« 『官邸官僚』/森功 | トップページ

2019/09/22

『さよならインターネット』/武邑光裕

これまでのGDPR登場に関する経緯を見聞きしたなかで理解していた課題点は、「プライバシーを少数のIT企業に独占させて富を集中させてよいのか」というものだったけれど、本著を読んで一番感じた課題点というのは、「広告がこのままでいいのか」という点だった。ターゲッティングで容易にリーチしたい相手にリーチできるようになった結果、広告自体がいわば”手抜き”になった。広告の内容自体でリーチを飛ばす努力は減り続けていて、これは広告に限らず、あらゆるメッセージの劣化に繋がる。GDPRによって個人データの蒐集に制限がかかるこtで、広告の内容自体でリーチする努力が復活する期待。

もうひとつはハクスリー。これは読まないといけない。


p13
しかし、データと情報には明確な違いがある。アークは数字と事実の集合であり、「デトーク」のラテン語源「dare(ダーレ)」は、「何かが与えられ」、「見るのに適している」という意味を含んでいる。データに構造が与えられ、一貫性のある形で編成、解釈または伝達されると、それが情報に昇華される

p46

グーグル・ブックスのこの一件は、欧州のアカデミアを激怒させた。一仏企業が美人な個人データのみならず、人類の似智を占有しはじめたことにEU(欧州連合)は事の重大さを自覚する

p48
。それは、市場価値4730億ドル(約8兆7000億円)に及ぶグローバルなデジタル広告費を複山する巨大な力だ。


p74
当のエビクロスは「世界は原子で構成されており、一神教が信仰する死後の天国も地獄も、天罰の恐怖などらない」と説き、何にも煩わされない自由(アタラクシア)を「快」とし、唯一の神が人間に作を与え人々を支配するという妄信を否定した

p80
ソーシャルネットワークは、ホモフィリーの力(個人を類似の、同項の他者と紐づける傾向を重視する。フェイスブックは、無数の同類」のグループにフレームワークを挑供する。しかし、それはコミュニティではない

p91
パーセントに影響を与える可能性がある。AIの社会的影響を調査するニューヨーク大学のAI Now Institute は、刑事司法、医療、
福祉、教育を担当する公的機関に対し、決定や判断の根拠を説明できないブラックボックス AIを禁止するよう求めた。デジタル技術によって10億人以上の雇用と1・6兆ドル(約1637兆円)の賃金が排除され、社会的不平等を増大させることは目前に迫っている。

p104
シリコンバレーの大企業に、彼らがAIそのものになる前に、できるだけ多くのデータを克集させ、競争法や独占禁止法を盾にデータ資本の公共財化を推進することである。21世紀のデジタル社会改革の鍵を握る重要な原が、プラットフォーム独占企業によって所右され、データー建主義を加速させるなら、最後の砦は蒐集された個人データの「所有権」

p114
であるエリクソンは、2022年には290億台の接続機器が、10T分野では180億台がネットに接続されると予測している

p124
「遡って2017年1月には、フェイスブックの初期投資家であったロジャー・マクナミーがフェイスブックとグーグルを公衆衛生上の脅成と表現した。ソロスが「革新の障害」と語ったのは、ワールド・ワイド・ウェブの発明者であるティム・バーナーズ = リーの言葉

p130
1.データ主体は、一般的に使用される電子的及び構造的な形式で処理される個人データのコピーをコントローラから入手できる。
2.データ主体が個人データを提供し、その処理が同意または契約に基づいて行われる場合、データ主体によって提供され、かつ自動的な処理によって一般的に使用される電子フォーマットに基づいて保持される個人データは、コントローラからの妨害なしに取り出し、その他の情報システムにおいて使用することができる。
3.欧州委員会は、第1項に規定する電子形式及び第2項に規定する個人情報の伝達のための技術基準、様式及び手順を特定することができる

p138
オンラインで生成された個人データの保管、管理、使用方法をより詳細に制御できる新技術の採集と、アムステルダムとバルセロナでの都市実証実験を含む欧州委員会の資金提供プロジェクトが「分散型市民所有データ・エコシステム」である

p152
さらに興味深いアイデアは、このスマートルールをブロックチェーンのような分散型元快心に細い合わりることでいる

p130
1.データ主体は、一般的に使用される電子的及び構造的な形式で処理される個人データのコピーをコントローラから入手できる。
2.データ主体が個人データを提供し、その処理が同意または契約に基づいて行われる場合、データ主体によって提供され、かつ自動的な処理によって一般的に使用される電子フォーマットに基づいて保持される個人データは、コントローラからの妨害なしに取り出し、その他の情報システムにおいて使用することができる。
3.欧州委員会は、第1項に規定する電子形式及び第2項に規定する個人情報の伝達のための技術基準、様式および手順を特定することができるnb

p148
米国とカナダのフェイスブックユーザーのひとりから得られる平均収益は、16年に8ドルだった。これはフェイスブックの各ユーザーが自分のデータを使って8ドルを稼ぐということではない

p184
物理学ではこれを「三体問題(多体問題)」という。旧約聖書に登場する「バベルの塔」の物語によれば、人類はノアの洪水のあと、シナル
(バビロニア)の地に、瓦で塔を建て、その国を天にまで届かせようとした。神はこれを見て、それまでひとつであった人類の言語を流し、人間が互いに意志疎通できないようにした。この結果、人々は世界各地に離散した。「バベルの落」は文明の背後に落な人間の営~盛優さの象徴となって来た。

p187
「西洋の没落」を、ゲーテの有機的な形態学として予見した。「西洋は高度な文明をつくり、それを世界化するが、その世界化によって西洋は没落する」と断言したのがシュペングラーだった。

p194
ビットネーション(Bitnation)」は、仮想国を作成して参加することを可能にするプロックチェーン・ベースのテクノロジーだ。これにより、人々はスマート契約技術を用いて、管理者または仲介としての政府の必要性を排除し、自分たちの間で自分たちの社会契約


p215
インターネット調査会社イーマーケターAtmos)によると、グーグルの親会社アルファベットは、2017年にトラフィックの費用を差し引いた純アンタル広告の売上高が2億ール(1間)になると見積もった。これは2017年の世界のデジタルル取人りりードル(約3,90円のパーセントにあたる。フェイスブックの岡4の収入は250ドル(約3~8月)で2位、グーグルの大な屋からは400ロールくものがあるが

p224
新しい技術は人間の価値を代替しない」という信条を貫き、メディア・エコロジーの重要性を提起した米国の作家でメディア理論家のニール・ポストマン(1931~2003年)は、オーウェルの監視社会の恐怖より圧倒的に怖いのは、ハクスリーの描いた「愉しい世界」であることを、著書『愉しみながら死んでいく」の中で指摘し

p225
台湾の国立中正人学教授であるメニエー・ビューラー(Daniel J. Buchier

|

« 『官邸官僚』/森功 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『官邸官僚』/森功 | トップページ