2017/09/17

『フクシマ6年後 消されゆく被害――歪められたチェルノブイリ・データ』/日野行介 尾松亮

440924115X フクシマ6年後 消されゆく被害――歪められたチェルノブイリ・データ
日野行介 尾松亮
人文書院  2017-02-20


by G-Tools

 筆者が問いかけると、 「偏りも何も僕らは中立機関でも何でもない。僕らが支援をやるに当たって知りたいと思った情報、政府の施策推進に当たっ て参考になる情報を得るための出張だ。出張報告なんてすべて公表するルールはない」 菅原氏は新年7月、事務次官に昇任。 ついに位人臣を極めた。 これまで紹介したとおり、支援法は悲惨な末路をたどった。


 文字通り「愕然とする」記載だった。森友疑惑の渦中の佐川宣寿氏の国税庁長官栄転と同じことが、東日本大震災の支援活動の中でも起きていたのだ。それも国の負担を減らすための改悪の方向で。アベノミクスが続いてほしい財界が安倍政権が倒れないように佐川氏を支援し、同じく政権が倒れてほしくない財界と原子力技術者の国外流出の防止を建前に振り回す財界が菅原氏を支援する。

 国際科学技術センター(ISTC)が核技術者・関係者の立場の保護と、核技術者の非核保有国への流出を防ぐため、原子力利用が下火にならないように、フクシマの被害を過小評価するキャンペーンを張った。政府はそれに乗った。東芝がメモリではなく原発事業を守らなければいけないのもたぶんここに通底するのだろう。

続きを読む "『フクシマ6年後 消されゆく被害――歪められたチェルノブイリ・データ』/日野行介 尾松亮"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/16

『道徳性の起源: ボノボが教えてくれること』/フランス ドゥ・ヴァール

4314011254 道徳性の起源: ボノボが教えてくれること
フランス ドゥ・ヴァール Frans de Waal
紀伊國屋書店  2014-11-28


by G-Tools

乾さんの(酔っぱらいながらの)オススメ課題図書、盆休みを利用して読了。

  • 教条主義との戦い、という印象がいちばん強かった。神とどう向き合うのか、という課題。そういう意味で、9条を巡る話は、教条主義に陥るか否か、ということなのかもなあと思った。9条を改憲したいというのは、どちらの意味でも条文に対して教条主義になっているのではないかと。70年の歴史で培ってきた知恵を理解できないということではないかと。
  • 信仰の問題。西洋社会では無信仰は人格を疑われる、という知識はあって、その事実の奥深さを改めて感じた。宗教が道徳をヒトにもたらすのではないとしながらも、人間が宗教を必要とした理由は感じられるようになっていて、ここのところの整理が非常に難しい。私は平均的現代日本人的な無宗教だけれども、平均的な仏教感みたいなものは持ち合わせているとは思う。それでも西洋社会から見ればほぼ「無信仰」みたいなものだと思うので、この国でも道徳性は存在するということは、宗教が道徳をヒトにもたらすのではないという証拠だったりして。一方で、日本でも右派が執拗に「神道」を日本の中心宗教に据えたがるその心性が非常によく理解できるようになった。結局、神に値するところに天皇を、というところと、その上で自在に利用したい、という感じが否応なくする。
  • レヴィ=ストロースをこき下ろしていた箇所。レヴィ=ストロースの新しかったのは啓蒙主義の批判で、文明間の(価値の)相対化だったと思うので、あのこき下ろし方はちょっとずれているかなと感じたけれど、フランス ドゥ・ヴァールのほうが、ヒトと動物までも相対化したという点でより突き詰めていると思った。そこまで考えないと、自分の中に眠る「人間」としての特権意識を明らかにできないなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/22

『HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか』/ベン ホロウィッツ

HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか ベン ホロウィッツ 滑川 海彦

日経BP社  2015-04-17
売り上げランキング : 178


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか」というサブタイトルと相まって、かなり多くのビジネス誌やビジネス書書評で取り上げられているが、これは企業家・創業CEOにとって該当するところの多い知見の書であって、一般ビジネスマン・一般サラリーマンが参考にできる点はそれほど多くないと思います。もちろん「立ち向かう」という精神スタンスは見習うべきものですが、成功を収めた企業経験から来る実践的アドバイスのうち、少なく見積もっても半分くらいはCEOでなければあまり生かしようのないアドバイスだと思います。本著内で「平時のCEO、戦時のCEO」と場合訳しているように、一般ビジネスマン・一般サラリーマンは自分に活かせるアドバイスを取捨選択するスキルは必要と思います。

それだけにCEOの激務さ辛さ加減が他の書籍より生々しく伝わってきます。本著から最も繰り返し聞かされるアドバイスは、「会社にも人間にも、そのステージそのステージで相応しいやり方があり、それを見極めないといけない」ということと、「必死になってやれ」ということ。差は、やることでしかつけられない。

続きを読む "『HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか』/ベン ホロウィッツ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/14

『まいにち見るのに意外と知らないIT企業が儲かるしくみ』/藤原実

4774163570 まいにち見るのに意外と知らない IT企業が儲かるしくみ
藤原 実
技術評論社  2014-03-11

by G-Tools

 IT企業に勤めているのに意外と世間での常識的なことを知らないことがあるので、読みやすそうな本書を手に取ってみました。最も勉強になったのは「ダブルアイリッシュ・ダッチサンドイッチ」。租税回避についてはニュースで都度都度見るので知ってはいたけれど、具体的な手法は初めて本書で読みました。法人税を納めている企業・納めていない企業はこれから話題になりそうなので、基本を押さえてニュースに留意しようと思いました。
 IT業界では大体常識的な内容で、IT業界でなくてもITに対する興味が強い方はたいてい知っている内容かもしれませんが、事実を丁寧にまとめてあるので読んで損はないと思います。

続きを読む "『まいにち見るのに意外と知らないIT企業が儲かるしくみ』/藤原実"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/03

『それでも猫は出かけていく』/ハルノ宵子

4344025741 それでも猫は出かけていく
ハルノ 宵子
幻冬舎  2014-05-09

by G-Tools

吉本家の人々の手による作品を読むときはいつもそのテーマに対する徹底具合が別格だなあと思うのですが、本作も「猫」に対する徹底具合が尋常ではないです。端から「メチオニン製材」とか、世の猫飼い主はみなこの程度のこと普通に知っているの!?と慄くくらいディープな固有名詞がずらずらさも「当たり前」的に登場して圧倒されます。が、吉本家の人々の作品が「違うなあ」と思うのは、それを「高慢ちき」な感じで振り回しているように感じられないところです。専門用語やト書きの多い作品というのは、その情報量で深みが感じられる作品もある反面、どうにも「高慢ちき」なだけの作品のほうが多かったりしますが、吉本家の作品がそうでないのはそこに思慮深さがあるからだと思います。

「家の間を通られない権利?花壇を汚されない権利?自分の持てるあり余る権利の内、ちっぽけな最後の一片まで行使するために、弱い生き物の生きるというたった一つの権利さえも奪い取る」(p37)や、「孤独死が問題にされたり、病院でなく家で死ぬためにはーなどと、そろそろ自分の身体がアブナクなってきた”団塊の世代”が言い出した昨今の生ぬるい風潮に、父はまた最期に、見事に水をぶっかけて逝っちまいました」(p187)等、感銘を受ける文章だらけなんですが、いちばん印象に残った章をひとつあげるとしたら「その27 旅の途中」(p120)です。

京都の友人に外猫の「太郎くん」を譲り受けた女性が、東京に戻ってきてその太郎くんを逃がしてしまった、という話で、太郎くんは京都に向けて西へ西へ進むだろう、という予想で、

「京都までおよそ600キロ。1日数百メートル移動したとして約3年。/途中居心地の良い土地があれば、何か月も留まったり、その地で”彼女”と出会って何年か過ごしたり…。そうしていつか京都のことなど忘れてしまうのでしょう」

僕は人生を「旅の途中」と旅に例えるのにぼんやりとした嫌悪感を若い頃から抱いてきてたんだけど、この「太郎くん」の話で非常にしっくりきたことがあって、「旅」というのは予定変更が許されるのが「旅」なのだということ。出発地点と経過地点と到着地点が決まっていて計画通りに進むことは「旅」とは言わないのだということ。だからいつか京都のことなど忘れてしまったとしてもそれは酷いことではなく、人生とはそういうものだということ。

弱いつながり』で旅について考えたことと再びシンクロ。数十年という時間をかけて、少しずつ「旅」を好きになってきている自分を認めつつあります。

続きを読む "『それでも猫は出かけていく』/ハルノ宵子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/19

『「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ』平川克美

4903908534 「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ (シリーズ22世紀を生きる)
平川克美
ミシマ社 2014-06-20

by G-Tools

 本著で疑問を感じた点は2つに集約できます:

1) 自分たちが生きた、経済成長の時代を、どのような国家でも経済発展の中で辿るであろう「自然過程」としていながら、現在以降に本来なら辿るであろう過程を否定し、いわば「自然」ではなく、「意志」の力で「自然」に抗うことを強いている点。そういった「意志」の力で「自然」に抗わなければならないような状況を生んだ、かつての自分たちの営みはすべて「自然過程」で片づけて顧みもしない点。
2) p131”ヨーロッパや日本で起きたことが示すのは、文明がある程度のところまで進展すると、自由や独立を望む個人が増え、伝統的な家族形態が解体へと向かって社会が変質するということです。”と、ヨーロッパや日本というように普遍性があるような記述であるにも関わらず、p120”自分たちが伝統的にもっていた、いわざ「自然過程」を通じて培われてきた、封建的ではあるが贈与・互酬的な会社システムを、外からもち込んだ人工的なものでそっくり入れ換えようとしても、うまくいくわけがありません”と、日本独自の社会性が”「消費」をやめる”社会の成立要件であると記述している点。

 ある社会変遷が、その国独自の要件に依存しているのか、それとも国を問わず普遍的なものなのかは、混乱してはならない点だと思います。本著はあたかも「日本であれば消費社会を脱することができる」と主張しているように読めますが、消費社会を脱することの必要性や利点の主張はありますが、なぜ「日本だけが」消費社会を脱することができるのか、その根拠が十分に説明できているとは思えません。
 全体的には、お金に困り、医療費や年金と言った社会保障にも不安を抱く高齢者が、安心してこれからの老後を生き抜くために、なるべくお金のかからない世の中にしたい、それはすなわちいろんな人から「無償」で助けを得られる世の中にしたい、という願望と、p228「おカネは必要ですが、おカネを持っている人はどこからか見つけてくればいい。とくに期待したいのが団塊の世代」にあるように、どこかからスポンサー(パトロン)を見つけて、金持ちからお金を融通してもらえばいい、という処世術を綯交ぜにしたような内容だと思います。

 率直に言って読む必要はあまりないかと思います。団塊世代が何を考えているかを知るには好著で、ぱらぱらと斜め読みして2時間ほどで事足ります。

続きを読む "『「消費」をやめる 銭湯経済のすすめ』平川克美"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/24

『ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える』/ビクター・マイヤー=ショーンベルガー ケネス・クキエ

4062180618 ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える
ビクター・マイヤー=ショーンベルガー ケネス・クキエ 斎藤 栄一郎
講談社  2013-05-21

by G-Tools

 「ビッグデータの要諦は正確性の放棄と相関関係」という基礎知識については置いておいて、「そこに人間の自由意志は残るのか」という問い掛けにずっと心が囚われた。理由は判らないけれどもハリケーンが近づくとポップターツがよく売れるので店頭に置いておいたら果たして売上増大に繋がった、という話を聞くと、それを選択しているときは確かに自分で選択してるはずなのに、そういう選択をするということが何者かに判られている時点で自由意志ではないような気持ち悪さを感じてしまう。思想の書物を読んでいても、その選択は本当に「自分」が下した選択か?という問い掛けを何度も読んで考えてきたので、ビッグデータという、思想や哲学ではないIT分野の書物でこの問い掛けに遭遇して、自分の好奇心が刺激された。

数年前から事あるごとに思い出す「編集」に関する問い掛けもよく似ている。「果たして「オリジナル」は存在するのか?」という問い掛け。「編集」の文脈で考えるとき、「オリジナルは存在しない」というのがほぼ覆せない定説で、いつもデリダのエクリチュールを思い返す。そしてエクリチュールを思い返すとき、いつも連想でフーコーのディスクールを思い返す。オリジナルはないし、自由もない。言葉を使うとき、すでに権力に伏していて、権力の下で言葉を使っている。これまでのITの世界も、これとすごく似ていたと思う。世界の事象をそのまま扱うことはできないから、モデルを作りそのモデル内でデータを集め、更にそのデータをサマライズする。これは編集に似ていると思うし、モデルを構築する時点で、権力の元にある。
 しかし、ビッグデータはサマライズしない。ローデータにアクセスして、知見を見出そうとする。少なくとも、ITの世界の中では、ローデータにアクセスするということは、オリジナルにアクセスしているということになる。実際のデータサイエンスの世界はそんなに簡単なものではないようだけど、概念上では大量の、整形されていないオリジナルにアクセスすることになる。このITの潮流は、また新しい哲学に繋がるのだろうか?とても興味津々だけど、追いかけて行き方がまだ、わからない。

続きを読む "『ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える』/ビクター・マイヤー=ショーンベルガー ケネス・クキエ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/18

『爪と目』/藤野可織

文藝春秋 2013年 09月号 [雑誌]
文藝春秋 2013年 09月号 [雑誌]
文藝春秋  2013-08-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 主人公の「あなた」の無感動ぶりというか無執着ぶりというか薄情ぶりというか、誰が読んでも「現代人ってこういうふうに、無暗に自我を通そうとしたりせずに低温で生きてるよなあ」と思うような気がして、だから「あなた」だと思えて仕方ない。ちょっと人間としてでき損ねてる具合では、「あなた」が愛人である「わたし」の父もいい勝負なんだけど、「あなた」のほうが賢い感じで、父のほうがバカな感じを受ける。そして賢い感じの「あなた」が、怪死した「わたし」の母のブログを見つけ、そこに記録されていった拘りのあるようでないような些細で細やかな日常の変化の記録を追いかけまくったとき、人はなぜ「執着」するのかを少しわかったような気になる。でも肝心なところは見ないので、「わたし」に「見ないようにすればいい」と諭して施したマニキュアという「見えないようにするもの」で「見えるようになった?」と言われてしまう。

 わたしは前々からよく見えていたというのに、あなたとわたしはそれ以外はだいたいおなじという。そこが救いがあるのかないのか僕にはよく判らないけれど、日々嫌なことから目を逸らしたり逃げたりいい加減なことをやったりしつつも、僕は「あなた」や父のように、「見ないようにして」生きていたりはしていないので、この物語を自分の教訓にするようなことはないと思う。そしてそれはもちろん、この物語が自分にとって無用だったということじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/07

『マニフェスト 本の未来』/ヒュー・マクガイア&ブライアン・オレアリ

4862391176 マニフェスト 本の未来
ヒュー・マクガイア ブライアン・オレアリ アンドリュー・サヴィカス ライザ・デイリー ローラ・ドーソン カーク・ビリオーネ クレイグ・モド イーライ・ジェームズ エリン・マッキーン
ボイジャー  2013-02-20


by G-Tools

 面白いです。少しずつ読み進めているのですが、本著に限ってはノート式に感想を書いていきたいなと思いました。読み始めて真っ先に思ったのは、僕はかねて電子書籍に否定的な人に対して、「活字がなかったころは書籍自体が邪道で、口承こそ真の知識伝達だと思われていたと思いますが、それでも書籍が最高最上の媒体だと言えますか?」と尋ねていたのですが、その考え方をどう導いていけばいいのかを教えられているようだということ。

1.コンテナではなく、コンテキスト/ブライアン・オレアリ

  • 「コンテナ」と「コンテキスト」
  • 「コンテキスト」・・・タグ付きコンテンツ、取材ノート、注釈入りリンク、ソース、BGM、バックグラウンドビデオなどと呼んでいる、ある本の内容を取り巻くある種の「環境」
  • コンテンツビジネスにおいて、コンテナありきの状況は終焉を迎える。コンテンツにとって重要なのはコンテキストになり、コンテキストに応じたコンテナを選択できなければ、そのコンテンツは流通すらしなくなる。エンドユーザに見いだされなくなる。
  • ワークフローの転換。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/21

『バートルビー/ベニト・セレノ』/ハーマン・メルヴィル

4990481127 バートルビー/ベニト・セレノ
ハーマン・メルヴィル 留守晴夫
圭書房  2011-01-10

by G-Tools

 「その気になる」「ならない」ということと、「そうしない気になる」というのは全く異なること。「その気にならない」というのはただの否定だけど、「そうしない気になる」というのは否定の肯定だ。この「そうしない気になる」ということに、いろんな哲学者が可能性を見出したらしい。それを眺めているだけで興味津々。

 「代書人」という職業も気になる。郵便配達人にしても、代書人にしても、ある意味、国家から仕事を貰う立場のように思う(今の日本は郵政は民営化されているけど)。そういう、国家から与えられる仕事には、嫌気が指すということなんだろうか?それはともかく、どちらも言葉を扱う仕事であるところが奥深い。

続きを読む "『バートルビー/ベニト・セレノ』/ハーマン・メルヴィル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/30

『これ、いなかからのお裾分けです。』/福田安武

4862020372 これ、いなかからのお裾分けです。
福田安武
南の風社  2010-07-07

by G-Tools

 僕は生粋のど田舎育ちなので、「いなか」を持ち上げる言葉とか話とかがどうも好きになれません。「田舎暮らし」とか、一生田舎で暮らすなんて子どもは絶対嫌がるよ。せめてときどき都会に出れる環境だから、田舎暮らしもいいかな、なんて言えるんだよ。自分の子どもの頃の感覚からそう思ってるんだけど、日本には僕が住んでたような、電車で1時間半で都会に出ようと思えば出れるような環境じゃない田舎もたくさんあって、そういう地域の子ども達は、都会に出たいとより強く思うのかそうじゃないのか、もちろん個人によりけりだろうけど、そういうことを思う。
 この『これ、いなかからのお裾分けです。』の著者は、生半可な田舎ファンじゃなくて、田舎に生まれ育ち田舎を心から愛している「田舎人」なので、その生き方にただただ感服してしまう。僕は田舎で育ったとは言え、引っ越してきたサラリーマン家庭なので、農業を体験する訳でもなく、著者のようなディープな田舎知識は身についてなくて、同じ田舎で生きてもこうも差のつくものなのかと、引いては日々の過ごし方が大きな差になるんだよなと、当たり前のことを改めて反省したり。そして著者が、漁師に憧れたり、漁師になるために大学を選んだり、そこで漁業の現実を知り将来に迷ったりする姿は、真摯過ぎて圧倒。ここまで筋を通して生きていくことはなかなかできない。田舎暮らしのディティールよりも、その筋の通し方に、誰しも感じるところの多い本だと思います。

 田舎で暮らしていくことは、都会で暮らしていくことに較べて、金銭的な豊かさはたいてい劣ることを覚悟しないといけない。「心から喜んでくれる人がいるから、お金儲けにならなくてもいいんだと言うおじいさん」の話が登場するが、これはとても象徴的だと思う、というのは、お金儲けにならなくても暮らしていける要求水準の「おじいさん」ならそういうスタンスで(理想の)生活をやっていけるかも知れないけど、これからいろいろな人生のイベントのある著者が、そういうスタンスで続けていけるのかどうか、そこを指し示すことこそが、現在ではこういう本には必要なことかな、と思う。「はじめてみよう」と誘い出す本はあまた溢れていて、そういうことを言う役割は、もう本では終わったのかな、と。

続きを読む "『これ、いなかからのお裾分けです。』/福田安武"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/18

『どうでも良くないどうでもいいこと』/フラン・レボウィッツ

4794959788 どうでも良くないどうでもいいこと
フラン・レボウィッツ 小沢 瑞穂
晶文社  1983-03


by G-Tools

 例えて言うならマツコ・デラックスとかそういうこと?著者は皮肉多目のユーモアで人気を博したそうです。それにこのタイトルに期待大で読み始めてみたのですが、ちょっと日本人の我々が感じる「どうでも良くないどうでもいいこと」というのとずれてはいます。英語の原文で読めたら「ほほう」とニヤッとできるところが、もっと多いんだろうなあ~と思うのですが、残念ながら’10年代の日本に暮らしている僕は、’80年代のアメリカの、若干アイロニカルなノリは半分以下しかわかってないと思います。

 そんな中で胸に飛び込んでくる文章というのは、物凄い破壊力です。壮絶な破壊力だったポイントが3点あります。この3点に抉られた人には間違いなく「買い」の本です。

  1. p112「愛読書は「ザ・ホール・アース・カタログ」とかいうもので、着るものはこれを見て注文する」
  2. p183「近代社会の特徴として、一般市民は便利なシステムに頼りたがり、地道で苦しい労力の結果もたらされる喜びや価値を忘れる傾向がある」
  3. p200「貧乏人に税金を課すのだ。それも重税を。金持ちのテーブルからのおこぼれを与える考え方が間違っている」

