潮社  2017-07-31


by G-Tools
  • 明治維新の評価について。どう考えてもテロじゃないか、とか、なぜ尊王で攘夷で、簡単に開国に転向したのか、とか、素朴過ぎると自分自身で思っていた疑問にひとつの明快な解を得ることができた。中途半端だったがブルジョア革命だったという見方。
  • 全体主義と普遍主義の理解。個人をアトム的に見るかどうか。新自由主義は普遍主義と通底している。都市部は新自由主義に簡単に相容れる。新自由主義は格差を必ず生み、絶対貧困は国家の保障を求めるところからファシズムを受け入れる。
  • 沢山の主義・イデオロギーが解説されるが、救いのないのはどの主義・イデオロギーも選んでも未来が見えないと感じたこと。どの主義・イデオロギーも今の日本の政治団体に当てはめられる対象があって、そこでふと思ったのは今回の選挙は正に消去法というか、こういった状況にあっても何かを選ぶということこそが政治に参加するということなのだということ。
  • 忘れずに書くと、田辺元というのは本当に最低最悪の日本人だと思う。安全地帯からモノを言う人間が嫌いだというのは私は学生時代から変わらないし、その感覚に更に自信を持った。
  • 一回くらいじゃ消化できない。もう一度読む。

続きを読む "『学生を戦地へ送るには 田辺元「悪魔の京大講義」を読む』/佐藤優"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年12月 »