« 『2050年のメディア』/下山進 | トップページ | 『外資の流儀 生き残る会社の秘密』/中澤一雄 »

2020/03/28

『原子力時代における哲学』/國分功一郎

2013年にこの講義を受講できた学生の方々は本当に幸運だったと思う。猛烈に羨ましいと言わざるを得ない。そして、2019年9月に発売されているのに、2020年3月に至るまで自分の目に入らなかったことから、昔に比べて如何に書籍に対するアンテナが鈍っているか思い知らされた。10年前なら発売月には必ず知っていたと思う。それだけ、自分が自分の時間を新刊情報や書籍に関する情報に割り当てなくなっているということだと思う。もちろん、SNSの波に流されやすくなっていることもあると思う。

一番はなんと言っても中動態。『中動態の世界』はずっと気になっていて手を出せず、はからずもこちらを先に読むことになったけれど、ここで中動態に出くわしてよかった。短絡的に読むと放下の概念と相まって、日本人的な「そのままでいい」式の概念として理解してしまいそうになるが絶対そうではない。そして、能動態と受動態しかない言語を使っているから、するかされるの対立に落ち込むというのは、言語論的転回以降の哲学の進み方と照らし合わせてよく理解しなければいけない。

原子力に惹かれてしまうのは何故なのか?ということをこういうふうに追い詰めていくのか、というところに目を奪われる。小学生の頃、「原子力の平和的利用」という言葉になんとも言えない疑問を抱いた世代なので、「いけないものをいいことに使う」式の胡散臭いロジックを暴く手始めを教えてもらえた気持ちになった。

p20

それ は こ う い う こ と で す 。 立 命 館 大 学 ( 現 在 は 龍 谷 大 学 ) の 大 島 堅 一 先 生 が 『 原 発 の コ ス ト』と い う 本 を 出 さ れ て い ます 。 大 島 先 生 は 原 発 事 故 の 前 か ら 、 再 生 可 能 エ ネ ル ギ 1 と 原 子 力 発 電につ い て の 研 究 を な さ っ て き た 方 で 、 電 力 会 社 の 貸 借 対 照 表 な ど を 綿 密 に 分 析 し 、 原 発 に は実際 ど の く ら い の コ ス ト がか か っ て い る の か を 、 大 変 な 時 間 を か け て 計 算 さ れ ま し た 。 そ の 結果、 大 島 先 生 は 、 こ れ ま で 喧 伝 さ れ て き た の と は 正 反 対 に 、 原 子 力 発 電 が 少 し も 安 価 で は ないこと 、 高 コ ス ト で あ る こ と を 立 証 さ れ た 。 こ の 本 は 二 〇 一 二 年 の 大 佛 次 郎 論 壇 賞 を 受 賞 し ましたが 、 本 当 に そ れ に 値 す る す ば ら し い 本 で す 。

 

p24

簡単 に 経 歴 を 見 る と 、 一 九 〇 二 年 プ レ ス ラ ウ の 生 ま れ 。 フ ッ サ 1 ル の も と で 哲 学 を 学 ん で います 。 ユ ダ ヤ 人 だ っ た の で 、 ナ チ の 政 権 掌 握 後 、 パ リ に 亡 命 し て い ま す 。 そ こ で 、 し ば ら くの間、 ア レ ン ト と 一 緒 に 暮 ら し て い ま す が 、 間 も な く 二 人 の 関 係 は 破 局 を 迎 え ま す 。 今 回 、 彼につい て 調 べ て み て 初 め て 知 っ た ん で す が 、 パ

リで は コ ジ ェ 1 ヴ の ヘ 1 ゲ ル 講 義 に 出 席 し て い たとの こ と で す 。 こ の コ ジ ェ 1 ヴ の 講 義 は 大 変 に 有 名 な 講 義 で 、 ラ カ ン や バ タ イ ユ な ど 、 後 に大活躍 す る 思 想 家 が 集 ま っ て い た 講 義 で す 。 一 九 三 六 年 に は ア メ リ カ に 亡 命 。 戦 後 は 核 兵 器 に反対 す る 活 動 に 積 極 的 に 参加 し て 、 国 際 的 な 反 核 の 指 導 者 の 一 人 と し て も 知 ら れ る よ う に な り ま

