« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020/09/05

『アコーディオン弾きの息子』/ベルナルド・アチャガ

最も鮮烈に、かつ相対的に考えさせられたのがビラだった。「ビラを撒く」という行為がそれだけで警察に追われる時代があったということ。歴史を学ぶなかでそれは日本にもあったことだと知ってはいるものの、イメージ的にはむしろ行為そのものよりも、「悪」なる組織や存在がいて、ビラを撒くという行為でその組織や存在の出現が露見する、と捉えていたが、事はそれだけではなくて、実際に「ビラを撒く」ことで、仲間を増やせる時代があったという実感を持った。僕が生まれ育った感覚では、ビラというのはもはや「ガセネタ」とイコールだったから。スーパーの広告でさえ、価格そのものももしかしたら信じられない、というくらい、「ビラ」というのは軽薄な存在だったから。

そして現代ではこれがfacebookやinstagramやtwitterのデマ拡散と等値なのだろうと思った。風説の流布っていうのはテクノロジーが進化しても絶対になくならない。テクノロジーが進化さえすれば世界は真実の純度が増すというのは幻想。ここは重く掴み取らないといけない。facebookやinstagramやtwitterのフェイクニュースやデマや嘘は、ただインターネットのSNS上で適当なことが言いやすくなって、それで変な政治家が誕生しちゃうね、という受け止め方では浅すぎて、本著の時代のように、命に関わる事案なのだと。

それにしてもバスクについて、スペイン内戦について、本当になんとなくしか知っていなかった。すでに僕が生まれていた頃の出来事なのだ。理念は人を殺す。そして今はとうとう無理念も人を殺すところまで来た。

 

続きを読む "『アコーディオン弾きの息子』/ベルナルド・アチャガ"

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »