2017/04/30

『データサイエンティストの秘密ノート 35の失敗事例と克服法』/高橋威知郎 白石卓也 清水景絵

4797389621 データサイエンティストの秘密ノート 35の失敗事例と克服法
高橋 威知郎 白石 卓也 清水 景絵
SBクリエイティブ  2016-11-12

by G-Tools

「データサイエンティスト」という職種に向けて書かれているけれど、これはほとんど「プリセールス」フェーズにそのまま適用可能、というかプリセールスそのもので、更に言うと「提案」活動全般にそのまま応用できる、非常に有用な本でした。わかっている(つもりの)ことも、クリアに文字化されて、より理解が深まります。もちろん、タイトル通りの「データサイエンティストにとってのアンチパターン本」として非常に読み応えがあります。これだけの失敗事例を取りまとめ、かつ、対策を明示しきった本は、データサイエンティスト向けにかぎらずなかなかないと思います。

続きを読む "『データサイエンティストの秘密ノート 35の失敗事例と克服法』/高橋威知郎 白石卓也 清水景絵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/12

『政治が危ない』/御厨貴 芹川洋一

政治が危ない
政治が危ない 御厨 貴 芹川 洋一

日本経済新聞出版社  2016-11-25
売り上げランキング : 9866


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • 自民党の憲法改正第二次草案の第24条の話。家族条項は、社会統制・思想統制的な怖さとは別に、社会保障を国民側に押し付けて、社会保障の崩壊の責任から免れようとする勢力が加担していることを忘れてはならない。なまじ「綺麗事」なので表層だけで受け入れる層が満遍なく現れてしまう。
  • 日本は明治維新からテロ続発の国だった。
  • 政党は特定の集団の利益代表なので、国という視点を持ち出されると倒されやすいというのは目から鱗だった。
  • 安倍が後継者を考えていない、「やってる感」でしかない、2020年以降はどうでもいい、というのも目から鱗。
  • 格差の問題。

続きを読む "『政治が危ない』/御厨貴 芹川洋一"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/03

『物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活』/編=John Baichtal・訳=野中モモ

487311747X 物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活 (Make:Japan Books)
John Baichtal
オライリージャパン  2015-12-26

by G-Tools

「メイカームーブメント」がどういうことなのか、を正確に教えてくれる良書でした。世間のニュース等だけに触れていると、どうしても3Dプリンタのキャズム越えと「誰もが製造者になれるユートピアがやってくる!」的なイメージをメイカームーブメントに持ってしまうのですが、単純に考えて誰もが製造者になったら誰も消費者にならない訳だし、雇用の概念が消失するし、それって全然ユートピアじゃないよ、だからそんな世の中来ないんじゃない?という疑問を持って本著を読むのは非常に有意義でした。

本著が教えてくれたのは、先駆者である「メイカー」は、至って一般的な、現在存在する企業の経営と同じ考え方で活動していて、現在のメイカームーブメントの本質は、それが非常にクイックに小規模で継続できるようになった、というところ。それは中国などアジアが負うところが大きくて、必要なパーツを、個人事業として必要なロット数でクイックに入手することもできるし、事業がスケールしてさらに大量なロットが必要になったときに、その規模に対応できるサプライヤからこれまたクイックに調達することもできる環境になった。これはとりもなおさずインターネットの効用。こういった動き方は日本の場合、中小製造業はかねてから得意だったと思う。逆にそういう動きについていけないいわゆる大企業もあったと思う。だから、ある意味では日本ではすでにメイカームーブメントは高度成長期にあったとも言える。現代は企業が難しい社会環境になっているので、日本ではメイカームーブメントが大きくなりにくいのかも。

そのあたりも、DMM.make等のインタビューレポートで、日本の事情も抑えているところ、本当に読み甲斐のある一冊です。

続きを読む "『物を作って生きるには ―23人のMaker Proが語る仕事と生活』/編=John Baichtal・訳=野中モモ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/11

『新・戦争論』/池上彰・佐藤優

4166610007 新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 (文春新書)
池上 彰 佐藤 優
文藝春秋  2014-11-20

by G-Tools

 池上彰氏と佐藤勝氏の書籍は、衆院選前にどの書店に行っても目立つところに置かれていて、選挙前に読みたかったのだけれど果たせず、ようやく読めた第一冊目。

 民族・宗教の基礎知識に始まり、欧州・中東・朝鮮・中国・アメリカの現在の問題の読み解き方を対話形式で解説。情報の密度が高いので頭に入れるのに苦労しますが読みやすい文章なので読み進めるのに苦労することはありません。一歩踏み込んだ、戦略的な読み解き方をする技法をガイダンスしてくれるような内容です。

 最も印象に残ったのは第2章「まず民族と宗教を勉強しよう」の中で、佐藤氏が、イスラエルのネタニヤフの官房長を努めた知人の話を紹介しているところ。「国際情勢を見るときは、金持ちの動きを見る」という話。金持ちは、その時代その時代で、自分の資産を保全するための最善の策を模索し打っている。現代は、直接社会に還元するパイプを作ってしまっているので、再分配が偏るし国家も介在できない。この話は、ピケティの『資本論』に照らして考えられそう。もう一つ、ナショナリズムは社会的に持たざるものの上昇回路、という話は、富が集中し格差が拡大・固定した結果、社会的に持たざるものがナショナリズムによって先鋭化する、としても、今の日本の政治状況はナショナリズムが、格差拡大を志向する現政権を支える結果になっている、このメカニズムを考えるのも面白そう。

もう一つ、ピケティの解説書『トマ・ピケティ『21世紀の資本論』を30分で理解する!』でも、本著のあとがきでも、フランシス・フクヤマの『歴史の終わり』は間違いだった、と断定されているところに、日経新聞でフランシス・フクヤマがインタビューされていた。ちゃんと突き合せて考えてみよう。

続きを読む "『新・戦争論』/池上彰・佐藤優"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/01

『コンテキストの時代ーウェアラブルがもたらす次の10年』/ロバート・スコーブル シェル・イスラエル

4822250474 コンテキストの時代―ウェアラブルがもたらす次の10年
ロバート・スコーブル シェル・イスラエル 滑川 海彦
日経BP社  2014-09-20

by G-Tools

テクノロジーの進化がもたらす時代変化の予想はこれまで何冊も読んできたけれど、今回初めて「こうやって時代は作られていくんだなあ」というのを実感した一冊。こういった書籍は、予測と推測から導いた予想図を、予想ではなく確信として著されているのであって、その説得力が高ければ高いほど共鳴する人が多くなり、時代はその方向に進むということなのだと。株と似ている。

コンテキストの活用に、予想も含まれているのだろうか?「渋滞なし」というサジェスチョンをするコンテキストシステムは、それを見てそのルートを選択するユーザの増加も見越して「渋滞なし」なのだろうか?大量に集められたコンテキストデータは、それも含めてサジェスチョンするということなんだろうか?そこは少し理解しきれなかった。

ペイトリオッツの例は、結局のところ、富裕層にマーケティングが集中するということを言っているように聞こえた。フリーミアムと相まって、その収益構造でサービスが普及していくのは望ましいように思う。これは、どちらかと言うと行政に応用されないだろうか?富裕層に適切なサービスを提供することで上がる収益でもって、地域行政全体の財政の大半を賄う、というような。

個人の精神面を自動送信するのはもっと危険なことと取り上げてよかったと思う。落ち込んでいる状態を捉えられて、例えば宗教勧誘があったりした場合、どんな結果になるだろう?

続きを読む "『コンテキストの時代ーウェアラブルがもたらす次の10年』/ロバート・スコーブル シェル・イスラエル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/15

『ほんとうの花を見せにきた』/桜庭一樹

4163901272 ほんとうの花を見せにきた
桜庭 一樹
文藝春秋  2014-09-26

by G-Tools

この1,2年、深み・読み応えのある小説とはどんな形態だろう?という疑問が頭の中にずっとあって、それは『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を読んだあたりから。外国の近代名著も長年並行して読んできたけれど、分量が膨大というのと、書かれた時代のバックボーンやそもそも文体・言い回し・修辞が直感的に分からないことも多いというので、なかなか読み進められないということが増え、読書の時間があまり取れない中、それでも読書を続けたいという気持ちを整理して考えると、現代は過去に比べると読書、とりわけ小説にかけられる時間が少なくなっているのは紛れもない事実で、現代でもバブル前後のように、これでもかという具体的な比喩・固有名詞の多様でリアリティを醸したり、ト書き満載で情報過多で世界観を表現したりする形態は、読書好きの支持を得にくくなってくるんじゃないかなと思っていました。それがどんなに豊饒な作品でも、500ページもあるとちょっと腰が引けるというか。それを読ませられるのはそれこそ村上春樹くらいの一握りのビッグネームだけじゃないかと。そのビッグネームがあんなに読みやすい『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を出し、立て続けに『女のいない男たち』を出した。私は「5分でわかる名作古典」的なダイジェストや、何でもかんでも時短する傾向は性に合わないのですが、分量による深みというのは小説に取ってはだんだん主流でなくなっていく形態じゃないかなと感じていました。

だからと言って、音楽のように、ストリーミングとか定額聞き放題とか、あれはあれで悪いことではないんですけど(そしてamazonがとうとう書籍でも始めましたけど)、ああいった「単位を細分化して回転で稼ぐ」という方向ではなく、小説の「深み」を出すための十分な時間がかけられた作品をこれからも読みたいと思っていたとき、日経の書評で知ったのが本作でした。

「読了にかかる時間を現代の許容範囲に収めつつ、十分に練られた深さを味わえる」形態として、本作のような「寓話」形態が最有力と思えました。本作は、中国古来のおばけ「バンブー」に関して事細かく描写を重ねてリアリティを生み出すということは全然なされてないけれど、バンブーの住む物語を受け入れて読んでいける。僕が今まで読んできた現代の「寓話」作品は、一言で言ってしまうとあくどくて単純で「子供向け」の設定で読ませることで純粋さを無理矢理受け入れさせようとするものばかりだったけれど、本作はそういったあくどさは感じません。泣けると思います。

それにしても、小説は時間との兼ね合いで分量の模索が続く中、時短の主役だったITはコンテキストにフォーカスが当たるなんてなんて皮肉、と思いましたが、小説は分量を模索しているだけであってコンテキストを更に深くしているのだと思いました。ITはいつまでたっても文学には追いつけないでしょう。

  

続きを読む "『ほんとうの花を見せにきた』/桜庭一樹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/09

『クォータリー マグナカルタ Vol.05』/島地勝彦

4864911061 クオータリー マグナカルタ Vol.05 WINTER 2013
島地 勝彦
ヴィレッジブックス  2013-12-20


by G-Tools

「税金から逃げるのは誰だ」というオビの文句に心を鷲掴みにされて購入。その特集はどの記事も興味深かったです。中から二つ:

「税金と共同体 租税回避と国民国家の解体/内田樹」

ここ最近ブログに書かれていたのと一貫した趣旨で、グローバル化による流動化に対する批判が展開。私はグローバル化については「程度問題」と捉えるのが適切と思っているので、グローバル化を全面否定するに近い論調には馴染めないのが正直なところなのですが、「自民党改憲草案」の22条改憲案が、「公共の福祉に反しない限り」が削除されているという指摘の部分はなるほどと頷いた。ただ、日本を見限るのは何も富裕層だけではない。このあたりの時代の変化を直視した上で、「日本に税金を納める」気持ちにさせるのは何かを突き詰めないと、この議論は何の意味もないように感じた。そうでないと、「日本に生まれた限りは日本に税金を納めるのが当たり前だろう」という精神論の域を出ないし、それこそ「古いスローガン」を振り回す側とやってることはなんにも変らないからだ。
「税をめぐる不都合な真実」/橘玲
「日本国の行政経費は国家予算90兆円に地方自治体の歳出や公的年金・医療保険など社会保障関連支出80兆円を加えたおよそ170兆円だ。これを20歳以上65歳未満の労働可能人口8000万人で割れば、一人当たりの人頭税は年間200万円強になる。これで、所得税や法人税、消費税はもちろん、年金や健康保険料もなく、国債の発行で将来世代に負担を先送りすることもない完全に平等な国家が出来上がる」
「ほとんどのひとは提供される公共サービスに対して過小な税金しか払っていない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/12

『異端の統計学ベイズ』/シャロン・ヴァーチェ・マグレイン

4794220014 異端の統計学 ベイズ
シャロン・バーチュ マグレイン 冨永 星
草思社  2013-10-23


by G-Tools

ビッグデータに関する資料や書籍を当たっているうちにいつの間にか興味を惹かれていたのがベイズ。今思い返すと、ベイズの何を聞きかじって興味を惹かれたのか明確に思い出せず、また、ベイズと巷で取り上げられる意味でのビッグデータとの関連性が今ひとつ明確に説明できないけれど、ベイズ統計学と本著は非常に読み応えがあり抜群に面白かったです。数学に全く興味が持てなくても、現代の最先端のITを支えている理論、その考え方が、黎明の1740年頃から今に至るまでどんな歴史を歩んできたのか、スリリングなドキュメンタリーに惹きつけられると思います。

ベイズの定理そのものの解説や来歴は脇に置くとして、「ベイズ」という統計学の歴史を読もうとして思いがけず現在の日本の情況を顧みずにいられない記述に二箇所出くわします。一つは第二次大戦終結時にチャーチルが暗号化解読の証拠の破棄を命じた部分、もう一つは1970年代のアメリカでスリーマイル島原発事故をベイズ理論で予見していたという部分です。

p161「なぜこんなにも長い間、暗号解読を巡る話が伏せられてきたのだろう。たぶんそこには、自分たちがタニー・ローレンツ暗号を解読できるという事実をソビエト政府に知られたくない、というイギリスの意図が働いていたのだろう」

連合国の勝利にはチューリングらによるドイツ軍の暗号・エニグマの解読が大きく貢献したのですが、チャーチルはエニグマを所有したソビエトに、自分たちが暗号解読能力を保有していると知られないほうが好都合と判断したというものです。このために、暗号解読に多大な貢献をしたベイズ理論は陽の目を見られなくなるのですが、この判断をベイズ理論の立場から見るのか国家安全保障の立場から見るのかで意見は大きく異なってしまいます。これ以外にも、本著には幾度と無く「機密扱い」という文言が出てきます。学者達が国家の安全に貢献する研究を行ったにも関わらず、その成果が「機密」となって世に知らしめられない事態。特定秘密保護法の本来的に期するところはこういった国家の安全に関わる機密情報だと思うのですが、意図するところが仮に国民として納得できるそれであったとしても、その制定過程を誤ると理解できないし、その法によって実現される規制が本来の意図から大きく逸脱してしまうということを改めて思いました。

p326「アイゼンハワー大統領は1953年に「平和のための原子力」と題する演説を行って、原子力産業の展開に着手した」「そしてその20年後には、環境や人々への安全リスクに関する包括的研究はいっさいなされぬまま、アメリカ国内で計50基の原子力発電所が稼働していた」
p329「2003年にはアメリカの全電力の20パーセント相当が104基の原子力発電所で作られていたにもかかわらず、1978年からこれを執筆している今(2010年から2011年にかけて)までに、原子力発電所を新設せよという命令は一度も下されていない」

「これまで事故が一つも起きていないのだから、この先も事故は起こらないはずだ。そうはいっても疑問は残った。不可能とされることは、ほんとうに起きないのだろうか?」この言葉は、3・11における福島原発事故を経験した日本人には重く痛く突き刺さります。アメリカでは、「起きていないこと」の起きる確率を導き出そうという発想がありました。おそらく、日本にはそれはなかったのでしょう。これはひどく単純でかつ重大な違いのように思えます。今のところ起きていない事象の発生確率を考えるためにはどのようにすればいいか、そもそもそれを考えようとするかどうか、「ありえない」という言葉が安直に使える日本語の世界では、根付きようのなかったスタンスなのかも知れません。

ベイズ理論は、そのような「起きていないこと」の発生確率を考えることのできる理論です。これは頻度主義と言われる一般的な統計手法、つまり発生件数をカウントして検定して確率を導く方法ではそもそも扱いようのない課題でした。この点に興味をもたれたら、それだけでも読む価値のある一冊だと思います。

続きを読む "『異端の統計学ベイズ』/シャロン・ヴァーチェ・マグレイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/05

『安倍政権のネット戦略』/創出版

4904795253 安倍政権のネット戦略 (創出版新書)
津田 大介 香山 リカ 安田 浩一 鈴木 邦男 中川 淳一郎 下村 健一 マエキタ ミヤコ 亀松 太郎 高野 孟
創出版  2013-07-23

by G-Tools

日本には既に「ティーパーティ」があったんだ。迂闊だったよ。

自民党は、適当なこと、いい加減なこと、嘘をついても誰にも怒られない場所をうまいこと見つけたんだなあ、というのが最大の感想。おまけに、自分たちの代わりに勝手にネガキャンを張ってくれる「自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC)」という”市民団体”を見つけて公認してる。手が付けられなくなったら、切って捨てるんでしょうきっと。

ソーシャルメディア人口3,000万人のうち、政治の話題で反応しているユーザが推計10万人で、果たしてどれくらい効果があるのかというふうにも思うけれど、投票率が低い40代以下の世代の支持を取れている効果は小さくないと思う。40代以下の世代全般の支持を得ているということではなく、「投票に行かない人が多い中で、愛国的な発言によって投票に行く集団をうまく見つけた」というところ。

それにしても「サプライズ」感覚が、こんなにも悪い方向に出てくるとは。ネット上では「平和主義」が「優等生」で「驚きがない」ので見向きもされず、敢えて「愛国的」な言説を唱えるほうが「注目」され「主流」になるという。一体何がその人のゴールなのか。何をやりたいと思って生きているのか。よくわからない。
ネットというのはほんとにホントとウソが混じった世界なので、ユーザがリテラシーを高く保とうという意識が大事なんだけど、「時間がある」ユーザは暴力的にウソをばらまくことができるし、それに対抗するだけの時間をほとんどの人は持たない。これって「取り付け騒ぎ」のように僕の目には映る。その「風説の流布」をした人間が咎められることはない。だって噂だから。だってネットだから。こういうことが起こらないように、という文脈でなら、ネット上の匿名性を制限しようという動きもまだ理解できなくはないけれど、特定秘密保護法は成立した今であっても、ネット上の匿名性制限の話はとんと聞かなくなった。J-NSCなんて市民団体があれこれ触れ回っているような状況ならそりゃそうでしょう。制限しようなんて思わないでしょう。

続きを読む "『安倍政権のネット戦略』/創出版"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/10

『数字を追うな 統計を読め』/佐藤朋彦

4532355761 数字を追うな 統計を読め
佐藤 朋彦
日本経済新聞出版社  2013-09-21

by G-Tools

確か日経新聞の書評だったと思うのだけど、「公開されている統計情報でも十分に深い知見を得ることができることを教えてくれる」と書かれていたので興味を惹かれ購入してみました。通読した感想としては、公開された統計情報を使ってデータ分析をするスキル・技法の解説書ではないので、そういった点に期待すると肩透かしかもしれませんが、「統計」に向き合う際の姿勢を学ぶのによい一冊だと思います。「統計」という言葉の来歴など、統計周辺の予備知識が豊富に語られています。

本書で紹介された統計の中でいちばん印象に残っているトピックは、統計としては「世帯主の年齢階級別「うるち米」購入量の前年同月比」の話でした。1993年の平成コメ騒動の際、その当時の40歳代、いわゆる「団塊の世代」だけがうるち米の購入量増加率が増えなかったという統計結果で、「昔から団塊の世代が動くと世の中で大きな動きになると言われていたが、やはりこの世代は他の世代とは何か違う動きをしている」というコメントが添えられていました。

続きを読む "『数字を追うな 統計を読め』/佐藤朋彦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/04

『海辺の生と死』/島尾ミホ

海辺の生と死 (中公文庫)
海辺の生と死 (中公文庫) 島尾 ミホ

中央公論新社  2013-07-23
売り上げランキング : 26442


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『死の刺』に登場するミホが作品を残していることも知らなかったし、解題を吉本隆明が書いていると知ったのもあって、書評で見かけて即購入。でも、タイトルに「死」がついているし、やっぱり『死の刺』のミホが書いたものだと思うと読む前からどんよりしてなかなか手をつけられませんでした。
しかし読んでみるとけして「生と死」から連想する澱んだものではなく、ミホの故郷である奄美大島の習俗や暮らしがのびやかで心優しい筆致で描かれていて、ミホとその父母の大きな心の在り様に魅せられました。「生と死」は、島で起きるあらゆることに、例えば牛の眉間を斧で打つというような、そういう一切にタブーを設けず受け入れる姿勢を端的に表したタイトルだったのです。

コミュニティが確立している、南の小さな島に入れ替わり立ち代わり本土など外部から一時的にコミュニティにやってくる。この「外部からやってくる人たち」との交流と、話の序盤で語られる頼病患者の死の話や牛の話、子山羊の誕生の話とが不思議な交歓を生む。ここを吉本隆明が解題してくれていて、これらが「聖」と「俗」の物語になっている、という。そして、「聖」と「俗」は元来一体のもの。切り離すことはできず、あるのは「聖」と「俗」から離れた外部だけだという。島尾ミホは、そのことを意識のうちに入れて、「生と死」というタイトルを与え、序盤に頼病や牛のと殺や山羊の誕生を配置し、中盤に不安な夜の回遊と旅の者という「外部」との交流を、そして終盤に、島民全員から崇め奉られる、(これも外部からやってきた)特攻隊長の夫島尾敏雄との出会いを配置したのだろうか?この朗らかで屈託のない調子は、そういった「構成」の作為が働いているとはどうしても思わせない。
この吉本隆明の「聖」と「俗」は切り離せず一体となってやってくるものだという解説は感覚的によくわかり賛成できる。現代に生きていると、「聖」はどこまでも「聖」であって、その対極に「俗」がある、というのが極めて疑いようのない常識的なことだという認識になるけれど、実は「聖」と「俗」は切り離せない。もし、何かの形で序列をつけなければならないとしたら、日常生活の柵を抜け出そうとしない自分自身の弱さを底辺に置くべきであって、そこから逸脱し超越しようとするものはすべて「聖」であり「俗」であるということだと思う。作中、ミホが「俗歌」を歌ったことを母に窘められ縮こまったことが脳裏に浮かぶ。

続きを読む "『海辺の生と死』/島尾ミホ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/27

『鈴木忠志対談集』/鈴木忠志

私が「アート」「芸術」について書かれたり話されたりしているのを見聞きしたときに浮かぶ疑問についてのあらゆることがこの本に書かれていた。私のようなアートや芸術にほとんど知見のない一般市民が抱いている疑問が網羅されているというのは物凄いことだと思う。通常、その道の専門家の方というのは、一般市民の素朴な疑問は既に彼方に置き去りにしていることが多く、一般市民の素朴な疑問に対する答えも持ち合わせている人というのは、その道を追求しきっている人だと思うから。

金森譲との対談『「芸術家」は公共の財産である」から:
  • 身体に対する「言葉」をもつ。自分の関わっている事柄に対して、明晰にかつ深耕した説明のできる「言葉」を持たなければならない。このことについて、自分は、ITというのはITを触れていない人にとって専門用語が多く理解しがたいものなので、できる限り専門用語を使わない説明を指向してきた結果、ITに関わる明晰で深耕した「言葉」の獲得が等閑になっていたきらいがあると反省。
  • 集団活動のための方法論と共同意識。ある特定の目的の下にある集団活動のためには、共通の「言語」を持たなければならない。共通の「言語」を持つためには、その活動に関わる「基礎」が共有されてなければならないが、日本ではその「基礎」がおざなりにされる傾向がある。それは、舞踏の場合は、その「基礎」練習に時間をかけられないという経済的な制約に由来する。なぜ時間を掛けられないかというと、舞踏に限らないことだけれども、つまりは「芸術」で生活を成り立たせるのが難しい環境だからであり、日本人の文化レベルの問題になるかもしれないが、もう一方で「芸術」が公共財であるというコンセンサスが醸成されていなからでもある。芸術は「公共財」であるというコンセンサスが成り立つことで、自治体の財源を利用することが可能という筋道を立てることができる。
  • もうひとつ、「基礎」練習がおざなりになる理由として、日本では「素人」であることも表現のひとつであるという土壌ができあがってしまった。これは、「専門性」のヒエラルキーの害悪に対するサブカルチャー、アンダーグラウンドのムーブメントが一定の浸透を見たからだと思う。その結果、訓練されない「あるがまま」も表現のひとつとなってしまった。このことに対して徹底的に異議を唱え続けることも一つの方法だと思うけれど、私は鈴木氏が述べている「差別されることに自覚的であるか」というスタンスを習得したい。歌舞伎は身分的・社会的に差別的な位置におかれていたが、そこで異常なことを自覚的にやっていることで発露する芸術性というものがあり、メッセージ性というものがあった。これが、ヒエラルキーの害悪を回避しつつ、エネルギーを保ち続ける方法論のひとつだと思う。社会的に「素晴らしいことをしている」「正しいことをしている」という賞賛を得つつ、経済的にもメッセージ的にも成功したい、という強欲が芸術を失墜させているのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/16

『文・堺雅人』/堺雅人

4167838710 文・堺雅人 (文春文庫)
堺 雅人
文藝春秋  2013-07-10

by G-Tools

 「堺雅人は鞄に原稿を書くための道具を入れて、持ち歩いている」と背表紙にあったので、もっと思索の密度の濃い文章を想像していたら、起承転結の意識がしっかりしたきちんとした「コラム」だったのでちょっと肩すかしでした。もっと、結論の出ない苦悩感のある文章かと思ってました。

 雑誌の連載ということで、最初の方はまだ書き馴れていないからなのか、丁寧な構成だけれどもそれほど目新しくない内容かな、という印象でしたが、全体の半分を過ぎたころ、『ジャージの二人』の話題が出てくるあたりから深みが増してきて面白かったです。更に後半、『篤姫』が出てくるあたりになってより深くなって、俳優さんはやっぱりその時手掛けているお仕事によって密度が変わるのだなあと改めて思いました。
 特に興味深かったのは2点、ひとつは長嶋有との対談で男女同権について触れているところについて。堺雅人は5歳くらい年下という印象なんですが実際は1歳違いなのでほぼ同世代、その彼が男女同権について、男性という側から男女同権を実行しようとすると、必ず困難が付きまとうと言っているところ。実際のところ、「男女同権」と言っている女性も、実は「同権」なんて求めていないのではないか、もしくは「同権」ということがわかっていないのではないか。ここはこの本を読んだ人にはみなちゃんとそう読み解いてほしい。
 もうひとつはコトバについて、「僕のなかには東京コトバでうまくいいあらわせないなにかがあるのだが、僕のさびついて宮崎コトバではもうそれは表現できない」と言っているところと、「本来コトバのうらにあるはずの動機(といって大袈裟なら、そのコトバがでてくるまでのココロのうごき)が追いつかなくなってくる」と言っているところ。自分の思っていることを自分の思っているように”話し”コトバで表せない、という悩みは常に深くある。僕の場合、それはもしかして、関西弁としてほとんど同じようで実は微妙に違う奈良弁と伊賀弁の差にあるのではないかと思うことがあったり、よどみなく話せるようになったことの裏側では、話したいというココロのうごきが衰えてしまっているというような話。これについて語っている部分は、丁寧に書いていらっしゃるなあととても感動しました。

続きを読む "『文・堺雅人』/堺雅人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/11

『カジュアル・ベイカンシー 突然の空席』/J.K.ローリング

4062180227 カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 1
J.K.ローリング
講談社  2012-12-01

by G-Tools
4062180235 カジュアル・ベイカンシー 突然の空席 2
J.K.ローリング
講談社  2012-12-01

by G-Tools

言わずと知れた『ハリー・ポッター』のJ.K.ローリング初の現代小説。『ハリー・ポッター』シリーズは映画は何作か観たことありますが小説は一作も読んでないのですが、映画と、ニュースやウェブなどから様々に漏れ聞こえる情報だけでもわかるファンタジー界の綿密なる創り込みで作品の面白さを組み上げている著者が、ファンタジー界を用いなくても面白い物語を描いているのか?という興味で読みました。

物語の主軸は、街を二分する区域-パグフォードとヤーヴィルのいがみ合いのような地方政治。「住人の三分の二近くは全面的に公に頼って生きている」フィールズというエリアが、元はヤーヴィルに所属していたがある時パグフォードに組み込まれることになり、パグフォードの住人はフィールズをヤーヴィルに突き返すことを宿願としている。そんな折、パグフォード内でフィールズの擁護派だったバリー・フェアブラザーが急死、議会に<突然の空席>が生じた-。

と、中心軸は国を問わず判りやすい筋を置きつつ、両地区の住民・家庭を多数登場させて、海外ドラマの展開さながらにストーリーが入り乱れます。親、子、夫、妻、義父義母、同級生、ケースワーカー、議員、その他もろもろ入り乱れます。このストーリーのひとつひとつが人間臭いし、話の展開の仕方もとても丁寧で、海外文学によくある「読んでるうちに場面が変わってて置いてけぼりにされてる」というようなことは全くなく、さすがは希代のストーリーテラーと言ったところですが、そのストーリーテリングのテンポの良さでどんどん読み進められるものの、作中で起きるイベントそのものはそれこそ日常生活でも聞いたことありそうなもので、リアルではありますが、「人生のなんたるか」みたいなことを考える向きではないです。これだけのエゴを連続して食らわされるような構成であっても、これは娯楽小説として読める類の作品で、エゴ塗れになって深淵を覗きたいなら『明暗』のほうが数倍覗けます。

個人的にはファッツに関する筋がいちばん興味深かった。それはもちろんクリスタルが絡むからでもあるし、アンドルーの(ある種の)健気さが若干虚構じみているように感じるからでもあるけれど、「オーセンティック」で一括りにしてしまう、「美学」を気取った価値観の描写が流石児童文学の名手と思わされたからだ。
そしてもう一つ、フェイスブックとSQLインジェクションがさも日常というふうに物語に登場したのには少し驚いた。著者がどれだけITに造形が深いのかは調べていないけれど、日本の小説やドラマでITが出てくるときのぎこちなさは全然感じなかった。

続きを読む "『カジュアル・ベイカンシー 突然の空席』/J.K.ローリング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/27

『新建築 2013年01号』/新建築社

B00AN570E6 新建築 2013年 01月号 [雑誌]
新建築社  2012-12-29

by G-Tools

・p43 岡田新一(岡田新一設計事務所)
「そこに、グランドデザインに基づく「アーキテクチュア」が現れてくるのだ。そこには市民参加のワークショップからは到達し得ない統合的思考の結果が開示される。このようなプロセスが歴史的変革の時に現れている」
・・・権威主義、特権主義という批判とのせめぎ合いが始まるが、敢えて「市民参加のワークショップ」を、その弱点を捉えて批判的に叙述するのは、現在的な価値があると思う。

・p44 原広司(原広司+アトリエ・ファイ建築研究所)
「建築にとって、豊かな感性や直感は、きわめて重要である。しかし、今はその時ではない。自らの判断力を疑うと同時に、もっともらしい事柄すべてに疑問符を打つ態度が、建築活動全般に要請されている」
「今日本は、残念なことに、かつて、作家のボルヘスが、「どうしてアルゼンチン国民は、これほどまでにおろかなのか」と嘆いた状況にある。このような状態を、打開しようとか、意識を変えようなどという主張に、実はおろかさが現れている」

・p45 中村光男(日建設計 会長)
「海外のクライアントの多くの方が、「日本は街も人も静かな国だ」との印象を口にします。それは新興国のような躍動感を失ったということでもあり、でき上がった国という意味でもあると思います」
・・・こういう、両面を見る発想が常に求められる。

p76「フクノワ」
・「市民参加のワークショップ」の典型的手法

p131「山梨県立図書館」
・情報のフードコート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/09

『再帰的近代化 近現代における政治、伝統、美的原理』/ウルリッヒ・ベック、アンソニー・ギデンズ、スコット・ラッシュ

4880592366 再帰的近代化―近現代における政治、伝統、美的原理
ウルリッヒ ベック スコット ラッシュ アンソニー ギデンズ Ulrich Beck
而立書房  1997-07

by G-Tools

「サブ政治」の下り、昨今の日本の大きな<政治的>課題-原子力発電の継続をめぐる、産業界と個人と原発建設地住民との対立や、オスプレイ配備問題での対立に思いが巡る。正にひとつの方向に収斂させることが限りなく困難な課題であり、工業化進展の途上=単純的近代化の過程であれば是是非非のうちに方向性を決められたものが、大局的に方向性を決めることが出来ない状況というのが、正に「再帰的近代化」なのだろうか?と思う。

専門家システムの機能の変遷も印象に残っている。「諮問」が意味を失うのが再帰的近代化の過程であり、多くの個人が共同体の中で何らかの「専門家システム」を担うことになるという説明は、現状をうまく把握する手助けになった。情報コミュニケーション構造の進展と、「格差固定」の問題も、現状認識をより強固にした。その上で、ほぼ粉砕されてしまった地域共同体のその先と、粉砕に加担した情報技術と情報社会の歴史的意味づけを考えてみなければならない。

続きを読む "『再帰的近代化 近現代における政治、伝統、美的原理』/ウルリッヒ・ベック、アンソニー・ギデンズ、スコット・ラッシュ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/24

『独立国家のつくりかた』/坂口恭平

4062881551 独立国家のつくりかた (講談社現代新書)
坂口 恭平
講談社  2012-05-18

by G-Tools

 ヘルシンキ行きの前後に渡り読了したんですが、その間に読んだ『家族のゆくえ』と恐ろしいほどシンクロするところがあって、痛烈なインパクトで頭に残りました。それは「考える」ということに関して。吉本隆明氏も坂口恭平氏も「考える」ことの重要性を強調されている。それも、ただ「考える」という枠に収まっているのではなく、「考える=生きる」というところまで持ちあげて語られている。効率化すること、自動化することは考えずに済むことを増やすこと。それにどうやれば対抗して生きていけるのかを、真剣に考えるだけでなく、長く深く考え続けないといけないと思いました。

 全体を通じての感想は、経済に関する論点と、精神に関する論点の二つに対しての感想に大きく分かれるのですが、経済に関する論点、態度経済について、ホームレスの方の生き方を述べる部分では、一点、大きく欠落している点があると思っていて、それは、「都市には確かになんでもゼロ円で手に入るくらいものが溢れているかもしれないが、それは誰かが資本主義経済の下で”余剰”的に生産する人がいるから成り立つもの」だということ。ある経済システムがその経済システムだけで自立して成り立つためには、その経済システムの中に「生産性」がないといけない。必要なものをタダで拾ってくる経済システムは、自立していないのでこれを手ばなしで称賛する訳にはいかないと思う。
 そこを拡張しているのがゼロ円特区ということになると思うけど、ゼロ円特区も「贈与」で成り立つ訳なので、けして自立していないし、そもそも「パトロンを持つ」ということを推奨しているし、「パトロン」という概念を金銭以外に拡張してはいるけれど、結局のところ資本主義経済からの流入に依存しているのであって、これ自体が資本主義経済に対するカウンターとなるシステムとは言えないと思います。

 精神に関する論点は、鬱状態のときの視線、「絶望眼」の捉え方は共感しました。僕は鬱ではないけれどひどく塞ぐことはあり、そのときは感性は冴えるのでひどくいろいろなものの捉え方ができるものの、生産的ではないのであまり有用な状態ではないと自分を責めていたが、この捉え方を改める契機になりそう。そして、この状態は、芸術のような領域には役に立つのかもしれないが、自分のようなふつうの社会人には必要のないものと決め込んでいたけれど、芸術と生活を切り離そうとするそのスタンスこそが問題で、芸術と生活は同一線上にあるという認識を保ち続けないといけない。「芸術」をそのように捉えることは坂口氏も本著で書いているし、『楽園への道』でも学んだことだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/16

『PUBLIC 開かれたネットの価値を最大化せよ』/ジェフ・ジャービス

4140815132 パブリック―開かれたネットの価値を最大化せよ
ジェフ・ジャービス 小林 弘人
NHK出版  2011-11-23

by G-Tools

 「パブリック」を称揚するんだろうという先入観から行くと、プライバシーなど全く無くなってしまったほうが良いという論が展開されるものだと予想するけれど、本著はそんなに短絡的で浅い論ではなかった。平野敬一郎の『ドーン』を読んだ際、「ディビジュアル」という概念が出てきて、これはインディビジュアルと呼応した表現なんだけど、「人間はもともと1つの首尾一貫した顔だけを持つのではなく、社会のなかでさまざまな役割があるだけさまざまな顔を持つものであって、それが自然な人間の姿」として、そういうさまざまな顔の一つ一つを「ディビジュアル」と名付けてた。本著における「プライバシー」と「パブリック」の対概念は、この「ディビジュアル」を思い起こさせた。ただ一つの公共圏と、個人がそれぞれに作る無数の公共圏。そして、何をどこまで公共圏に含めるかは個々人の判断で、その行為が「シェア」である。ただ一つの公共圏と個人それぞれの無数の公共圏というのは、正にディビジュアルの考え方。そして、ディビジュアルをディビジュアル足らしめる行動を、本著では「シェア」だと言ってるんだけど、確かにシェアがなければ公共圏を形成できないけれど、「シェア」だけだとするとアクティブに関わることだけが「圏」を形成することになる。これはすっきりする考え方ではあるけれど、「圏」にはパッシブに影響するものもあることは否定できないし、忘れてはいけないと思う。
 「パブリック」というのはシェアであり、つまり「公開」することからは決して切り離されないとしたら、パブリックというのは不可逆的であると言っていいと思う。だから、著者は「データ保護の4つの柱」に喰ってかかっている。一旦公開されたものはなかったことにはできない。それは確かにそうだけど、技術的なことを言えば、人々の記憶に残ることと、某かの媒体に残ることとは区別すべき問題だと思う。人々が知ってしまったことをなかったことにはできないとしても、ログを削除可能であることは、パブリックに取って必要不可欠なことだと思う。10年前の自分は今の自分とは違う、だから生まれたときの自分と今の自分とはもはや同じ自分ではない、だから「私」の同一性は何をもって保証されるのかと問うと、過去の「私」の痕跡がログに存在していることは、現在の「私」のパブリックの必要条件ではない、と言えると思うからだ。

続きを読む "『PUBLIC 開かれたネットの価値を最大化せよ』/ジェフ・ジャービス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/10

『100の思考実験』/ジュリアン・バジーニ

4314010916 100の思考実験: あなたはどこまで考えられるか
ジュリアン バジーニ 河井美咲
紀伊國屋書店  2012-03-01

by G-Tools

 2005年にイギリスで出版された『The Pig That Wants to Be Eaten And 99 Other Thought Experiments』の翻訳。ハーバード白熱教室で有名になった「トロッコ問題」をはじめとした哲学的課題が100収められています。それぞれの課題は、物語風に語られ、その後、どう考えるといいか、方向が解説的についています。トロッコ問題でいうと、トロッコの分岐点に立っている自分に向かって、暴走トロッコが突っ込んでくる、そのままにしておけば、40人が作業している作業場に突っ込んでしまうが、ポイントを切り替えれば5人の作業場に進路を変えられる、自分はより被害が少ないほうを、意図的に選ぶべきなのか。選ばなければその結果に自分は責任を負わなくてよいと、言えるのか。

 僕はこの「トロッコ問題」のような、選択の意志に関する困難性を考え抜くのはとても大事だと思ってる。選択が難しい課題を、「難しい」で済ませてしまうことは簡単だけれども、それでは生きている意味がないとさえ思えるから。とりわけ今の日本には、原子力発電という難しい問題がある。世界各国では継続であれ廃止であれ、答えを考え結論を出し歩みを先に進めているように見えるなかで、日本だけが遅々として前に進めていないのは、こういった「考える」ことの文化の欠如に起因しているのかも、と思った。だからこそ、この『100の思考実験』の100の課題を、真剣に常に考え抜きたい。

 最後の思考実験が、現代では避けては通れない市場主義・資本主義の問題を取り上げていてこれがいちばん重要に思う中、僕がいちばん気に入っている部分は:

p256 「判断を誤る可能性があるからといって、何もしない言い訳にはならない」

 日本の政治家に聞かせたい一文だし、常に先送りで済ませようとする我々日本人が考え抜かなければならないテーマだと思いました。

 

続きを読む "『100の思考実験』/ジュリアン・バジーニ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/22

『日本は悪くない-悪いのはアメリカだ』/下村治

4167753669 日本は悪くない―悪いのはアメリカだ (文春文庫)
下村 治
文藝春秋  2009-01-09

by G-Tools

 未だにレーガンを信奉する日本人がいるのにちょっと驚いて、どこかのサテンで手に取った新聞の経済記事に偶然下村治氏と本著が紹介されていたのがあって、丁寧に読んだ。本著は1987年の著作だが、未来予測が含まれる経済書は、後から振り返ってみるとなんともバカバカしい気分になることが多いが、本著はわずかに「1ドルが百円にでもなったときであろう」という部分が外しているくらいで、驚くほど現在でも通用する内容だった。

 「借金帳消し」というやり方が出てきた「日本がアメリカに貸したカネは取り戻せない」という章が特に面白かった。ユーロ危機は負債の始末のつけ方だけど、日本人としての僕は、「ゼロ・サム理論」というか、「借りた金は返さなければ規律が保たれない」とか、そういう倫理的な価値観だけでこの問題を考えすぎているのではないかと思った。経済がなぜ行き詰るのか、その理由のひとつに、消費の膨張を止められないということがある。経済は常に成長を続けなければ必ず衰退してしまうものなのか、これがいちばん難しい命題なのだけど、行き詰った経済を立て直すのに、どういう方法があるのかという考え方の幅を広げてくれた。

 石油ショック後の経済成長の記述は、言わずもがなだけどどうしても東日本大震災を重ねてしまう。東日本大震災後、僕の目には、より自然災害に強い国になるための技術開発と、原子力発電の問題に端を発するより少ないリソースでの生き方の模索と、経済論理ではない人生の価値観の探求という、3つの新しい、身の入った動きがあるように映ってる。これらはいずれも、経済成長を最重要項目に置いた社会では取り上げようのなかった動きだと思う。自然というものは、人間にとって思い通りにならないものであるが故に思ってもみない災害を招くという事実に少しでも意義づけができるとしたら、こういうことなのかなと思った。

続きを読む "『日本は悪くない-悪いのはアメリカだ』/下村治"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/26

『小さなチーム、大きな仕事 完全版』/ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン

415209267X 小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則
ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン 黒沢 健二
早川書房  2012-01-11


by G-Tools

  「完全版」の出版予定があるのを知って、知ったその日にamazonで予約をして、読める日を心待ちにしてた。昨日、やっと読めた。これは素晴らしい本だ。掛け値なしに素晴らしい。実行するのがとんでもなく難しいことは何も書かれていない。インターネットが「普通の」存在になったことで、小さなチームで大きな仕事がほんとうにできるようになったんだということに納得できる内容で、それはテクノロジーに精通していなければいけないということではなく、普段の仕事の進め方如何だということを分からせてくれる。例えばこの一文:

「仕事依存症患者は、ほどよい時間しか働いていないという理由で、遅くまで居残らない人たちを能力に欠けているとみなす。これは罪悪感と士気の低下 をはびこらせる。さらには実際には生産的でないのに、義務感から遅くまで居残るような「座っていればいい」というメンダリティを生み出してしまう」

 まるで日本の悪しき習慣について書かれているようだが、本著は紛れもなくアメリカで書かれたものだ。こういうことは、日本だけで起きてるのではなくて、世界のどこでも起きるのだ。合理主義が徹底されていると言われ、能力主義で給料が決まると言われ、残業なんか誰がするのかと言われているようなアメリカですら、起きるのだ。

 そしてこうしたことは、外資系でも起きている。僕たち日本社会において生産性向上の足を引っ張っているのは実は「和」の精神だ。これは何も、小異を、マイノリティを切り捨てろ、と言っているのではない。いちいち仲の良さを確認しなければ仕事ができないメンタリティの問題なのだ。

続きを読む "『小さなチーム、大きな仕事 完全版』/ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/08

『ユリイカ 特集=宮沢賢治、東北、大地と祈り』

4791702255 ユリイカ2011年7月号 特集=宮沢賢治 東北、大地と祈り
吉本 隆明 池内 紀 奈良 美智 大庭 賢哉 桑島 法子 天沢 退二郎
青土社  2011-06-27

by G-Tools

宮沢賢治と吉本隆明は、僕の読書体質に大きな影響をくれた二大文筆家なので、もちろん読まないわけにはいきません。

東日本大震災に遭って、吉本隆明が宮沢賢治ならどう考えただろうか、という推測が語られます。ひとつは、宮沢賢治は両眼的かつ包括的な物の見方をする。だから、津波に関しても、一面的な分析はしなかっただろう、ということ。もうひとつは、東日本大震災で日本の気候の何かが変わってしまったのではなく、ここ十数年の間にじわじわと気候変化が起きていて、その結果のひとつとして東日本大震災が発生したのだと捉え、今後はこのような気候であることを前提として、社会の仕組や建築建造などを考えていったほうがよい、という話で、このふたつが印象に残っています。

より変化に強い、というよりも突発的な破壊に強い、そういう社会や建築建造を志向するのは、最近、目にする度に収集している「メタボリズム」の思想に関連したり、ここ1、2年の間、聞こえることが増えてきているような気がする「”所有”に対する疑問」にも通じるようでおもしろい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/03

『オートバイ・ライフ』/斎藤純

4166600486 オートバイ・ライフ (文春新書 (048))
斎藤 純
文藝春秋  1999-06

by G-Tools

オートバイ好きの作家による、オートバイの愉しみ方。
僕はオートバイには乗らないので、オートバイに直接関わる情報についてはそれほど役に立つ訳ではないけれど、「愉しみ方」という観点はとても面白かった。僕はロードバイクに乗っているが、ロードバイクもオートバイと同じで、パーツやウェアに拘りだすと切りがないものの、それが「愉しみ方」とは思えないし、欲しいものは出てくるものの、それを愉しみとはできない自分がいて、なぜそれが「愉しみ」ではないのかを、本著は明確に語ってくれる。

オートバイの本と言いながら、映画やクラシックの話題も絡められ、オートバイに乗るということが、ひとつの文化と言えるようになっている。オートバイが文化を形作ってる側面。こういう本に触れるにつけ、自分が若い頃からあまりにも映画やクラシックに興味を持たな過ぎてきたことを後悔する。

特に面白かったのは、エコロジーに対する「感傷」という批判。「牛肉を食べている人間に自然保護を語る資格はない」式の言い分に対して、「子供っぽい感傷」と一刀両断にしている。そして、「知ること。行動すること。」というロジックを展開している。ここで言う「感傷」と言うのは、言うなれば「思考停止」ということだろう。僕は感傷そのものは否定しない。何も生み出さない感情の美学というのは確かにあるから。それを、文学とか音楽とか、アートだけの特権にしておく必要はないと思う。けれど、感傷を持ちながらも知り、行動する手立てはある。そこまで考えた上で、「アンドレ・マルローが1930年代に、悲観的かつ行動的な者たちは、ファシストであり、将来ファシストになるだろうと述べている」という一文が、重い。

続きを読む "『オートバイ・ライフ』/斎藤純"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/10

産経新聞2011年08月08日朝刊「Karoshi 過労死の国・日本」

文京学院大学特別招聘教授で、ILO事務局長補などを歴任した堀内光子(67)は意外な理由を明かす。「日本は労働時間の規制に関するILO条約を一本も批准していない。批准しない政府には、監視も改善勧告もできない」

こういう情報は、感覚的にだけど、日経を読んでいても絶対に出てこない気がする。日経は基本的に経営よりの発想思想で記述された記事が並び、日本ではビジネスマンとしては日経を読んでいなければならない、という空気で、誰もが経営よりのロジックを「これが現実」と取りこまされてきている気がする。最近の原発再開に対するスタンスなんかはその典型。でもよく考えてみたら、紙名に「経済」と、経済だけの1カテゴリを関している新聞がメインになるような状況は単純に考えておかしいと思い始めた。社会は経済が中心で成り立っている訳ではない。

Check

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/30

『君が降る日』/島本理生

4344016564 君が降る日
島本 理生
幻冬舎  2009-03

by G-Tools

暗示的。まったく相変わらず自分の「本を選び取る才能」に惚れ惚れしてしまう。

ここ最近読んだ本の「暗示」は、過去の出来事の意味や扱い方の暗示で、この『君が降る日』は今これからの暗示だった。明確な節目なんてある訳ではなく、今が節目付近という訳でもなくてとうに過ぎ去っているのだけど、この暗示を受け取るタイミングとしてはベストだったと思う。

僕が今まで「やってみるんだ」と決めたことは、何一つとしてやり遂げることができなかった。「やるべきことなんだ」と認識したことは、ちゃんと結果を出してきたと思うけど、「これは難しいこと。でもやってみるんだ」とチャレンジを決めたことは、やっぱり難しくて、やり遂げることができたことはない。そしてまた今、僕は「やってみるんだ」と思えたことが胸にある。今までやり遂げられなかった数々は、だからと言って無駄になんかなっていない。無口な情熱として僕の中に折り重なって宿り、それが今度の「やってみるんだ」を後押しする。大事にしたい分だけ、不安の種をいくつも見つけ出してしまえるけれど、それでも「やってみるんだ」と思っている。

表題の『君が降る日』は、恋人を亡くすというモチーフ。『もしもし下北沢』は父親を亡くすというモチーフだったけど、この二作はそこから回復するためには「道のり」が必要、と言ってる点で共通してる。言うまでもないことなんだけど、意外と忘れがちになる。特にせっかちな僕は。いつかは必ず回復することが分かっていても、回復してない間はそんなこと信じることができない。ただ、その間、自分がやりたいと思ったことや、流れが生み出してくれた行動が、いったいどういう意味なのか、本当のところはいつも後から判る。でもそれでよいのだと思う。

でも今回暗示的だったのは『君が降る日』ではなく、『野ばら』。表題作ではなくて、いちばん最後に収録されている作品に痺れてしまうこのパターン、『袋小路の男』と同じで奇妙でなんなんだろう?ほんと。暗示的というか、自分が挑もうとしている道の険しさを再認識させられるような。でも、こう書いちゃうとあまりにシリアスだけど、そんなにシリアスじゃないし、シリアスじゃ余計ダメだよね、というのもちゃんとわかっている。願わくば、そこに誤解が生まれないように、自分自身ではどうにも解決しようのない類の誤解が生まれないように。

もう一作、『冬の動物園』は、主人公の美穂のお母さんの最後の一言、母親らしさでもあると思うけど、本気でそう言ってるようでもあって、本気でそう言ってるようなところが、僕の母親にそっくりで思わず笑ってしまった。 

Check

続きを読む "『君が降る日』/島本理生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/05

『現代思想2011年1月号 特集=Googleの思想』/青土社

4791712218 現代思想2011年1月号 特集=Googleの思想
青土社  2010-12-27

by G-Tools

 とりあえずメモ。日本人とフランス人だとこんなに切れ味がやっぱり違うのか。同じ清濁併せ飲むスタンスでも、フランス人はかなりフラットだけど、日本人は「ほんとはキライだけど無理してフラットしてます」という空気漂う。

 最も興味あったのはグーグルのデザイン責任者ダグ・ボウマンの退社の話。
 Googleは、「例えば検索結果のページに使われている水色は、~考えうる限りの微妙に異なる水色のパターンを用意しておき、ユーザーに対してランダムに表示する。~表示した色の違いによってリンクのクリックが多かったのか少なかったのかといった変化を統計的に算出することができます。そして、最終的にクリック率が高かった色が自動的に採用されるメカニズム」になっていて、ボウマンは「これはデザインじゃない」とブログに書いたという話。ここから「デザイン」を突き詰める展開にしてほしかった。

Check

p55「「非物質的なもの」の汚名を着せられた者たち~一つの言明、一つの野心~それは二つの信仰表明であり、その色合いはまさしくきわめて「アメリカ人」的
p67「よりうまく自分自身のイメージにわれわれを送付するという目的ゆえに、おそらくは怠惰から」
p58「Googleは、各人の財布よりもはるかに各人の生きた知識と自発的改訂(クリティーク)に胡坐を書いた貢献型経済の権化の数々の中で、最もブリリアントなそれである」
p66「ボウマンがブログで吐露したのは、「こういったモノの作り方を実現できるエンジニア集団と仕事ができたことは本当の素晴らしかったが、これは私にとってのデザインではない」」
p70「セマンティック・ウェブ」
p78「アンカリング」
p82「新書マップ http://shinshomap.info/」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/03

『経済ってそういうことだったのか会議』/佐藤雅彦 竹中平蔵

4532191424 経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)
佐藤 雅彦 竹中 平蔵
日本経済新聞社  2002-09

by G-Tools

佐藤雅彦氏が意外にも?普通の人が「聞きたくても聞けない」ようなとても基本的で根本的な経済に関する疑問を、竹中平蔵氏にぶつける対談集。だいたいのことろは理解できているような内容でも、それを肌感覚で実感させてくれるいい本だと思います。

ここしばらく「自分の仕事を考える3日間」にあわせて、「仕事」に関する視点で読んでいるので、本書もその視点で読んだ部分もあった。その問題意識で読むと、「雇用」に興味の中心が来る。これまで読んできた「自分の仕事を考える3日間」に関する本の趣旨は、多くが「やりたい仕事を、やりたいように、納得できるようにやるためには、少人数のチームが適している」という結論を導いている。組織が大きくなれば維持費用も高額になるし、意思決定のために大きな時間と労力を使う、等々、大きな組織には「いい仕事」をするための弊害が多い、という。

しかし本書を読むと、起業の最も評価される点は「雇用の創出」ではないかなと思う。自分の雇用は自分で作ればいい=起業ということになるかもしれないが、もちろん誰しも起業に向くわけではないので、被雇用者として生きる道を取らざるを得ない人も出てくる。そうなると、より多くの雇用を創出できる企業が、最も評価される企業ではないのか?という疑問が出てくる。そもそも、なぜ分業制を引くのかと言えば、分業することでより大きなアウトプットを残せるからだ。より大きな規模の仕事を成そうとすると、分業制は必須になる。分業制を引くことによって、雇用を創出することができる。起業することで自分の雇用は自分で確保しろというのが21世紀の日本の姿として妥当なのかどうかは、まだわからない。

Check

p54「みんな居心地がいいようにだけして、会社そのものが利益を上げる革新の力を弱めてしまった」
p56「「わが社」っていう意識なんですよ」
p60「実はアメリカで、その中でもデラウェア州の影響」
p63「ブリッシュかベアリッシュか」
p74「(増資とは)資本金を増やすこと」
p98「民主主義の社会において、複雑な制度は悪い制度」
p102「98年に経済が悪くなってきて、政府は景気刺激のためにさらに所得税減税をやりたくなった。ところが税金を払ってない人には減税のしようがない。だからこの前の地域振興券というのは商品券減税になるんです」
p114「オーストラリアの肉のほうがアメリカよりずいぶん安いから」
p125「ロバート・ライシュ」「フー・イズ・アス?」
p131「連邦主義、フェデラリズム」
p140「限界革命」
p160「大量生産・大量消費というのがアメリカですが、大量廃棄は日本の減少」
p186「最初にドルのばらまきをやった」
p188「どっかのODAなんかクルマに化けてて、官僚が使ってたとか言われると、ガッカリしちゃう」
p201「経常収支の赤字は通過引下げ圧力」
p208「タイは・・・よく言えばすごく自由。悪く言うとすごく無節操」
p214「ハンチントンの『文明の衝突』」
p253「住宅投資というのはGDPの7%ぐらい」
p270「アクアライン・・・は半分トンネルで半分橋という妙なつくりになってますけど、あれはセメント会社と鉄鋼会社が半分ずつお金を出したからだ」
p279「いくら有益なことでも知識のように目に見えないものならば、それを取得することは消費」
p284「えっ。起業したって」
p293「電通の「アドバタイジング」」
p300「この(ジレットの)会長にはビジネスの取捨選択には四つの基準」
p304「たとえばNECなんか、昔は要するに電電公社の御用達メーカー」
p305「かつての優良な利益をもたらす商品が、そうでなくなってくる」
p306「一般の人には、10対10の会社に見えてしまう」
p309「マハティールがクリントンを名指しで、いちゃもん付けてました」
p319「カスタマーズ・サティスファクション」
p319「寺田千代乃さんが作ったアート引越センター」
p323「企業とエグジットストラテジー」
p355「シュンペーター」「経済の実感を持ってる人に非常に受け入れられる」
p355「どの仕事にもたくさんの課題があるように、広告も一つのCMを作るのにいくつもの問題を抱えます」
p362「oikosは小さい共同体」
p367「金融システムはその典型」
p371「コンペティティブとコンピタント」
p394「地元もマクドナルドが来ることを望んでいてね」
p397「新しいものをどんどん欲しがっていて、でもなくしたものに対して、あれもあったらいいのにと思っている」
p400「もっと、あざとく言えば、マックの戦略に乗せられる人と戦略を作る人の二つ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/07

『クーデタ』/ジョン・アップダイク

4309709575 クーデタ (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-5)
ジョン・アップダイク 池澤 夏樹
河出書房新社  2009-07-11

by G-Tools

アップダイクは初めて。村上春樹関連で名前が出てきたので読んでみようと。その名前が出てきた記事では、あんまり評価されてなかったんだけど。

まず読んでいてずっと思ったのは、エルレー大統領の親ソ加減。著されたのは1978年。その当時は、アメリカにも親ソの空気があったってことなんだろうか?日本の北朝鮮への集団移住は1959年。ヒッピーブームは1960年代~1970年代。ヒッピーと共産圏は関係ないようだけど、1972年生まれの僕にはイメージとしてどうしてもつながってしまう。「みんないっしょにしあわせに」という物事の考え方が根底にあるものは、形はなんであれ似通ってしまうんじゃないかと思うのだ。

文体がかなり慣れなかった。超絶技巧な文体で、説明は多く、ディティールも細やかで読んでて面白いのは間違いなんだけど、読み進めている途中で事態がぽつんと語られることが多くて、「え?いつのまにそうなってたの?」と巻戻って読むことが何度か。かなり集中力要します、僕のような頭の悪い人間には。

それと、解説を読んで、この『クーデター』はアップダイクの作品の中ではレアなケースというのを知ってまたびっくり。アップダイクの得意な分野は、エルレーが妻四人愛人一人との間で落ちぶれていく、ああいう様をメインに持ってきた小説らしく、もっと読んでみようと思った。

続きを読む "『クーデタ』/ジョン・アップダイク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

『真綿荘の住人たち』/島本理生

4163289402 真綿荘の住人たち
島本 理生
文藝春秋  2010-02

by G-Tools

北海道の善良な少年・大和君が大学生になり上京してレトロな下宿・真綿荘に。その真綿荘に暮らす大家と下宿人の一筋縄じゃない恋愛と生活。

ラスト、読み終えて、「なぜ結婚じゃだめだったんだ?」と考え込んだ。ほんと、すぐには理解できなかった。「君には、対等じゃあ、ダメなんだろう」この晴雨の言葉が、結婚ではだめなんだということはわかるものの、なんでその代わりに、養子縁組をしないといけないのか。そんなものなくても、今まで通り内縁でいいじゃないか。まったく理解できないものを突然1ページで見せられて、ぽーんと放り投げられたような気分だった。

じっと考えてみて、ああなるほど、親子か、とようやく分かった。このラストがすぐには飲み込めなかった僕は、ほんとうに幸せで満たされた子供時代を過ごせたんだと思える。千鶴は、水商売を生業とし、男に寄りかかって生きている母親の自分への愛情が、それほど深いものではないということを、生まれたときから知っていたような人生。だから、16歳のとき、何も言わずまったくの自分の責任だけで自分を抱きにかかった晴雨に、それ以来一度も抱こうとはしない晴雨に、捉えられ続けてきたのだ。同じように高校時代に強姦された経験を持ち、直接的にはその強姦ではなく、それ以降の経験から、男と付き合えなくなった椿に、「自分を強姦した相手と何事もないように住み続けるなんて気持ちが悪い」と詰られようと、千鶴が動じない理由がそこにある。千鶴にとっては、晴雨はそういう存在だったのだ。晴雨自身も、自分のすべてを自分のものにしようとした母親の呪縛に悩まされ不能で生きてきて、その母親が病に倒れ晴雨のこともわからない状態を見て、「俺はもう誰の子供でもない」と呪縛から解かれる。この小説は、恋愛の動きそのものよりも、千鶴、晴雨、あと、同じ真綿荘の住人である鯨ちゃんと付き合うことになる同じ大学の荒野、この3人の生い立ち、親との関わりあいの過去を通じて、人が大人になるための、周りの大人の、「親」という存在の重要さを感じれるものだった。

もうひとつ、まったくもってまともな大和君が、振り回されるように恋に落ちる相手、絵麻の恋愛。彼女に言い放つまともな大和君の言葉が、使い古された言葉だけどとても気が利いている。絵麻の相手は言わば高踏だけど、そんな生き方をして「結果」がよくても仕方がないよな、と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/08

『寝ても覚めても』/柴崎友香

4309020054 寝ても覚めても
柴崎 友香
河出書房新社  2010-09-17

by G-Tools

すこし前、遠出した際、一冊買おうと思ってうろうろして、そう言えば日経か何かの書評見て読みたいと思ってたなと買ってみた。柴崎友香は好みで、結構読んでる。変にテンションを上げていかない、無暗な盛り上がりを作らないところが好きなのだ。

1999年22歳の朝子に始まった恋の、10年間の来歴が語られる恋愛小説。柴崎友香は3,4年振りだと思うんだけど、その昔は読んでいて脳裡にバシバシと響いた、「言葉にならない」感覚というのが、さすがに僕も歳を取ったのか、あまり響かなかったように思う。女の子の、人を好きになる不思議な感性というのが描かれていることは明確にわかるんだけど、気持ちに入っていかない。でもそれは、僕が歳を取って感性が鈍ったということだけではなく、本著の焦点が、単に恋愛だけではないということにもあったのかもしれない。読むとすぐ気づくのが、本著は、頻繁に、2,3行の点描が挟まれる。その2,3行の点描は、そこまでの筋とあんまり関係がないようなあるような。その点描も含めて、「目に見えるもの」を観察し、書き落としていくことに、力点が注がれてる。それが、本著の「読む楽しさ」だと思う。

ストーリーは、全体の2/3くらいまで、かなり緩やかに進むと思う。2/3過ぎから猛チャージが掛かって、胸を抉られるような現場を見せられて、終わる。どの書評も「驚きの結末」みたいなことが書かれてて、2/3過ぎくらいからある程度予想はつくのに、更にそれを裏切るような展開が待っている。この展開は、女の子の恋愛には確かによくあることかも知れない。でも、作者にとってはこの「恋愛」の筋というのは、今回はそれほど重要じゃなかったのかも知れない。

読み終えてまず最初に僕が思ったのは、僕に似てる人が現れてはほしくない、ということだった。僕に似てる人が、僕を知ってる人の前に現れたりしないでほしい、ということだった。遠出した場所で買ってくる本としては最善の選択肢だったんじゃないかと、思う。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/15

『考える人 2010年8月号』/新潮社

B003T0LLEW 考える人 2010年 08月号 [雑誌]
新潮社  2010-07-03

by G-Tools

 箱根二泊三日のロングインタビュー。聞き手:松家仁之。「ロングインタビュー」と表紙に書かれていたのでどんなもんだろう?と手に取ってみたら、ほんとに長くて、読み終えるのに4,5時間かかったと思う。『1Q84』に関する話題をメインにしながら、「作家」という仕事をどうやって生きているのか、そういうことも語られていてどこも何も読み飛ばすことができないインタビュー。

 読み終えてみて、自分の中に残った印象や、これからものを考えるのにテーマとして記憶しておくべきと思ったことが5つ:

・仕事の仕方
・女性の描かれ方
・自我と自己
・善悪の基準と神話
・自由とは物語を自分のこととして捉えることができる能力

 「仕事の仕方」は、このインタビューを読んで誰しも印象深く感じるところだと思うんだけど、「ペースを守る」というよりは、「自分の仕事を最善の形でやり遂げるためには、どういうやり方がよいのかをよく考え、それを継続的に実行する」というふうに捉えるべきだろうと思う。これはサラリーマンである僕にとっては、「やればできる」と言われても、心理的負担は大きいしそう簡単なことではないんだけど、これまでも常に意識してやってきたことだし、これからもそうやっていけばいいと再確認できた。

 「女性の描かれ方」-これは、『1Q84』の感想や書評をいろんなところで読んでいると、特に一般の人で女性と思われる人のブログなんかに、「村上春樹もようやく女性がわかってきたんじゃない?」と書かれているのをよく目にして、どうしてそういうことを思うのかいまひとつピンと来なかったんだけど、このインタビューで少し分かった気がした。僕は、男性がどういうふうに描かれていようが女性がどういうふうに描かれていようが、それが勝手な「決めつけ」でなければ、大切なのは小説という「物語」全体を表すことなので、登場人物がどんな扱われようであってもそれはそういう役割だ、と思ってたんだけど、女性自身の立ち位置の変化が確かにあるんだな、と思った。「こうなりたい」と思うところに、潮流として少しずつでも近づいているから、描かれ方も受け取られ方も変わってくるんだなと少し納得。

 いちばんよく理解できていないのが「自我と自己」。僕は今まで、「自我」という言葉を深く考えたことがなかったように思う。本好きを自認してるなら「近代的自我」とかよく理解していないといけないはずなのに、なんとなくで済ませてしまっていた。ほんとうになんとなく、自分は自我が肥大した人間だと、それこそ思春期から悩んでいて、そしてそれはよろしくないことなので自我は極力抑えられるように鍛錬していこう、とそんなふうに考えて二十年以上生きてきたけれど、じゃあ「自我」ってなんなの?ということを深くは考えてこなかった。
 人の言ってることや書いてるものでその人となりを想像するとき、どうも毛嫌いしてしまうのはこの「自我」の肥大した人なんだろうなあという漠然とした感覚はあったものの、「自我」がなんなのかちゃんとわかってないから、それが正しいのかもどうかもわからない。僕にとって当面の読書の課題はここにしてみようかと思った。幸い、このインタビューで、自我(の描写・無描写)を考えるにあたってのたくさんの「入口」となる作家が提示されているし。

 「善悪の基準と神話」は、まさに『1Q84』を読みながら考えていたことで、何が善で何が悪なのか、何が正しくて何が間違いなのかは、自分自身で考えない訳にはいかない。価値観の変化とかいうことではなくて、「誰かが何が善で何が悪かを取り決めている」という感覚から抜け出すことが現代には特に大事だと思う。もちろん、それは、個々人が好き勝手に好きなことをやってればいいんだということにはつながらない。この辺は、『これからの正義の話をしよう』を読んだタイミングでちょうどよかった。あと、少し話が離れるように見えるかも知れないけど、最近自分がロードバイクを始めたのは、この辺の話を突き詰めたときに出てくる課題を、感覚的に無意識に気づいて始めたような気がする。

 最後に、このインタビューを読んで、自分の村上春樹作品への向き合い方というか、どういうふうに読んできたかというのが、それほど間違ってないんだということを、インタビューの端々の言葉や文から感じることがあって、よかったと思うしそれ自体誤解かもしれないなとも思うんだけど、「自分のこととして捉えて読まないと意味がない」ということを言ってる部分は、これは間違いなく僕が常々思ってることとぴったり一致してると思う。これは大変嬉しかった。自分の今までの読書が、より強固なものになったように感じる。

p26「ノモンハンの暴力の風さえ、その壁を抜けてこちらに吹き込んでくるということ」
p30「これは言うなればインターネット世界のあり方です。ものごとの善悪よりは、情報の精度が優先順位の尺度になっている」→マイケル・サンデルの正義論につなげられる
p35「その二人が、『1Q84』という世界をそれぞれにどのように生き抜いていくか。システムの中で個人を貫くという、孤独きわまりない厳しい作業に耐えながら、どのようにして心の連帯をいま一度手に入れるか、『1Q84』は、結局はそういう流れの話だと思うんです。」
p37「ノウハウを引き渡すということは、ある意味でサーキットを閉鎖していくことなんです」
p41「『昔話と日本人の心』河合 四位一体説」
p42「『真景累ヶ淵』
p43「はっきりとした意思を持ち、自律的に動く女性」
p54「おれの言うことが聞こえたのか」「聞こえたよ」というのではとまってしまう。「おれの言うことが聞こえたのか」ときたら「つんぼじゃねえや」と返すのが会話です(ゴーリキーの『どん底』)
p58「だいじなのは、そのころの二十代の青少年は基本的に未来を信じていた」
p66「リチャード・ブローティガン」「カート・ヴォネガット」
p67「当時の日本は今よりもはるかに、そういうセキュリティ(大きな会社に勤めていたり、家庭を持っていたり)に対する信頼が強かった」
p69「本質的な要因以外のところで、本が売れる理由を見出そうとする人が、とくにメディア関係に多いような気がします」
p69「でもいちばん大事なのはおそらく、信頼関係ですね」
p75「とにかく自我とはあまり関係がないものです」
p77「「神話の再創成」みたいなことがあるいはキーワードになるんじゃないかと」→これもマイケル・サンデルにつなげられる
p89「マルケスの小説って、考えてみればほとんど自我を描いていない」
p97「大きい声で言う人が勝つという感じが強まっているような気がします。言うだけ言って、その責任をとらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/19

『そしてカバたちはタンクで茹で死に』/ジャック・ケルアック&ウィリアム・バロウズ

4309205399 そしてカバたちはタンクで茹で死に
ジャック・ケルアック ウィリアム・バロウズ 山形 浩生
河出書房新社  2010-05-15

by G-Tools

 ジャック・ケルアックは『オン・ザ・ロード』を、ウィリアム・バロウズは『裸のランチ』を、それぞれ1冊読んだことがあるだけで、二人がビートジェネレーションであり熱狂的に支持された作家という程度の知識しか持ってないまま読んでみた。『オン・ザ・ロード』も『裸のランチ』も面白かったのは面白かったんだけど、僕は「破滅的な何かを漂わせる魅力ってそんなに魅力か?」と文句をつけたがる性分になっていたので、掘り下げて何冊か読んでみようとはしなかった。ドラッグにせよ精神異常性にせよセックスにせよ、生まれたときから多少なりとも命に関わる病気持って生まれた生い立ちの人間に言わせてもらうと「バカバカしい」ということになっちゃう(もっとも、両親がうまくやってくれたおかげで早くに治り本人は病気で不自由した記憶はないけれど)。精神異常性も自分で好き好んで破滅的な生活に追い込んで陥る分はとくに「バカバカしい」と思ってた。1972年生まれでバブルを越えて青春を1990年代前半に過ごした僕は、問答無用の無茶苦茶さならもっと酷いものを見てきたし、そういう無茶苦茶さに与してもほんとにバカバカしいだけで何にもならんというのも実感的に判ってて、ビートジェネレーションも「今更何なん?」と思っていた。
 本著の後書を読んで、ビートジェネレーションが狭い人間関係の中にあって、その引き金となった事件がカー・カマラー事件ということを学んだ。ルシアン・カーが、デビット・イームス・カマラーを殺害した事件で、本著はその事件をベースにして、知人であるケルアックとバロウズが章ごとに書き繋いだ作品だ。カマラーはゲイで、25歳のときに知り合った11歳のルシアンに入れあげる。そして8年間の末、ルシアンに殺される。性的関係はなかったとされる。僕はゲイではないのでその点だけはわからないけれど、カマラーのことを「煩わしいが利用したい部分もあり頼らざるを得ない部分もある」と見なさざるを得ないルシアンの困惑はちょっと判らないでもない。そこにゲイという要素が絡めば一層ややこしくなるのは自明だろう。でも、これって、言ってみれば普通、自分の親に対して誰しもが抱く感情だと思う。その依存の対象が自分の親ではなく、性的に倒錯した男性だったところに、ルシアンの中でも無理が溜まっていったんだと思う。そして、ビート・ジェネレーションの一味は、バイセクシャルが珍しいことではない-というより、「それがどうしたの?こんなの普通のことだよ」と言いたがってるように見える。
 1972年に生まれて現代を生きている僕にしたら、「そんなに壊れたいんならさっさと壊れてしまえばいいじゃん」と唾を吐きかけたくなる。その倒錯した破滅的な魅力というのはもちろん判らなくはないんだけど、壊れたがってるくせにうじうじ生きているようなヤツが僕はいちばんしょうもないと思うのだ。何かを壊したいと思ってるならまだいいけど。後書にも書かれていたけれど、この本の一番の無理は、「ストーリーの起点がカー・カマラー事件」であることだ。始まりを終わりに持って来ざるを得ないプロット。それって何のための始まりなの?とプロットにさえ突っ込みたくなる。
 僕は既に、雰囲気だけで耽美できるような時代も頃合も年齢も通り過ぎて今を生きているので、このビートジェネレーションの時代の魅力を今更学んで耽ることはできないと思う。自分が実際に生きてきた時代の懐古なら出来ると思うけど、その魅力の根本が全く自分の性に合わない時代の魅力にはもはや理解を示せない。『そしてカバたちはタンクで茹で死に』というタイトルの元になった場面が作中に出てくるけれど、「カバたちってのはつまりビートジェネレーションの仲間全体だろう?」と邪推しても、「ただのラジオ放送からおもしろいと思って引っ張っただけ」と言い返すくらいだろうし。

続きを読む "『そしてカバたちはタンクで茹で死に』/ジャック・ケルアック&ウィリアム・バロウズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/24

『誰でもカンタン!電動アシスト自転車メンテナンス』/スタジオタッククリエイティブ

4883933652 誰でもカンタン!電動アシスト自転車メンテナンス―オールカラー
スタジオタッククリエイティブ  2009-12

by G-Tools

Real Streamを買ってから思ってた以上に気に入って乗りまわしてるので、ロードバイクの知識やメンテナンスの知識を増やしたいなと思い、まずは電動アシスト自転車のメンテナンスを調べてみようと思い探してみたらぴったりの本が。幸い、図書館にあったので早速借りてみました。

「電動アシスト」特有のメンテナンスというのはそれほど多くなくて、通常の自転車メンテナンスがやっぱり大事なんだとわかる構成でした。いちばん驚いたのは、電動アシスト自転車専門の店が東京にはあって、カスタムなんかも手掛けてるということ。やっぱり東京は凄いなあ。

気に入ったのでこれは買います! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/13

『ドリーマーズ』/柴崎友香

4062156830 ドリーマーズ
講談社  2009-08-21

by G-Tools

 まず本筋にあんまり関係のないところから感想を書くと、『ドリーマーズ』で、赤の他人がふとしたきっかけで電車の中で会話するのが東京っぽいなあ、いいなあ、と思った。大阪ではあんまりこういうのない気がする。じっと考えてみて、東京はやっぱり、終わってもまたすぐ次が回ってくる、そんな環境だからじゃないかなと漠然と思った。

 柴崎友香は、おっとりのんびりした関西弁とちょっと胸を締め付けられるような筋書きが好みで、図書館の新着図書に本著があったので予約して借りてみたんだけど、ちょっと食い足りなかったかな。短編集なんだけど、一篇目の『ハイポジション』と最後の表題作『ドリーマーズ』が読んでて目が吸いつけられるし頭にぐいぐい入ってくるんだけど残りは若干印象が弱くて、「やっぱり年を取ると感性が弱まってくるというのもあるかも知れないけど、何より、自分が普段生活している世界と全然違う世界が描かれてると、ディティールにいちいち躓いてしまうしうまく頭の中で想像ができないので、感じ方が弱くなるのかな」と思いつつ読んでたけれど、読み終えて初出を見ると、『ハイポジション』と『ドリーマーズ』は「群像」で、それ以外は違ってて、やっぱり読者層というのを意識して書き分けてるってことかなあと凄く納得しました。

 タイトルは『寝ても覚めても』があんまりない感じで、これが良かったんじゃないの?と読んでるときは思ったけど、全部読み終えたらやっぱり『ドリーマーズ』だな、とこれまた納得。夢というか予感というか、そういうのが織り込まれるのが多い。「あれってこれの予兆だったんだ」と思うような夢や出来事は、後からわかったとしても日々のアクセントとして心の中で大切にしてあげてる人々。そこにもってちょっとだけ、死のイメージが絡んでくる。「またここでも死についてか!」とちょっとびっくりしたけれど、「もしかしたら自分はもう死んでるかも」というイメージを持つのは、とても悲しいことだけとは言い切れないなというのがもっとも新鮮でした。 