し た 。 一 九 , 五 八 年 に は広 島 に も 来 て い ま す 。 ま た 、 広 島 に 原 爆 を 投 下 し た 爆 撃 機 の 米 軍 パ イロ ッ ト レ 文 , 通 . を し てお り , 、 こ れ は 『 ヒ ロ シ マ わ が 罪 AJ 副 』 い - っ 本 . に も な っ て い ま す

p85

ハイデガーはその思い込み、あるいは思い上がりに横やりを入れているのです。いや、管理し続けなければならないのは管理できていないということだ、と。このことこそが、原子力というエネルギーを制御し得ない人間の無能力を証明している。にもかかわらず、人間はそのことを理解せず、まるでこのエネルギーの主人になったかのように思い込んでいる。

p106

「開 蔵 」 と い う 見 慣 れ な い 言 葉 が 出 て き ま し た 。 こ れ は 「 所 蔵 さ れ てい る も の を 開 く 」 と い う意 味 の 訳 語 と し て 関 口 先 生 が 用 い ら れ て い る 言 葉 で 、 ド イ ツ 語 だ とentbergenと い い ま す 。この 「 開 蔵 entbergen 」

ハイ デ ッ ガ 1 の 議 論 の な か で は 「 真 理 」 な る も の と 重 な っ て いる一 言 葉 で す 。 ギ リ シ ア 試 E で 真 理 の こ と を 「 ア レ 1 テ ィ ア ゴ 06 ミ 」 と 一 言 い ま す 。ハ イ デ ッ ガ 1に よ れ ば 、 ア レ 1 テ ィ アに は 「 何 か 隠 さ れ て い る も の が そ の 覆 い を 取 っ て 現 れ る 」 と い う 意 味が あ る 。 だ か ら ハ イ 1 アッ ガ 1 は 、 真 理 に つ い て 考 、 ん る と き は 、つも ア レ ー ) ア イ ア を 今 に 置

 

p115

この テ ク ネ 1 に 関 し て 、 最 近 知 っ た す ば ら し い 技 術 の 話 が あ る の で 、 み な さ ん に ぜ ひ お 伝 えした い と 思 い ま す 。 徳 島 に 吉 野 川 の 第 十 堰 と 呼 ば れ る 堰 が あ り ま す 。 こ れ は 一 〇 番 目 の 堰 という 意 味 で は な く 、 昔 、 第
十 村 だ っ た と こ ろ に 作 っ て い る か ら 第 十 堰 と い う ん だ そ う で す が 、 簡単に 言 う と ダ ム で す 。 但 し 、 ダ ム と い っ て も 石 を 敷 き 詰 め る 形 で 作 ら れ て い て 、 水 の 流 れ をせき 止 め る の で は な く て 、石 の 間 に 水 を 通 す こ と で こ れ を コ ン ト ロ 1 ル す る 形 に な っ て い る 。 第十 堰 は 二 六 〇 年 前 に 作 られ た も の だ そ う で す が 、 そ の 後 、 何 度 も 修 正 を 加 え ら れ な が ら 、 い まに 至 っ て い ま す 。詳細 は 省 き ま す け れ ど 、 こ の 堰 を 壊 し て コ ン ク リ 1 ト 製 の 巨 大 な 可 動 堰 を 作 る 計 画 が 建 設 省によ っ て 打 ち 出 さ れ た こ と が あ り ま し た 。 全 く も っ て 馬 鹿 げ た 国 の 公 共 工 事 だ っ た ん で す が、

