« 2018年2月 | トップページ

2018/04/15

『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』/佐宗邦威

B014UR9R3Y 21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由
佐宗邦威
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)  2015-07-22


by G-Tools
  • インプットの段階でビジュアルを集めビジュアルで考えること。メモもビジュアルで取ること。
  • そのインプットをジャンプさせるための方法 - シンセンス、アナロジー。
  • アウトプットは徹底的にシンプルに。
  • 特に注意すべきは、最大公約数を取らないこと。具体的に描くこと。
  • 新規事業開拓ではない業務に従事していると、特にこの「最大公約数を取らない」という点に躊躇いを覚えるが、対面する顧客に特化すると読み替えてみる。
  • How might weの考え方。
  • これまでのスキルは、「どのように自分の考えを相手に受け入れてもらえるようにするか」という視点で考えていた。問題解決スキルはそもそも「問題設定」にある。この気づきが大きい。
  • そのために大量の情報を集める必要があり、そのためにヴィジュアルインプットになる。
  • キャリアデザインまで書かれていたのが徹底している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/01

『9プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために』/伊藤穣一、ジェフ・ハウ

4152096977 9プリンシプルズ:加速する未来で勝ち残るために
伊藤 穰一 ジェフ・ ハウ 山形 浩生
早川書房  2017-07-06

by G-Tools

9つのプリンシプルいずれもインターネットが発展して以来言われ続けてきたもので、そのいずれもその通りだと思う。一方で、プリンシプルとしてはその通りだと思っても、実際に生活している社会では少なくともこのプリンシプルに対する共通認識がないことが多く、もどかしく感じるのも事実。もし、自分がこのプリンシプルを強く信じるのであれば、このプリンシプルに基づいた発言をする際に説得力を持って話せるように訓練しないといけない。

「強さより回復力」。主にセキュリティに関して論が展開されるけれど、ビジネスマンとしての日常生活においても同じことを考えていたところだった。「安全よりリスク」で、なぜ深圳がスマートフォン市場を牛耳れるところまで来たのかが解説されているように、素早く試せる環境では素早く試すに勝るものはない。そして素早く試そうと思えば素早く立ち直れる力が必要になる。計画性が不要にはならないが、スピード感がインターネット黎明期から本当に指数関数的に重要になっている認識が必要で、それに異を唱える向きはすべてスピード感についていけないというより今のままでだらだらと自らの終焉が迎えられればそれでいいと考えているのだと見なさなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