続きを読む "『ドリーマーズ』/柴崎友香"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/01

『ほかならぬ人へ』白石一文

4396633289 ほかならぬ人へ
祥伝社  2009-10-27

by G-Tools

 白石一文で祥伝社。今まであったのかなかったのか調べてないけどそれだけで興味が沸く。

 帯に「愛するべき真の相手は、どこにいるのだろう?」とある通り、愛する気持ち、恋愛行為というものの本質が具に描かれた小説だけど、僕には読んでて「愛」よりも「死」が眼前に迫ってくるようだった。自分にとっての「死」がリアルに感じられるというんじゃなくて、どこにも普遍的にあるはずなのに、普段は忘れているような「死」という存在が、身近に感じられるというような。徒に恐れることなく、日常に存在しているものなんだから忘れずにいようよ、と言われているような感覚だった。

 明生は、親同士が決めた結婚相手だった幼馴染の渚に、「だからさ、人間の人生は、死ぬ前最後の一日でもいいから、そういうベストを見つけられたら成功なんだよ。言ってみれば宝探しとおんなじなんだ」と語る。それは、人に救いをもたらす言葉だけれど、もうそのベストを見つけたことがある、と思い当たる人にとっては、ひょっとしたら人生の残りの時間はただ…とより深い絶望に突き落とすような言葉でもある。明生にこう言われて「ほんの少しだけどすっきりした」と言った渚は、翌日事故で亡くなってしまう。渚は死の前日、この明生の言葉に触れて、「成功」だったと思っていいのだろうか?もしベストを見つけられたとしても、見つけられただけで、その人生は「成功」なんだろうか?渚は確かにベストを「見つけては」いた。

 やはり、生きていてこそ愛が輝くのだと思う。どんな形であれ、愛を輝かせるために生き抜いてみせるという力強さは、どんな時代にも必要なものだと思う。

続きを読む "『ほかならぬ人へ』白石一文"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/19

『ザ・ピロウズ ハイブリッド レインボウ』/音楽と人

4903979113 ザ・ピロウズ ハイブリッド レインボウ
音楽と人
USEN  2009-09-15

by G-Tools

 一昨日の夜中、さわおがインタビューされてる番組を二本立て続けに観て、その中でかの有名な「眉毛のない増子さんが待ち伏せしてた事件」を喋ってて、「あ、そういえばオレ、ハイブリ本の感想であのエピソード触れたっけ?」と思ったので改めて。

p40 山中さわお「で増子さんが言うんだ。『行ったほうがいい。絶対チャンスだし、ちゃんと東京でお前は成功するべきだよ』『俺だったら、メンバーに土下座しても絶対行くね』って」「でもね、後からわかるんだけど、増子さんはすごく察しのいい人でね。俺の言われたいことを言ってくれたんだよ。だからほんとは全然嘘で、増子さんは、もしひとりだけ誘われても絶対行かないタイプだよ。そこだけ嘘をついたの。僕のためにたぶん嘘をついたんだ。」
p89 増子直純「あの時、もうそっちに気持ちが傾いちゃってる自分を責めてたんだ、あいつは。「それは裏切りなんかじゃないし、自分を責めることじゃないぞ」「まあ、俺だったら絶対行くね」って言ったよ。本当は絶対行かないけどね。」「俺、そんなに音楽的な才能とか素養があるとは思ってないから。」

 増子直純は確かにいい男だ。でも僕はこういう男に憧れないし憧れちゃいけない。増子直純の気持ちに気づいた、さわおに憧れるしこういうふうになりたいなと思う。控えめに言っても僕は増子直純のようなスタンスは常に取れていると思うし「察し」はいいほうだ。けれど、増子直純が嘘をついたのは、詰まるところ自分が「土下座しても絶対行く」ようなタマじゃなかったからだ。そんなのに憧れてちゃいけない。そこそこんところで満足することに憧れるようではいかんともしがたいのだ。やっぱり僕はさわおのスタンスが好きだし、人の気持ちに気づける冒険者になりたいなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/27

『ザ・ピロウズ ハイブリッド レインボウ』/音楽と人

4903979113 ザ・ピロウズ ハイブリッド レインボウ
音楽と人
USEN  2009-09-15

by G-Tools

 ピロウズの3人の他、岩田こうじ・増子直純・吉村秀樹・吉村由香・yoko・JIRO・ホリエアツシ・細見武士・上田健司・湊雅史・鈴木淳・RYOTA・大木温之・クハラカズユキのインタビューで構成されたヒストリー本。ピロウズの3人については、『音楽と人』2007年6月号掲載分を加筆訂正とあるので、厳密には20周年の今の声ではないけど、真鍋君、シンちゃんの過去に対する思いと現在の思いを読めるのは貴重。ピロウズの歴史をつぶさに知ろうと思えば、デビュー当初からほぼ毎年のインタビューが掲載されている「the pillows cast」のほうが圧倒的な情報量でオススメ、逆に比較的コンパクトに知りたいとか、ピロウズ3人の声を聞きたい(「the pillows cast」はほとんどがさわお単独のインタビュー)という場合は本書が向いていると思います。

 興味深かったのはデビュー以前の活動での繋がりかなあ。すごい有名どころのバンドのメンバーとかざくざく出てきて、やっぱりすごいところにすごい人が集まるのだなあと納得。よいものを作るためには、広い交流とレベルの高い人との付き合いが必要なんだなあ。 

 p9「バカをわからせるためには、ラジカセの前で弾き語りしてもダメだ。」

 何かを成し遂げるためには、その段取りを考える力が絶対必要。自分の独りよがりな努力ではなく、認められる努力。さわおの行動力には敬服。

 似たような音を出してないと「何をやりたいのかわからないバンドだ」と言う向きがあるけど、なんて年寄りくさい物言いだと思う。音が似てないと同一と判別できないような耄碌が、ジャンルなんてものをつくる。でも、意外と人は自分でジャンル作って「僕はここの所属しています」と言ってアイデンティティを確保したがる。さわおはそういうのに対してきっぱりバカらしいと言い放つ。彼はとにかく首尾一貫してて論理的ですごいと思う。

続きを読む "『ザ・ピロウズ ハイブリッド レインボウ』/音楽と人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/23

『the pillows cast [1989-2009]20th Anniversary Special Edtion』

Image042_2

 半年に一度発売されるミュージシャンインタビュー誌『cast』が20年the pillowsを追いかけた軌跡をまとめた一冊。

 さすがに相当な分量で、読むのに相当時間がかかりました。916までに読み終えたかったんだけど間に合わなくて、今日ようやく終了。デビュー当初からほぼ毎年欠かさずインタビューをしている信頼感で、とても密度の濃い内容。20年の歴史をほんとにつぶさに感じることができます。ずっと一貫して変わらないスタンスでいるようで、少し年齢のことを出してみたり、当たり前なんだけどそういう変化みたいなものが、年齢が近い分しみじみわかるもんで、読んでてやっぱり励まされます。さわおは、「君の歌になってくれればいい」と、曲に関してそう言うんだけど、the pillowsの軌跡自体も、僕にとっては大事な羅針盤です。

 言葉になってるのを見て「そりゃそうだよなあ」と納得したんだけど、「もう、次はこれ以上いいものは書けないんじゃないか?」という不安は毎回感じる、とさわおは語っていて、どれだけ自信があっても、その恐怖心というのは乗り越えるべきものとして存在するんだなあとちょっと安心した。それから、2003年のツアーで、ライブ中にぼんやりしている瞬間があったという話、これも「あ、そうなんだ」と。自分にそういうことが起きたことがあるとか、短絡的に言うわけじゃなくて、長い活動の中でアップダウンを繰り返してるのは一緒なんだなーって、そういうのを感じるだけで自分も少し強くなれるもんだなとちょっと驚き。
 
 『the pillows cast』と『Talking Rock!』を読み終えて、じっと思い返して印象に湧き上がってくるのは『Thank you, my twilight』についてです。「折り返し地点を曲がったと思っているけれど、それに悲しんでる訳じゃなくて、サンキューと言える」ってくだり。『Thank you, my twilight』は2002年なので、今から7年前、さわおは33歳?今振り返ってみたら、確かに僕もそのくらいの年に、折り返し地点を曲がったと思ったな、と思う。でも僕はサンキューなんてとても言えなかった。言えないままここまで来ちゃったので、もっと無我夢中になろうと決意しました。

続きを読む "『the pillows cast [1989-2009]20th Anniversary Special Edtion』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/05

『八州廻り桑山十兵衛』/佐藤雅美

4167627019 八州廻り桑山十兵衛 (文春文庫)
文藝春秋  1999-06

by G-Tools

 関八州(武蔵国相模国上総国下総国安房国上野国下野国常陸国)を巡回して悪党者を取り締まる関東取締役出役-通称”八州廻り”の桑山十兵衛が主人公の捕物帖。

 時代小説はあまり読んだことがないんだけど、これは滅法おもしろかった。読んだことがないから、地名とか職業名とか知識がないものが多くて読み進めるのにちょっと苦労したけどそんなの気にならないくらいおもしろかった。十兵衛が悪党者の正体を推理し、取調べを進め、追いかける、推理小説的な捕物帖のおもしろさを十二分に味わえた。

 桑山十兵衛は八州廻りという悪党者を捕まえる立場の人間なので、道案内や手下を使う立場。建前とは言え、上下関係はあれども同じ人間でありあまり露骨に偉そうな立場を取るべきではない、という時代に生まれている僕には、江戸時代の上下関係というのはさぞかし絶対的で窮屈なものだろうなと漠然と思っていた。でも、道案内や手下にきびきびと命令する十兵衛の態度は、全然不愉快なものじゃない。この好感というのは、己の仕事を追及するプロフェッショナリズムがあるからだなあ、と感じ入った。僕がこういうふうに、仕事上の相手に対して堂々と渡り合えないのは、自分ができるべきことをできてないから、負い目があるからだ。端的に言って甘いから、甘えがあるから。これは気持ちを入れなおさないといけないな。
 また、物の言い方進め方も大変参考になった。大体冷静に事を進めてるんだけど、怒りや憤りなんかで感情が乱れているときに、それをそのままこういうふうに言って進めればいいんだ、と感心したり。話言葉にしろ書き言葉にしろ、表現は多彩で精密であるべきだなあと自分を戒めた。

 時代小説や歴史物を読むとよく感じるのが、とても現代的な社会問題と思っていたことが、実は過去にもあった問題だということと、昔からこういうもんなんだろうと思っていたことが、実はごく最近の感覚なんだということの両方ある。前者は、例えば『怯える目』に出てくる下野の窮状。江戸時代でも過疎はあり、衰えた村からは人が逃散して廃村してしまう。「地方の疲弊は一極集中の弊害」などとよく言われる。確かに江戸時代は一極集中の極みだし理屈はあってるんだろうけど、まるで太古の昔からある古里が現代のこのタイミングで破壊されてしまうと言わんばかりの理屈は、どうも胡散臭いなと、『怯える目』のこの箇所を読んでるとき感じた。自力でやっていけなくなったらその村は潰れてしまうまでで、田舎なんて自力でやっていける訳ないんだから国がお金回してくれて当たり前でしょう、というのはやっぱりちょっと違うと思う。
 後者は、『密通女の高笑い』に出てくる、間男七両五分。もちろん、公事上は、密通したものは死罪と決まってるが、たいていは「ほとぼりが冷めるのを待って金で話をつける」らしい。「刃傷沙汰などめったにおきない」らしい。また、「昔は容易に無宿になどしなかった」という話も、現代の厳罰化論議に通じるものがあると思う。厳罰化すれば犯罪が減るのか?厳罰でない肝要な社会で犯罪が少ないというのは、人々の道徳常識が高かった過去の話だと言われ勝ちだけど、昔にも似たような感覚があったのだと思うと、本質はそこではないなと思う。

続きを読む "『八州廻り桑山十兵衛』/佐藤雅美"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/30

『the pillows cast [1989-2009]20th Anniversary Special Edtion』

File04

「大器晩成とか遅咲きって言葉をリアルに口にしていいバンドは、俺達だけだと思うな」。
(the pillows 山中さわお/本文より)

今年20周年を迎えるピロウズを、デビュー以来20年追いかけインタビューし続けてきた稀有な雑誌、「cast」のインタビュー完全保存版。ほんとに失礼だけど、一地方のローカル誌がこんなとてつもないことしてたなんて驚き。7月のZepp Osakaで配られたビラで存在を知って、通販で買いました。amazonでさえ手に入らないんだよ!タワレコ、HMVには置いてるらしいけど一般書店には置いてないとか。凄いよね、こんな凄い本をそんなふうに流通させてるなんて。

毎日少しずつ読んでます。
詳しくはjoyfultown.jpホームページにて。買いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/31

『顧客はサービスを買っている』/北城恪太郎  諏訪良武

4478006679 顧客はサービスを買っている―顧客満足向上の鍵を握る事前期待のマネジメント
北城 恪太郎
ダイヤモンド社  2009-01-17

by G-Tools

 北城恪太郎氏監修ということで期待して読んだが、概ね既知の内容だった。

  • サービスサイエンスの視点。モデル化。
  • ”事前期待”の可視化・顕在化と、マネジメント
  • マネジメントとは、「管理」ではない。

 このタイプの本を読むと、直に「自分はどう行動すればよいか?」という視点になる。そして、会社全体のことを考え、会社全体を改善するためにまず自分が働きかけられる部分はどこか、という発想になる。この思索には「マネジメント層」「フィールド」という2つの役割しかない。しかし、膨大なフィールド情報を読み込めるだけのスキルやシステムを持っているマネジメント層は稀で、フィルタリングするための役割が必要なはずである。それがない企業に勤めている間は、「自分はどう行動すればよいか?」と自分のフィールドの役割にあった行動を考えるのは無駄で、一足飛びに「マネジメント層」視点でモノを言うほうがよいのではないかと思う。

 オムロンフィールドエンジニアリング社の情報システムやコールセンター見学の話が、「サービスの見える化」として紹介されている。こういうのを見聞きして、自社のコールセンター見学ツアーなどを企画しているのだなあ、と初めて謎が解けた思いだった。もう何年も前から、「いくらシステムが素晴らしくても、それがお客様に価値を提供できているかどうかは別問題」という問題意識が、少なくとも僕の周りにはあった。それなのに、よく嬉々としてコールセンター見学ツアーなどやるもんだと思っていたが、こういう「古い成功事例」を追いかけていたのだ。オムロンフィールドエンジニアリング社のコールセンター見学が説得力を持ち(今でも)成功するのは、①先駆者であるから②当時はシステム自体が他にないものだったから に尽きると思う。今じゃどこにでもあるような二番煎じのシステムを見せて、感動するようなお客様はいないだろうし、そんなものを見てサービスが素晴らしいと納得されるお客様なら、実際に提供したあとにトラブルが起きるだろう。「納得」が大事なのだ。

続きを読む "『顧客はサービスを買っている』/北城恪太郎  諏訪良武"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/04

『CHICAライフ』/島本理生

4062147947 CHICAライフ
島本 理生
講談社  2008-06-27

by G-Tools

 島本理生が2003-2006年の間、『ViVi』に連載したエッセイを集約し加筆・訂正されたもの。

 この本については、失礼を承知で本音を書きたくてしょうがないので、書いてみる。島本理生は『ナラタージュ』でハマッて以来大好きな作家で、 結構読んでる。作家のエッセイにはあんまり興味のないほうというか、手を出さないようにしてたほうなんだけど、島本理生はエッセイも読んでみたいと思ったくらい、好きな作家なのです。それを前提で書くと、僕の中では島本理生って、若くして『ナラタージュ』のような、重層的な恋愛小説を書ける力量を持った凄い作家と認識してて、そういう作家というのは、天才というか、とんでもない文学的才能を持ち合わせて生まれてきて、とんでもなくアタマも良くて、高学歴で仕方がないんだろうなあというイメージがあった。僕は自分のことそんなにめちゃめちゃアタマが悪いとまでは思わないんだけど記憶力は悪いし論理的思考にも欠けるので(ってことはやっぱり悪いのか…)、なんだかんだ言ってやっぱりレベルの高い大学にいってる人の能力というのは高くて叶わないもんだ、と思ってる。そして、島本理生もそうだと信じて疑ってなかった。そんななかでも文学を志す人というのは、とても高尚に色気も纏まっていて早熟な恋愛に身を染めているか、文学オタクではないけれど、あんまり実恋愛と縁のない生活なのかどちらか、と思ってた。

 ところが、だ。『CHICAライフ』を読んで、ひっくり返った。ムチャクチャなのだ。母親が名を成している舞踏家・鍼灸師ということで、一般庶民と違う親交や情報の入り方の素地というのが子ども時代からあったと思われるけれど、それでも僕の中の「文学を志す人」の特殊なイメージとはかけ離れた一般人加減。高校時代の思い出の記述は、30代後半の僕の目線で、自分の高校生時代のことを思い出しながら読めば、君はヤンキーか?と思わずにはおれないむちゃくちゃ加減だし、なんとすれば一体どれだけのサイクルでつきあってるんだ?と疑問に思うくらいつきあってるし、すぐ同棲してるし、もう少し遡って中学生の頃は活字耳年間だったなんていってるし、おまけに大学に関して言えば、もちろんレベルの高い大学ではあるけれどもどちらかというと一般的な範疇に入る大学で、その上中退してる!更に言うと、もう結婚もしてた!