p143

「 博 識 は 分 別 を 教 え る もの で は な い 。も し そ う で あ る な ら 、 ヘシ オ ド ス や ピ タ ゴ ラ ス 、 さ ら に は ク セ ノ フ ア ネ スや ヘ カ タ イ オ ス に も そ れを 授 け た は ず だ か ら 」 。 「 ム ネ サ ル コ ス を 父 と す る ピ タ ゴ ラ ス は 、 す べ て の 人 間 に 抜 き んで て知 識 探 究 に い そ し ん だ 。そ し て 、 そ の た ぐ い の 著 作 の 抜 粋 を お こ な っ て 、 自 分 の も の と し て の 英 知 を こ し ら え た博 識 を 、 詐 術 を 」(DK22B40, DK22m29 / 『 ソ ク ラ テ ス 以 前 哲 学 者 断 片 集 』 、 前 掲 書 、 第 — 分 冊 、 三 一 一 〇 、三 四 八 頁 。

p219

で は 、 こ こ で 問 題 と な って い る 能 動 性 で も 受 動 性 で も な い 、とはどういうことでしょうか。

僕 は い ま 、 中 動 態 と い うも の に 関 心 を 持 っ て 研 究 を し て い ま す 。 中 動 態 と は ギ リ シ ア 語 な ど にあ っ た 動 詞 の 態 で 、 後 の一 一 一 一 口 語 は そ れ を 捨 て 去 っ て 、 能 動 態 と 受 動 態 の 対 立 に 支 配 さ れ る よ う にな っ て し ま い ま し た 。 かっ て 中 動 態 が あ っ た と い う こ と は 、 能 動 態 や 受 動 態 で は 収 ま り き ら ない よ う な 何 か が 、 世 界 や
人 間 の 生 に は 存 在 し て い る と い う こ と で す 。

僕 ら は 能 動 と 受 動 し か 知ら な い 世 界 を 生 き て い る か ら 、 何 事 も 「 す る 」 と 「 さ れ る 」 の 対 立で 捉 え て し ま い ま す 。 ハイ デ ッ ガ 1 は こ の 対 立 の 外 部 を 考 え よ う と し て い る 。 そ れ は 一 見 し たと こ ろ 分 か り に く い も のに 思 え ま す が 、 文 法 の 問 題 と し て 考 え れ ば い )しの で は な い か と 思 う んで す 。 僕 ら が 何 も か も を「 す る 」 と 「 さ れ る 」 の 対 立 で 考 え て し ま う の は 、 結 局 、 能 動 態 と 受動態 し か 知 ら な い 文 法 に 考 え 方 を 支 配 さ れ て い る か ら で は な い か 。 ハ イ デ ッ ガ ー は ギ リ シ ア語

p262

こ の 議 論 は 原 子 力 を 宇 宙的 過 程 と み な し た ア レ ン ト の そ れ に 近 い と 思 い ま す が 、 中 沢 さ ん が参 考 に し て い る の は 、 アン ド レ ・ ヴ ァ ラ ニ ャ ッ ク と い う 人 に よ る エ ネ ル ギ ー 革 命 の 分 類 で す 。ヴァ ラ ニ ャ ッ ク は こ れ ま で の 人 類 の エ ネ ル ギ 1 利 用 を 次 の よ う に 分 類 し て い ま す 。

第一 次 革 命 】 火 の 獲 得 / 第 二 次 革 命 】 農 業 ・ 牧 畜 の 発 達 / 第 三 次 革 命 】 金 属 の 獲 得 / 第 四次 革 命 【 火 薬 の 獲 得 / 第 五 次 革 命 】 蒸 気 機 関 / 第 六 次 革 命 】 電 気 と 石 油 / 第 七 次 革 命 】 原子 力 と コ ン ビ ュ 1 タ 1

p272

笑 っ て し ま う の は 、 交 通が 便 利 に な る か ら 国 境 が な く な り 、 国 際 結 婚 が 増 え て 世 界 は 平 和に な る な ん て 記 事 も あ るこ と で す 。 こ う い う こ と が 本 当 に 新 聞 に 書 い て あ っ た 。 「 原 子 力 の 平和 利 用 」 と い う 一 一 一 一
口 葉 の も と で 、 み ん な が 妄 想 に ふ け っ て い た わ け で す 。

p308

また 、 私 が 現 れ る の だ か ら 、 私 が 見 せ ら れ る と い う こ と で も あ っ て 、 つ ま り フ ァ イ ノ マイは 一 amshown と 翻 訳 で き る 意 味 も も っ こ と に な る 。 中 動 態 は こ の よ う に 、 今 の 言 語 で あ れば、 自 動 詞 、 再 帰 表 現 、 受 動 態 な ど で 表 現 で き る 意 味 の 複 合 体 と し て あ る 。