 1.は「世界市民」とか「地球人(アースマン)」とかを自称する胡散臭さに唾棄してる章の一節で、この文章の前は、「地球人(アースマン)は友情のしるしと称する青い葉のある野菜を食することで知られる。熱心に食べるのみで食物連鎖についてあまり考えず、再生説を信じる。」とある。僕は何にせよ、「センスがある」と自他共に認められているそうな人達の、自他共に認められていることのためのシンボル、アイコン、免罪符、あるいはバイブルとしての存在が何かにつけて嫌いで、『ザ・ホール・アース・カタログ』はよくは知らないものの、初めて耳にしたときから嫌いの最右翼だった。それを口にする人たちの、その盲目的な感じが何につけ怖いのだ。なぜ、みんな怖くないのかが分からなくて、怖いのだ。

 2.は、’80年代のアメリカで、こういうことが書かれていたことにちょっと感動。「地道で苦しい労力の結果もたらされる喜びや価値」って何だ?この30年間、「それってなんだかんだ言って結局カネで表さないと意味ないだろう?」というところで諦めて手を打って突き進んできたんだと思う。確かに、生活するに不足のないカネを得られなければ、その地道で苦しい労力を続けることはできないし、単に「喜びや価値」で食っていけはしない。その最低限の循環をどうやって作るか?を考え始めているところ。蛇足だけれど、こういうことを言っている著者も、結局のところは「企業初期にひたすら低コストで蓄財し、損益分岐点を越えるところで大きく越えることで一気に安定軌道に乗せる」という、古典的な資本主義の作法に則って成功したところが食い足りない。

 3.は超難問。基本的に僕は、この字面通りの意味には賛成だ。消費税を増税して、低所得者層には還付するとか、根本的に間違っていると思う。還付するためのコストを考えてみたら、還付しなくてもいい程度の税率にするほうがよっぽどマシだ。
 それに、ここからがもしかしたら著者が言おうとしていることと重なるかも知れないけれど、これはあくまで「相対性」の問題だと思う。お金が足りないのは、結局、低所得者も高所得者も同じ。高所得者が、「税金で50%も持って行かれると思うと、やる気をなくす」と言ってるのは、そのまま低所得者にも当てはまるのではないか。なんかこの辺にヒントがあるような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/27

『ラフ・ライド―アベレージレーサーのツール・ド・フランス』/ポール・キメイジ

4915841863 ラフ・ライド―アベレージレーサーのツール・ド・フランス
ポール・キメイジ 大坪 真子
未知谷  1999-05

by G-Tools

 今、日本は空前の自転車ブーム。ほぼ連日のようにニュースでは自転車に関するニュース(それはたいていピストの暴走とかのあまりよくないニュース)が取り上げられる。エコな移動手段、健康的、クリーンなイメージと共にある自転車。でも自転車がブームになったのは今が初めてじゃない。1960年代にも大流行したことがあるらしく、当然だけどその歴史は古い。

 本著が取り上げているのはそれよりはまだ新しく、1980年代後半のツール・ド・フランスを中心に語られる。1980年代と言えば日本は高度成長期からバブルに向かおうとする、正に現代に通じる発展を遂げてきた時代で、世界ももちろんそう変わらない。にも関わらず、登場するエピソードはいったいいつの時代の話なんですか?と繰り返し聞きたくなるくらいに泥臭く闇の世界的なある行為が語られる。ドーピングだ。
 自転車競技は1980年代、薬物に汚染される道をひた走っていたらしい。ドーピング自体は禁止行為だったが、バレなければ構わない。というよりも、バレずに済むことが判っていれば使用する者が当然のように現れ、使用しない者は使用する者にどうやっても勝てないとすれば、これも当然のように誰も彼も使用するようになる。正に悪化は良貨を駆逐する。そこまでして勝たなければいけない最大の理由はスポンサーだ。つまり、1980年代のロードレース界は、金によって薬にズブズブと使ってしまっていたのだ。

 著者のポール・キメイジは本著のサブタイトルに「アベレージレーサー」とある通り、華々しい戦績を挙げた選手ではない。であるが故に、ドーピングの告発を込めたこの本も、その発言も、「ぱっとしない選手がああいうことよく言うんですよね」式に片づけられそうになったらしい。ルールを破ることが成功するための唯一の道で、その中でルールを守ることを貫き通す勇気を、この本から学ぶことには意味がある。どんな世界でも、常にルールと倫理を厳しく守り通して競い合うとは限らない。むしろ逆で、ルールの抜け道を探し出すことが勝利に大きく貢献したりする。それでも、自分はそのようなことはしないというスタンスを貫く勇気と、そういうルールを補正し続けて行こうという持続力の大切さを知ることのできる良書。

続きを読む "『ラフ・ライド―アベレージレーサーのツール・ド・フランス』/ポール・キメイジ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/20

『震災のためにデザインは何が可能か』/hakuhodo+design studio-L

4757142196 震災のためにデザインは何が可能か
hakuhodo+design studio-L
エヌティティ出版  2009-05-29

by G-Tools

 この本は、hakuhodo+designと山崎亮氏のstudio-Lが2008年に実施したプロジェクト「震災+design」をまとめたもの。東日本大震災を経験したこの2011年、果たしてこのプロジェクトの活動およびアウトプットで実際的に役立ったものがあったのか、その「活動」を役立てた「活動」があったのか、そういうところに興味が向くものの、読中は「システムをデザインしている立場として、”デザイン”とはどういうことかを異なった分野のデザインから学ぶ」つもりで読みました。

 震災のためのデザイン、ということで、当然強く印象に残るのは「社会的デザイン」という考え方です。商業的デザインと社会的デザインの違いは本著を一読することで理解できるものの、「社会的デザイン」という新しい視座を、自分の領域である「システムデザイン」にどう絡めるかというのは難しい。「システムデザイン」というのは原則必ず商業的デザインであるから、という次元の捉え方ではなくて、「商業的デザイン」ではなく「社会的デザイン」を行うときの、対象の把握の仕方、前提の整理の仕方、デザイン中の進め方、出来上がるデザインの完成を図る物差しとしての価値観、等々を、システムデザインにも反映できるはず。これを反映することは、システムデザインの手法だけではなく、自身の「働き方」そのものにも影響を与えることになるので、丁寧に時間をかけて整理してみたい。

 「システムデザイン」そのものの文献も、再度当たってみないといけない。

 もうひとつは、例え社会的デザインであっても、デザインは「正しさ」「楽しさ」「美しさ」を持つものだ、と定義されていて、ここでいちばん引っかかるのは「美しさ」。「美しさ」の基準を考え直すため、『言語にとって美とは何か』を再読しようと思った。

続きを読む "『震災のためにデザインは何が可能か』/hakuhodo+design studio-L"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/11

『来たるべき蜂起』/不可視委員会

4779114802 来たるべき蜂起
不可視委員会 『来たるべき蜂起』翻訳委員会
彩流社  2010-05


by G-Tools

 『来たるべき蜂起』はフランスで2007年に刊行されたもの。本書は2009年の『焦点を合わせる』が所収された増補版の訳書。僕にとってのポイントは3つ:

1.これは基本的には「目には目を」の思想である。
2.「蜂起」は比喩ではない。
3.フランスの思想に触れるときはいつも、相対するように見えるものがそれぞれお互いの一部であり、あるものはあるものの一部であり、それが一つのものに見えるように見えて実は既に異なるものに変わってしまっている、ということが詳らかにされる。そうやって常に出口を切り開いてきたが、遂に出口などないということが語られている。

 コミューンとは何か。コミュニティとは何か。コミューンであれコミュニティであれ、何かひとつの集団を形成するとき、形成する成員につきまとうあの選民感情、特権意識、優越感。たとえそれが「自由」を標榜するコミュニティとしても、コミュニテイである以上はコミュニティの内と外を造り出してしまうことに、気づかない。本著ではこう記される。

そうしたものをネットワークと呼んだところで、それらは結局のところひとつの界(ミリュー)として固着してしまう。そこではコード以外何も共有されず、アイデンティティの絶え間ない再構築が行われるだけである。

 労働を憎む。労働こそが、この資本主義社会を維持してしまう装置になっている。もちろんこれを額面通り受け止めて自らの行動に直結させることはできないが、誰もが薄々感じていながら口に出さなかった多くのことの一つとして、現在を考える上で認識しておかなければならないことのひとつ。

これからも消費するために消費を減らし、これからも生産するためにオーガニック商品を生産し、これからも規制するために自己規制すべきであると。

 「タルナック事件」が明らかにした、国家によるテロリズム、「いずれ犯行に及ぶに違いないという憶測で」逮捕されたこの事件。それを可能にしたのは、人民の恐怖心なのだろうか。

 いずれのテーマも、どこかに引かれる線-”界(ミリュー)”が問題になっている。自分が何者かを語ろうとするとき、自明のように「個人」の概念が用いられるが、「個人というあのフィクションは、それが現実化したのと同じ速さで崩壊してしまった。メトロポリスの子供としてわれわれは断言できるが、剥奪状態が極まったときにこそ、つねに暗黙のうちに企てられてきたコミュニズムの可能性がひらかれる」。

 問題は、いつも境界だ。”界(ミリュー)”だ。どれだけ崇高な志から形成されたコミュニティでも、必ず”界”を準備する。そうして個人も”界”がなければ個人として成立できない。そのことに自覚的であり敏感であるコミュニティにお目にかかることは滅多にない。コミュニティを形成じた時点で、自分達のその崇高な志と相反するものを敵とするだけでなく、自分達以外のすべてを”界”の外側として敵に回しているということに自覚的でない。

 それでもコミュニティが生き残り、コミュニティの生成が止まないのは、人間の生の循環が止まないからではない。人間の根源的な弱さ-それも無自覚的な弱さの故だと思う。都合のいいところだけを味わって、生きていきたいのが人間なのだ。そのご都合主義が、新たな「社会問題」を生み出し、それによって繰り返し疎外され、それをまた「社会問題」と定義づけられその解消に励むように誘導されてしまっているというのに。

 コミューンの拡張にさいしてそれぞれが配慮すべきは、これ以上拡張すれば自分を見失い、ほぼ不可避的に支配階層ができてしまう規模を越えないということである。そうなったときコミューンは不幸な結果を察知しつつ分裂し、また広がっていくことを選ぶだろう。

 カリスマとコミューンは矛盾する。コミュニティも然り。コミュニティにヒエラルキーは不要なのだ。某かの秩序を持ったコミュニティは、偽物のコミュニティだ。擬制なのだ。しかし、それには誰もが目を瞑ろうとする。

集合の欲求は人類にとって普遍であるが、決定を下す必要はめったにない。

続きを読む "『来たるべき蜂起』/不可視委員会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/04

『日本の論点2011』/文藝春秋編

4165031003 日本の論点2011
文藝春秋編
文藝春秋  2010-11-25

by G-Tools

p428「ツイッターの功罪とは」

・ツイッター日本語版はデジタルガレージ社が提供
・10年7月末の時点でついに1,000万人を突破
・Pear Analytices社
・ツイートの実に四割は無意味な独り言
・ネットの価値は情報のフィルタリング
 ・・・フィルタリングではなく、蓄えたデータからの引き出しであることを、Googleが実践してしまっている。
・道具が人の行動慣習を誘発する、という理屈には慎重にあたるべき。同じ道具でも、活用できる人間もいれば悪用する人間もいる。あくまで傾向と捉えるべき。