 とにかく、今まで、物事を決めつけで見てはいけない、と常々心がけながら生きてきたつもりだけど、こういう角度の「偏見」というのも存在するものなんだ、と気づかせてくれた一冊に違いない。島本理生は文学エリートではなくて、現代の無頼派だった。どんなやり方であれ、経験値はやっぱり多いに越したことはないのだ。その教訓を生かそうとしても、僕の年ではもう、あまりに無茶なことをやってはただの非常識になってしまうので、無茶なことのやり方も考えなくてはいけないけれど、なるだけやってみようと思う。

続きを読む "『CHICAライフ』/島本理生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/01

『39歳までに組織のリーダーになる―活躍スピードを加速する」/柴田励司

476126246X 39歳までに組織のリーダーになる―活躍スピードを加速する
柴田 励司
かんき出版  2005-04

by G-Tools

38歳で人事コンサル会社 マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング株式会社の日本法人社長に就任したリーダーシップ論。

本書は、”リーダー”を、明確に「社長」と想定している場面と、”リーダーシップ”を、肩書きによって与えられるものではなく、人を動かすことのできる「推進力」として説明されている。なので、本当に「社長」を目指す人間にとっても、ポジションに関わらずリーダーシップを身につけることで仕事のステージを向上させた
い人間にとっても有用な内容になっている。説明は非常に平易で、流し読みするだけだと、今までどこかで読んだことのある「お説教」くらいにしか読めないが、真剣に読みこむと、実は現状の自分ではわかっているようで見えていなかった「リーダー」の視点、というのに気付いてくる。これを身につけ実践するのは簡単なことではないが、真剣な意味で「気づき」を与えてくれる、素晴らしい文章だと思う。

続きを読む "『39歳までに組織のリーダーになる―活躍スピードを加速する」/柴田励司"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/01/31

選択 2009.1

トヨタ「経営垂直悪化」の深層
p64 「トヨタ生産方式で省けるムダは、部品は仕掛品などの半製品。ところが完成品である自動車は例外。」「増産や生産技術を引き上げるための投資は惜しまない。新車開発のコストはケチっても、工場には高価な最新設備を迷わず導入する」

→昔は「下請け」をこき使い、今は「非正規労働者」をこき使う。要は、以下に身内を少なくするか、に注力してきた経営

p66 「傲慢なグローバル企業になっている。特に顕著なのが技術開発。自社でコツコツ取り組むよりも、カネで買ってくればいいという考え方になってしまった。今のトヨタはビッグスリーとそっくりだ。」

→スピード競争の渦中では、カネで買ってくるのは仕方のないこともある。どんな信念や計画で買ってくるのか?ただ「手を広げる」という意図だけではダメ。多角経営と同じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/31

『そうか、もう君はいないのか』/城山三郎

4103108177 そうか、もう君はいないのか
城山三郎
新潮社  2008-01-24

by G-Tools

 読了していて感想が書けてなかった本その1。年末休暇を利用して一気に書いてみよう。

 城山三郎は一冊も読んだことがない。それでいて、城山三郎はなんとなく知っていた。それでこの本を手に取ってみた。タイトルに代表されるような惜別の言葉は、ありふれている言葉なのに寒くならない。なぜだろう?もちろん、寒く感じる人もいるのだろう。城山三郎と同世代の人は寒く感じないのだろう(だから売れたのだろう)。でも、たいていの人には、ちゃんと伝わる言葉な気がする。なぜだろう?心底から吐き出せている言葉というのは、言葉遣いが同じでも、ちゃんと伝わる言葉になって出てくるんだろう。そこまで自分も思い詰めたいと焦ると同時に、言葉に希望を持つことのできる一冊だった。

続きを読む "『そうか、もう君はいないのか』/城山三郎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/15

『スイッチ』/さとうさくら

4796652477 スイッチ
さとう さくら
宝島社  2006-04-22

by G-Tools

 就職活動に失敗し、フリーター暮らしを続ける26歳の晴海苫子。彼女はうまくいかないことがあると、消えてほしい相手の襟足にスイッチを探すか、自分の襟足にスイッチを手探りする。存在を消してしまうスイッチをー。

 この小説は、「日本ラブストーリー大賞」に応募された作品で、「審査員絶賛賞」という賞を受賞した小説。苫子のあまりにうまくいかない社会人ぶりが目に付くけど、これは確かにラブストーリーだと思う。苫子がうまくいかないところは、社会人としてはあまりにレベルが低いところもあるけれど、うまくいかないから逃げ出してまたうまくいかなくて、というループは、社会生活だけじゃなくて生活のいろんな場面で存在していて、誰でも共感するところがあるんじゃないかと思う。例えば苫子の短大時代の友達で、仕事を器用に頑張っているように傍からは見える結衣だって、その体裁を取り繕うことの繰り返しに実はほとほと疲れきっている。
 うまくいかなくて逃げて、もしくはごまかして、そしてまたうまくいかなくて、という繰り返しは、誰にだってあるもので、そこを何とかするためには、遮二無二ぶつかっていくしかない。それで例えやっぱりうまくいかなかったとしても、逃げてループしてまたうまくいかないのとは絶対違う何かが起きる。サル男との別れ際の絶叫もそうだし、結衣との終盤の電話のやり取りもそう。面倒がらずにやれることをやってみるんだと腰をあげるしか道はないってことを一気に読ませてくれる、いい小説だと思いました。

 苫子がうまくいかない原因の根本として、「落ちる」という言葉が出てくる。「気持ちが落ちる」ということだけど、原因の追及がそこで止まってしまっているのは残念といえば残念。でもこれは恋愛小説なので、そういう気分のメカニズムについて深入りすると詰まらなくなる。敢えて言えば、サル男との話のなかで、「何でも気分次第」くらいの雰囲気を漂わせてほしかったかな。サル男とのくだりも、「上がった気持ちもすぐ落ちてもともこもない」で終わってる気がするから。

続きを読む "『スイッチ』/さとうさくら"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/06

『週刊ダイヤモンド2007/6/23』

天下り全データ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『週刊ダイヤモンド2005/1/8』

丸ごと一冊「お金」入門

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/30

『monkey business』/柴田元幸

4863320086 モンキー ビジネス2008 Spring vol.1 野球号
柴田元幸
ヴィレッジブックス  2008-04-18

by G-Tools

 『野球のダイヤモンド、小説の輪郭』という、柴田元幸と小川洋子の対談で、小川洋子が「人間が決めた掟の中心に立って大きな声で喋れる人はいいけれど、それがどうしてもできなくて、隅の方で、私はここでいいんですと佇んでいる人たちの、声にならない声を聴き取る」というのがとても良かった。印象深い。
 世の中がどんどん声がデカいもん勝ちみたいになってきてて、しかもそれがいいことなのか悪いことなのか振り返って考えてみようともしない、声出さないヤツが悪い、そんな風潮で、なんとなくそれはそうだなあと流されてきていたけれどやはりそれは何か間違っているという漠然とした感覚はある。それを、きちんと「それは間違いです」と言い切るだけの言葉を獲得していくのが、自分の読書をする理由だと思ってる。 

続きを読む "『monkey business』/柴田元幸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/03

『佐藤可士和の超整理術』/佐藤可士和

4532165946 佐藤可士和の超整理術
佐藤 可士和
日本経済新聞出版社  2007-09-15

by G-Tools

 アートディレクター・クリエイティブディレクターの佐藤可士和の「整理」に関するハウツー本。”整理”というと物理的な整理をまず思い浮かべるが、本著は仕事全般に通じる”整理”を説いている。具体的には空間の整理・情報の整理・思考の整理の3つの切り口から、整理の仕方を紹介している。細かい方法を書いている訳ではないが、「整理を徹底することが仕事の効率や生産性を上げる最善の方法」という意見をきちんと理解できるように書かれている。
 徹底して整理をすることは仕事の精度を上げることに繋がると考えていたので、その考えの裏づけや補強をする材料がたくさん手に入り有益だった。

  • 人間関係の整理が課題。
  • 周囲の人間が整理に無理解な場合に、整理のスタンスを推し進めるためにかなりのストレスがかかる。これも課題。
  • ルールは変えてしまうことができる。そのために視点を複数持つべき。
  • 「問診」の考え方は取り入れられる。
  • 知識量も大事。

続きを読む "『佐藤可士和の超整理術』/佐藤可士和"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/02

『箱』ジ・アービンガー・インスティチュート

4890361383 箱―Getting Out Of The Box
ジ・アービンガー・インスティチュート The Arbinger Institute 冨永 星
文春ネスコ  2001-10

by G-Tools

 『”やぎっちょ”のベストブックde幸せ読書!!』さんで知った本です。「自己欺瞞」との向き合い方がテーマの本で、人にオススメできる良書だと思います。

 唯一心配な点をあげるとすれば、どちらかというと善良な人で行き詰っている人がこれを読むと、更に追い込まれるのではないかという点。そういう意味ではこれは「基本的に人はみんな悪いもんだ」という西欧的な人間観がベースにあってそれがほぼ通用するような社会で有効なのかも知れません。
 なので逆に言うと、日本的と言われる「思いやり」も、実は日本にしかないものではなく、世界中どこにでも存在できる可能性があると言えるし、日本では教育の一環として(これまでは)身につけられていたものが、アメリカではこんなふうに「自己欺瞞」を用いて解明し納得させてていかないと身につかないということもできる。いずれにしても「これは日本独自」「これはアメリカ独自」と決め付けず、良い点をどのように取り込んでいくかという視点が大切。

  • 騙す相手にはどう対処するか?→社内にも騙そうとしてくる相手はいる
  • ファンドと経営者の違い(もしくは同一性)
  • ”リソース”という考え方→自分が何が出来るか?
  • ”正しくない”相手に対する対処法

p30「ゼンメルヴァイス」
p31「我々が『人間関係の問題と呼んでいる、・・・これらを引き起こしているのは、たった一つの原因なんだ。」
p55「一番目の場合には、人は自分を他の人々に囲まれた一個人だと感じているのに対し、二番目の場合には、物に囲まれた一個人だと感じている。」
p58「トム、君と会ったときの相手の気持ちを想像してみてくれないか。」
p63「少なくともわたしの場合、相手の名前に関心がないということは、一人の人間として相手に関心がないということだ。」
p82「ローラ、どうしてそうなんでもかんでも、ややこしくしてしまうんだ。ただ、どうしてるかなと思って電話しただけなのに」
p100「これらはすべて自分への裏切りなの。人のために何かをすべきだと思いながら、それをしない」
p111「妻にはそういう欠点があったにも関わらず、わたしは起きて妻に力を貸してあげなくてはと感じていた。自分の感情に背くまで、妻の欠点はわたしが手を貸さない理由にはなっていなかったんだ。」
p134「自分が自己正当化イメージを持ち歩いているんじゃないかと疑ってみるのも無駄ではないと思う」
p137「そうなんだよ。自分は何でも知っているという自己正当化イメージを持っている場合、その人は、ほんとうにいろいろなことを知りたいと思っているんだろうか」
p151「その通り。こういったのよ。『あら、ぎりぎりだったわね』わかる?息子が責任ある行動をとっても、そのことを認めてあげられなかったっていうわけ」
p152「息子さんを責めている自分を正当化するには、相手が責めるに足る人間でなくてはなりません」
p164「箱の中に入っていると、どうしても自分に気持ちが向いてしまって、結果に集中しきれなくなるんです」
p191「この会社の社員は無能だという確信をいっそう深め、さらに細かく支持を与え、たくさんの方針や手順を作り上げていった。」
p206「だからなんだよ、技術分野以外で技能研修をやってもちっとも効果があがらないのは。さまざまなテクニックがいくら有益なものでも、箱の中で使っている限り、役には立たない。それどころか、相手を責めるさらに巧妙な手口になってしまうんだ。」
p220「箱の外に出た形での人間関係が一つでもあれば、いろいろなことができる」
p237「相手を責めることで、相手はよくなったかな?」

知っておくべきこと
・自分への裏切りは、自己欺瞞へ、さらには箱へとつながっていく。
・箱の中にいると、業績に気持ちを集中することができなくなる。
・自分が人にどのような影響を及ぼすか、成功できるかどうかは、すべて箱の外に出ているか否かにかかっている。
・他の人々に抵抗するのをやめたとき、箱の外に出ることができる。

知ったことに即して生きること
・完璧であろうと思うな。よりよりなろうと思え。
・すでにそのことを知っている人以外には、箱などの言葉を使うな。自分自身の生活にこの原則を活かせ。
・他の人々の箱を見つけようとするのではなく、自分の箱を探せ。
・箱の中に入っているといって他人を責めるな。自分自身が箱の外に留まるようにしろ。
・自分が箱の中にいることがわかっても、あきらめるな。努力を続けろ。
・自分が箱の中にいた場合、箱の中にいたということを否定するな。謝ったうえでで、さらに前に進め。これから先、もっと他の人の役に立つよう努力しろ。
・他の人が間違ったことをしているという点に注目するのではなく、どのような正しいことをすればその人に手を貸せるかを考えろ。
・他の人々が手を貸してくれるかどうか気に病むのはやめろ。自分が他の人に力を貸せているかどうかに気を配れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/01