こ こ で 注 目 す る べ き は 、中 動 態 に お い て 、 現 在 の 言 語 で あ れ ば 自 動 詞 と 受 動 態 に よ っ て 担 われ る 意 味 が 同 居 し て い る と い う 事 態 で あ る 。 両 者 は 似 て い る 。 一 appear も 一 amshown も 同一 の 事 態 を 指 し 示 し て い る か ら で あ る 。 単 に 私 が 現 れ て 人 目 に 触 れ る の で あ る 。 と こ ろ が こ れを 能 動 態 と 受 動 態 と を 対立 さ せ る パ 1 ス ペ ク テ ィ ヴ か ら 眺 め る と ど う な る か ? Iappear と 一当 と い う 姉 妹 表 現 は 明 確に 対 立 さ せ ら れ る こ と に な る 。 と い う の も 、 現 在 の パ ー ス ペク テ ィ ヴ に お い て は 、前者は能動態だが後者は受動態である。

 こ れ は 何 を 意 味 し て い る だ ろ う か ? 能 動 態 と 受 動 態 と を 対 立 さ せ る 現 在 の 言 語 の パ ー ス ペクティブにおいては、同じ 事 態 を 指 し て い る 表 現 、 か っ て の パ ー ス ペ ク テ ィ ヴ で は 区 別 さ れ ること の な か っ た 意 味 が 対 立 さ せ ら れ る と い う こ と で あ る 。 す な わ ち 、 そ の パ ー ス ペ ク テ ィ ヴにおい て は 、 私 が 自 分 で 現 れ る の か (1appea 「 ) 、 そ れ と も 私 は 現 れ る こ と を 強 制 さ れ る の か(lam

p312

言 及 し て い る プ ラ ト ン の 対 話 篇 『 ア ル キ ビ ア デ ス 』 で あ る 。 ソ ク ラ テ ス は そ の 中 で 靴 職 人の例を あ げ て 、 ま さ し く こ の ク レ 1 ス タ イ の 話 を し て い る 029C — 一 30C ) 。 ソ ク ラ テ ス が そこ で擁護 す る テ 1 ゼ と は 、 使 う 者 と 使 わ れ る 物 ー す な わ ち 、 主 体 と 客 体 ー は 別 物 だ と い う も のであ る 。 ソ ク ラ テ ス は 次 の よ う に 言 う 。 靴 職 人 は ナ イ フ を 用 い て 革 を 切 断 す る だ ろ う が 、 その際 、 靴 職 人 と ナ イ フ は 別 物 で あ ろ う 。 つ ま り 使 う 者 と 使 わ れ る 物 は 別 だ 、 と 。 と こ ろ が 、 ソ クラ テ ス は 大 変 興 味 深 い こ と に ー あ る 意 味 で は 自 ら の 議 論 の 限 界 を 示 す か の よ う に ー 次 の よう に 話 を 続 け る の だ 。 靴 職 人 は し か し 、 ナ イ フ だ け で は な く て 、 自 分 の 手 や 目 も 使 う の で は ない か ね

 

 

 

 

 

ク テ ィ ヴ に お い て は 、 前
者 は 能 動 態 だ が 、 後 者 は 受 動 態 だ か ら で あ る 。

 

 

 






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 『2050年のメディア』/下山進 | トップページ | 『外資の流儀 生き残る会社の秘密』/中澤一雄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『2050年のメディア』/下山進 | トップページ | 『外資の流儀 生き残る会社の秘密』/中澤一雄 »