Check

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/15

『日本の論点2011』/文藝春秋

4165031003日本の論点2011
文藝春秋編
文藝春秋 2010-11-25

by G-Tools
p738「経済力の実体」 ・IMD(国際経営開発協会) ・法人税の表面税率は40.7%-最高水準

Check

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/27

『99人の小さな転機のつくりかた』/「ビッグイシュー日本版」編集部

4479793062 99人の小さな転機のつくりかた
「ビッグイシュー日本版」編集部 香山 リカ マツコ•デラックス 佐藤 可士和 上野 千鶴子 姜尚中 角田 光代
大和書房  2010-12-16

by G-Tools

 『ビッグイシュー日本版』編集部・編ということで反射的に購入。『ビッグイシュー』に連載されている「私の分岐点」を99人分一冊にまとめたもの。『ビッグイシュー』はときどき買っているので読んだことのある人のもあるけれど、この企画は、登場した人が次に登場する人を紹介する「テレフォンショッキング方式」なので、ひと続きの流れで読むと、続いている人が類似した考え方を話してる部分があるのに、3,4人読み進めるだけで真逆の人生観を語っていたりして、そこが楽しい。
 僕はそこそこの齢を重ねているので、それぞれの方がおっしゃっていることを一旦咀嚼して、自分の中に取り込むことができるけど、これを全部ダイレクトに自分の核となるところに流し込んじゃって、大混乱してしまう人もいそうな気がする。大混乱はしんどいことだと思うけど、そういうふうに大混乱できるのは羨ましいなと、ちょっと思ったりもする。

Check

続きを読む "『99人の小さな転機のつくりかた』/「ビッグイシュー日本版」編集部"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/08

『日本の論点2011』 - 『法人税を下げるべきか』

4165031003 日本の論点2011
文藝春秋編
文藝春秋  2010-11-25


by G-Tools

p126『法人税を下げるべきか』

  • 課税ベースの拡大=租税特別措置や減価償却制度の見直しなど
  • わが国の成立は40パーセント 米国と並んで世界最高水準
  • 表面税率=法人税・住民税・事業税
  • 二段階減税論=課税ベースを広げて財源を確保しつつ「表面税率」を引き下げる
  • 「立地競争力」
  • 社会保険料を加味した「公的負担」
  • 税制優遇措置と答えた企業は8パーセント
  • 海外進出企業は7割以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/06

『日本の論点2011』 - 『学力格差は何が原因か』

4165031003 日本の論点2011
文藝春秋編
文藝春秋  2010-11-25


by G-Tools

p638『学力格差は何が原因か』

  • 社会関係資本(social capital)=「人間関係が生み出す力」
  • 高校無償化=欧米諸国ではすでに一般的

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/14

『文藝春秋2010年12月号』

B0049B6FE6 文藝春秋 2010年 12月号 [雑誌]
文藝春秋  2010-11-10

by G-Tools

電車の吊り広告に「吉本隆明」の名前があったので、読んでみた。1960年安保の際、警察に逮捕された顛末が書かれてたんだけど、目を見開いたのはその説明の最後、「もうこれで書くところがなくなるだろうと思い、ものを書く場所を確保していた。それが『試行』」という下り。『試行』は読んだことはないけどもちろん知っていて、吉本隆明が仲間と、仲間だけですべての制作作業を行って刊行していたいわゆる「同人誌」と認識してたけど、単に自分達だけで独立して言論出来る場をつくったというだけでなく、「ものを言う場所がなくなるだろう」と予期して、「確保しておかなければ」とそれを準備したというところに、自分はなんて先のこと先のことを考えずにやってきたんだろうと情けなくなった。本気で先を先を見て考えないと。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/18

『ウェブ人間論』/梅田望夫・平野啓一郎

4106101939 ウェブ人間論 (新潮新書)
梅田 望夫 平野 啓一郎
新潮社  2006-12-14

by G-Tools

 発言からうかがえる平野啓一郎の感覚が、自分の感覚に近いものなのが何より驚きだった。もう少し、線を引いた考え方をする人という印象を持っていたので、昔気質と言っていい感覚を持ってることに驚いた。
 「おわりに」に書かれている、”平野さんは「社会がよりよき方向に向かうために、個は何ができるか、何をすべきか」と思考する人である””私はむしろ「社会変化とは否応もなく巨大であるがゆえ、変化とは不可避との前提で、個はいかにサバイバルすべきか」を最優先に考える”というところと、「そうでない他者との軋轢ある関わりって、確かに自分を成長させる部分があるけど、でも嫌なことでストレスをためてしまうよりは、避けていきたいと思うよ うになりました」との組み合わせが、僕にとってこの本の要諦だった。もちろん、平野啓一郎により共感している。どうしようもないからとそこから一歩退いて、楽に生きられて居心地のいい場所を見つけて、それを「いろんなやり方を身につけられた」と世界を広げたふうに言うのはクレバーではあっても成長はない。そこにある苦難を避けて通るための理由づけは、どんなに聞こえが良くっても言い訳にしかならない。ダメでもやってみるところにしか、幸せはやってこないのだ。

p24「80年代に活躍したいわゆるニューアカ世代の一部の人たちには、今でも、あらゆる情報に網羅的に通暁して、それを処理することが出来るというふうな幻想が垣間見える」
p39「ブログを書くことで、知の創出がなされたこと以上に、自分が人間として成長できたという実感」
p52「ハンナ・アレント」
p53「そういうナイーヴな、一種の功利主義的な人間観は、若い世代の、とりわけエリート層にはますます広まりつつあるんでしょう」
p77「アレントの分析(公的領域)」
p78「私的なことを公の場所に持ち込まないという日本人の古い美徳は、今や単に社会全体の効率的な経済活動から、個人の思いだとか、思想だとかを排除するための、都合の良い理由づけになってしまっている」
p86「スラヴォイ・ジジェクというスロベニアの哲学者が、『存在の耐えられない軽さ』で有名なミラン・クンデラというチェコ出身の作家を批判している」
p145「世代的な感覚でいうと、『スター・ウォーズ』に熱中してるって、ちょっと珍しい気がしますね。」
p163「言葉による自己類型化には、安堵感と窮屈さとの両方がある。」
p170「そうでない他者との軋轢ある関わりって、確かに自分を成長させる部分があるけど、でも嫌なことでストレスをためてしまうよりは、避けていきたいと思うようになりました」
p177「確率的に存在する」
p179「フランスの哲学者のピエール・ブルデュー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/20

『ドーン』/平野啓一郎

4062155109 ドーン (100周年書き下ろし)
平野 啓一郎
講談社  2009-07-10

by G-Tools

 人類初の有人火星探査のクルーの一員となった佐野明日人とその妻・今日子、東京大震災で亡くなった二人の子供である太陽を取り巻く物語と、有人火星探査で起きた事件とアメリカ大統領選での「テロ」に対する在り方を問う選挙戦の物語が絡み合いながら進行していく近未来小説。

 民主党候補ネイラーと共和党候補キッチンズの選挙戦は、小説の後半に大きな盛り上がりを見せる。ここで戦わされる「対テロ」をメインにした議論を読む前に、マイケル・サンデルを読んでおいてよかったなと思う。キッチンズの議論の攻め方は、非常にキャッチーで触れているその部分には否定できるところがなく、ある種の強制力を持って聞き手に踏み込んでくる論法だけど、単にひとつひとつを詳細にして覆していく手法では、良くてイーブン、普通はあと一歩のところまでしか追い込めず、ひっくり返すには至らない。ひっくり返すには従来通りではない「正義」の骨格が必要で、マイケル・サンデルを読んでいたことでここの部分の理解を進めることができたと思う。うまく連鎖してくれた。

 もうひとつ、物語を通して出てくるのが「ディビジュアル」という概念。これは、それぞれの個人(インデビジュアル)は、対面する相手によって人格的なものを使い分けている、そのそれぞれの場面での「自分」を指す言葉(ディビジュアル=分人)というような意味だと理解して読んだ。確かに、現代社会に暮らす人々は、それぞれの場面でそれぞれにふさわしい振る舞いを当然ながらに求められるし、必ずしもそれがどこでも首尾一貫してる必要もない。ちょっと窮屈だな、と感じる社会の根っこはディビジュアルを認めないような厳格さにあるような気もするし、逆にそれぞれの場面に求められる振る舞い-マナーとかもそうだろう-を身につけられない、身につけることを拒否するようなスタンス、そういうのが自分たちに結局跳ね返ってきて社会を窮屈にしてる気もする。

 平野啓一郎は『決壊』に続いて読んだんだけど、細部まで神経が行き届いているしテーマの膨らみも読んでて面白いし何も文句はないんだけど、どうも登場人物がみな「頭が良すぎる」ところだけがちょっとなあと思う。なんか、物語自体が全体的に「浮世離れ」しちゃってるように感じる。せっかく誰にも考えてほしいテーマを書いてくれてるのに、なんか違う上流世界向けの小説というか、自分の頭の良さを感じさせないでは済ませられないかのようなところがあって、そこはちょっと損してると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/27

『ビッグイシュー日本版145号』

「捕鯨は日本の伝統」というのは、1970年代に国際ピーアールという会社によって広められた俗説、という説を読めたことが最大の収穫。確かによくよく考えてみれば、日本全国くまなく鯨が食べられていたなんて考えにくく、この説は簡単に裏付けできそう。そうまでしてそんな俗説を広めた理由は、農水省が権益を作り温存するため。少なく見積もっても60億円近くの国費が「調査捕鯨」に注ぎ込まれ、関連する天下り用団体の維持を考えると更に多額の国費が使われている。恐らく、商業捕鯨から流通する鯨肉の売上が芳しくなければ、その赤字補填のために更なる国費が投入されるのだろう。

守るべきは、日本にあまねく広く鯨を流通させることではなくて、ほんとうに古来から受け継がれている「沿岸捕鯨」を復活させるという本記事の説はその通りだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/13

『下流の宴』/林真理子

4620107530 下流の宴
毎日新聞社  2010-03-25

by G-Tools

 絵に描いたような中の上家庭を築いた福原健治と由美子の息子・翔は、高校を中退してバイト暮らしをし、取るに足らない親子喧嘩の末に家を飛び出したと思ったら、20歳の折、22歳の珠緒を連れ、「結婚する」と言いだす。自分は漫画喫茶のバイトの身、相手の珠緒も同じバイトの身と言うのに…。

 医者の家庭に生まれ育ち、プライド高く育てられたおかげで、「自分たちの生きる世界は、あんたたちとは違うのよ」という意識丸出しの由美子に見下された悔しさから、「医者になる。そのために医学部に入る。」と一大決心をし、2年かけて見事合格を果たす珠緒の物語が主軸で、立身出世伝としては至って普通なんだけど、通信教育のやり取りとか、ディティールが効いてて珠緒を素直に応援しながら読めるし、こういう「やってやるんだ」という意思が大切なんだと感じれる。
 けれど一方で、ふがいないとバカにしながらも、翔のスタンスを全否定はできない自分がいる。翔は言う。「将来のこと考えろとかさ、そんなこととっくにわかってるよ。わかってるからイヤな気分になるんだ」。親にうるさく言われた子どもが「わかってるよ!」という、そんな心性から全然成長していない。していないけど、自分もおんなじじゃないか?と寒々としてしまう。そんなに先のことも考えてないような気がするし、難しい局面からは常に逃げようとするところも同じなような気がする。そして、珠緒の合格を見届けた翔は、「努力する人って、重苦しいんだ。」と言い放つ。それも、穏やかに、大人びた微笑を浮かべて。

 これはどういうことなんだろう。努力する人って重苦しい、というのは、かすかに理解できてしまう。言ってみれば「キリがない」のだ。努力して上に登り上に登り、一体いつまでやればいいんだ?というのが見えない世の中だから、最初から諦めてしまうのだ。それこそ健治や由美子の世代の世界には、「あがり」があった。上る途中で失敗し、そこで停滞してしまっても、あくまで「停滞」であり「停止」であって、「転落」はない。けど、現在は、健治と由美子のもうひとりの子どもである可奈の夫・北沢がうつ病になり解雇されるように、失敗は「停滞」では許されない。「喪失」に繋がるのだ。努力して上に登っても、資本主義の成長と破壊よろしく、「喪失」してしまうところまで上に登る努力をせざるを得ず、その努力を怠ることは許されない。つまり「キリがない」。そして、翔のような人間が生まれてしまう。それを見抜いていたのは健治だけのような気がする。つまり、「おそらく奮起、なんてことと一生無縁に暮らしていくんだろう」。

 こういう人間を生み出してしまうのは、由美子のような偏った価値観だ、と断罪するのは簡単だけど、どうも座りが悪い。林真理子の作品を読むのは初めてだったんだけど、優れて現代小説で面白かった。

 

p38「自分たちは競争激しくて、受験勉強大変だったから、子どもたちにそんな苦労はさせたくないからって、個性だとか、自分の好きな道を、なんてやってたら、子どもはみんなニート、ニートなのよ。」
p49「社会人となれば、学生時代よりも1ランク、2ランク上の相手が見つかるに違いない」
p100「OLとの差は、こうしたちょっとした小物で決まるのだ」
p115「何かの調査によると、今の二十代の四割が、親の水準以上の生活はおくれないという」
p118「お金と縁のないくせに、お金を追っかけると品が悪くなる」
p139「将来のこと考えろとかさ、そんなこととっくにわかってるよ。わかってるからイヤな気分になるんだ。そういうこと」
p232「それは社会から受ける信用と尊厳というものだ。」
p304「人のやること見て、励ますなんて、マラソンの沿道で旗ふってるだけの人だよ。自分で走らなきゃ、何の価値もない。だけどもうじき、あんたにも走ってもらうかもしれない。」
p346「どうせみじめな老後が待ってるんだったら、何をしても同じだね、なんていうのはさ、まるっきり違うと思うよ」
p412「あなたっていつも、他人ごとのように言うのよね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/09

『ヒューマンエラーは裁けるか』/シドニー・デッカー

4130530178 ヒューマンエラーは裁けるか―安全で公正な文化を築くには
芳賀 繁
東京大学出版会  2009-10-29

by G-Tools

 タイトル通り、「裁けるか」に焦点が当たっていて、「防げるか」が第一の論点ではない。「裁判が、ヒューマンエラーの再発の防止に役立つか?」という議論は展開される。そして、多くの場合、役に立たない方向に進むことが明快に記される。体裁が論文であり、最後段のまとめに実践方法があるものの、ツールが提供される類の書物ではない。自分の「ヒューマンエラー」に対する認識と思考を強化するために読む書物。

※処罰感情

piii「ヒューマンエラーの古い視点は、…インシデントの原因と考える。・・・新しい、システム的な視点は、・・・原因ではなく、症状と考える」
p26「マックス・ウェーバーが・・・警告したように、過度な合理主義は、対極の効果をもたらす・・・。合理的な制度はしばしば不合理な結果をもたらす。それは極めて自然にかつ必然的に生じる。」
p36「あるいは、様々な観点や利害、義務、そして代替案を考慮に入れて問題の評価を行うことが「公正」なのか?」
p45「モラール」「組織コミットメント」「仕事満足感」「役割外のちょっとした余分な仕事をする意欲」
p67「私たちの社会は、裁判に持ち込まれる事例を増やせば増やすほど、お互いの意見を気兼ねなく伝え合うのがますます難しくなる風土を作りだす」
p83「情報開示と報告の違い」「報告とは、上司、管理組織あるいはその他の関係機関への情報提供」「情報開示とは、顧客・患者・家族への情報の提供」
p114「後知恵バイアス」
p124「後知恵と有責性」
p132「普通の基準」とは何か?
p157「司法が関与することによって、より公正になることもあれば、より安全になることもない。」
p170「「偶然の事故」や「ヒューマンエラー」といった用語を排除する方法。法律にはそのような概念がないからやむを得ない」
p171「インシデントを裁判にかけると、人々はインシデントを報告しなくなる」
p184「誰かを投獄しても彼らが失ったものが戻ってくることはない。」
p188「取り調べてから数カ月も後に作成された…被疑者が言いたかったこと、裁判官もしくは陪審員が記録から読み取ったものとの隔たりは極めて大きくなる」
p202「組織や社会において、許容できる行動と許容できない行動との間の線引を誰がするのか?」
p225「某氏が責任を取って、辞職した」
p236「調停の席で話されたことは法的に秘密扱いにされる。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/30

『ストロベリー・ナイト』/誉田哲也

4334744710 ストロベリーナイト (光文社文庫)
光文社  2008-09-09

by G-Tools

 ストーリーテリングは抜群にうまいと思う。隠された何かがもうすぐ出てくる期待で先へ先へと引っ張るうまさ。例えば玲子の過去、17歳の夏に何があったのか。語られそうで語られないまま先に進み、イライラしない程度のよいタイミングで語られる。飽きずに読み進められる抜群のテンポなんだけど、僕が小説で読みたいと思う肝心のところはなかったし、こういう「ドキドキハラハラ」みたいなのでストーリーを追うものは、僕にとってはわざわざ小説で読む必要はないと思ってる。テレビドラマとか漫画とか、他にいくらでもそれを楽しませてくれるものはある。小説は小説ならではのアレが欲しいんであって、活字を追っていくのが苦痛だから、ストーリーの起伏でぐいぐい引っ張りましょう、その「ぐいぐい引っ張りましょう」だけがあるような小説は読まなくても別にいいと思ってる。

 主人公の玲子の感情、過去の事件を思い出したときの心情や、警察官になろうという動機、捜査での競争に面した際のメンタリティ、それらはさすがに記述がたくさん出てくるけれど、この小説に出てくる「玲子」独自のものはほとんどないように思う。玲子に起きた過去の事件がきっかけで起きる心情の変化も、何かのドラマとかで散々見たような話だと思うし、ましてや犯人の心情については、「なんかおかしなヤツがいました」くらいの扱いだと思う。犯人は複数いて、それぞれ過去や生い立ちに確かに不幸なものがあると描かれてはいるけれど、それが殺人につながるところまで追い込んで書かれてはいないから、「なんかおかしなヤツがいました」くらいの印象しか残らない。小説はそうではなくて、納得させたいなら納得せざるを得ないくらいこちらを追いこんで悩ませてほしいし、理解不能なものなのなら徹底的に理解不能加減を描いてほしいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『プレジデント 2010年 5/31号 』

B003HMGJ0S PRESIDENT (プレジデント) 2010年 5/31号 [雑誌]
プレジデント社  2010-05-10

by G-Tools

p21「政治とカネ」

「鳩山、小沢両氏のケースでも二人は監督責任を問われたが、選任つまり会計責任者を選んだ段階で”相当の注意を怠った”とまではいえなかった。これを立証することは事実上不可能で、法律に実効性を持たせるには”選任及び監督”を”選任または監督”に変更し、監督責任だけで刑事罰を科すようにすべきです」
「鳩山首相に対する議決書にも「選任さえ問題なければ監督不十分でも刑事責任に問われないのは、監督責任だけで上司等が責任を取らされている世間一般の常識に合致しないから改正されるべき」

p12「経営時論 激安戦争を脱するヒントは伝統産業にあり」

「メーカーに対する価格交渉力を高めていく必要がある。そのためには量をまとめなくてはならない。量をまとめようとすると、ますます低価格を訴求せざるをえなくなる。」
「しかも、いったん交渉力を獲得してしまうと、それに安住して、メーカーの努力ばかりが要求され、自らのオペレーションの効率化が怠られてしまう。小売業者の能力も高まらず、低価格戦略に頼らざるをえなくなってしまう。」
→ どんな尺度で能力を検証すべきか?それぞれの役割を果たせているかを具体的に話せる尺度を考えることが重要

「長い歴史を持つ地場産業では、低価格競争に陥らないようにする慣行が生み出されている」「商人や職人たちは、競争を仕掛けてくるユダヤ人商人を街から追い出したが、住民は、ユダヤ商人たちが移り住んだ隣町まで買い物に出かけたという報告もある。」
→ 守るべき価値があるのか、という問い。慣行は閉鎖的であり硬直化する弊害があることを念頭において考える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/16

『日本の論点2010 論点3.郵政改革とは何だったのか』/文芸春秋

4165030902 日本の論点 2010
文藝春秋
文藝春秋  2009-12

by G-Tools

p55「09年3月期の決算で郵政グループの純利益を見ると、
・ゆうちょ銀行が2293億円
・かんぽ生命が383億円
・郵便事業が298億円
・郵便局が408億円
・日本郵政が1090億円
の単体合計4472億円

→ゆうちょ銀行が国債運用により民間銀行と異なり利益を生み出しており、なおかつ、ゆうちょ銀行にある国民資産を守るべきだというなら、個人が直接国債を運用すればよい。そうはいかない理由は。

p60「資産300兆円規模の民営化」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/10

『PRESIDENT2010年5/17号』

B003G4STQE PRESIDENT (プレジデント) 2010年 5/17号 [雑誌]
プレジデント社  2010-04-26

by G-Tools

p32 クリス・アンダーソン
「マサチューセッツ州ウェアハムにあるオープンソース型の自動車メーカー、ローカル・モーダーズ」「マイクロ工場」「クラウドソーシング」
「日本に特に問題があるとは思わない。」「日本ではメディア業界に問題があるのかもしれないが、アメリカにも違う問題がたくさんある。規制があるからといって悲観する必要はない。」

スタートアップは製品開発を外注すべきか

p50 リンクナレッジ

p63 せどり携帯サーチ … ネットは距離を縮め格差を無くすのではなかったか?なぜ差を生んでいるのか

p118 大野修理大夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/22

『決壊』/平野啓一郎

410426007X 決壊 上巻
新潮社  2008-06-26

by G-Tools
4104260088 決壊 下巻
新潮社  2008-06-26

by G-Tools

 何を、どこで語るべきなのか?伝えるための「言葉」が伝わらないという問題。そもそも何かを伝えようとしているのかという問題。自分が言いたいことを言いたいように言っているだけで、聞いている相手のことなど考えてもいない「言葉」の氾濫。一人称、二人称、三人称だけじゃなくて、四人称とか作ればいいのに、と思う。  良介は、ネットに匿名のサイトを作って、そこで日常の大なり小なりの不服を書き連ねていたが、妻の佳枝がそれを見てしまうことになり、それがうねりうねって、ネットを利用した殺人者によって殺されてしまう。良介は、不服を吐き出す場所を間違えたのか?やはり、言いたいことは言いたい相手に直接言うべきなのか?それは正論だし間違ってはいない。ネットを利用した殺人者は、拉致した良介に対し、オマエはネットで自分は不幸だと書いてたじゃないか、さあ僕は不幸ですと言え、言えば助けてやる、幸せだというなら今ここで殺す、とけしかけ、良介は(当然に)僕は幸せだ、家族を馬鹿にするな、と叫び殺される。  その兄・崇は、頭脳明晰で、弟の良介から見れば、いつも「言いたいことを言えている」ようだったが、崇自身は相手の求めるように言葉を繰り出せるだけで、自分が本当に言いたいことって何なのか、という煩悶を抱えている。この小説に登場する人物は、現実の誰もがそうだけど、伝えたい相手に届く言葉を持ち得ないまま問題を起こし拗らせていく。使うべき言葉や手段を間違えているケースもあるし、自分の言葉に酔っているだけというケースもある。でも、もうひとつ、「受け手」としての姿勢の問題もあると思う。  少し本筋とはそれるが、中学生で殺人を犯した友哉の母親が、勤め先で若者二人に恫喝されるシーンがある。「なんで人を殺して少年だからって保護されて、家族ものうのうと生きてるんだ。許せない。俺たちはどこまでもあんたを追い回すからな。」心情としては理解できないではないと思う人は多いと思うし、実際、被害者家族の立場になったら、大した罰も社会的制裁も受けたと思えないままでは許せないと思うから、第三者としても許しがたく思ってしまうけど、この行動には少し納得がいかない。納得がいかない理由を突き詰めてみると、こういうことを加害者に言っていいのはやはり当事者である被害者だけだと思う。同じ社会を構成している人間として、無関心でいてはいけないが、それを当事者に対して言うのはお為ごかしに陥る危険性が大だと思う。あくまで社会に対して発言すれば十分だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/13

『PRESIDENT 2010年1/18号』

B0030EL2CS PRESIDENT (プレジデント) 2010年 1/18号 [雑誌]
プレジデント社  2009-12-28

by G-Tools

p45米倉誠一郎「常に新しい何かを生み出す「測定不能(アンメジャラブル)」な価値こそが重要視される時代が、すでに訪れているのです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/30

『CREA 2009年 09月号』

B002HESN9C CREA (クレア) 2009年 09月号 [雑誌]
文藝春秋  2009-08-07

by G-Tools

女性誌って女性にどんな本をどんな風にオススメしてるのかなーと興味ありで。

 
パイロットの妻 (新潮文庫) パイロットの妻 (新潮文庫)
Anita Shreve

by G-Tools

これ、読もうと思ってたんだ。思い出せてくれてありがとう。 

虎の城〈上〉乱世疾風編 (祥伝社文庫) 虎の城〈上〉乱世疾風編 (祥伝社文庫)

by G-Tools

育ちの地の武将なので、悪評があってもちょっと親近感があって、こういうきっかけで抵抗を捨てて手を出してみれる。いい方向。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/17

『プレジデント 50+ 2009年7/15号』

B002BB2GIK プレジデント 50 + (フィフティプラス) 2009年 7/15号 [雑誌]
プレジデント社  2009-06-15

by G-Tools

p64「福原義春(資生堂名誉会長)」

 ビジネスマンは実利を求めて本を読みがちですが、明日からすぐに役に立つという本は、三年経つとたいてい役に立たなくなるものです。もちろん、ビジネス書やハウツー本も読まなければ飯の種がなくなってしまうこともあります。しかし、たとえばリーダーがハウツー本に書かれてある通りに「わが社はかくあるべきだ」と話したら、たちまち部下はしらけてしまう。

思ったことが2つ。

  • 三年経って「あれはもう古い、時代遅れだ、今はこれだ」というのを繰り返している人のほうが、そういうことすら考えず読んでいる人よりもまだビジネス向きということか。しかし、そこには進化が残らない。積み重ねられるものもない。消費しているだけだ。
  • 昔勤めていた会社で、上層部がキックオフミーティングで、「やりがいをモチベーションとすることが大事(=金銭的な見返りで働くだけではダメ)」というようなことを語ったことがあり、当時確かに「やりがい論」が流行っていて、「バカな人だなあ」と思った記憶がある。そういう意味では、何でもかんでも「金」を対価とする方針の今の会社のほうがましということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/22

『はじめての構造主義』/橋爪大三郎

4061488988 はじめての構造主義 (講談社現代新書)
橋爪 大三郎
講談社  1988-05

by G-Tools

 大学生の時、ご多分にもれずほとんど勉学に励んでなかったんだけど、哲学や思想を専攻してた訳でもないのになぜか思想には興味があって、面白そうと思った書物を読み散らかして、結果、構造主義に大きな衝撃を受けた。衝撃を受けたと言っても理解できた訳でもモノにできた訳でもないんだけど、自分が今まで持ってきた物の見方とまったく違う物の見方がある、しかもそれはそれまで絶対的に正しいと思われてきたようなものや、感覚的にそうだろうと思ってきたようなことまでひっくり返してしまう破壊力のあるものの考え方だった、という点で衝撃的だった。「自分の知らないところにいくらでも世界がある」そうすっかり思えることが大人になることだとしたら、僕を大人にしたひとつは構造主義だったと思う。
 本著は、かつてのめりこんだ構造主義の知識を整理したくて選んでみたんだけど、すごくよく纏まっていてわかりやすくていい本だった。構造主義がなぜモダニズムを打ち倒せたのか、それ以前にモダニズムとは何か、なぜモダニズムは強大な権威を持っていたのか、そういうところまできちんと理解させてくれる。レヴィ=ストロースの仕事では、やはり何度触れてもインセスト・タブーの解明は衝撃的で興奮する。何が優れていて何が優れていないのかなんて、誰にも断言できないのだ。

p18「マルクス主義は唯物論だから、革命の犠牲となっても霊魂だけは救われるぞよ、というような発想がないのだ」
p18「ヨーロッパ世界の人びとは、キリスト教を通過しているので、ひとりひとりの人格や個性や自由に大きな価値を置く。そこで、マルクス主義の言うことはもっともだけれども、そこでこの私の生きる意味はどうなるんだろう、という感想を持つ。サルトルの実存主義は、これにこう答える。彼は言う、われわれ人間の存在なんて、もともと理由のないこと(不条理)だったはずだ。」
p19「構造主義ははっきりノーと言ったのだ。構造主義と言ってもいろいろあるので、しばらくレヴィ=ストロースに話を限るが、彼の議論を煮詰めていくと、マルクス主義の言うような歴史など、錯覚にすぎないことになる。」
p22「それは、人びとが互いに対等な人間と認めあって、人類共同体を構成し、そのメンバーにふさわしく協力しあいましょう、という思想のはず。」
p26「ソシュールやその後継者たちの仕事は、直接・間接に、ずいぶんレヴィ=ストロースの養分になった。もうひとりは、フランスの人類学者で、デュルケーム学派のマルセル・モース」
p32「1955年、・・・『悲しき熱帯』」
p45「言語の機能を知るのに、その歴史を捨象する(わざと考えないようにする)ことができる」
p47「指示するものとのあいだに実質的なつながりがあって、恣意的でないから「有縁的」という」
p51「言語や記号のシステムのなかには、差異(の対立)しか存在しない、と言わなければならない」
p84「クラ交換」「モースは、『贈与論』」
p91「インセスト・タブー」
p95「限定交換」「一般交換」「両方交叉イトコ」「母方交叉イトコ」「父方交叉イトコ」「平行イトコ」
p99「コミュニケーションの一般理論」
p101「人間社会のあり方を「有機的連携」「機械的連携」の二種類」
p104「社会集団の構成原理」
p107「数学(遠近法)とのつながり」
p114「神話素」
p122「神話分析が、テキストを破壊してしまう無神論の学問だからだ」
p127「構造主義は、真理を”制度”だと考える。制度は、人間が勝手にこしらえたものだから、時代や文化によって別のものになるはずだ。つまり、唯一の真理、なんてどこにもない」
p130「数学は、長年をかけて、それ自身をつきつめていくうちに、とうとう自分がひとつの制度であることを発見した」
p134「ユークリッドの『幾何学原本』」
p146「双曲線幾何学」
p161「世界は、物体(=客体=客観)の集まりである。それ以外のもの(神や霊魂)は、どこにも見つからない(のではないか)。」
p169「射影幾何学」
p183「神話に<構造>があると考えるのと、神話はつぎつぎ変換されていくものだと考えるのとは、一緒のことなのだ。」
p184「まず、ある地域の神話の全体を、変換群とみなす。」
p225「”現代的なこと”に関心があるのはいいが、それを”最新のもの”と取り違えてしまう。」
p228「思想が体制を支えるにしても、批判するにしても、・・・思想たるもの、これまで幅を利かせていた思想に正面から戦いをいどみ、雌雄を決する覚悟でないと、とてもじゃないが自分の居場所を確保することすら覚つかないはずだ」 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/27

『THE BIG ISSUE JAPAN 117』

 「毎日が音楽」という、浅井博章のCDレビューコラムを毎号楽しみにしてるんだけど、117号は上松秀美と加藤ミリヤが取り上げられてた。「心の闇と希望。閉塞感漂う今の時代のメッセージソング」というタイトル。上松秀美は、それこそ浅井博章もDJをつとめる802で耳にして「なんだこれは!?」とびっくりしたくらい、メッセージ色の強い、それでいて唄いが今っぽくない、異色のインパクトの曲だった。
 浅井は、彼ら世代を、「物心のついた頃からすでにバブルが崩壊していた人たち」で、「この国に何の希望も、何の誇りも、見出せないでいるのかもしれない」と、理解の目を向ける。そして自分たちは、「一度でも景気のよかった時代を経験している」から、「目標がもてるだけまだましだ」とする。
 その上で、こう結ぶ。「最近の曲を聴いていると、少なくとも自分がそういう年代だった頃の曲にはあまりなかったような、諦念まじりのメッセージが感じられて、空しくなることがある」。

 「浅井っていくつだっけ?」と、コラムの紹介欄を見て驚いた。同い年なのだ。

 僕は、僕らの世代というのは、ずっと諦めが混じった世代だと思っていた。若くして覚めてしまったというか、そういう世代だと思っていた。ところが浅井の話を聞く限り、そうでもないらしい。これは個人的なものだったのだろうか?今の20歳前後の人たちと同じ諦念とは言わないけど、僕らの世代というのも、十分、この先にそれほど楽しいことがあるとは思えない、と思わされて社会に出さされた世代だと思ってたのだ。

 このあたりは即物的だけどバブルとどうしても紐づくのは否めない。目標ももてないような時代に生まれた世代の子たちが、何に憧れを抱くのかはちょっとわからないけれど、それでもやっぱりお金に目が眩むのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/31

『トゥルー・ストーリーズ』/Paul Auster

4102451102 トゥルー・ストーリーズ (新潮文庫)
Paul Auster 柴田 元幸
新潮社  2007-12

by G-Tools

 読了していて感想が書けてなかった本その3。

 この本に限らず、今年読んだ海外物で得たことはすべて共通していて、「今までアメリカ的と思いこんでいたことが必ずしもそうではなく、アメリカでも成功している企業や人は、少なからず、いわゆる”日本的”な価値観や行動規範で活動している」ということ。結局、真に素晴らしい価値観や行動規範というのは、洋の東西を問わず共通ではないのか?そういったものをめんどくさいと言わんばかりに、もっともらしい理屈をつけて軽視するのはやはり間違っているのだと自信が持てたこと。

 もうひとつ、この本から得たのは記憶力の大切さ。日々の暮らしを、どうでもいいと思い、何かにつけてイヤだダメだと言い募るような生き方をしていては、何も残らないということ。

続きを読む "『トゥルー・ストーリーズ』/Paul Auster"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/09

『IT投資で伸びる会社、沈む会社』/平野雅幸

4532313287 IT投資で伸びる会社、沈む会社
平野 雅章
日本経済新聞出版社  2007-08

by G-Tools

  • ITで業績を伸ばすためには、組織の能力が一定以上に高まっている必要がある

p9「工場設計の支配的思想(ドミナントモデル)」
p52 アラル・ワイル

  • 戦略的(ビジネスパートナーとのサプライチェーン改善投資)
  • 情報的(企業内部のサプライチェーン改善投資)
  • 取引的(業務効率化投資)
  • インフラストラクチャー的(ITインフラストラクチャーの維持改善投資)

p79「組織と組織成員とを区別しないことに起因」
p85「組織IQ」

  • 外部情報感度
  • 内部知識流通
  • 効果的な意思決定機構
  • 組織フォーカス
  • 情報時代のビジネスネットワーク→継続的革新

p120「トラブルや事故は確率的に必ず起きるもの」
p136「e-Japanプロジェクトでは、行政の組織プロセスや手続きの大宗を変えることなく、単にITに置き換えるデジタル化だけを図るためにIT投資が行われたきらいがあります。」
p155「英国ではオフィスにたくさんパソコンがあるものの、その大半は特定の仕事のみを行うようにシステム部門によってあらかじめセットアップされて専用機となっていたのです」
p205「日本版SOX法・COSO・COBIT」
p209「内部統制に関わる経常的なIT費用は、大体売上高の0.07-0.35%」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/04

『COBIT入門 ITガバナンス・マネジメントガイド』/ハリー・ブーネン+コーエン・ブランド

4820118781 COBIT入門−ITガバナンス・マネジメントガイド
コーエン・ブランド ハリー・ブーネン 峯本 展夫
社会経済生産性本部  2007-12

by G-Tools

itSMF刊行。COBIT4.0反映。
COBITはISACFとISACAが開発。現在はITGI(ITガバナンス協会)に移管。

  • エンタープライズ・ガバナンス=適合性評価(conformance)+業績目標(performance)
  • コーポレートガバナンス・ビジネスガバナンス・ITガバナンス
  • ISO/IEC17799 → ISO/IEC27002に統合
  • COBITクイック・スタート を参照する
  • ISASA(www.isaca.org) ITガバナンス協会(www.itgi.org)
  • ezCOBIT (www.ezCOBIT.com)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/15

『コーチング術で部下と良い関係を築く』/パティ・マクマナス

4903241688 コーチング術で部下と良い関係を築く (ハーバード・ポケットブック・シリーズ 2) (ハーバード・ポケットブック・シリーズ 2)
パティ・マクマナス 松村哲哉 上坂伸一
ファーストプレス  2007-12-06

by G-Tools

  部下はいないけれど、コーチング術はある意味で上司にも使えるだろうと考え購入。内容は難解な点はなく、1時間もあれば通読可能。

 最近、欧米のビジネス書を読んでつくづく感じるのは、上級と思えるビジネス書になればなるほど、いわゆる「日本的」な美徳と価値観が近いと感じること。長期的な視野、数値化できない部分にも目を当てる、他人ではなく自分がどうするかに焦点を当てる、etc...。短期的な目標や売上高重視、誰の責任なのかを言い争う姿勢といったものは、レベルの高いビジネス書の教えにはまったくと言っていいほど出てこない。アメリカが「訴訟社会」だと言われるけれど、大多数の下流の行動様式ではないのかと考えたくなる。

  • 結論を急がない姿勢が必要。
  • ”フィードバック”と”提案”は違う。”提案”はその方向に説得するもの。”フィードバック”はひとつの行動等に対して意見を述べるもの。
  • セルフマネジメントが重要。感情を持ち込まない。

続きを読む "『コーチング術で部下と良い関係を築く』/パティ・マクマナス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

『改革断行 三重県知事北川正恭の挑戦』/ばばこういち

4883770893 改革断行―三重県知事北川正恭の挑戦
ばば こういち
ゼスト  1999-10

by G-Tools

 一般的に不可能のように思われる、事務事業評価表やマトリックス予算作成を実現できたのかを知るため読む。自分は勉強不足でまだスタートラインにも立てていないと反省。何度も繰り返してきているが、日々の業務に終われているだけでは何も成し遂げられない。

p13 「もう一つはNPOと接触する行政側の発言や言動が、組織によって裏打ちされているかどうかということ。」 …これは民間企業でも言える。窓口だけが熱心でも、組織の裏打ちがない活動は長続きしない。組織の管理側がそれを理解しているかどうかが重要。理解せず窓口に実行を強要するだけの管理者の組織は非効率になる。
p22 「かつて聖戦のために戦って死ねと私の先輩たちを戦場に送っていた母校の中学教師たちは、敗戦を辞することなく教科書に墨を塗らせ、日本は間違った戦争をした、君達はこれから民主主義を学ぶのだと私たち生徒に平然と教えた。」
p36 「知事が直接説得するだけでなく、客観的な外部の人々を通じて時代を感じさせようとしたのである。」
p40 「北川は行政のやる事業に何故評価がないのかとかねてから疑問に感じていた。」
p49 「県庁改革を旗印に当選した新しい知事としては、世論に迎合しても直ちに謝罪や処罰を発表するのが普通だと思われていたのに、北川は調べるからそれまで待ってくれと外部に言い続けた。」 …リーダーシップ手法取得の必要性。付き合いの長さだけで解決する問題ではない。
p83 「財政運営の基本は、将来に渡って財政が機動的、弾力的に対応できるように歳出構造の硬直化を回避することである」
p99 「その圧力がどれほどのものであったか北川は語らぬが、想像以上のものであったろう。」
p100 「期首に予算が決まって実施に入った後、担当部局の努力によって一億円の予算が八千万で実現された場合には、残りの二千万円の内半分は財務に戻すが、残りの半分の一千万円は担当部局への褒賞金として翌年その部局が自由に自分たちのやりたい事業に使えるようにした。」…最初から過大な予算を要求したりする危険はなかったのだろうか?
p103 「東京都知事になった石原さんは内部のことは知らないと思う。外部のコンサルタントを引っ張って来るだけでは内部の情報が掴めないから、改革に手をつけることは難しいと思う。」
p106 「ソ連参戦の噂をキャッチするや満鉄最後の特別列車を仕立て、軍人の家族だけは真っ先に逃がしてしまう姿を、章子は目の当たりにしたのである」
p108 「母親のこのくだりを読む度に北川は涙する」…言えない人の心情を忖度することも忘れてはならない
p124 「情報公開法成立の原動力になったのは、一つには世界の潮流であり、もう一つは全国各地のNPOから情報開示の強い要求を受けて、地方自治体が情報公開条例を相次いで制定したことが国へのプレッシャーになった。」
p132 「Y県の衛生部は県民の生命や健康を守る立場ではなく一貫して建て売り業者の利益代弁者のような姿勢であった」
p139 「政治記者でもない一評論家が足で調べた公開のデータから構造汚職の実態を明らかにした立花の著書は、権力とマスコミの癒着やクラブ記者たちの怠惰ぶりを示す象徴的な出来事であった」
p158 「出来る限り正確な財務状況を知るには発生主義会計が望ましいとは言われていたが、どこも手をつけようとはしていなかった。」
p165 「ニュー・ウイック議員フォーラム」
p190 「党内力学を顧慮する代表の菅直人は翻意せず」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/07

『放浪の天才数学者エルデシュ』/ポール ホフマン

4794209509 放浪の天才数学者エルデシュ
ポール ホフマン Paul Hoffman 平石 律子
草思社  2000-03

by G-Tools

 掛け値なしに面白い!!もちろんフェルマーの最終定理とかモンティ・ホール・ジレンマとか、数学の不思議な面白さがたくさん詰まってて、それらもけして難しいことを理解できなければ面白さがわからないような書き方じゃなく(取り上げられている題材のうちのいくつかは、実際に難しくてよく読まないと理解できないものもある)、けして端折ったり要約したりはしてないんだけどちゃんと分かり易く平易に書いてくれていて、数学を専門にやったことがなくてもその面白さに興奮できる。更に、エルデシュという、魅力溢れる天才数学家の行動や人となりがダイレクトに伝わってくる筆致で感動してしまう。おそらく、人生で読んだ伝記物のNo.1になるんじゃないかと思います。読んだ本としても五本の指に入ります。…

続きを読む "『放浪の天才数学者エルデシュ』/ポール ホフマン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/21

