« 『デジタル資本主義』/森健・日戸裕之・此本臣吾 | トップページ | 『フェイクと憎悪』/永田浩三 »

2018/07/29

『さよなら未来――エディターズ・クロニクル 2010-2017』/若林恵

4000230700 さよなら未来――エディターズ・クロニクル 2010-2017
若林 恵
岩波書店  2018-04-20


by G-Tools

生駒市図書館ではあっさり借りることができ、期限延長して読み込んだ。分厚い本なんだけど最初から最後まで刺激的で興奮する文章ばかりで、要約して感想書いたりまだまだ全然できない。これは買って手元に置いて繰り返し読まないといけないなと思ってるんだけど、書籍で買うか電子書籍で買うか。電子書籍のほうがいつでも読めるのはわかってるんだけどこの本に関しては紙の書籍のほうがよいような気がする。紙の書籍のほうがよく読み返す気がする。なぜだかはうまく説明できないけど。

思いついた順で書くと、IT業界に対する徹底した不信感の記述が、常日頃IT業界に身を置くものとして感じていることと全く同じ。「難民問題をテックで解決するとかいうようなヤツはもう勘弁してくれ」。これが痛烈だった。自社が去年、本当に今更感満載でSXSWでの取り組みを前面に出してて、その去年のSXSWが世の中では徹底的にこき下ろされているというこの置いてきぼり感。それから、カール・クラウス。

固有名詞が苦手なのをカバーするため、固有名詞の箇条書きで:

  • PBS 「Inside Japan's Nuclear Meltdown」
  • ワインバーグ
  • 佐々木浩(分子生物学者)
  • イヴァン・イリイチ(『コンヴィヴィアリティのための道具』)(自立自存)
  • 『フランケンウィニー』
  • ダグラス・ラシュコフ(facebookは・・・)
  • 金井美恵子
  • 加藤陽子(歴史学者)
  • サイモン(震災)
  • アンソニー・コスナー
  • ジャーロン・ラニエ『Who owns The Future』
  • 鶴見俊輔『文章心得帖』
  • 對馬達雄『ヒトラーに抵抗した人々』
  • アドルフ・ライヒヴァイン
  • 椎野秀聰
  • ミートホープ
  • ジョージ・クリントン
  • 岡田美智男『弱いロボット』
  • 熊谷晋一郎
  • コーチェラ
  • 村上陽一郎
  • ファイヤアーベント
  • カール・クラウス
  • E・M・フォースター

|

« 『デジタル資本主義』/森健・日戸裕之・此本臣吾 | トップページ | 『フェイクと憎悪』/永田浩三 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7655/67000268

この記事へのトラックバック一覧です: 『さよなら未来――エディターズ・クロニクル 2010-2017』/若林恵:

« 『デジタル資本主義』/森健・日戸裕之・此本臣吾 | トップページ | 『フェイクと憎悪』/永田浩三 »