『強運の持ち主』/瀬尾まいこ

4163249001 強運の持ち主
瀬尾 まいこ
文芸春秋  2006-05

by G-Tools

 就職した会社を半年で辞め、収入のため占い師の仕事についてルイーズ吉田(本名吉田幸子)。訪れるお客の様々な問題に向き合うお話。短編連作集の形態なので、一話一話で内容は独立していて読み進めやすいです。TVの連続ドラマ的。

 ルイーズ吉田は占いについて、「お客さんに前向きになって帰ってもらうためのもの」というポリシーを持っていて、これが凄く高いプロ意識に見える。占いだからもちろんよくない内容が出ることもあるけれど、それをそのまま伝えるのではなくて、お客さんがどうしたいのかを見極めて、なるべくそちらに導いてあげることを旨としている。「それじゃ占いじゃないじゃないか」という声もあると思うけど、… 

続きを読む "『強運の持ち主』/瀬尾まいこ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/22

『「コンサルティング・ファーム」の仕事』

4478311579 「コンサルティング・ファーム」の仕事
週刊ダイヤモンド編集部 ダイヤモンドハーバードビジネス編集部
ダイヤモンド社  1998-02

by G-Tools

 1998年の出版だが、現在のコンサルティングビジネスを理解する上でも歴史を知る上でも非常に有益だった。

p26「日本人はまず失敗を考える傾向を持つ」
p123「いまだに社内をインタビューして回って、それをまとめてトップにプレゼンするなんてことが起こる。そうするとどうなるか。トップに「なんだこれは。こんなことならわかっているよ」って言われてしまう。」
p126「最初からコンサルタントに憧れるということは、何か泥臭いことをやりたくないといった感情的な背景があるんじゃないですかね。」
p134「もちろん売り文句は「完全テーラーメイド」でした。」

続きを読む "『「コンサルティング・ファーム」の仕事』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/21

『大失敗』/スタニスワフ・レム

433604502X 大失敗
スタニスワフ・レム 久山 宏一
国書刊行会  2007-01

by G-Tools

 期限内に読み切れず返却…。かなり本格的なSFで辛かった。また借りよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/20

『静かなリーダーシップ』/ジョセフ・L.バラダッコ

479810261X 静かなリーダーシップ
ジョセフ・L. バダラッコ Joseph L.,Jr. Badaracco 夏里 尚子
翔泳社  2002-09

by G-Tools

p96まで。

・現実的になること/自分の理解を過大評価しないこと(p30)
・会社が法律違反の営業キャンペーンを実施した際の対処(p51)

・行動の方向性/自分が不適格だと考えない/自分自身と自分の動機を信じる/自分にとってその問題が本当に重要であるか

・時間稼ぎ(その場/戦略的)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/11

『恋愛小説』/川上弘美・小池真理子・篠田節子・乃南アサ・よしもとばなな

4101208069 恋愛小説
川上 弘美 新潮社
新潮社  2007-02

by G-Tools

 『天頂より少し下って』/川上弘美
 「あたしがこの世に生んじゃったせいで、あんたも恋愛とか失恋とかいろいろ厄介なことを始める羽目になったんだよね。ごめん。」この一文にびっくり。最近、『僕のなかの壊れていない部分』を読んで、「女性は、いずれ不幸になる運命を背負わせて新たな生を産むことに何の罪悪感も感じていない」というようなことが書かれているのを、「これは男でしか考えないことだろう」と思っていたから。

 『夏の吐息』/小池真理子
 「どちらか一つが本当のあなたで、もう一つはあなたという男の仮面をかぶった別の人間だったのではないか、などと考えてしまうのです。」これは反対に、女性でしか考えないことだろうなあ。人は辻褄のあうことばかりじゃない。特に男は。どうしていくつもの人間性を持つことをそのまま受け入れてはもらえないのだろう?

 『夜のジンファンデル』/篠田節子
 大人の物語、と言ってしまえばそれまでだけれど、踏み込まない切なさは上品。上品だけれど、その相手が俗物だったことに失望して、失望したのに…という展開がちょっとばたばたしてる気がします。そこはあんまり胸に響かなかった。

 『アンバランス』/乃南アサ
 このすれ違いはあるでしょう!あるある!!この手の話がハッピーエンドで終わることの是非はあると思うけれど、このすれ違いの苦々しさを感じるためだけでも読む価値あり。

 『アーティチョーク』/よしもとばなな
 よしもとばなならしい作品。前半、直接的な「恋愛」ではない物語-祖父への回顧-が面々と続き、途中から恋人との別れの話に展開する。そこに、今この一瞬は二度と戻ってはこないから一瞬を大切にしようというよしもとばななの哲学が入って、恋人との別れをどう決着するのかというラストシーンに流れ込む。これをハッピーエンドというのかどうか判らないけれど、恋愛の複雑で豊穣な余韻をいちばん残してくれると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/02

『グレート・ギャツビー』/スコット・フィッツジェラルド 村上春樹訳

4124035047 グレート・ギャツビー
スコット フィッツジェラルド Francis Scott Fitzgerald 村上 春樹
中央公論新社  2006-11

by G-Tools

 裕福な階級の娘デイジーに恋をした貧しい育ちのギャツビーが、戦争で離れ離れになった後デイジーを取り戻すためにあらんばかりの贅を尽くして彼女の前に現れようとする。

 ギャツビーのやっていることは滑稽としかいいようがなくて、好きな人のためにこんなにも一生懸命になれるなんて!と酔えるかどうかは人それぞれじゃないかと思います。何より、…

続きを読む "『グレート・ギャツビー』/スコット・フィッツジェラルド 村上春樹訳"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/18

『青空感傷ツアー』/柴崎友香

4309407668 青空感傷ツアー
柴崎 友香
河出書房新社  2005-11

by G-Tools

 これはかなり好きな読後感。ものすごい爽やかというのでも、ものすごい切なくなるというのでも、ものすごい感動があるというのでもないんだけど、淡々とした時間の流れに浮かんでいく微細な感情を味わえる。90年代の小沢健二の音楽を聴くときの感覚?それぞれそれなりの出来事がある日々を、それぞれのサイズでそのまま書き込んでいるから、日々の些細な機微を好む人にとっては心地よい読後感間違いなし。

 美人で勝気な音生と、ぱっとせず優柔不断で外見で恋に落ちる芽衣が、音生の失恋をきっかけに突然旅に出る。芽衣は音生を羨んできたけれど、…

続きを読む "『青空感傷ツアー』/柴崎友香"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/16

『ショートカット』/柴崎友香

4309016332 ショートカット
柴崎 友香
河出書房新社  2004-04-17

by G-Tools

 タイトルが『ショートカット』であるように、この小説の主題は、「行こうと思えばいつでもどこへでも飛び立てる」ということは判ったつもり。四編目の『ポラロイド』で、吉野さんが比嘉くんに「あのさ、メキシコ、明日行けへん?」と言うように。
 けれども、僕にとっては、女の子の辻褄のあわない感性というか、刹那的な部分というか、そういうところが細かく細かく描写されているところに惹かれた。ストーリーはそれほど重要じゃない。どっちにしたって辻褄があわないんだから。

 例えば『ショートカット』で小川さんは言う。「わたしは、森川に会いたかった。その気持ちは変わらなかったけれど、今いちばん会いたいのは、さっきまで電話で話していたなかちゃんかもしれなかった。会って、もっとたくさん話したいと思った。だけどそれと同じくらい、このまま会えなくてもいいとも思っていた。」

 小川さんがこがれているのは森川だ。なのに、・・・

続きを読む "『ショートカット』/柴崎友香"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/24

『ナラタージュ』/島本理生

404873590X ナラタージュ
島本 理生
角川書店  2005-02-28

by G-Tools

 「記憶の中に留め、それを過去だと意識することで現実から切り離している。」誰かの記憶の中に自分は残ってくれているのだろうか?せめて記憶の中にさえ残っていてくれたら救われる、のだろうか?本作の主人公である泉は、自分の記憶の整理で精一杯だけど、これを読んで僕が思ったのは、他人の記憶の中で僕はどうなっているのだろう?という寂しさだった。
 泉は高校を卒業し大学生活を始めたところという青春時代の真っ只中。だから、感情も記憶も世界はすべて自分中心で、何もかも、自分さえも壊してしまうような激しい感情を抱く。この小説は、結婚を控えた泉の「ナラタージュ」として展開するように、青春時代を過ぎて読んで初めて切ないかも知れない。

続きを読む "『ナラタージュ』/島本理生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/09

『その日のまえに』/重松清

その日のまえに その日のまえに
重松 清


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 愛する人が近く死んでしまう、というモチーフは、あんまりにも安易過ぎて(昔は「お涙頂戴モノ」と言って揶揄したものだ)好きじゃない。『その日のまえに』の帯を本屋で見たとき、重松清もこのモチーフを持ち出したか、とちょっとがっかりしたけれど、読んでみると「さすが重松清」と思わずにはおれなかった。重松清の、誠実で丁寧な筆致が、あまりにも有り勝ちなモチーフを、有り勝ちではあるけれど誰にとっても身近で真摯なモチーフなんだと胸に訴えかけてくる。

 ・・・

続きを読む "『その日のまえに』/重松清"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/04

『哀愁的東京』(重松清/光文社)

哀愁的東京
重松 清

光文社 2003-08-21
売り上げランキング : 47,370

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 バブルの頃を一度見つめなおしてみよう。そう思った。

 この本を読むまでは、バブルの頃を目の敵にすることしかなかった。バブル時代を経験した世代が、その経験を今も忘れられずに世の中を動かそうとしていること。その時代の価値観以外の価値観を今も持てずにいること。そう一括りにしてバブルの頃を目の敵にしていた。
 バブルの頃に・・・

続きを読む "『哀愁的東京』(重松清/光文社)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『十二の意外な結末』(Jeffrey Archer/永井淳 訳/新潮文庫)

十二の意外な結末
ジェフリー アーチャー 永井 淳

新潮社  1988-09
売り上げランキング : 139,638

Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

続きを読む "『十二の意外な結末』(Jeffrey Archer/永井淳 訳/新潮文庫) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『不可能な交換』(Jean Baudrillard/紀伊国屋書店)

不可能な交換
ジャン ボードリヤール Jean Baudrillard 塚原 史

紀伊国屋書店 2002-01
売り上げランキング : 87,799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 思想書を読むのは2,3年ぶりで、読み始めてから読み終えるまでに1ヶ月かかってしまった。もちろん、本書で使用される語彙をすべて理解できていないし、それどころかまず言葉そのものを覚えてさえいない。そんな中途半端な状態で思想書の読後感なんて書いてはいけないのだけど、サラリーマンで門外漢の僕に思想書を100%理解するだけの時間を割くことはできないので、一頻り思ったことを書いてみる。
 思想のおもしろさは、「正当化のプロセス」にあると僕は思っている。世界の構造や価値観の行く末について、先人が使用してきた語彙の重なりを踏まえながら、それを揺らしたり強めたりして、自分の解釈を「正当化」していくのだ。突飛で跳躍し過ぎているようでも、そのプロセスによっては納得せざるを得ない(というよりは反論できないということか)ことがあったりして、そこがおもしろい。
 『不可能な交換』は、一読した限りでは人の「ないものねだり性」の行く末を、思想的に予言している論考に思えた。貨幣の登場以来、経済原則は主義の如何を問わず「等価交換の実現可能性」を第一義としてきた。あらゆるものは、その等価物と交換可能であるという原則だ。等価交換が可能であるがゆえに貨幣が成り立ち、ありとあらゆるものに意味と目的を与えることができると思い込んでいる。
 その結果、あらゆるものごとは予測可能であり安定的であり、その安定性を揺るがす部分=「生」に対する「病」や「死」、「現実」に対する「神話」や「幻想」、それらを抽象化した概念としての「否定性」や「悪」を追放して「肯定性」と「善」によるトータルな支配を実現せんと試み続けてきた。
 ところが我々はここへ来て、兼ねて遠くへ押しやってしまいたかったはずの「死、幻想、否定性、悪」等々にノスタルジーを抱いてしまっている。例えばクローン技術はわれわれに幸福な未来を想像させるだろうか?
  しかし単純に一度追いやった「死、幻想、否定性、悪」が簡単に再生される訳ではなく、その対立性そのものが無効となり、等価の概念が無効となるがゆえに等価物も失い、安定性の基盤が無効となって、不確実性に支配されるというのがボードリヤールの論考の概要だと(今のところ)思っている。
 この論考は力強い説得力がある。実際、「等価交換の実現可能性」を最も直接的に信奉すべき立場にある経済の場面では、未だに予測可能性も安定性も確立することができないでいる。かと思えば、イメージによる予測不可能な大ヒットとその現象の記号化さえ起きているし、さまざまな差別化を施した性と貨幣との等価交換は、その債権者側=売春側の幻想を打ち砕く方向に推移している。
 こんなふうに平たい言葉で言ってしまうのは、思想の土俵ではルール違反だけど、そもそも「等価交換」とは「なんでも金で解決できる」という思い込みであって、至って凡人的に考えれば、そんなことありうる訳はないのだ。しょうがないから損害賠償やら罰金やらそういうルールを作ってやってきただけで、そのルールを神格化したところからこの物語は始まっている。「不可能な交換」と言われると体の奥がなんとも言えずざわめくような生理的な不安を覚えるが、これは凡人がまっとうだと極めて凡人的に考える「世界」を取り戻すための思想に流用することさえできると思う。ボードリヤールは、「違う。これは高度情報化社会の先に進展する世界であって、かつてあった世界を取り戻しているのではない」と言うかも知れないが。

 一向構わない。奇しくも「進展するのみで取り戻せはしない」というように、世界は「不可逆的」で「不可避」なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

.『愛より速く』(斎藤綾子/新潮文庫)

愛より速く
斎藤 綾子

新潮社 1998-09
売り上げランキング : 40,523

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「いつの話やねん!?」というのが読んでる最中の感想。だって、シンナーとかスケバンとか出てくるし。こないだ、東京で暴走族が人を殺したってニュース聞いて「そんなんまだおったんか東京にも!」ってびっくりしたけど、まさかスケバンはいるまい。
 スケバンはともかく、いろんな意味で事実であってほしい小説。あるいは、それ以上のことはないかも。
  1980年前後が舞台らしく、小学生の頃から自分のカラダに(どうもセックスではないらしい)興味があるところから始まって、ガンガン突っ走っていく物語。主に中学生時代の話と、大学生時代の話で、高校生時代は記憶に残ってないけど、中学生の妊娠・中絶とか、援助交際とか、コギャルだのなんだの言われたけど、その昔からそういうことはあったのねって感じで、ある意味ほっとする材料。文中にも、深読みすれば、女子大生ブームも女子高生ブームも援交もコギャルも、セックス目当てのオヤジたちが何かと捻り出して「ほらほら当たり前なんだよ、ほらほら乗り遅れるとだめだよ、キミタチ」と嗾けているようにも思ったりして。
 オンナが本当にこういう生き物だったら随分気が楽になるのでは。僕が過ごした中学高校という時間は、セックスとは無縁の世界だった。セックスと無縁の恋愛ができるのはあの時までだから、貴重な時間だったに違いない。この小説のすっ飛び振りを読んでそう思う。なのに、この本の主人公は、中絶の相談に来た女子中学生に対し、一箇所だけありきたりなセリフを吐いて白けさせてくれるのだ。

 ”そう言うと、彼女は隣のテーブルに移って、テレビゲームをやり始めた。何というか、もう私には全く理解できん世代が誕生していたんだ。”

| | コメント (0) | トラックバック (0)