『武士道シックスティーン』/誉田哲也

4163261605 武士道シックスティーン
誉田 哲也
文藝春秋  2007-07

by G-Tools

 「戯言を。」なんて呟く、新免武蔵に心酔する磯山。日本舞踊の経験を生かしたくて中学から剣道部に入った西荻。まったく対照的な二人の剣道部女子高生の青春ドラマ。

 凄く新しいところもないし、今時だと感じさせるところもそれほどないスタンダードな物語で、しかも完全に武蔵入ってるマンガのキャラクターとしか思えないような磯山を主人公に据えていながら、結構…

 

続きを読む "『武士道シックスティーン』/誉田哲也"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/02

『プレジデント2007 6.18号』 「板ばさみ」の心理学

B000QGDJEW PRESIDENT (プレジデント) 2007年 6/18号 [雑誌]
プレジデント社  2007-05-28

by G-Tools

p56 潜在的な不安
①時期 ②金額 ③効果 ④優位性 ⑤継続性
これらのどれかを先に顕在化させ、打ち消す

p62 原則立脚型交渉
四つの事前準備
①ヴィジョンの設定 ②目標の設定 ③BATNAの用意 ④複数の選択肢
・②←ZOPA(Zone Of Possible Agreement)
・Best Alternative To a Negotiated Agreement - 常に代替案を持つ

p64 バルコニーの視点
①人と問題の分離 ②立場ではなく利害に着目する ③双方の利害を調整しうる選択肢 ④客観的基準を示す
・③では話の横展開を心がける

p66 マネジメント
①バルコニーからの視点を持つ ②アジェンダを共有する
・②アジェンダの共有とは、協議事項の順序を操作すること

p78 部門間会議
・無理な目標・責任・約束→即座に条件提示
・「食わせてやっている」→引き分けに持ち込む

p80 値引き交渉
・非常識レベルの値引き
・本音を引き出す…正攻法
  - 単刀直入 と 交渉を価格と別次元に移す
    - 相手の目的 と 自社商品の強みを知る
・難条件の大手
  - 交渉のスケールを広げる
    → リカバリの有無 予測できているか否か
    → パイプの量で勝負が決まる(リカバリを捏造するのではなく、パイプで勝負する)
・即断即決の相手
  - 土俵際を知る
結局、事前準備(「土俵際」、パイプ、リカバリ、自社製品の強み)が大切

p88 売り込み
・品位、熱意、信頼感
・無名零細企業が一流企業にイエスと言わせる
  - 一線を明確に伝える
・飛び込みを次のアポにつなげる
  - 営業の分母を広げる
・ライバル社顧客
  - 今はライバル社だがこれからは自社
     「どこでも同じ」はやはり禁句
・断られた顧客に再挑戦する
  - ①対立点②相手の要望

p100 孫子、マキャベリ
・五事(道、天、地、将、法)

p106 ハーバード流交渉術
七要素①関心利益②オプション③代替案④正当性⑤コミュニケーション⑥関係⑦遂行義務
②オプション=合意のために提示する選択肢
③代替案=合意以外で考えられる方策
「立場」と「利害」は別である

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/28

『「IT失敗学」の研究』/不条理なコンピュータ研究会

4822207994 IT失敗学の研究―30のプロジェクト破綻例に学ぶ
不条理なコンピュータ研究会 日経コンピュータ
日経BP社  2006-02

by G-Tools

 ITプロジェクトの失敗ケーススタディ。ITプロジェクトが失敗する原因をほぼすべて網羅できているといっていいと思う。ITプロジェクトの成功には、経営者・情報システム部・ベンダー3者それぞれの適切な理解と活動が不可欠。言い換えると、3者のいずれかに問題があるとプロジェクトは失敗する。本書では、原因別に3者に分けて章立てされていて読みやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/08

『赤い指』/東野圭吾

4062135264 赤い指
東野 圭吾
講談社  2006-07-25

by G-Tools

 自分の母親と反りのあわない妻・八重子とろくに口もきかない年頃の息子・直巳に日々疲れている昭夫。ある日直巳が自宅で小学生の女の子を殺してしまう。親としていったいどうすればいいのか、意見が合わず言い募りあう昭夫と八重子。そして-。
 いろんな書評で「少年犯罪問題と老人介護問題に踏み込んだ作品」と読んでいたので期待していたけど、そのどちらにも深みを覚えることが出来なかった。…

続きを読む "『赤い指』/東野圭吾"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/17

『水曜の朝、午前三時』/蓮見圭一

410125141X 水曜の朝、午前三時
蓮見 圭一
新潮社  2005-11

by G-Tools

 45歳で亡くなった四条直美が娘にテープに録音して残した彼女の半生。堅苦しい家から抜け出し、大阪万博でホステスとして働き外交官と恋に堕ち自ら逃げるようにして結ばれなかった半生を通して、悔いのない生き方をするための指南を娘に伝えようとする。
 ある女性の波乱万丈の人生がメインストーリーという点と、その女性を見つめる第三者の視点が語られるという点で、…

続きを読む "『水曜の朝、午前三時』/蓮見圭一"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/07

『祖国とは国語』/藤原正彦

祖国とは国語 祖国とは国語
藤原 正彦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この本は、「国語教育絶対論」よりも、「満州再訪記」に読む価値があると思う。筆者の生まれ故郷である満州に家族で訪れる旅行手記だけど、平行して語られる日清戦争、日露戦争、そして太平洋戦争へと進む道のりの記述が凄く迫力ある。太平洋戦争について触れる際、日本軍を悪として書かなければ軍国主義者戦争主義者と思われるような風潮があるけれど、これを読んで歴史を正しく認識しようと思わない人はいないはず。この「満州再訪記」のために本書を買ってもいいと思う。

 ・・・

続きを読む "『祖国とは国語』/藤原正彦"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/05/04

『藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 (1)』(藤子・F・不二雄/小学館)

藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 (1)
藤子・F・不二雄

小学館 2000-07
売り上げランキング : 26,763

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む "『藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版 (1)』(藤子・F・不二雄/小学館)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『日蝕』(平野啓一郎/新潮文庫)

日蝕
平野 啓一郎

新潮社 2002-01
売り上げランキング : 87,857

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 近代文学好きには嬉しい文体。やはり表現方法は大切だということを思い知らされました。十五世紀のヨーロッパという舞台設定を考えてもそうだし、過去の文学的モチーフをなぞると言う主題からいってもそうだし。
 宗教的背景を援用した小説はあまり読んだことがなかったので、「魔女狩り」「錬金術」といったシンボルも見慣れてはないはずなのに、それが指し示すところや、歴史上文学史上どのように扱われてきたのかといったところは、自然と理解できた。というよりも、知ってるはずのない知識なのに、既に知っている知識であるようなある種のデジャ・ビュだった。これは、この宗教背景に対する作者の深い理解の賜物か、それとも「宗教」という舞台装置のかぶせ方が甘くて、覆い隠しているはずのモチーフが透けて見えたからか?
 文学的価値はあると思うし映画にしたりするとおもしろいだろうなあと思いますが、つまりドラマはありますが後にはあんまり残りません。毎日の暮らしが文学という「学問」とくっついてないフツウの人には。僕はくっついてないので。まあでもこの小説は、過去の文学をリメイクするのが主題ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ジェニィ』(Paul Gallico/新潮文庫)

ジェニィ
ポール・ギャリコ

新潮社 1979-07
売り上げランキング : 29,454

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「すてきな大人の童話」というコピーに釣られてしまったことを読んでるときは後悔してしまった。ロンドンでそこそこ恵まれた家庭に育っていたピーター少年が事故を境に突然真っ白な猫になり、利発で優しい雌猫ジェニィと出会い、猫世界で冒険を繰り広げる話。
 460ページ近い厚みがありながら、数ページでもういきなりピーター少年は猫に変身。ここから先が当然、長い長い。「猫好きの著者」というだけあって、「へー猫ってこういう動作をするんだーそう言われればそうだなー」というような詳細な描写が確かに随所に出てくるものの、「xxした。というのはooだからであって...」といった逐一進んでは振り返る倒置強調の多様(というか強調はそれしかないくらい!)や、平易な言葉だけで重ねていく状況・心情描写、どれをとっても1950年代のスピード感。まだるっこしくってしょうがない(もっとも倒置もそうだけど、これは訳者の問題も多分にあるかも)。
 猫の世界になじんでいく少年の姿は、どんな苦難や環境の変化にも怯まずに対応していこうというメッセージと受け止められるけど、読み終わってしばらくして、もっと単純にあることに気づいた。
 それは、こういう調子の本のほうが、場面場面がくっきり記憶に残っていて、読後もピーターの活劇のさまざまな場面が浮かび上がってくるということだ。現代小説でおもしろいと言われるものは、スピード感あふれる文体と、読むものを飽きさせない新鮮な語彙を豊富に駆使して描かれている。けれどもその結果、読者がその物語に費やす時間は、その物語を読んでるときだけ。古い時代の小説は、物語が進むスピードは遅いが、その物語の情景は読後も長く長く残る。そう思うのは、僕が歳を取っただけのこと? やっぱり今時の子供たちは、今時の小説を読んで年老いても思い返すのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『be with 047』(B'z official fanclub)

「尊敬する人物」と言えば、両親のほかに稲葉浩志を上げるくらい稲葉浩志に入れ込んでいるので、ファンクラブの会報と言えども等閑に読む訳にはいかない。 この会報は最新号なので、昔読んだ文章の再読という訳ではないが。
 稲葉浩志が好きなのは、純粋に歌詞が凄くかっこいいということと、バンド活動のクオリティと、両方だ。なんだかんだ言われても、ずっとトップを維持することは 誰にでもできることではない。それをやり続けていくのは、生半可な精神力ではない。
 歌詞に出てくる人間像がその人をすべて反映する訳じゃないし、反映してばかりなら作詞家としては幅が狭い。自分ではないことを書けるから凄い歌詞が出てくる。この会報で興味があったのは、豪雨の千葉マリンスタジアムを彼らがどう捕らえているのか、の一点だったが、納得は出来ないものの「それもかけがえのない一瞬」と述べる稲葉浩志の言葉は、それなりの説得力があった。仕事に純粋に真摯な姿勢を 持つものだけが持ちえる、無垢な説得力と思う。
 しかし、精神的な部分はともかくとして、実際のライブ興行としてはやはりベストを尽くしたとは言えないだろう。彼らはパフォーマーであり、興行面の責任を分けているからこそ大規模なライブが出来るのだが、今回の会報で、今まで無理だと言われていたハガキによる地元会員優先予約を実現しているのだから、やり方はいくらでもあるはずだ。 サザンは茅ヶ崎ライブをやり、GLAYは学園祭に出演する。まだまだファンを大事にしてほしい。 できるはずだ、あの無垢な姿勢を具現すれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)